antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

2015年10月

毎度お馴染みの
丸の内「馳走和醸すぎ」さん。
パッと見 強面のリーゼント大将ですが、
このブログ見てくれてる方々はかわいい笑顔もよくご存知だと思います。
そんでもって、意外とこまめにFBでその日 入荷した日本酒とか、
お勧めの食材を紹介してくれるんです。
この日、上がってたのが超珍しい食材。
それが気になって顔をだしたわけなのです。
あ、深夜食堂でね。
P1520524


いきなり、これがその珍しい食材。
なんと「進撃の巨人」からそぎ落とした肉です。
ウソです。
実は「穴熊」なのだ。
でも「進撃の巨人」ぽいでしょ。
P1520630

鹿児島県産の穴熊。「ムジナ」とも呼びます。
鍋にするのが一番とのこと。
P1520632
P1520633
「進撃の穴熊鍋」なのだ。
P1520635

これこれ穴熊ちゃん。
ちょっと独特の風味はしますが、なかなかイケるな。
しょっちゅう食べようとは思わないけど、
「ムジナ鍋」なんて普通はそんなに食べれるものでないので、よい経験になります。
P1520637


日本酒はこちら。
P1520639


名駅二丁目のイケメン大将もFB見て来ました。
僕とは、以心伝心ジェットシンなのだ。
この目線を隠すポーズは今、四間道界隈で超流行ってるポーズ。
四間道でこのポーズしなかったら相手にされないよ
P1520642
イケメン大将が持ってるのは、
佐賀県伊万里市の「古伊万里 前(さき)」というお酒。
絶対、プロレスが好きな蔵元だよね。
分かる人には分かるよね。
P1520641



こちらは、僕らのお隣の常連さん用のスキヤキ定食。
この常連さんはこの次の日に「穴熊」を食べる予約してあるのです。
しかし、いいなあ、この定食。
P1520640


これは、また別のお客さんのパスタ。
P1520643

こちらのスキヤキ丼もそう。
けっして僕が食べてるわけではありません。
P1520645


僕らはこちら。
「穴熊鍋」の残り汁を雑炊にしてもらいました!
そしたら、これが激ウマで!
P1520647

あんまり旨いので、白いご飯もらって。。
イケメン大将の嬉しそうな表情がいいね。
P1520651

雑炊丼!
ライス オン ザ ライス!
究極の炭水化物丼!
さすがに白いご飯に雑炊ぶっかけるのは人生初だな。
ちょっと濃い目の雑炊と白いご飯のバランスがいい塩梅で妙に旨いのだ。
P1520652


でも、やっぱり
最後の〆は激辛ドSカレー!
まさに!進撃の深夜食堂!
文句あっか!的なこの展開!
素晴らしいです!
すぎさん、ありがと~~~~! ←半分ヤケなのだ
P1520655


はい、お疲れちゃん。
P1520631

ああ、本当に楽しい「深夜食堂 すぎ」。
大好きです。
深夜12時を廻ったら、
赤い提灯だして、本当に「深夜食堂」に変身すればいいのになあ。
提灯 プレゼントしようかな。。ってけっこう本気で考えてます。

さてさて、果たしてどうなることか(笑)


深夜食堂 すぎ あ、違った!
馳走和醸 すぎ
名古屋市中区丸の内1-12-23
サンエスケーイワタ 1F
052-231-1901



「浪乃音」というお酒は当然知ってたのですが、
ここまで好きになって蔵元さんと何回もお会いすることになるとは思ってなかったな。
すぎさんと田中さんのおかげです。
なので。
僕の大好きな居酒屋「海の日」さんで「浪乃音」の日本酒会をやるって聞いたら
喜んではせ参じます。
ということで。
「海の日」「浪乃音酒造 日本酒の会」です!
お客さんを出迎えてくれてた「浪乃音」蔵元 中井さん、「海の日」田中さんとパチリ。
BlogPaint


「浪乃音」第十代蔵元と「海の日」店主 田中さんからの挨拶。
神妙な?顔してる田中さんが面白いな。
BlogPaint



乾杯はこちらで。
「なみのおと 純米大吟醸 備前雄町」。
10数年「雄町」作ってて、この「雄町」が一番出来がいいとのこと!
P1520468


はい、乾杯!
「海の日」貸切の日本酒会なので総勢40名は居たのかな。超満員です。
今回、FBなどで参加者募ったら、あっという間に定員いっちゃったらしいです。
「海の日」人気か、「浪乃音」人気か、ああ両方だ!
P1520467


定番の寄せ豆腐。
P1520470


「大吟醸 斗びん 金井泰一流」。
これは「山田錦」だけど、「山田錦」以外のものが多めにラインナップされてます。
P1520472



「海の日」田中さん自慢の熟成刺身。
愛知の天然真鯛、
静岡の金目鯛、
和歌山の鯖、
愛知の鰆 とろ部分、
宮城は塩釜の生バチマグロ、
北海道は日高の天然ぶり。
鯖以外はどれも2~3日(プラスαもあり)寝かせてあります。
P1520477


