反日ハンター

その名のとおり、狙い撃つぜ!

在特会

自民党本部前抗議活動報告

活動報告です。この度の衆議院議員選挙で自民党が大勝し、また、改憲勢力が多くの議席を占めた事で憲法改正が現実味を帯びて来ました。それはそれで喜ばしい事でありますが、選挙戦でも根本的な憲法改正だとか自主憲法制定だとかという主張は全くなされておらず、小手先だけの憲法改正で終わりそうな雰囲気になっております。

 

在特会だけでなく、多くのネトウヨは、国体護持を明記した根本的な憲法改正を求めております。私は、憲法改正でなく現行憲法破棄の上で大日本帝國憲法を現実に合わせて改正すべきだと思っています。しかし、現実的には一部改正を繰り返して最終的に自主憲法と呼べるような内容にしていくようにしなければならないのではないかと思っています。

 

そういう思いを込めて、10月25日(水)に自民党本部前で根本的な憲法改正を求める抗議街宣を行いました。警察によると、総選挙後に抗議に来たのは在特会が初めてなのだそうです。小手先だけの憲法改正で終わらぬよう、これからも憲法改正を先導するような活動を続けてまいります。自民党に提出した抗議文は下記の通りです。

 


 

自由民主党 御中

 まずは先日の衆議院議員選挙での大勝を祝福する。おめでとう。貴党だけでなく、改憲勢力が議席の大部分を占めた今、憲法改正がすぐにでもなされると期待され、それはそれで喜ばしい事である。北朝鮮や支那中共が我が国にミサイルを向け、拉致被害者を一日でも早く取り戻さなければならない今日の状況を考えると、憲法を改正し、安全保障関連法令を現実に則したものに変えていこうという貴党の主張に何ら異議を唱えるつもりはない。

 我々が危惧するのは、貴党が提案する憲法改正がそのまま固定されて永続してしまう事である。そもそも、貴党は現憲法を改正するのではなく、日本人の手によって自主憲法をあらたに制定するのが立党の精神だったのではないか。それならば、小手先の憲法改正で終わる事なく、これを機に更なる改正を提起し、国民を巻き込んだ議論を起こすべきである。先日の衆議院議員選挙ではそのような主張が全く見られなかったので、我々は抗議に来た。

 国民の声を聞き、議論を進める事を約束する貴党だからこそ、以下に示す我々の要求をここに伝えたい。そのためなら我々も協力したい。

一.今回は憲法の一部を改正するにとどまるかもしれないが、その後は更なる改正を目指して議論を進める事。

二.度重なる憲法改正により最終的には現行の憲法を根本から変え、自主憲法として相応しいものに仕上げる事。

三.我が国の伝統、文化に則った憲法を制定すべき事。具体的には国体護持の条文を入れ、我が国が天皇を戴く神国である事を宣言すべきである。

四.上記の自主憲法に相応しい道義国家を実現するため、総裁をはじめ貴党の党員は全員、靖国神社に参拝する事。

五.貴党が先頭に立って国歌斉唱、海ゆかば斉唱、教育勅語奉読を実践し、全ての臣民に普及させる事。

以上

 

平成29年10月27日

在日特権を許さない市民の会

会長 八木康洋

公約違反を続けている自民党への抗議文【東京支部】

※2月22日に行われた「自民党は公約を守れ!竹島の日政府式典をすみやかに実施せよ! 抗議街宣in永田町」で読み上げられた抗議文を掲載いたします。


抗 議 文
自由民主党総裁
内閣総理大臣
安倍晋三 殿


貴党の公約違反に対して抗議します。貴党は選挙の時に「竹島の日に政府式典を行う」「尖閣諸島へ自衛隊か海上保安庁の職員を常駐させる」と公約しましたが、いまだに守られておりません。島根県民や沖縄県民だけでなく日本国民に対しても欺いていると言わざるを得ません。貴党は本来政府主催で執り行わなければならない靖國神社例大祭、紀元節奉祝式典、新嘗祭等もなおざりにしており、本当に日本国民のための政党になっているのか、疑問を抱いております。
このような国民の生命と財産に関する公約の違反を続け、国民を欺き続ける貴党に対し、公約の速やかな実施を要求するとともに、公約違反に対し説明と謝罪を求めます。

