本日から始まりましたゴールデンウィーク!! 
皆様いかがお過ごしでしょうか?
当店Parthenonではお店にある事務所のドアとトイレのドアの色を塗り替え作業をしました!
取り付けてから約10年…雨の日も風の日も中の生活を守ってくれたドア。本体自体にダメージはほとんどありませんが、やはり塗装はもろくなってきます。日頃の感謝をしつつ塗り直していきたいと思います


トイレ (1)
まずトイレのドアから取り掛かります!
こちらが塗り直し前。10年前はうっすら色を乗せたらしいのですが、もうほとんど取れてしまっていますね 当店のトイレ扉は外に面していますので仕方ないのかもしれませんが…
トイレ (1-0) (2)
DSC_0018
ドア自体の表面の汚れをふき取り、こちらのOSMO“silver pappel”を塗っていきます。このカラーで塗ると着色感はライトグレーに近い感じに仕上がります。そしてこちらの良いところは木材に塗料が染み込んでくれるので、半分乾いた状態で乾拭きすると、木目の感じを残しつつ自然な感じに仕上がるのです!
拭き取らなければそのままの色が着色されるので、自分のお好みで濃淡が調整できます。
トイレ (2)
塗り終わるとこんな感じに!
木目が残る感じも素敵ですけど、このライトグレーも可愛いですね~
仕上げに迷います…


さてさてお次は事務所のドアに移ります
事務所 (1)
現在こんな感じです。塗装剥がれはあまりないのですが、この際ついでに塗り替えてイメージチェンジしたいと思います
事務所 (2)
事務所 (3)
トイレのドアでは撮影し忘れましたが、塗料を塗る際はきちんとマスキングします。ガラス等が汚れてしまいますからね。
事務所 (4)
事務所 (5)
さて、何色に衣替えかというと青色! 正確には“インディゴブルー”なんですが…青色と聞いてぎょっとする方も多いと思いますが意外と可愛いんですよ
水性のペンキを使用しているんですが雨風にも強い優れもの。“水性”という言葉のイメージで水に弱いんじゃないかと思われる方も多いですが、実はその逆でしっかり乾くとシンナーで拭いてもなかなか落ちない程強いのです。
事務所 (6)
一回塗り終わり乾燥させて、二回目に突入したところです。
下塗りで荒く塗り、凹凸が出るように仕上げます。


そして本日はここまでで終了しました。
何故かというと急な強風・大雨が降ってきたからです

午前中は晴れていたのでいけるかなと思ったのですが…やはり天気予報は間違っていなかったようです…。(そして17時現在はまた快晴です(笑))
また後日に完成した記事を上げるのでよろしかったら見て下さい

ドア繋がりですが…現在も絶賛ドアのSALEキャンペーン実施中です
【ドアキャンペーンページ】
今回上げたような塗り直し加工も可能ですので(お見積もり)気になる方はお気軽にご相談下さい!


¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨

比良山と琵琶湖を望む美しい自然に囲まれた実店舗もございます。
ドライブを楽しみながら、ぜひ、お越しください。

┏────────*:,_,:∵⌒∵:,_,:*───────┓

  +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

http://www.parthenon-antique.com
info@parthenon-antiqu.com
tel: 077-592-8577 fax: 077-592-8578
467, Minamihira, Otsu-shi, Shiga, 520-0511, Japan
┗─~*:,_,:*──────────────*:_,:*~─┛
  アンティークでお探しのものがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。