2019年06月19日

旅立って行ったセカンドダイバー・そして過去のメルマガ癸

DSC_6286DSC_6287DSC_6291DSC_6301
少し前に仕上げたセイコーセカンドダイバー。早くも旅立ちました。
それでも時計好きの方の元に行ったのだから安心です。なかなか会えない時計ですが・・・

【過去のメルマガ癸魁最終章です】

何年かすると全国いろんな所からメールをくれる人が増え、ぼちぼちと商品も
売れ始めます。???ネットで時計が売れるんだ。
感心している間もなく商品が売れ、修理の依頼が増え、インターネットの対応
など、仕事は忙しさを増すばかり。

それに私どもでは先代から民芸品・猿はじき(古くから松阪に伝わる厄除け玩具)
を作っていてその仕事も増えていきます。50代でこんな忙しくなるということは
再々スタートする時は思いもしなかったことです。
人生、何が幸いするかわかりませんね。吉と出るか、凶と出るか神のみぞ知る。
という事でしょうか。やるべき事は考える前にやらなければと、
自分の道をみつけたらよそ見せず一心不乱に歩み続ける事。そう実感します。
あの時、納屋を覗くことがなかったら今の私は、今の店は、まず無かったでしょう。
そして古時計を残してくれた父がいなかったら・・・と感慨深いものがあります。

楽しいけど忙しい毎日。今度は息子が助けてくれる事になりました。
高校を出て8年間、勤めていましたが、もともと好きだった時計の修理が
したいと帰ってきてくれました。高校を卒業する頃は、とても跡を継がせる
には偲びがたく、勤め人にしましたが、これからの時代、技術を持つ事は
とても大切なことかもしれません。道はそれなりに険しいかもしれませんが、
努力あるのみ。そう言い聞かせて仕事を教えています。

形あるもの、命あるものを眠らせているのではなく、技術をもって蘇らせること
がこの先必ず必要になってくるのではと感じます。

殺伐とした世の中、テレビで流れるニュースには目を覆いたくなることばかりです。
もう一度、足元を見つめなおし、原点に戻る必要があるのではないでしょうか。
物を大切にする心は人をも大切にします。
直していつまでも思いでとともに蘇らせた時計を眺める。良い事だと思います。
私たち親子の生きる道もここにあるのでは、そんな気がします。

真摯に丁寧に一つ一つ古時計を直し続けていこうと思います。
そして気持ちも新にに、『アンティーク時計&さる弾き・時計屋なかの』として
屋号・4回目の変更を決意しました。
もう私たち親子の気持ちも屋号も変わることはありません。
時計屋なかの を末永く宜しくお願い致します。
ご期待にこたえられるよう日々精進いたします  

Posted by antique1 at 11:39Comments(0)修理日誌

2019年06月17日

過去のメルマガを・【癸押 そして誕生日会

果たしてこんな古時計でお客様がきてくれるのだろうかという心配は危惧に
終わり、不思議と噂を聞いたお客様が多く、それも遠方からきていただくように
なっていきます。未練な気持ちで新品の商品も半分は残していましたが、
知人の助言もあり、思い切って新品は全て排除し、アンティーク時計で店内を
すべてうめつくすのにそれほどの時間はかかりませんでした。

時代にもうまく合っていたのかもしれませんし、全ての経験と私のまわりの
全ての人が助けてくれたのだと思います。
生きていく事に無駄な物は何一つないのかもしれませんね。
当時、世の中は大量消費、使い捨ての時代が長く続いていました。
人々は物を大切にしなくなり、壊れたたら捨て、また買う。
でも、その風潮を再考しなければいけないと少しづつ考えなおす傾向も
現れていたように思います。

私の店に来て古時計を眺めているお客様が、家にもあるから直してもらおう、
お爺さん、お婆さんが使っていた時計が引き出しの中にあったから直して
ください。そんなお客様が増え始めます。

そんな時、娘がホームページを作ってあげようと協力してくれる事になり、
今までパソコンをさわったことがなく、そればかりか一生無縁のものだと
思っていましたので、さぁ大変。修理の合い間にパソコンの猛勉強。
最初は何が何だかわからなかったのですが、やれば出来るものなんですね。
H・Pでネットショップを立ち上げてくれた娘に感謝しつつ、出品をする商品を作り、
写真に撮り、編集し、出品する。そんなことが出来るようになりました。 続く・・・