公約が実施できないというのであれば、安倍内閣に退陣を願うというのが議会制民主主義のルールなのでしょうが、今はそういう悠長な事を言っていられる状況ではありません。私達は武器を求めます。ここにいる私達が戦ってきます。私達が竹島に不法滞在を続ける朝鮮人と戦い、尖閣に近づくシナ人と戦い、北朝鮮から拉致被害者を奪還し、国境を守り、日本を守るために戦います。自衛隊や海上保安庁ができない理由など聞きたくありません。できない理由など言っていられるような状況ではありません。どうか日本の平和と皇国の再興を願う普通の国民の声に耳を傾け、敵対する国と戦う覚悟を持っていただきたいと
思います。


平成 29 年 2 月 22 日

在日特権を許さない市民の会 東京支部
さざれ石の会

文責 在特会東京支部長 梅乃結

状況報告

一昨日の竹島奪還!全国一斉アクションに参加していただきました皆様、有難うございました。東京支部長からの報告(グロ画像注意)の通り、私はしばき隊の襲撃を受けて出血を伴う外傷を負いました。浅草警察署に行き、被害届を出すように努力はしましたが、結局受理されずに終わっております。警察から私が自分から当たりに行ったと言われ、反論できませんでした。確かにその通りではありましたが、卑劣な暴行に対して正義を貫いた結果であったと自負しております。その時の状況を以下に説明します。

 

日韓国交断絶国民大行進デモの集合場所である花川戸公園には車で行きました。先導車として自分の車を使うためです。警察からは車を別の所に移動するように言われ、車を指定の場所に移動して、荷物の出し入れをしておりました。その際、警察官から車と公園との往来の途中にしばき隊がいるから注意するように言われ、車道を横断してしばき隊から避けるように車と公園の行き来をしておりましたが、別の警察官から車が多い車道を横切る危険行為を注意され、指示通りにしばき隊のいる所(歩道)を通るようにしました。その結果、私が歩道を歩いて公園に戻ろうとした時に、しばき隊の一人に絡まれる結果となりました。一応、狭い歩道に観光客が大勢通行している状況の中、何とかしばき隊を避けるように道を確保して歩いておりましたが、私の前を塞ぐようにしばき隊が立ちはだかり、通行を妨害しました。私は「そこをどいて下さい」と丁寧にお願いしましたが、彼等は聞く耳を持たず、私がそこを通ろうとした時に頭突きをしてきて、その結果、口の中を切ってしまいました。

 

私に頭突きをしたしばき隊はすぐに身柄を確保されましたが、弁護士の入れ知恵なのか彼も被害を訴えたため、私も被疑者となりました。私が自分から当たりに行ったと見られてしまったのは仕方の無い事でした。なるべくしばき隊を避けるように歩いていましたが、これ以上避けようと思ったら横を歩いている一般の通行人を勢い良く突き飛ばすしかなく、頭突きの瞬間が見えた時に観念しました。よりによって横を歩いていた通行人は家族連れでおそらくシナ人観光客だったと思います。爆買いしていましたので。衝突をさけるためにその家族連れを突き飛ばしていたら、子供が重症を負う事になっていたと思います。それだけでなく、店舗の陳列棚を壊す事になり、これはこれで重大な犯罪行為になったと思います。外国人観光客に不愉快な思いをさせたくないし、近隣店舗の営業妨害をしたくない、という思いから私がしばき隊の暴力を受ける事を受忍し、あえて逃げずに正面から頭突きを受ける形となりました。外国人観光客にも店舗にも影響が無くて本当に良かったと思っています。

 

この際ですから、崔江以子をはじめとするカウンター諸君に言っておきます。君達は暴力で我々だけでなく弱い立場の客や店舗に嫌がらせをしてきたようだが、そういう暴力に屈しない者もいるという事だけは憶えておいた方が良いでしょう。事実、今回の襲撃において私は一歩も引かず、関係の無い通行人と店舗を君達の暴力から守りました。君達と違って私には誇れるような学歴はありませんが、君達の卑劣な攻撃を跳ね返すだけの体力と精神力くらいは鍛え上げております。今回は頭突きをした側が逆によろめく形になったのではないでしょうか。こういう事例を見てもわかりますように、外国人観光客に嫌がらせをしているのは、アパホテルでもいわゆるヘイトスピーチ団体でもなく、カウンター勢力であります。カウンター勢力による暴力は今に始まった話ではありません。沖縄で行われている反社会的暴力行為もこの延長にあります。暴力で人を怖がらせて自らの主張を通そうとする卑劣なやり方はもう通用しないと思った方が良いでしょう。

 

