2016年12月06日

今年も高校時代の友人と忘年会

余生も長くない?こともあり、高校の友人と、今年も恒例の忘年会。
鳥羽に着くと、リムジンの、お出迎え。
20161206_10134620161205_16005620161205_161313-1
すぐに温泉に入り、飲んで、食べて、お喋りして、本当に楽しい時間です。
いっとき休憩をはさんで、部屋で二次会を。あっという間に夜が更けていきました。

朝食も、喋り続けた翌朝で、お腹が空きまくり。ご飯三杯の、おかわりでした。
20161205_16220320161206_08302720161206_083034

二日目は、おかげ横丁を、ぶらぶらと。
20161206_11373920161206_11440020161206_114413

近くの、宇治工作所の銀杏並木。もう冬の準備をしているようでした。
20161206_12044420161206_12055120161206_120356

明日から、さるはじき作りに専念しましょうか・・・ぼちぼちと(^^♪



  

Posted by antique1 at 19:55Comments(0)TrackBack(0)店主の日記

2016年12月02日

飯南の大山茶花を、ご覧ください!猪も。

山茶花と、銀杏の競演を見てきました。今が、最盛期です。
20161201_13365620161201_13360320161201_133916

20161201_13353920161201_13421820161201_134237

猪も、まだ健在!昨日は、誰もいなかったので、ゆっくり、再会を楽しみました。
近くの製菓店の、ヨモギ餅を食べながら・・・
猪も私も(亥年生まれ)猪突猛進、止まれません。
20161201_15025420161201_13183520161201_132017

帰りは飯高温泉で、温まってきました。飯高道の駅で買った紅芯大根。
女将が、このように・・・お酒が、一杯増えました。
148067002547414806700322691480670036107

時計修理もありますが、そろそろ、さるはじき作りに取り掛かります。  
Posted by antique1 at 22:18Comments(0)TrackBack(0)店主の日記

2016年11月30日

シチズン・オートデーター・ユニもビフォーアフター

シチズン・オートデーターセブンを持ち込まれた方のもう一つの修理を。
これも可哀想な状態でした。SSPケースの為、剥げが多く出ています。
14803216001021480321602735
三代目の作業ですが、一度、ケース全体を紙やすりなどで、剥ぎ、
その後、バフ研磨したあと、クロームメッキをします。
別物のように綺麗になりました。
【シチズン・オートデーター・ユニ。SSP・17石。自動巻きです。
昭和39年(1964年)の製品です。手入れをすれば、蘇り、まだまだ使えます。
綺麗に、そして機械も好調になると本当に嬉しいものです。】

先日の旅行で出会った楽しい時計たちです。
20161116_164738-120161116_18221520161116_182244

20161117_13504820161117_13505120161117_135110

仕事に余裕が出来たら、オリジナルの時計を作ってみたいものです。

  
Posted by antique1 at 18:53Comments(0)TrackBack(0)修理日誌

2016年11月27日

シチズン・オートデーター7のビフォーアフター

IMGP7438IMGP7439IMGP7441
このような時計の修理を依頼されました。
1965年製造のシチズン・オートデーターセブン【ジェットローター】
もちろん、動いていません。ケースに傷が多く【特にベゼルは相当痛んでいます】・風防も・・・
分解掃除、風防替え、竜頭替え、パッキン替え、ベゼルメッキ仕上げ。

仕上がりを、ご覧ください。
IMGP7450IMGP7454IMGP7455
喜んでいただく、お顔が浮かんできます。

休養したあとの、仕事は、はかどります。
写真を見ては、長浜市内を、思い出しています。
20161117_12442420161117_14304220161117_143253

さぁ、今日も、直しますか・・・


  
Posted by antique1 at 11:27Comments(0)TrackBack(0)修理日誌

2016年11月21日

琵琶湖一周・その4・湖北から鶏足寺へ

二日目の朝、湖北の景色を楽しみながら、鶏足寺に向かいます。
のどかな、のんびりしたドライブが楽しめます。奥まで行けば、余呉湖があります。
10年ほど前に訪ねた、静かな余呉湖はスルーして、長浜に向かいますが、
このあたり、賤ヶ岳あり、小谷城あり、もっと、ゆっくり回りたい所です。
戦国時代の歴史の中に入り込めそうです。
20161117_09033820161117_10074020161117_101053

鶏足寺に着くと、やはり凄い観光の方々。一台空いていた駐車場に何とか置けました。
20161117_10225420161117_10283620161117_102846
畑の中を歩いていくと、良い匂いが漂ってきます。五平餅!
もち米100パーセントの柔らかい五平餅。初めての感覚の美味しい物でした。
おばちゃん?お姉さんですね(^^♪元気な明るい笑顔で、より美味しくいただきました。
20161117_10524220161117_10495120161117_103758
鶏足寺は、ご覧のとおり。散り紅葉も、これから楽しめそうです。
美しい!最高! 来年は、このあたりだけを、ゆっくりと行きたいと思っています。
20161117_10400220161117_10382820161117_110601-1
珍しい、トウガラシ畑に、コスモスが・・・・・
  
Posted by antique1 at 15:34Comments(0)TrackBack(0)旅のきろく

2016年11月20日

琵琶湖一周・その3

琵琶湖バレイ・テラスからは絶景!少し気温は低く寒いくらいですが、風がなく
穏やかです。
20161116_15115720161116_15062320161116_151022
夕暮れがせまってきたので、メタセコイア並木、そしてペンションに向かいます。

20161117_075640-1-1PICT08581479285781239
9年前に比べると、木も大きくなったようで比較してみました。他の角度のメタセコイアも。
20161116_16304020161116_16204720161116_163753

日が暮れるのも山は早いようで、山に陽が隠れた頃に到着しました。
20161117_07542020161117_07250120161116_182959
懐かしいジュークボックス、自然の小鳥も手乗りに・・・
落ち着いた雰囲気の中で、乾杯!

