バラのレシピ

バラの葉っぱの匂い袋

バラの葉っぱを乾燥させて
粉末ミントと粉末クローブを混ぜ合わせて
袋に詰めてできあがり

これで憂鬱な気分にさよなら~~~
できて、しかもぐっすり眠れるらしいです

エリザベス朝の英国で
奨められていたものらしいのです

バラの葉っぱがそのような目的で
使われていたとわかると
バラの葉っぱを見る目が
変わりそうです
キラリ~ン

葉っぱも匂い袋に使われてたのだね
キラリ~ン

花を咲かせるためにもくもくと
光合成に励んでいるバラの葉っぱが
「なんだか最近熱い視線を感じるなぁ」
な~んて、
ますます頑張ってくれるといいですね
キラリ~ン

蛇足
匂い袋を作ってみるぞ!と
ミントを栽培される場合に
アップルミントの地植えだけは
避けたほうがいいと思います

超・強烈・雑草化して手に負えなくなります
(経験ありです)

標高1500メートルの高原でも
最近異様に勢力旺盛
恐いくらいです




アンティーク・ローズ・ガーデン
Copyright © 2009 Antique Rose Garden
all rights reserved

現在販売中の苗はこちら
春苗・大苗予約はこちら
をごらんください
よろしくお願いいたします

ローズ・ヒップ・ジャム

ローズ・ヒップの収穫適期は
ヒップが色づいてしかもブヨブヨになる前

ローズ・ヒップをきれいに洗って
中の種を取り除きます

いきなり火にかけないで
水につけて置いた方がいいらしいです

ゆっくり煮て柔らかくなったら裏ごしして
砂糖とレモンの皮を入れて
もう一度煮る

これでできあがり!

花びらにはペクチンという成分が少ないため
そのまま煮てもトロっとならないのだ
そうです

そこでアプリコットやリンゴのペクチンを
利用する

果実の部分であるローズ・ヒップなら
ペクチン含有量は大丈夫みたいですね

ルゴサ系のバラならヒップは大きく
果肉もタップリです

ただしルゴサ系でも
ほとんどヒップのつかない品種もありますから
ヒップが目的の場合は事前に
チェックしてくださいね

標高が高くてガスがかかりがちな場所では
ルゴサ系は本来のパーフォーマンスを
発揮してくれません

花数が少なく返り咲き度も低いです
ルゴサはお日様ガンガンが好きだから
でしょう

ジャム用ならカニーナの方が
いいかもしれません


アンティーク・ローズ・ガーデン
copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved

バラのジャム紺碧海岸風

南仏コート・ダジュールのリゾート・ホテルの
バラ・ジャム・レシピです♪

【材料】 
バラの花びら 500グラム
アプリコット・ジャム 300グラム
水 100cc
グラニュー糖 200グラム
レモンの絞り汁少々
キルシュ少々 

【作り方】
1)バラの花びらを洗う
2)湯をくぐらせる 
3)グラニュー糖の中に花びらを埋める
4)一晩放置する

5)アプリコット・ジャムに水を加えて煮る
6)バラの花びらをグラニュー糖ごと加える
7)煮詰まってとろみが出たら少しさまして
 レモンの絞り汁少々とキルシュ少々を
 加える 


2)で花びらを湯にくぐらせるのはアク抜きの
  ためだそうです
  
3)でグラニュー糖に埋めるのは
  花びらに甘味をしっかりとつけるため

5)でアプリコット・ジャムを使うのは
  とろみをつけるため
  
7)で加えるキルシェはサクランボからつくる
  リキュール
  主に製菓用に使われるらしいので
  ケーキつくりの材料のコーナーに
  少量入りのものがあるかもしれません


グラニュー糖に埋めたり
アプリコット・ジャムを使ったり
リキュールをたらしたり
南仏のホテルのバラ・ジャムはおしゃれですね

この分量・この手順通りに作らねばならない
という訳ではないですが
一度は試してみたいなと思っています

007_Redoute_Apricot.jpg

とろみをつけるために使うジャムは
リンゴ・ジャムでもOKだけれど
アプリコットが
バラのジャムにはピッタリだそうです


アンティーク・ローズ・ガーデン
copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved

バラの天麩羅

ドイツの園芸書にバラの花びらの
ディープ・フライが紹介されていました

バラのテンプラですね!

普通のテンプラと違っていたのは
コロモに白ワインと砂糖を加えるのと
バラのソースをかけて食べるところ

花びらの下部の色の薄いところは
苦いので取り除くようにと
書いてあったと思います

どうぞお試しください

試したくない?

では次回は皆様が試したくなるような
コート・ダジュールのリゾート・ホテルの
バラの花びらジャムでどうでしょうか?

コート・ダジュールのホテルのシェフから
直接作り方を教わった・・・
のだったらかっこいいですが

実際はコート・ダジュールのホテルのシェフから
直接作り方を教わった日本のホテル・シェフの方
からの情報です

へ~ ほ~ と思うような調理法でした
どうぞご期待ください!

デンマークのローズ・ヒップ・スープや
ドイツのバラのテンプラより
先にそれを書け?

レシピのメモがみつからないのです
もう一回真剣に探します!


アンティーク・ローズ・ガーデン
copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved

ローズ・ヒップ・スープ

デンマークの伝統的な調理法だそうです

材料
生のローズ・ヒップ400グラム
レモン一個
水750CC
砂糖少々
片栗粉大さじ1
皮をむいたアーモンド

調理の手順
1)ローズ・ヒップを掃除してきれいに洗う
2)レモンの皮を加えた水でローズ・ヒップを煮る
3)漉す
4)砂糖で味を調えて、水どき片栗粉でとろみを
  つける
5)アーモンドのスライスを加える
6)レモンのしぼり汁を加える

これでできあがり

ホイップ・クリームやグリーンのグレープや
スライスしたバナナと一緒にどうぞ
・・・だそうです

ヒップそのものは食べないんですね

中心には種もあるし
種の周りにはケバケバがあるからかな?

輸入レモンだと皮は使えないかな?

ローズ・ヒップ400グラムって
どのくらいの量なんでしょうか?

え? おいしくなさそう?
う~ん そうかもしれません

もっとおいしそうな調理法を見つけて来い?
はい! がんばります! 


アンティーク・ローズ・ガーデン
copyright © 2007 Antique Rose Garden
all rights reserved

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