昨夜は娘の誕生日。久しぶりに全員揃いました。
DSC_7354DSC_7358DSC_7356
_20190616_200958_20190616_200941_20190616_201020
手巻き寿司、鮎の塩焼き、ビールも最高!
仕上げはシフォンケーキ。中にマンゴーを。上にはメロン。
料理も、デザートも女将の手作り。お美味しくいただきました。
今日から、また三人の生活です。頑張って修理を続けます。



  
Posted by antique1 at 14:22Comments(0)修理日誌

2019年06月15日

過去のメルマガを・癸

_20180724_110815DSC_626120161226_200521

以前のメールマガジンが出てきました。2006年のですが、13年前です。
その時と変わらぬ気持ちで修理を続けています。
ご覧にならなかった方々にも、お伝えしたい気持ちです。
長くなりますが・・・三回位に、ご紹介させていただきます。

店主のひとり言エッセイ・今月は当店の歴史と屋号について。少々長くなりますがご笑読下さい。

昭和11年、先代の父と母が創業しました『中野時計店』
修理一筋がんこな父と底抜けに明るい母が下町で夢と希望を持ってスタートした店です。

昭和45年、二代目として父を手伝い私なりの夢を両親の夢に重ねて
修業での4年間にわたる技術の習得、営業方法などを生かすべく
『時計・宝石・眼鏡の なかの』として新たにスタートしました。
しばらくは外商などをして松阪のあちらこちらを飛び回る毎日で店の
名前を覚えてていただく努力を続けて少しづつお客様を増やすよう頑張っていました。

そのうち時代は大量消費に!時計業界も大きな変動期になっていた
ようで、機械式から電池のクオーツ式に変わっていきました。
クオーツが出始めた頃は高価にも関わらず時間も機械式よりはるかに
高精度で珍しさもあり仕入れては売れる。時計屋にとっては嬉しい
悲鳴をあげる時代になりました。

が、そんな時代も長くは続きません。時計屋にとっての落とし穴が待って
いました。クオーツ式が全般にいきわたると時計は電池を替えるだけ、
修理の必要がほとんどなくなっていき、他業種の参入という思いもかけ
ないことが時計屋を襲います。

私自身、4年間の修理技術習得の成果は見せることも叶わなくなりました。
売るだけでいい時計商では、資金が多く、大量仕入れ、大量販売の店には
敵うはずもなく、どの時計店(いわゆる町の時計屋、父ちゃん母ちゃんの店)も
眼鏡や宝石に商品の比重を増やし、設備投資などに経費をつぎ込まなければ
ならなくなりました。

『時計・宝石・眼鏡の なかの』も眼鏡加工機器や宝石の仕入れに力を入れ、
宝石展示会を開催したりして食いつないでいこうと頑張りますが最終的には
安売り量販店のあいつぐ出現に売り上げの減少、客離れはどうしようもなく
なっていきます。他業種の参入も多く、弱肉強食の業界になってしまいました。

時計が売れない、お客は固定客だけ。どの時計店もいきづまり、廃業を
待つばかり。もちろん私も転職を考えざるをえない状況に追い込まれて
いきましたが働き場所を選べる年齢ではなくなっていました。

そうした、ある日、納屋を整理していた時に見つけたのが大量の古時計。
腕時計、掛時計、置き時計の古い物を父が残してくれていました。
その時感じた衝撃は今でも忘れる事が出来ません。そうだ、これを直してみよう。
天国にいる父もコツコツ直してみろ。と言っているようでした。
新しい店舗の改装ができるまで、直して、直して、直しまくる日々。
まるで水を得た魚のようでした。

期待以上に不安はありましたが、何とか『時計・宝石・民芸品・眼鏡や なかの』
として3回目の屋号で再々スタートです。  
Posted by antique1 at 21:11Comments(0)修理日誌

2019年06月09日

お招きした【I】さんとの二日目も楽しい一日でした

二日目も、朝から晴天!絶好の観光日和になりました。思いっきり、遊びましょう!
DSC_7046DSC_7048DSC_7050
鳥羽の景色を満喫してもらいます。パールロードをドライブ。
展望台からの景色は、いつ来ても素晴らしいです。

大王町まで行きましたが、その様子はカット?・・・
二見に何十年も来たことがないと言われる【I】さんを夫婦岩に案内しました。
DSC_7069DSC_7076DSC_7077

