antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

2017年9月にオープンされた、
「鮨 うら山」さん。

矢場町の久屋大通り沿いにあります。
路面店です。
かなり立派な造りのお店です。
P1260188
P1260191



年明け金曜日の夜、独りで予約してきました。
P1260192

ゆったりした広く明るい店内。
L字のカウンター席が9席。
個室もあるようです。
P1260194


まずは生ビールで独り乾杯。
P1260195


真ん中の「常願寺」12000円をお願いしました。
P1260197



のれそれ。
P1260201
P1260200



一瞬、フレンチかと思った(笑)
なんと、あん肝!
あん肝の周りのソースは辛子酢味噌。
P1260202

あん肝は2重になってて、間にもいぶりがっこが挟んであります。
キャビア乗せ。
P1260207



のどぐろのスープ。
炙ったのどぐろのアラのスープ。
この日は場所によっては雪がちらつくような寒い日だったので、
これは有難かったです。
P1260210
P1260212



こちらの店主さんは、富山出身で、
以前は、ラシックにある金沢系のお寿司屋さんにいらしたらしいです。
なので、日本酒も石川県と富山県のもの。
ネタも季節によりますが、半分くらいは北陸から直送してもらってるとのこと。
P1260198

「菊姫 まず一杯」。
P1260215


P1260216



ぶり。
P1260217
脂乗ってます。
もうちょっと常温に近いほうが嬉しいかな。美味しいけどね。
P1260220


丁貝。テイガイと読みます。
北陸地方でよくあるそうです。
つぶ貝に似てます。
つぶ貝より磯くささがなくて美味しい。
しっかりコリコリ。
P1260223



ガス海老。
おお、これも北陸の名産だな。
P1260224

甘海老より大きくて、甘海老より甘い。
P1260227



ズワイガニ。
P1260231



サツキマス。
これ美味い。
サーモンよりあっさりしてるけど甘くてとろみがあります。
シャリはほんのり甘み感じて酸味はさほど感じず。
食べやすいタイプのシャリです。
P1260233



ヤリイカ。
P1260236



「満寿泉 大吟醸」。
P1260237



アオリイカ。
カラフルなイカです。
乾燥させた梅肉と胡麻が乗ってます。
梅の酸味でイカの甘みがより発揮されてます。
P1260240



鱈と鱈の白子。
タラタラです。
意外と、この組み合わせでいただくことって少ない気がする。
P1260242
P1260244



赤貝。
P1260247



かぶら寿し。
北陸の郷土料理。
これ美味いです。
もうちょい食べたかったくらい。
P1260251



赤身。
南マグロです。
僕の好きなまったりしたマグロ。
P1260253



車海老。
P1260256



銀だらの照り焼き。
知床半島産。
P1260258
生でも食べられる新鮮なもの。
脂のりのりでうんまい!
P1260261



とろ。
P1260263



雲丹。
P1260265



のどぐろの蒸し寿し。
炙りはよくあるけれど、蒸しは初めてかな。
ちょうどいい蒸し加減で、のどぐろの脂がとろける感じがいいです。
美味しいです。
P1260270



コハダ。
P1260274


味噌汁。
P1260276



親しみやすい大将 浦山さん。
とってもいい笑顔の方です。
P1260257

お願いした「常願寺」というコースは
握り12貫、小鉢、料理2品、汁物、デザートという記載でしたが、
つまみ、握り合わせて15品、小鉢、スープ、料理3品でした。
なんか得した気分(笑)
大将もお品書きを書き直そうとは思ってるらしいです。

どれもソツなく美味しかったです。
この日はホント寒い日で、北陸は大雪だったらしく、
入ってくるはずの蟹などのネタが到着してないとのことで、
ネタ的には少々苦労された様子でした。
だいたいにおいて僕は
台風のあとにお鮨屋さん行っちゃったりするタイミングの悪いオヤジなのです。

北陸の食材ってとても魅力的なものが多いので、
今度また機会があれば、
しっかり北陸の幸を楽しませていただこうと思います。
ご馳走様でした!