以上の通り、正義を貫いた結果、負傷し、被害を完璧に主張することができませんでした。しばき隊の方に暴行の意志があった事は明らかで、私は極力それを避けようとしていた事も立証できていたのですが、どういう訳か互いの暴行という扱いを受ける事になってしまいました。しばき隊側の暴行の意志は、私の通る道を塞いだ事から証明できるはずです。私に声をかけてヘイトスピーチをやめるように言いたかっただけだというのならば、わざわざ私の目の前に出て頭突きをする必要などありません。私の正面に立たなくても横から声をかけるだけでも良い訳です。暴行の意志があったから私の目の前に立ったのでしょう。本当に卑劣な連中です。そもそも、しばき隊が私達に対して抗議の意思表示をしたいというのであれば、誰も見ていない所で抗議の焼身自殺してみるとか、人里離れた山奥でハンガーストライキした末に餓死してみせるとか、富士の樹海で抗議の集団自殺をしてみせる、等々、ほかに色々なやり方がある訳です。わざわざデモ行進の現場にやって来て、外国人観光客に不愉快な思いをさせ、近隣店舗の営業を妨害するべきではないでしょう。

 

こういうろくでなしの連中を日本から一掃し、世界から根絶するためにも、良識ある皆様のご支援をお願いします。なお、明日は自民党本部前で抗議街宣がありますが、私は参加しません。愛国者による気迫溢れる活動が見られるのではないかと期待しております。最後に、私の負傷を心配して下さいました皆様にお詫びと感謝を申し上げます。

 

平成29年2月21日

在日特権を許さない市民の会

会長 八木康洋


自民党へ公開質問状を提出しました

※1月5日に行った自民党本部前での抗議街宣で、自民党に提出した公開質問状を掲載します。


公開質問状

安倍晋三自民党総裁殿


日韓合意において、我が国を護るために戦った先人の名誉は深く傷つけられただけでなく、
日本側は韓国政府が設立した財団(和解・いやしの財団)に10億円を拠出し、しなくてもよい約束を果たし巨額の税金を投入しました。しかし韓国側は日本大使館の前の慰安婦像を撤去しないどころか、釜山の日本領事館前にも慰安婦像を設置したことから、合意を履行する意思などない事は明白である。それに加えて、韓国の次期大統領候補や最大野党などは日韓合意破棄を強く主張しているにも関わらず、自民党には日韓合意を破棄する意思は一向に見受けられません。
その事が靖国神社に眠る英霊の尊厳を深く傷つけており、安倍総理が靖国神社を参拝せずに真珠湾を慰霊目的で訪問した事についても、国民として強い憤りを感じずにはいられません。そして、日韓通貨スワップ協定についても日本側に何のメリットもない協定を必死に結ぼうとしていますが、韓国だけを利する協定を結ぶ事に何の意味があるのでしょうか?安倍総理や自民党の方々には上記に内容について説明して頂きたいので、いくつかの質問をさせて頂きます。期日までにご回答下さいますようお願い致します。

一、安倍総理は今年の終戦の日に靖国神社に参拝する意思があるかないかをご回答ください。

一、自民党は韓国と歩調をあわせ、日韓合意を破棄する意思があるのかをご回答下さい。

一、日韓通貨スワップ協定を締結するにあたり日本側に何のメリットがあるのかをご回答下さい。

一、日韓合意を結び、英霊の尊厳を傷つけた自民党議員には靖国神社に参拝する資格がないという見方も出来ますが、その事について自民党としてどのような見解をお持ちなのかをご回答ください。

一、愛国・保守を謳い支持を得たからこそ、当時の民主党からの政権奪還を実現でき、安倍総理も自民党総裁に就任出来たにも関らず、その支持者を騙すような形で日韓合意を結んだ事についてどのような認識なのかをご回答下さい。

回答期限:平成29年1月20日(金)



平成29年1月5日 
在日特権を許さない市民の会 道添隆寛

クリスマスは祝うべきか否か

 本題に入る前に、12月の活動の報告をします。株式会社ユーキャンが主催する流行語大賞において「日本死ね」というヘイトスピーチが入賞した事を受け、12月15日の午後に東京法務局に行きまして人権侵害救済の申し立てを行ってきました。法務省は、6月3日のヘイトスピーチ対策法施行のわずか2日後に私達の協力団体が主催する川崎でのデモ行進を、省をあげて実力行使により中止に追い込んだ実績があるのだから、当然、同じ事をユーキャンに対してもやってくれるだろうと期待しておりましたが、全く対応する気が見られなかったため、12月20日に法務省前で抗議街宣を行いました。その時、郵送により提出した抗議文をこの記事の最後に記します。

