反日ハンター

その名のとおり、狙い撃つぜ!

参院選

日本国民の良識の勝利!麻生派、来年夏の参院選までに憲法改正の国民投票を実施するよう安倍氏に求める


ぱんぱかぱーん!
(愛宕/艦隊これくしょん)

アズールレーン 愛宕













【MAD】パンパカパーンの系譜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26440517



愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry
https://www.youtube.com/watch?v=h1KuGtf5mF4




麻生派が来年夏の参院選までに憲法改正の国民投票を実施するよう安倍氏に求めたそうです。
中日新聞/麻生派「国民投票を参院選までに」 自民総裁選で首相に提言
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018082702000263.html
<引用開始>
 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十七日午前、九月の総裁選で自身を支持する麻生派から政策提言を官邸で受け取った。提言は改憲の国民投票を来年夏の参院選までに実施するよう求めている。提言を渡した同派顧問の甘利明・元経済再生担当相によると、首相は提言全般に関し「基本的に考え方は全く同じだ」と応じた。
 首相は総裁選の公約を準備中で、自身を支持する五派閥の提言を反映させる意向だ。五派閥のうち、二階、細田、麻生の各派が既に政策提言をした。
 麻生派の提言は「現実的な憲法改正の早期実現」と題した項目で「二〇一九年夏の参院選までに憲法改正の国民投票を実施する。そのための環境整備を全力で進める」と明記した。このほか経済や外交など幅広い政策を盛り込んだ。
 二十六日に総裁選への三選出馬を表明した首相は、これまでに「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう取りまとめを加速すべきだ」として、秋に想定される臨時国会への改憲原案の提出を目指す考えを明らかにしている。
 総裁選で圧勝すれば、来年中にも改憲の是非を問う国民投票を実施し、二〇年に新憲法を施行する日程を描いているとみられる。
 総裁選で首相と一騎打ちになる見通しの石破茂元幹事長は改憲に関し「スケジュールありきでやるべきものだとは考えていない」との姿勢を示している。
<引用終了>




安倍氏への麻生派の参院選以前の憲法改正国民投票実施の提言は日本の安全保障体制確立を望んだ

日本国民の良識の勝利です!




私が度々
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!



と書けば麻生派が来年夏の参院選までに憲法改正の国民投票を実施するよう安倍氏に求める。
私の言葉は重すぎる。
私の言葉は重すぎる





だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民進党、希望の党、立憲民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
入管特例法を廃止に追い込むぞ!
反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
反日教師を教育現場から追放するぞ!
反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
国民に希望を持たせるぞ!
誇りを持たせるぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!





国民よ、マスゴミやパヨクどもの「政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする」言動に惑わされず、
スイス政府発行の冊子、『民間防衛』
国内の敵は、政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする。国民がこれら当局者を信頼しなくなったときこそ、国民を操縦するのに最も容易なときである。


小学校から大学に至るまでの教師たちが、我々の自由の理想と国民的な名誉に対して忠実であるならば、占領軍は絶対にその思想に手をつけられず、屈服させることはできないだろう。精神的な抵抗運動を誰よりもまず最初に引き受けて実行するのは、我が国の教育者たちである。


(ある国の)国民に戦うことを諦めさせ、軍用機や装甲車、訓練された部隊などはすべて役に立たないと納得させることができれば、武器を使うことなく、その抵抗を打ち破ることができる。それは巧妙な宣伝によって可能となる。


現代は、宣伝の技術や手段が発達しているので、あらゆる形で他国に浸透することが可能だ。ある国は、防衛姿勢を示すことなく敗北し占領されてしまった。それは、その国民の魂が、利害関係のある「友人」の演説に心地良く酔わされて、少しずつ眠り込んでしまったためである。


戦争は嵐が草木を打ちのめすように我々を打ちのめすだろう。持ちこたえなければならないのは軍隊だけではない。全国民が軍隊の背後で抵抗しなければならない。軍隊は、その背後に国民の不屈の決意が
あることを感じたとき、はじめてその任務を完全に遂行できるのだ。


陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意思を挫くことができます。心がくじけたときに、腕力が何の役に立つでしょうか。反対に、決意を固めた指導者のもとに全国民が団結したとき、誰が彼らを屈服させられるでしょう。民間国土防衛は、まず意識に目覚めることから始まります。



これらの名言を心に刻み、特亜とその手先による日本国内の分断工作、特亜に都合の悪いニュースを報道しない自由、矮小化する自由の行使を拒絶し、彼らの謳う「平和」「人権」「平等」「友愛」などの甘言に惑わされず、在日韓国・朝鮮人ですら北朝鮮のミサイル発射に対して「はっきりいって日本はなめられている。しっかりした軍をもって対抗したほうがいい」と憤りの声を上げたように我が国の安全保障体制構築に一致団結しなければなりません。

与党よ、一刻も早く憲法九条改正の発議→採決→可決をし、


法則発動!有田芳生、次回の参院選で引退することを決める

反日ハンター・神功正毅です。
有田芳生・参議院議員が次回の参院選で引退することを決めたそうです。
Twitter/有田芳生
https://twitter.com/aritayoshifu/status/736332944298512384
<引用開始>
そう、人生で最後の選挙を闘います。「悠々と急げ」(開高健)の精神で。
<引用終了>


昭和27年生まれで
Wikipedia/有田芳生
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%94%B0%E8%8A%B3%E7%94%9F
<引用は省略します>

まだ政治家を続けられる歳であるにもかかわらず、自ら次回の参院選を最後
の選挙戦と定めたのは
「長いナイフの夜」到来? 〜SS文書と「十三ベース事件」の音声データが一部公開される(前編)
「長いナイフの夜」到来!?SS文書、完全公開さる
などで伝えたとおり、「しばき隊リンチ事件」所謂「十三ベース事件」の隠蔽に失敗して事件が明るみに出たことで「もはや当選は不可能」と心が折れたのでしょうか?

それもあるでしょうが、彼は2つ大きな過ちを犯しました。
ひとつは
あの国のあの法則

http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

<引用開始>

【絶対法則】


第一法則

国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。

<引用終了>

に逆らい、韓国人、朝鮮人に与し、阿って日本の国益に反し、日本国民の言論・表現の自由を奪う
「ヘイトスピーチ規制法」の制定に関わったこと、もうひとつが私、

神功正毅に逆らったことだ!

私に逆らった者がどのような末路を辿るのか?
当会会長(当時)・桜井誠ですら「私を刺さないようにしてください。刺すならこの人を刺しちゃってください。神功さんを刺してもらって結構です。」と言えば
在特会 桜井誠 ラスト講演会 大阪 【第一部】大嫌韓時代ベストセラー記念! | Zaitokukai Makoto Sakurai makoトーク
https://www.youtube.com/watch?v=hFRDwF_wRao

その後、心臓の疾患が発見され、心臓にメスが入るハメになり、
関西地区のしばき隊の構成員(当時)・主水が
「長いナイフの夜」到来? 〜SS文書と「十三ベース事件」の音声データが一部公開される(前編)
「長いナイフの夜」到来? 〜SS文書と「十三ベース事件」の音声データが一部公開される(後編)
で書いたとおり、仲間に1時間にわたって暴行され、
また、しばき隊のヤカラを撮影した秋山理央がクライアントから収支報告の捏造を暴かれ、自分たちをDisる本を出版されました。

任期の半ばでしばき隊が初めて関西地区でヤカラをカマした時の街宣のテーマ
「ヨシフらの言論弾圧を許すな!街宣 in 京都」の報告
として選ばれた有田芳生が1期限りで次回の参院選を最後に引退を決意するほど心が折れるのは当然です。

これが神功正毅に逆らった報いと
あの国のあの法則

http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

<引用開始>

【絶対法則】


第一法則

国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。

<引用終了>


が示す破滅への道です。

人はこれを


「自業自得だぁ」(アリー・アル・サーシェス/機動戦士ガンダム00)

アリー・アル・サーシェス無双
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23858914?ref=search_key_video



と言います。
有田芳生よ、あの国のあの法則と神功正毅に逆らった報いを
恐れよ!震えとともに跪け!