二見では、おふくかき氷を、おかげ横丁では、伊勢うどん、赤福まで完食!
一日目の夕食も、二日目の朝食も、たっぷり食べましたが、別腹の別腹でした。
二日間、元気に、楽しく過ごしていただき、私たちも楽しい時間でした。
DSC_7084DSC_24201559800812391

仕事に戻ります。ネットショップに載せている、商品も増えてきました。
少し見にくい所がありましたので、修正しています。
セイコー紳士用、シチズン紳士用、オリエント紳士用、タカノ・リコー紳士用。
特にオリエントが増えていますので、各メーカーを選んで、ご覧ください。
DSC_6012DSC_4335IMGP1644
メーカーを選んでいただき、【写真のみ一覧】をクリックしていただくと
見やすいと思います。まだまだ、増やしていきたいものです。

  
Posted by antique1 at 20:30Comments(0)店主の日記

2019年06月07日

一泊して、知人を鳥羽、伊勢を、ご案内!

初めて、ご来店いただいてから、早22年の【Iさん】西宮から来ていただいています。
昨年までは、仲良く、ご夫婦で来ていただいてましたが、今年からは、お一人で・・・
今回は、お元気をだしていただきたく、松阪を少し、そして鳥羽でゆっくりして
いただこうと女将が計画しました。ちょうど私たちの、松阪まちかど博物館展を
城跡にある民俗資料館で開催していますので、散策がてら、ご案内しました。
_20190607_110337DSC_7023DSC_7025

DSC_7027DSC_7028DSC_7031
本居宣長記念館から、鈴屋【すずのや】、城壁を見ながら資料館へ。
腰を痛めてみえますが、元気に散策して、見学していただきました。

お腹を空かせて、鳥羽の旅館に。板長が知り合いなので、年に1,2度、世話になります。
料理が多いので、アルコールの量は減らします。
DSC_7036DSC_7034DSC_7038

DSC_7042DSC_7041DSC_7045
それでも生ビールの後に、冷の義左衛門。美味しかったです。もう一杯いけたかも・・・
【I】さんと、2回、お風呂に入り、部屋でも楽しい、お喋りを。
翌朝も美味しく朝食をいただきました。二日目の、大王町、二見、伊勢の散策は、
また後日、ご紹介します。休み明けの今日は梅雨入りのようです。
仕事日和です。

  
Posted by antique1 at 15:12Comments(0)店主の日記

2019年05月31日

爽やかな風に誘われて、飯南町・茶倉と深野棚田へ

休日前の雨、でも休日は爽やかな晴天に。今週も友人夫婦を、お誘いして、飯南町に。
茶倉道の駅に車を停め、階段を上り、絶景を楽しめる場所へ。
あずまやが空いていて、4人で、持ち寄った、お弁当を広げます。
景色も良く、空気も最高!愉快な仲間との食事を美味しくいただきました。
_20190531_104936DSC_6855DSC_6865

DSC_6857DSC_6858DSC_6856
2本、缶ビールを飲みほした友人、気持ちよさそうに風にあたっています。
一句浮かんでいるのかもしれません。季語も、あちこちに・・・
DSC_6860DSC_6867DSC_6869

少し休憩したあと、深野棚田に向かいました。
何度来ても素敵な所で、特に石の芸術と言われる棚田は、季節を通じて楽しめます。
DSC_6872_20190530_154159DSC_6892

楽しい一日でした。梅雨、そのあとの真夏。蒸し暑い日は、もうすぐです・・・
その前に、良い休日を過ごせました。修理の出来上がりは、後日にします。
  
Posted by antique1 at 11:42Comments(0)店主の日記

2019年05月24日

ビフォーアフターが続きます・ラドーバルボア編

_20190523_100546_20190523_100509_20190523_100342
昨日の朝からとりかかり、夜、完成しました。
ラドーバルボア。1970年代に大人気だった紳士用自動巻きです。
当時、初めて見たときは衝撃でした。ケースをヤスリで擦っても傷がつかない!
超鋼金のケースが出来たとは信じられない気持ちでした。後年分かったことですが、
硬いケースだけに、脆さもあったようで、硬い地面に落とすと割れることが
分かり、それも驚きでした。最近、数個入ってきたので、仕上げていますが、
素晴らしく綺麗です。
DSC_6706DSC_6718DSC_6719