 

 本題のクリスマスの件ですが、祝うべきでないとか祝うべきとか様々な意見があると思います。私はキリスト教徒ではありませんので、宗教の形式に則った祝い方をしたいとは思いません。ただ、この日に祝うべきかどうかと問われたら、祝うべきだと考えております。その根拠というのが新嘗祭の元々の日がだいたいこの時期になるから、クリスマス同様においしい物を食べて祝った方が良いと考えています。新嘗祭が行われていたのは太陰太陽暦で11月の二回目の卯の日、ちなみに今年は12月11日がそこにあたります。そのルールに基づけば、だいたい冬至の辺りが新嘗祭の日となり、クリスマスと重なる事もあります。クリスマス粉砕なんてやっている勢力というのは、私生活が荒んでいる人が多いので、ああいう人達にはなりたくないものです。私にとって今年のクリスマスはほのぼのとするような事件があり、楽しく過せました。事件ですが、昨日、朝日新聞から勧誘の電話がかかってきました。あまりに熱心に長時間にわたって朝日新聞の購読を薦めるので、「それはテロリズムですか?」と尋ねてあげました。そうしたら急に相手が怒り出して電話を切られてしまいました。真剣に朝日新聞をアピールしていた社員らしき人との会話は、本当に面白かったです。皆さんも言論活動の名を借りたテロ行為にご注意下さい。

 

 さて、今年もあとわずかになりました。皆様にとっては良い年でしたでしょうか? 我々としては、ヘイトスピーチ対策法がろくに審議もせずに可決されてしまい、その影響でさらにひどいヘイトスピーチを受ける結果にもなりました。ユーキャンの流行語大賞がそれに該当すると思います。一方で、反日左翼にとってみて、もっと悪い年になったのではないかと思います。十三ベース事件が公の知るところとなり、沖縄では自称暴力団傘下の伊藤連合男組のトップが逮捕され、本当に笑わせてもらいました。来る年が愛国者の皆様にとって良い年になり、反日左翼にとってもっと悪い年になりますように心からお祈り申し上げます。

 


抗議文
法務大臣 金田勝年 殿
 本年12月1日に株式会社ユーキャンが主催する流行語大賞において「日本死ね」という言葉が入賞した。これは明らかに外国人を含む日本国在住者に対するヘイトスピーチであるが、それに対して何も対処をしない法務省に抗議する。
 我々、在日特権を許さない市民の会(以下、「在特会」という)は上記のヘイトスピーチ被害を受け、生存権が脅かされているこの現実を打開するために12月15日に東京法務局へ人権侵害救済の申し立てを行った。それから2日以上経つが、ユーキャンは未だに営業活動を行っている。在特会の協力団体は、貴省から何の根拠もなく差別主義者認定されてしまい、6月3日のヘイトスピーチ対策法が施行されてから僅か2日後に貴省が主導した実力行使で活動を中止させられ、未だに事実上の活動停止状態が続いている。本来、中立かつ公平であるべき法務省であるのに、結果を見れば明らかにフェアな取り扱いをしていない。
 我々は何も完全な中立を求めているのではない。在特会の協力団体に対してヘイトスピーチ対策法施行以前の言動を無理矢理切り貼りして都合好く差別発言に仕立て上げ、ヘイトスピーチ対策法に基づく勧告を実施したが、我々はそのような文明国にあるまじき法の不遡及を無視した違法行為を貴省に求めているのではない。「ヘイトスピーチを許さない」の看板を取り付けたトラックでユーキャンを取り囲むとか、法務省の職員が総出でユーキャンの職員を個別で呼び出し、弁護士の立会いすら許さない個室で永遠と説教するとか、我々の仲間にやった事と同じ手段でせめて半年以上、株式会社ユーキャンの営業活動を自ら停止させるように仕向ける事くらいできるはずである。そういう結果が伴っていないから中立でないと判断するのである。
 いわゆる流行語を引用するならば、我々の要求は「ユーキャンも法務省も死ね」である。そうでなくても、中立性や公平・公正な対処をする意思の無い法務省人権擁護局の職員は日本国憲法第15条に基づいて罷免されるべきである。代わりなら我々がいる。在特会なら今の法務省職員よりはまともな仕事をすることができる。検討願いたい。
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋
以上

 

平成28年12月25日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
ギャラリー
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
プロフィール

反日ハンター

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