恐れよ!震えとともに跪け!

(111年前の同日同時刻にバルチック艦隊を降伏に追い込んだ連合艦隊の将兵に敬意を表し、この記事を捧げます)

 

民進党崩壊への序章 〜マニフェスト公募中止、元総務相離党、化学総連の連合離脱

反日ハンター・神功正毅です。
岡田克也・民進党代表が参院選まで2ヶ月半となった今に至ってもまだ参院選の勝敗ラインを打ち出せずにいることは
岡田克也・民進党代表、未だ参院選の勝敗ラインを打ち出せず
で伝えたとおりですが、「犬が人を噛んだ」程度のニュースバリューしかないのは承知のうえで民進党が未だに参議院選挙を戦える体制を整えていないことを如実に示すニュースを3つお伝えします。
まずは参議院選挙で掲げるマニフェストを政治の素人である国民から公募し、それを形にして掲げるならまだしも募集を途中で打ち切ったニュースから。
朝日新聞/民進、マニフェスト公募中止
http://www.asahi.com/articles/DA3S12334078.html
<引用開始>
 民進党は28日の執行役員会で、マニフェストの一部を公募する方針の撤回を決めた。党幹部は「岡田克也代表の強い意向でなしになった」と語った。公募には「自ら政策も決められないのか」との批判が出ていた。
<引用終了>



次は総務相を務めた樽床伸二・大阪府連幹事長が離党したニュース。
同/元総務相の樽床氏、民進党を離党
http://www.asahi.com/articles/ASJ4Z3SSTJ4ZPTIL00B.html
<引用開始>
民進党大阪府連は30日の常任幹事会で、元総務相で府連幹事長の樽床伸二・元衆院議員(56)の離党を了承した。府連によると、25日に離党届が出ていた。

 樽床氏は衆院議員を計5期務めたが、2012年、14年の衆院選で落選。この日の会議には出席せず、「民主党は政権運営に失敗し、国民の期待を裏切り、信頼を失った。無所属として再スタートしなければならない」とする談話を府連を通じて発表した。

 府連代表の尾立源幸(もとゆき)参院議員は会議の冒頭、「この大事な時期に非常に残念であり遺憾だ」と述べた。後任の府連幹事長には平野博文衆院議員が就任した。

<引用終了>


最後に民進党本体だけでなく支持母体の連合から全国化学労働組合総連合(略称:化学総連)が脱退するニュース。
時事ドットコム/化学総連、連合離脱へ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042500644&g=eco
<引用開始>
 大手化学メーカー各社の労働組合から成る全国化学労働組合総連合(化学総連、組合員数約4万6500人)が、連合からの離脱に向けて調整していることが25日分かった。産業別の労組全体が連合を抜ければ、1989年の連合発足以来初とみられる。連合側は離脱しないよう説得を続けている。
 化学総連は78年9月の結成。住友化学や三井化学、昭和電工など20組合と準加盟2組合で構成される。化学総連事務局は「独立することで弱体化した組織の強化を図りたい」と説明している。
<引用終了>



本体だけでなく支持母体の連合すら内部から崩壊するようでは岡田代表が参院選の勝敗ラインを打ち出せずにいるのもわかります。


では護憲派がどのくらいの議席を獲得可能なのか?
先の衆議院北海道5区補選で旧維新の党(現在の民進党に合流した松野派、おおさか維新の会)の票の内3割が自民へ、7割が池田真紀へ流れたと言われています。
民進、共産、社民、生活(以下略)の野党連合(以下「野合」)が完全に成立した場合の参議院の
1人区の得票予想がこれです。(ネットからの拾い物)
2016参院選予想