つづく・・・・
  
Posted by antique1 at 17:24Comments(0)TrackBack(0)旅のきろく

2016年11月19日

琵琶湖一周・その2

百済寺の庭園を楽しんだあと、本堂に向かいます。
20161116_11505920161116_11523320161116_115407
仁王門に着くと、山門の左右に大きな草履。五木寛之氏の願掛け大草履が左側に。

20161116_12032720161116_12113520161116_121214
本堂には●美仏の代表!!二観音像(如意輪観音半跏思惟像,聖観音座像)が。
下で拝観料を忘れて、あきらめました。
下りの、木漏れ日に輝く、もみじも綺麗です。

百済寺を、あとにして、琵琶湖バレイまで、また、ゆっくりドライブです。
20161116_13153620161116_13161720161116_135839
途中、数キロ続く、ススキ群。隠れた?名所でしょうか・・・ ドライブの楽しさです。

琵琶湖バレイのロープウエイ。途中では内心ドキドキしていましたが、
120人も乗れるロープウエイを見て、一安心。
20161116_14485120161116_14564420161116_145846
動き出すと、真下は見れなかったですが・・・高所恐怖症は直りそうにありません。
でも、山肌、琵琶湖、とても綺麗でした。次はテラスからの絶景を、ご紹介します。
  
Posted by antique1 at 12:06Comments(0)TrackBack(0)旅のきろく

2016年11月18日

紅葉を求めて琵琶湖一周・その1

天候と、紅葉の状態の様子を窺いながら、琵琶湖一周の旅にでました。
鈴鹿峠を下り、猪鼻交差点から旧道に入ります。
いつもの、湖東三山方面に向かう街道です。入った所で、いつも気になってた
火頭神社の紅葉。時間が、たっぷりあるので、写真におさめました。
20161116_10122320161116_10130220161116_101330
あらためて見ると、綺麗な紅葉です。そこから、ゆっくりとドライブ。

百済寺【湖東三山の一つ)まで、そう遠くはありません。
着くと、駐車場は、ほぼ満車。紅葉の街道を走っているときから、わくわくです。
20161116_11250720161116_11263820161116_113212
中に入って、庭園の美しさに、また感動!この旅、これから何度、感動することでしょう。

20161116_11375020161116_11343020161116_113717
百済寺を訪れた人の中に、白洲信哉氏の名前が。
あの、白洲次郎氏、白洲正子さんの、孫にあたる人と、思い出しました。
また、本を読みたくなりましたが・・・それは、後日に。

20161116_11391920161116_11463820161116_114920
眺望からの綺麗な景色を、写真と胸に納めて、琵琶湖バレイに向かいます。



  
Posted by antique1 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)旅のきろく

2016年11月10日

晩秋の伊勢道路

今日の定休日は、結構ハードな一日でした。【毎週かもしれませんが…】
朝から、さるはじき用の小さな竹を取りに行きましたが、風がなかったのが救いでした。

伊勢の方へ、仕事の用事もあったので、まず、伊勢道路を。
秋も終わりのような風景でした。
20161110_13150320161110_13170120161110_131218

道の駅で、今年も最後だろうと思うコスモスを鑑賞。
色づいたコキアもコスモスを見送っていました。
20161110_13390520161110_13364920161110_133936

青空がなかったのは残念でした・・・
帰りに、おかげ横丁で、少し仕事をして、散策も。
仕上げは、やっぱり、赤福さんの、ぜんざいでした。
20161110_13372320161110_14210620161110_143720
それにしても、平日で、この寒さ、でも、沢山の観光客の方で賑わっていました。

我が家も、明日から、また頑張って修理に励みたいと思っています。


  
Posted by antique1 at 20:06Comments(0)TrackBack(0)店主の日記

2016年11月05日

二本立て?【大好きなファイブの修理】・【演劇の中で紹介されました。】

初代セイコーファイブ・キャリバー410。一番好きな時計です。
復刻版のファイブの修理は断っているのですが、傷んでいても初代ファイブは直したい!
風防は欠け、パッキンは板状に。油はカラカラでした。
20161103_10264620161103_102607-120161103_103329
機械止めのネジがボンドでつけられてました。それも、たっぷりのボンド。
20161103_104431-120161103_10380120161103_104904
僅かにボンドを使用することはありますが、多量は危険です。案の定、剥がれたボンドが
機械に入っていました。綺麗に洗浄、完璧に仕上がりました。
ますます、好きなファイブになりました。仕上げた写真を、うっかり忘れていました。残念!

月末に、【劇団ドラマシティーの劇「影法師たちの散歩道】が上演されました。
下準備で取材にも来ていただき、劇中で、時計屋なかのが紹介されると聞き、
ドキドキしながら見せていただきました。
20160925_153605IMGP6774IMGP6778
20161030_1251491477806960900-11477806968306-1

身をひきしめ、今月も頑張ります!
  
Posted by antique1 at 20:30Comments(0)TrackBack(0)修理日誌