• 元記事:三井住友銀行をかたるフィッシング (2019/01/17)
  • HP:フィッシング対策協議会
  • 発表日時2019/01/17

    三井住友銀行をかたるフィッシングメールが確認され、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。確認されたのは、「Sumitomo Mitsui - メンテナンス」という件名で、動作確認などと称して「ベリファイ」と書かれたボタンのクリックを促す内容となっている。同ボタンから誘導されるサイトに行くと、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコード、パスワードなどの入力を求められる。このようなサイトに個人情報を入力しないよう注意を呼び掛けている。