これを見ると野党惜敗率が100%を超えるのは岩手、福島、新潟、長野、沖縄の5区のみとなり、与党の参院選での圧勝は確実です(惜敗率102%の新潟すら取れない可能性があります)。

仮に与党が大きな失政(災害、テロへの対応の失敗、外交交渉での大譲歩)などをして惜敗率90%台の選挙区を失ったとしても宮城、三重、滋賀、高知が加わり野党の9勝23敗となるだけです。

これに東京で2議席、他の複数人区の各1議席を足しても「野合」は選挙区で20から25議席しか取れないことになります。

「野合」が選挙区の調整を岩手を生活(以下略)、沖縄を沖縄社会大衆党、東京の2人を共産党、民進党(増山”乳時雨”麗奈については出馬を辞退させるものとする)、その他の選挙区を民進党1人とすることができたとし、上記通り議席を得たとして、改憲派が東京、大阪で1議席公明が取り、大阪でお維新が1議席、その他の選挙区を自民が取ったとすると今回改選分の議席数はこのままの情勢が推移したとして以下のとおりとなります。


[選挙区]
自民47
公明2

お維新1

民進20
共産1
社民0
生活1

沖社1

合計73

では比例代表はというと、
NHKの最新の世論調査
NHK ONLINE/政治意識月例調査 2016年
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2016.html


から、
[自公]
自民48×34.9/54.9=31                     
公明48×4.1/54.9=4
計35議席


[改憲派]                      
日ここ48×0.0/54.9=0
お維新48×1.4/54.9=1
計1議席


[護憲派]
民進48×9.1/54.9=8
共産48×4.8/54.9=4
社民48×0.5/54.9=0
生活48×0.0/54.9=0
計12議席


[諸派・無所属]
0議席

となります。


選挙区と比例代表の議席数を足すと
自民78
公明6

日ここ0
お維新2

民進28
共産5
社民0
生活1
沖社1

諸派・無所属0

となり、非改選と合わせると
自民144
公明17

日ここ3
お維新7

民進46
共産13
社民1
生活2
沖社2

諸派・無所属7

となります。


この推測どおりであれば野党惜敗率が100%を超える岩手、福島、新潟、長野、沖縄のうち自民が1つでも取れば自公単独での憲法改正発議が可能な162議席に届きます。

仮に取りこぼしが16議席までなら日ここ、お維新、諸派・無所属を取り込めば憲法改正発議が可能です。



憲法改正発議が可能な与党の衆参両院での2/3独占の道筋が見えてきました。

ですが我々憂国派も油断はできません。
我々憂国派にとっての勝利の定義は自公で参議院の2/3を占めて7割、改憲派で参議院の2/3を占めて6割、諸派無所属を含めて2/3を占めて5割です。

改憲派が参議院の2/3を占めることができなければ我々にとっての勝利とは言えません。

安倍政権が慰安婦にワビを入れたこと、ヘイトスピーチ規制法案提出、TPPへの参加、移民受け入れに対する抗議はいいとしても改憲派政党への支持を揺るがせてはなりません。


「勝利の女神に後ろ髪はない」(勝機を逃した者が再びそれを掴むことはない)と言います。

この機会を逃さず次回参院選で自公、改憲派に参議院の2/3の議席を獲得させ、歓喜の歌を歌い、
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」第4楽章(13:30ごろ)
https://www.youtube.com/watch?v=4fK9BlAgbP4






ドン・ペリニヨン













勝利の美酒を飲み干そうではないか!


