• 元記事:Reflected XSS Vulnerability in Web Isolation
  • HP:Symantec Corporation
  • 発表日時2018/10/19

    Web Isolationにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。影響を受けるのはWeb Isolation 1.11で、反射型クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在し、Portal Isolation モードの設定がされている場合のみこの脆弱性の影響を受ける。この脆弱性が悪用されるとユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される恐れがある。解決策としてWeb Isolation1.11.21にアップデートをすることでこの脆弱性は解消される。