店名
鮨 うら山
住所 名古屋市中区栄5丁目1-33 平子ビル 1F
電話番号 052-251-3366

昨年11月中旬。

西区樋ノ口町の「HIRO NAGOYA(ヒロ ナゴヤ)」さんへ。
もう十二分に認知されたと思います。
言わずと知れた「赤身肉の王国」(anton命名)です。
完全紹介制の完全予約制の焼肉屋さん。
一日2組限定、1組4人以上での利用となります。
P1200518

小さなビルの2階にあって、
現在は看板もなくなったので、外からではほぼわからなくなりました。
入り口扉の「HIRO NAGOYA」の文字のみです。
P1200519


今回で5回目。
いつもと同じで友人のA先生のお席です。
P1200520



はい、乾杯!
初訪問の紅一点Kさん含めた6名!
P1200524



いきなりフレッシュキャビア!
しっかり量も多めです。
P1200525
P1200527

うへへへ。
P1200533



鴨と椎茸、昆布のスープ。
寒い時用のメニュー。
P1200530



知多牛(2歳)のモモ トモサンカクのユッケスタイル。
表面をしっかり炙ったあとユッケ風にしてあります。
P1200537

このユッケ風の何が一番オススメかというと、底にある「タレ」。
この「タレ」がしっかり美味しいのでガッと下から混ぜて食べてくださいとのこと。
P1200547



ラム。
「ヒロ ナゴヤ」店主ヒロさん曰く、
「ラム嫌いな人に是非食べてほしいラム」。
ハーブは一切使ってないけれど、
全く臭みなく、美味しくいただけます。
P1200551
P1200555

マジウマ!
P1200557



安くて美味しい赤を注文。
「安ウマの」って言ってお願いしてます。
P1200544



前菜(笑)です。
鴨です。
P1200561

特製醤油がかかっています。
P1200564

最近は東京からも「ヒロさんを見に来る」お客さんがいるくらい、
よくしゃべる面白い店主ヒロさん。
ほぼ付きっ切りで焼いてくれてます。
P1200571

焼いてるときの香りがこれまたなんとも、たまんないんです。
香りもご馳走なんです。
P1200566
P1200575

あああ。
鴨美味し。鴨旨し。
P1200578



大根サラダ。
P1200581



ヒロさんが自信満々に「赤い塊り」を持ってきました!
めっちゃ嬉しそうなヒロさん。
この「赤い塊り」を見せたくってしょうがなかったらしいです!
さあ!写真パシャパシャタイムです!
P1200596


すっごいな、この圧倒的な迫力!
P1200583

今まで「ヒロ」さんではこうやって塊りで見せてくれることはなかったので、
余計に新鮮でみんなして大騒ぎで大喜び!
こういう「見せ肉」「魅せ肉」は絶対にあったほうがいいです。
この「赤い塊り」見て喜ばないお客さん絶対にいないよね!
P1200588

真ん中のがシャトーブリアン、
その右側がテート、
その下が、ポワント、
シャトブリの左にある霜ふりのがランボソ。
P1200592

ちなみに牛のヒレ部分はこんな感じ。
①のテートが頭の方です。
yjimage



まずは、ランボソ。
これは横モモ肉の最高級部位。
P1200599

程よい霜ふり。
P1200604

これも肉とタレ(醤油ベース)の焼かれる香りがなんとも食欲をそそるんです。
マジによだれダラダラ。
P1200607


ぺたんと2つ折りにできる、この柔らかさ。
この写真見てもその柔らかさがよくわかります。
P1200609

「ヒロ」自家製自慢のタレつけて。
頬っぺたが落ちそうになるくらいおいしい!
歯は要らぬ柔らかさ。
P1200614



もう一本「ヤスウマ」の赤。
P1200652



これはシャトーブリアン!
P1200616

何回見てもこの「赤」は凄いね。
わくわくゾクゾクしてきちゃう。
P1200621
P1200619

網の上に赤を敷き詰めます。
P1200638
P1200639


丁寧に丁寧にシャトブリ焼いてくれるヒロさん。
ちなみに大の演歌好きです。
P1200648


P1200651
P1200653
P1200656

これも歯はいらぬ。
歯ぐきがあれば十分噛み切れます。
とにかく美味しいんです。
歯もいらぬけど、余分な言葉もいらぬ美味さ。
P1200661


能登半島の塩。
シャトブリにはこれも合うんです。
ちょっと塩つけると肉の甘さがよくわかる。
スイカと同じ感じ。
ちなみに、何故「能登半島」のかというと石川さゆりのファンだからです。
P1200659