岡田克也・民進党代表、未だ参院選の勝敗ラインを打ち出せず

反日ハンター・神功正毅です。
民進党の枝野"フルアーマー"幸男幹事長が「改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」と豪語したのとは裏腹に岡田克也代表は参院選まで2ヶ月半となった今に至ってもまだ参院選の勝敗ラインを打ち出せずにいるそうです。
産経ニュース/民進党の参院選勝敗ラインは17議席? 「それを言っちゃおしまいよ」と煙に巻く岡田代表も心中複雑なようで…
http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270003-n1.html
<引用開始>
民進党の岡田克也代表が夏の参院選の「勝敗ライン」に関する言及を避け続けている。参院選を「政権交代の足がかり」と位置づける岡田氏が心中に秘めた議席獲得目標とは−。

 「そういう数字のことは、基本的には、私、申し上げないんです。一つでも多く積み上げていくということですね」

 4月22日の記者会見で参院選の目標について問われた岡田氏は、そっけなくこう答えた。

 もっとも、これは「お約束」の回答である。参院選の勝敗ラインについて岡田氏は常に言葉を濁しているからだ。

 「まだ3カ月あるんだから、われわれとしてはグーンと上げていきたいと思いますので、あまり言っても意味ないと思うんですね」(3月31日のBS日テレ番組)

 「(勝敗ラインは)それを言っちゃおしまいよ、じゃないけれども、それは私自身が判断することだ」(3月30日のBS11番組)

 「数字で今、申しあげるつもりない。不毛だと思います。『安倍(晋三首相の)政治の暴走をとめる』『政治の流れを変えるきっかけを作る』。それだけの結果を出すということを申しあげている」(1月30日の旧民主党大会後の記者会見)

 敗北という事態も想定して勝敗ラインをうやむやにしようとしているのかといえば、必ずしもそうではない。1月5日の年頭記者会見では獲得議席目標について「心中期するものは当然ある」と語り、公言しない理由を次のように説明している。

 「目標を具体的に言うといろんな議論が出てくるんですね。政治家は出処進退というものは当然、自ら処すべきものですから、そういう議論を呼びかねない数字の議論というのは、私は避けたほうがいいんではないかと思っています」

 「心中期する」ラインに達しなかった場合は代表を引責辞任する覚悟というわけだ。結果を出すことができた場合については「引き続き代表として政権交代を目指していきたい」と述べ、参院選後の次期代表選に出馬する考えも示唆している。

 出処進退は自ら決めるという岡田氏の美学には敬意を表するが、そうはいっても「心中期する」目標はやはり気になるところだ。

 一般論でいえば、「前回並み」の結果であればかろうじて及第点とみることはできるが、3年ごとに半数を改選するという参院の性格上、どの結果を「前回」ととらえるかが難しい。

 直近となる3年前の参院選では、旧民主党の獲得議席は17議席だった。平成10年の結党以来最低という壊滅的敗北だった。細野豪志幹事長(当時)が引責辞任したものの、海江田万里代表(同)は続投した。

 一方、民主党政権の菅直人首相時代の6年前の参院選では44議席を獲得した。勝敗ラインと位置づけていた「改選54議席+α」には達しなかったが、菅氏はその後、1年以上、居座り続けている。

 3年前の結果が勝敗ラインだと仮定すれば「17議席」ということになるが、さすがに現実味は乏しい。この夏に改選を迎える民進党の参院議員は43人(統一会派を組む無所属議員を含めると47人)である。改選議席を半分以上割り込んでおきながら居直るのは「岡田氏の性格からして考えにくい」(参院ベテラン)といえる。

 だとすれば、6年前の獲得議席数である「44」や改選議席数の「47」あたりが出処進退の判断ラインだと推測することができる。

 では、達成できる可能性はいかほどのものか。

 ある党幹部は「(改選議席数の維持を目標だと仮定した場合)参院選は負けかねない」と分析した上で、次のように続ける。

 「しかし、衆院の場合は今より議席が増える公算が大きい。だから、衆参同日選になったときは『衆参トータルで結果を総括すれば、党勢は拡大した』ということで岡田氏は続投することになる」

 う〜ん。深謀遠慮というべきか、セコい計算というべきか…。

 さて、岡田氏が「心中期する」勝敗ラインのヒントとして唯一挙げているのは、「憲法改正を発議できる3分の2以上の議席を自公与党に獲得させない」という目標だ。4月22日の記者会見ではこう明言している。

