• 元記事:不正トラベル対策の実施
  • HP:日本サイバー犯罪対策センター
  • 発表日時2018/10/18

    インターネット上で盗取されたクレジットカードを犯罪者が旅行業者になりすまして悪用する不正トラベルが多く確認されているとして、日本サイバー犯罪対策センターが注意を呼びかけている。
    確認されているのは、犯罪者が旅行代理店になりすましてインターネット上で旅行商品の販売を行い、犯罪者が商品を購入する旅行者の情報を入手して代理店になりすましてホテルやフライトの手配を行い、盗取されたクレジットカード情報で決済後に旅行者に予約情報を送る。犯罪者は旅行者から支払われた旅行代を詐取し、旅行者は悪用されたクレジットカードで旅行したことになり、あとで不正決済されたことが発覚する。
    このような被害に遭わないためにも、フィッシングメールやマルウェア感染しないよう注意するとともに、不正トラベルの手口に巻き込まれないよう正規のサービスを提供している旅行業者を利用するよう呼び掛けている。