シャトブリ2回戦め!
P1200665

これが喰える幸せ。
感謝したくなる美味さ。
P1200667



ポワント。
これで2頭分です。
シャトブリより柔らかい部位。
P1200668

鞍掛けになってます。
P1200670

厚みはシャトブリより厚いおよそ2センチ!
P1200674
P1200677

鞍掛けの内側も火入れて。
P1200693
P1200697
広げずにこのまま。
たしかにシャトブリより多少サシが多いからか、より柔らかく感じます。
でも脂はまったくしつこくないんです。
それが凄いなあ。
P1200703



そしてそして!
これは追加の肉!
皆さん、ホントよ~食べなはる!
もう僕はお肉は入りません。
とっとと食べられる人で食べてくださいな。
部位はテートです。
P1200706
P1200715

ちょっと羨ましさも感じつつ~
P1200721

この赤身がみんなのお腹に消えていくのをしばし眺めていました。
ちっくしょ~(笑)
P1200716



しかし!
腹パンでもこれは食べるよ!
何があってもいただきます!
「ヒロ」さん、超こだわりのカレーライス!
P1200725

サイズは、大、中、小、お仏壇サイズ(笑)、カレールウのみ、の5段階から。
最初は「中」にしようと思ってたけれど、
他の方々が「大」頼んでるので、負けてられないので「大」!
P1200726

で、僕は、最初のキャビアをチビチビ食べながら残していたので、
ここでオンザライス!
惜しげもなく肉とトマトを大量に使ったカレー。
原価、手間隙相当かかってます。
絶対に「まかない」では食べないそうです。
P1200727



P1200733


みんなで記念撮影。
顔出ししてるのは「亀広良」の若旦那。
BlogPaint


ヒロさんの「非売品」の新しい名刺いただきました!
よく特徴でてます。
「GO MY WAY」!ヒロさんらしい
P1200736

いつも「ヒロ」さんに来ると、
当たり前のように、大量のシャトーブリアンをいただいてますが、
「ヒロ・ナゴヤ」は精肉店をやってるわけでないので、
よくぞここまで質のいいシャトブリを常に確保してなあと感心します。
ヒロさんによると、連続で買い続けているから価格も安定させられるらしいです。
凄いお店です。
お値段はけして安いとは言えないです。
ヒロさんも「うちは高いです」って言います。
でも名古屋でこれだけのお肉が食べさせていただけるなら文句ありません。
今や、東京からもお客さんが来るお店なんですからね。
でもでも。
ヘンな気起こして(笑)東京とかに進出なんかしないでね、ヒロさん。
「ヒロ・ナゴヤ」なんですから。
「ヒロ・ギンザ」とか「ヒロ・ロッポンギ」とか名前もヘンだし(笑)
お願いしますよ。


次回は2月。
またA先生の予約のお席で伺うことになってます。
気がつけばもうすぐ。
楽しみにしてます!


店名
HIRO NAGOYA (ヒロ・ナゴヤ)
住所 名古屋市西区樋ノ口町2-17 シャトー西の丸 2F
電話番号 052-938-3062

昨年2017年11月11日12日に行われた
円頓寺商店街「秋のパリ祭」。

たしか2016年は両日とも顔出した覚えがありますが、
今回は11日は京都にいたので、
11月12日(日曜)だけ参加しました。

僕が到着したのはちょうどお昼12時くらい。
BlogPaint

相変わらず凄い人です。
立ち止まってる人がいると、まったく前に進めないような状況。
BlogPaint


とりあえず僕は人をかき分け、目的地を探して突き進みます(笑)
P1190565


あったあった!
でも狭い場所にとんでもない人だかり。
BlogPaint


最初は「淡 如雲(あわい じょうん)」さん!
直射日光で眩しい「如雲」山内さん。
P1190569

肉の塊をガンガン炭焼きしてます。
P1190572


朝から食べてないので、まずは腹ごしらえ。
「如雲」さんで2品購入。
P1190578
P1190582

でも。
人が多すぎて食べる場所が全くありません。
料理を置く場所もありません。
僕は娘たちと3人で来たので、協力しあって無事に2品食べ終わりましたが、
独りで来てて、飲み物とセットで購入したりしたら、
両手ふさがってなんともならんじゃん。
分かってましたけど