 「あんまり、私、数字の話は言いたくなんですが、ただ、与党で3分の2を上回る数が(非改選も含め)確保されるということになれば憲法改正につながりますから、これは死守しなければならないラインだと思います」

 参院の定数は242だから、非改憲勢力と位置づける野党で81議席以上を獲得しなければならない計算になる。民進党の非改選組が17人(統一会派を組む無所属議員を含めると18人)しかいないことを考えると、夏の参院選の勝敗を決める最低ラインは、やはり「44」「47」あたりとみるのが妥当といえそうだ。

 ただし、それでも道のりは険しい。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4月23、24両日に行った合同世論調査では、民進党の支持率は7・3%で、旧民主党時代の昨年1年間平均の10・0%を下回った。参院選の比例代表の投票先を尋ねた質問でも、民進党と答えた人は14・1%にとどまり、自民党の44・8%に大きく差をつけられた。無党派層に限ってみても17・6%(自民党は25・6%)に過ぎない。

 岡田氏にとって厳しい戦いが待ち受けていることは間違いなさそうだ。
<引用終了>



4月24日に行われた衆議院北海道5区補選で自民党公認候補のゼロ打ちを阻止するのがやっとで今回の得票数が先の総選挙での民主+共産の得票数すら下回る今の野党の現状では
枝野"フルアーマー"幸男、「改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」と豪語す
で書いたとおり、与党の2/3確保を阻止するのがやっとでお維新、日ここ、日元、新党改革を含めた改憲派の2/3阻止は到底不可能でしょう。

それにしても参院選まで2ヶ月半となった今に至ってもまだ参院選の議席獲得目標、勝敗ラインを打ち出せずにいるようでは話になりません。

代表がこのような心持ちでは部下に絶望感を植え付けてやる気を削ぎ、改憲派へのプレッシャーを軽減することとなり、それが議席数の差をさらに広げる結果を生むことになります。

まあSEALDs、しばき隊ら「常敗の英雄」に「不勝の魔術」をかけられた民主、共産、社民、生活(以下略)に改憲派の2/3獲得阻止は到底不可能ですが。


ですが我々憂国派も油断はできません。
我々憂国派にとっての勝利の定義は自公で参議院の2/3を占めて7割、改憲派で参議院の2/3を占めて6割、諸派無所属を含めて2/3を占めて5割です。

改憲派が参議院の2/3を占めることができなければ我々にとっての勝利とは言えません。

安倍政権が慰安婦にワビを入れたこと、ヘイトスピーチ規制法案提出、TPPへの参加、移民受け入れに対する抗議はいいとしても改憲派政党への支持を揺るがせてはなりません。


「勝利の女神に後ろ髪はない」(勝機を逃した者が再びそれを掴むことはない)と言います。

この機会を逃さず次回参院選で自公、改憲派に参議院の2/3の議席を獲得させ、歓喜の歌を歌い、
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」第4楽章(13:30ごろ)
https://www.youtube.com/watch?v=4fK9BlAgbP4




ドン・ペリニヨン













勝利の美酒を飲み干そうではないか!


枝野"フルアーマー"幸男、「改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」と豪語す

反日ハンター・神功正毅です。
民進党の枝野"フルアーマー"幸男幹事長がどのような勝算があってか「改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」と豪語したそうです。
産経ニュース/「改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」民進・枝野幹事長
http://www.sankei.com/politics/news/160416/plt1604160039-n1.html
<引用開始>
 民進党の枝野幸男幹事長は16日、さいたま市で講演し、夏の参院選情勢に関し「良い流れがつくられつつある。改選1人区の半分を野党が取れる可能性がある」と見通しを示した。

 共産、社民、生活を含む野党4党は全国32の1人区で統一候補擁立を加速させている。

 枝野氏は「(安倍政権などの)改憲勢力に3分の2を取らせないという小さな目標は掲げない」と強調。衆参同日選になった場合について「必ず政権を取る。自民党政権に代わる政権をつくると掲げる政党がなければ、安倍晋三首相のやりたい放題だ」と指摘した。
<引用終了>



仮に彼の大言壮語のとおり32の1人区中16か所で野党の統一候補が議席を獲得し、東京で2つ、残りの複数人区で1つ議席を獲得できれば野党が32議席を選挙区で取る計算になります(おそらくこれ以上野党が選挙区の議席を得るのは不可能でしょう)。

ではこの見通し通り野党4党が次期参院選で73議席中32議席を選挙区で取ることが可能なのか?