昨日も昼食後、愉快な友人夫婦を誘って、花をめぐるドライブに。
ベルファームで、癒されてきました。バラやスモークツリーなどを鑑賞。
line_103012802976321line_103033321249282DSC_6665
帰り道に遭遇した、ブラシの木!真っ赤な花が満開でした。
これほど見事に咲かせてみえるのは初めて見ました。まだまだ、見てない花が
あるんですね。花めぐりの散策は続きます。でも、これから暑くなりそう・・・
DSC_6672DSC_6677DSC_6674  
Posted by antique1 at 14:07Comments(0)修理日誌

2019年05月17日

今日も直して【時計修理】明日も直して、もっと時間が欲しい!

初めて当店に来てくれました、ファースト・グランドセイコー。
お客様のファーストGSは何度も直させていただきましたが、私の店に並ぶとは・・・
嬉しい限りです。裏蓋には、ライオンマークが綺麗に残っています。
DSC_6535DSC_6545DSC_6550

DSC_6237DSC_6367DSC_6511
まだまだ、初めて手掛ける修理も入ってくるような気がします。
友人たちの、そろそろ終活を!と言う心境には、まだ、なれません。
あれも直したい、これも直したい。そう思うと時間が足りません。
あと5年、修理の日々をと思っていましたが、あと10年、頑張りたい気持ちに
なっています。私の元に来てくれる時計たちに感謝しないでは、いられません。

少し体調の良くない友人と、彼の奥さんを、お誘いして神宮会館の薔薇園へ。
休日の楽しいひとときです。中学生の時からの友人です。ずっと一緒にいたいものです。
時間の合うかぎり、あちこち一緒に散策するつもりです。
1558013988138DSC_6499line_240177207093203

DSC_6484_20190516_223235DSC_6493
良い空気を吸って、綺麗な花を見て、楽しく喋って、笑って過ごせば、少しでも長く
健康でいられるような気がします。来週もでかけましょか?(^^♪


  
Posted by antique1 at 23:04Comments(0)修理日誌

2019年05月04日

今年のフジも見納め、あとは時計修理に没頭します

思ってもいなかったジャンク品の時計が、沢山、来てくれました。
DSC_6072DSC_6076DSC_6078

DSC_6080DSC_6107DSC_6127
その中から、さっそく、大好きなクラウン、クラウンスペシャルを仕上げました。
素晴らしい時計です。毎日、眺めて、明日はどれを直そうか、至福のひとときを。
私だけの贅沢を、させてもらっています。

今年のフジも見納めです。定休日に津市久居にある、かざはやの里へ行ってきました。
DSC_6048DSC_6047DSC_6051

DSC_6034DSC_6035

次は何の花を見に行こうか、思案中ですが、薔薇など良さそうです。
探してみます。それより、修理、修理! また仕上がりましたら、ご紹介します。

  
Posted by antique1 at 18:19Comments(0)修理日誌

2019年04月26日

雨上がりの休日、有意義に過ごしました

お昼前には雨も上がり、昼食をすませて、出かけました。
例年、見に行く野原地区の【野原公園】フジを楽しみにして行ったのですが
4,5日位、早かったようです。
_20190425_135057_20190425_135204_20190425_134846
このままでは消化不良、我が家は引き下がり?ません。40分ほど車を走らせます。
大紀町の大平つつじに期待です。大平つつじ山。着いて山を見上げて、正解!!
山が、真っ赤でした。
DSC_5979DSC_59921556177284813
いつもなら、山を登り、ゆっくり散策するんですが、膝が痛く麓だけを楽しみました。
大満足の、つつじ山でした。帰りの途中、新鮮なヒラメを鮮魚店で見つけ
夕食はカルパッチョにしてもらい、美味しくいただきました。寝る前には膝のケアーも
_20190425_191757_20190111_223154DSC_6003
膝を痛めてから、友人からの誘いもなくなり、情のない友人どもめ!
私なら肩を貸してでも歩くのに・・・とは、いかないでしょうが・・
そういえば昨年の今頃は【一人ハイキング】で、飛鳥方面を、よく歩きましたが、
今後は家族を頼りに、ゆっくりハイキングを楽しみたいものです。
20170420_12372220170420_12324520170420_122345
思い出の、岡寺です。シャクナゲが満開でした。また行きたいなぁ(^^♪
  
Posted by antique1 at 12:01Comments(0)店主の日記