「ビストロ ル・ボル」の伊藤さん!
P1190571

フレンチ風いかめし。
これ絶品でした!
P1190584



僕がお世話になってる顔見知りのお店は今年は場所が分散されてました。
「如雲」「ルボル」があったスペースよりは広いこちら。
BlogPaint


「日仏食堂en(えん)」の藤井シェフ。
BlogPaint

P1190594

牛ハチノスと野菜のトマト煮。
P1190595


「en(えん)」さんのお隣は
「サラマンジェ・ドゥ・カジノ」さん!
P1190591

いつも超人気の「カジノ」さんは長蛇の列ができてたので並ぶの諦めました。
一応、お知り合いの方々の顔が見れたので、
一旦、ごった返す「パリ祭」から退却します。
P1190592




ちょっと座って落ち着きたいな、と思い、
寄り道したこちら、
「鴨料理 風月」さん。
P1190601
P1190602

鴨ラーメン食べようと思いましたが
満席で入れず。。。
待ってるのもイヤだったのでこちらも諦めて~
P1190603



御存知「馳走和醸 すぎ」さんへ!
「すぎ」さんは「パリ祭」に会わせて12日は「昼呑みすぎ」さんに変身中。
P1190633


ワンコインメニューです。
基本立ち飲みになります。
この「昼呑みすぎ」さんもずいぶん知れ渡ってきてて、
ほぼ満席状態でしたが、
ちょうど入れ替わりで入ることができました。
P1190604

はい、乾杯!
やっと落ち着いて一杯飲めます(笑)
P1190609

マカサラ。
P1190610


「ちび大将の玉子焼き」。
分かる人には分かるイベント時限定の玉子焼き。
毎回食べるたびに成長を感じるよ
P1190617


肉豆腐(白)。
P1190620


日本酒も。
P1190624


うにいか和え。
P1190626


カレー。
イベント仕様のそんなに辛くないカレー。
これが美味いんだな。
P1190629


リーゼント達磨とリーゼント大将。
P1190631



ここで、娘たちとは別れて、
オヤジは独りでもう一回、「パリ祭」へ戻ります。
時間は15時半くらい。


2~3時間で人手が減るわけでもなく。
立ってるのも疲れちゃった、ってことで。
円頓寺商店街の「よしの寿司」さんへ。
P1190654

円頓寺商店街の老舗のお寿司屋さん。
今まで何十回とお店の前は通ってますが、初めて暖簾をくぐりました。
この日は当然「パリ祭」仕様。
「パリ祭」のお客さんで店内大賑わい。
カウンター席が空いてたのでラッキー。
P1190656


迷いましたが、
「円パリおまかせにぎり10貫 2500円」を注文。
P1190635


後から、この1000円のセットがあるのを発見!
しまった!
こっちにすればよかった!っと思ったけれど遅し!
まあ、いいや。
P1190650


生ビールもお願いして。
P1190637


来ました、「円パリおまかせにぎり」!
P1190643


うんうん。
昔ながらのお寿司屋さんの味。
これはこれで美味しいんです。
ネタも悪くないです。
P1190644

左はナス。
トリコロールカラーになってんだね、きっと。
P1190645

近所にあってお寿司が食べたくなったら、ふらっと気軽に行けるお店です。
P1190648



「カジノ」さんだけ食べられなかったので、
もう一回顔出したのですが、すでに料理は売り切れ!
さすが、超人気店!
「カジノ」さんと「en(えん)」さんご夫妻でパチリ。
BlogPaint