NHKの最新の世論調査を見てみましょう。
NHK ONLINE/政治意識月例調査 2016年
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2016.html

4月の政党支持率(%)
[与党]
自民 34.9
公明 4.1
合計 39.0

[改憲派]
お維新 1.4
日ここ  0.0
合計 1.4

[護憲派]
民進 9.1
共産 4.8
社民 0.5
生活 0.0
合計 14.4

支持なし 33.1
わからない、無回答 12.0


4月の各党支持率を「支持なし」「わからない、無回答」を引いた残り56.9%で割って次回改選分の参議院の選挙区の議席数に換算すると(与党と護憲派は内内で票や選挙区を融通しあえるものとして合計値を算出する)、


[与党]
50議席


[改憲派]
お維新 2
日ここ  0
合計 2議席


[護憲派]
18議席


[その他]
3議席


こうなります。
少なくとも現時点では与党が熊本地震の対応でよほど大きなヘタを打たない限りとても枝野幹事長が言うような改選1人区の半分を野党が取れるとは思えません。

4月の各党支持率を同じように次回改選分の参議院の議席数に換算すると、
[自公]
自民121×34.9/56.9=74                     
公明121×4.1/56.9=9
計83議席


[改憲派]                      
日ここ121×0.0/56.9=0
お維新121×1.4/56.9=3
計3議席


[護憲派]
民進121×9.1/56.9=19
共産121×4.8/56.9=10
社民121×0.5/56.9=1
生活121×0.0/56.9=0
計30議席


[諸派・無所属]
5議席


こうなります。
それに非改選の議席を加えると参院選後の勢力図はこうなると予測されます。
[自公]
自民140                     
公明20
計160議席


[改憲派]                      
日ここ3
お維新8
日本を元気にする会2
計13議席


[護憲派]
民主37
共産18
社民2
生活1
計58議席


[諸派・無所属]
11議席


枝野幹事長が言うような参議院での改憲派の2/3独占阻止、衆参同日選挙での野党連合の政権奪取など少なくとも現時点では夢のまた夢というべきでしょう。

彼の大言壮語、いや妄言はまさに
「お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな」
お前ん中ではな






です。
確かに佐賀藩の藩祖、鍋島直茂は「もっと顔を上げ、時にはホラを吹いて大言壮語するような気風を養わなければ鍋島勢は役に立たなくなるぞ」と言いました。
支持者向けに内内の集会で大きい目標をブチ上げて支持者の気持ちを盛り上げるのは悪いことではありませんが、それも現状を顧みたうえでの言葉でなければこのように笑いものになってしまいます。

彼の大言壮語はさておき我々憂国派にとっての勝利の定義は自公で参議院の2/3を占めて7割、改憲派で参議院の2/3を占めて6割です。

改憲派が参議院の2/3を占めることができなければ我々にとっての勝利とは言えません。

安倍政権が慰安婦にワビを入れたこと、ヘイトスピーチ規制法案提出に対する抗議はいいとしても改憲派政党への支持を揺るがせてはなりません。


「勝利の女神に後ろ髪はない」(勝機を逃した者が再びそれを掴むことはない)と言います。

この機会を逃さず次回参院選で自公、改憲派に参議院の2/3の議席を獲得させ、歓喜の歌を歌い、
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」第4楽章(13:30ごろ)
https://www.youtube.com/watch?v=4fK9BlAgbP4




ドン・ペリニヨン













勝利の美酒を飲み干そうではないか!

 

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
ギャラリー
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
プロフィール

反日ハンター

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