そうしたら「カジノ」さんに「モエ」もらっちゃった!
申し訳ないです。
「カジノ」さん、ありがとう!
P1190658


ちなみに僕は2016年と全く同じでトリコロールカラーです。
皮ジャンは濃紺。
P1190664

「円頓寺パリ祭」、僕も大好きな素晴らしいイベントです。
当日、テレビの中継も来てたりして
年々、訪れるお客さんも増えてきてます。
「パリ祭」は特に飲食のブースのレヴェルが高いので
それも人気がある大きな要因だと思うのですが、
飲食をするスペースが絶対的に少なすぎると思います。
座る場所はなくても、
せめて料理を置けるスペースはもうちょっとなんとかならないでしょうか。
それから、食べ終わった容器などを捨てるゴミ箱も少なすぎます。
限られたスペースなので、難しいことは分かりますが、
なんとか少しずつでも改善していっていただけないかな、と切実に思います。
より楽しく美味しく「円頓寺 秋のパリ祭」を楽しむために。

今年の「秋のパリ祭」も楽しみにしてます!





昨年秋に東南アジアから名古屋に帰ってきた、
元「寿し日向」の2代目店長の岩井さんのお店、
錦三の「寿し 久峰 bekkan」に再訪しました。

今度は遅い時間から。
前回は11月中旬。
ちょうど一ヶ月後の12月中旬です。
P1230651


はい、乾杯!
僕は2軒お店行ったあとの3軒目。
しっかり日本酒飲んできたあとなのでお茶です
P1230652


ご一緒したのはここで合流したリーゼント大将&Aちゃん。
P1230653



僕は食べるほうも少々抑え気味で。
牡蠣ポン酢。
P1230655
P1230656



平目。
P1230658



マグロ。
おお、美味いぞ。
前回同様、マグロなかなかいいんだよなあ。
P1230659



九州産の朝〆の鯖。
これも美味し。
P1230661



あん肝ポン酢。
これは無くてもよかったな(笑)
味が云々じゃなくってオヤジの身体的にね
P1230664



おお!
そそり立つガリ!復活!
前回はまだガリが出来上がってなかったんです。
P1230670



前回訪問から一ヶ月後。
意外と早く再訪したのは、
遅い時間でも営業してるってこともあったけれど、
とっても美味しい!って思ったお鮨を再確認したかったのもあります。


ここから握り。
まずは鯛。
うん。
P1230667



赤身。
うんうん。
P1230672



中とろ。
やっぱり美味しい!
この赤酢のシャリも好き!
なんかホッとしちゃった(笑)
P1230676



たしか、岩井大将が一杯御馳走してくれたんだったかな?
P1230678



コハダ。
P1230681



鯖。
美味い!
P1230682



鰻。
これイチオシ!
とろとろの鰻。
うっめえ~!
P1230685



ねぎとろの細巻。
P1230691
P1230692



おお、いい感じで写真撮れてます。
BlogPaint

やっぱり美味しかった!
間違いなく美味しかったです!
リーゼント大将もその美味しさには太鼓判を押してくれました。

本当は人には教えたくなかったお鮨屋さん。
なので、このブログ見ても行かないでください。
狭いお店なので予約取れなくなるとイヤなんです
そんな影響力ないか(笑)

僕は、年末にもう一回独りで食べにいってます。
それはまた後日書きます。


店名
寿し 久峰 bekkan(くぼう べっかん)
住所 名古屋市中区錦三丁目9-5 PIVOT錦906ビル 2F
電話番号 052-951-5561

もう3ヶ月ほども前になってしまいました!
10月末のこと。

錦三の「肉山 名古屋」さんへ。
今回も隠れ家的に6階にあるVIPルームです。
P1170515
P1170517


5階でエレベーターを降りて階段で6階へ。
P1170518
P1170519


超豪華なお酒が2時間飲み放題になるVIPルーム。
税込み12000円です。
P1170522

何回お邪魔してもこのお酒のラインナップは凄い。
P1170521


テーブルの上は準備万端。
この日は友人のおぉちゃんのお席。
総勢10名です。
P1170523

VIPルーム用のピンバッチ。
今まではブロンズ色でしたが、今回は薄いグリーン。
鳥居オーナーによると
「ジェラ山」のオープン時にのみ配布した限定ピンバッチとのこと。
僕はブロンズ色が欲しかったけど(笑)まあいっか。
P1170527



はい、乾杯!
最初は泡。
このあとは各自が好きなものを好きなように。
P1170535



キムチ各種。
P1170529
P1170530
P1170531
P1170532


和らぎ水的に黒烏龍茶。
P1170539


出ました!
いきなり「十四代 中取り純米吟醸 備前雄町」!
P1170544


ケジャン。
渡り蟹を唐辛子などで漬け込んだやつです。
濃厚です。
手が汚れるけれど美味いっす。
P1170542


豚肉と鶏レバーのパテ。
P1170546



「十四代 中取り純米 無濾過」。
P1170550



エリンギ。
「肉山」のエリンギはいつも美味い。
P1170551



「十四代 秘伝玉返し」!
すっごいな、「十四代」3種ありました!
P1170553



豚ロース。
P1170556

いつもながらのしっとり感。
「肉山」でこれが一番好きって人も多いと思う。
僕も好きです。
P1170563



冷蔵庫から発見!
こんな日本酒あるんだ!
「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 ハロウィーン限定酒」!
10月末でしたのでタイミングピッタリ。
P1170566

日本酒もなんでもありになってきたなあ(笑)
P1170569



熊本赤牛の内もも肉。
P1170570



ちなみに、
日本酒の入ってる冷蔵庫を探るといろんなのが発見できるので楽しいのだ。
いつも凄いんだけれど、
この日は特に充実してました。
P1170573
P1170574
P1170575

開栓してないのもたくさんあります。
P1170577


「飛露喜 特別純米」。
P1170600

  

「ひと夏の恋 純米吟醸」。
なんとも可愛いお酒。
P1170592



「肉山」の野菜はこれ。
肉山餃子は野菜餃子。
野菜のみの餃子です。
これは僕は相当好きです。
ついついパクパク食べちゃう。
P1170603




短角牛ソーセージ。
P1170616



「新政酒造」のColorsシリーズの「エクリュ」と「ラピス」も発見!
P1170607
P1170609



IHのホットプレート。
前回から登場しました。
P1170533

「ちりとり鍋」です!
P1170581


「肉山 名古屋」鳥居オーナーが肉もって登場!
P1170587

すっごいボリュームなんです。
薄くスライスした牛と豚。
P1170588

P1170590

追加用の野菜もいっぱい。
P1170596

P1170599



P1170613

肉はしゃぶしゃぶ風に食べるんですが、
P1170619

野菜とかがテンコ盛りなので、
P1170623


どうしてもごった煮風になっちゃうのは御愛嬌!
美味いからいいんです。
でも、この後の事も考えて食べないと腹パンになっちゃって、
「肉山登頂」出来なくなっちゃうので、注意しないとね(笑)
P1170645



イチボかハラミか、どっちか。
P1170629
P1170631
P1170634



これがなくっちゃさびしいよ、のきゅうりブツ切り。
P1170643

毎回言います、書きます。
この味噌マジウマ。
P1170668



最後の肉は馬ヒレ!
これがあると嬉しい!
P1170649

しっとり柔らかくって、やたら美味いんです。
牛肉や豚肉にはないしっとり感あっさり感。
これぞ、「赤身」の旨さだと思います
どんだけでも食べられそうな肉です。
「肉山」さんでこの馬ヒレ食べてから馬肉の概念が変わりました。
P1170655


日本酒、最後は「大信州 超辛口 純米吟醸」。
P1170659



よくよく見たら「山崎」の12年もありんす。
僕は飲まないけれど、いいなあこれ。
P1170658



肉祭りの〆は炭水化物!
僕はカレー!って決めてます。
P1170664


TKGもあるよ。
P1170666



みんなで記念写真。
幹事のおぉちゃんが持ってるのは会計用のお金です
BlogPaint

前回から「ちりとり鍋」が新加入して、
ますますもって腹パン度が増した感あり「肉山 VIP」!
僕はいつもお誘いしていただくため、
自分の予約ではVIP入ったことないので、
今度、人数集めてお願いしようかな。
その時は、よろしくお願いいたします、鳥居オーナー!

おぉちゃん、誘ってくれてありがとうございました!
ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!


店名
肉山 名古屋
名古屋市中区錦三丁目19-21  ロックビル5F
080-5293-2975

このページのトップヘ