「純米大吟醸 古壺新酒 愛山」。
「古壺新酒 ここしんしゅ」!
高浜虚子の造語で「俳句は、古い壺に新しい酒を盛るようなもの」という意味。
滋賀の「浪乃音酒造」さんが経営してる「余花朗」というお店で見ました。
分かった人が何人いたかなあ?
なんて自慢してみたりする。
P1520479



人気のフィッシュ&チップス。
久しぶりにがっつりいただいたけど、旨いね~これ。
チップスもいいけど、フィッシュお替りしたいくらい旨い。
P1520481
メヒカリの唐揚げも付いてます。
P1520485


今日イチだったのが、こちら。
秋鮭の酒粕漬け焼き。
鮭は雄の身。栄養を取られちゃう雌より美味しいわけです。
酒粕は「浪乃音」純米大吟醸の酒粕。
考えてるね、田中さん!
醤油漬けしたたっぷりの筋子と鬼おろしで。
抜群に旨かった!もっと食べたかったぞい。
P1520484


「純米大吟醸 渡船」。
なんか変わったラベルだね。
P1520486



「純米吟醸 ええとこどり 生」。
P1520492



煮たこ。
勝手にハサミで切ってもらうスタイル、いいよね。
お店にもお客にも。
P1520491



ワカサギの南蛮漬け、
自家製塩辛、
マグロの血合いで作ったトバ、
チーズ豆腐、
中とろマグロの角煮。
P1520495



炊き込みご飯。
なんだったか忘れちゃった。
P1520500


このお二方のショットがないとかっこがつきません。
P1520504


この日、いただいた「浪乃音」軍団。
基本的に、全部いただいたはずなのですが、
個別で写真撮ってないのもあったりして。
盛り上がっちゃって途中から覚えてません。
P1520507
P1520508
とっても楽しいいい日本酒の会でした。
友人知人も何人もいたし、あっという間に時間すぎちゃうし。
もっとグダグダしていたかったなあ。
田中さん、蔵元、皆さんに感謝です。
ありがとうございました!
また来年も参加したいです。
よろしくお願いいたします!

で。その前に。
11月の終わりにまた別の「浪乃音」の会があるんです。
それには、あの新しいお店で、あの方も、この方も参加するので
盛り上がれそう!
今からとても楽しみにしているのだ。


漁師の干物と農家のお米 海の日
名古屋市中区栄4丁目15-14
栄ハイホーム 1F
052-265-5262

錦三の「円居」の大将のお誘いで
感激の「トゥ・ラ・ジョア」2回目を体験した、ちょうど2週間後。
なんとなんとなんと。
今度は、敬愛するKさんに声をかけていただき、
またまた まさかの「トゥ・ラ・ジョア」さん!
一年に一度機会があれば。。というお店に半月のうちに2回!
こんなこともあるんですね。
日ごろの行いが良いおかげなのでしょう。
(聞き流してね
P1520742
必ず、お出迎えしてくれる、須本シェフ。
前回と同じ18時スタートなのですが、
2週間で暗くなるのがぐっと早くなりました。
P1520741


一番乗りでございます。
大阪のEさんの予約のお席を、Kさんからお誘いいただきました。
Eさん、Kさん、ありがとうございます。
P1520744

この日のメニュー。
お客さんが、一度食べた料理は二度と出さないという「トゥ・ラ・ジョア」さん。
当然のごとく、僕が食べた2週間前のメニューとは違います。
(定番の「Mのサラダ」だけは別ね)
P1520745


最初はシャンパーニュ。
P1520746

乾杯!
実はこの日はうちの嫁さんが「初トゥ・ラ・ジョア」!
P1520747




一品め。
「海老芋のクロケット」。
海老芋のクロケットはパン粉じゃなくって自家製カラスミで揚げてあります。
クロケットの下のスプラウトには白トリュフのオイルを球体にしたものが添えてあります。
P1520748
中からは、北海道産ミョウバン使ってないバフン雲丹!
左の白いのは、自家製ベーコンの泡。
最初っからすごいのが出てきた!
P1520751


パンは通常はないようですが、電話でお願いしておくと出してくれるとのこと。
P1520755




「オマールのモンブラン」。
利平栗のモンブランの中にオマール海老が入ってます。
赤いのは北海道産の赤海老のせんべい。
右のオマール海老のコンソメをかけていただきます。
P1520756
P1520760




「秋味のココット焼き」。
P1520761
蓋開ける前から思いっきり漂ってました。いい香りが。
P1520762

イタリア産ポルチーニと、銀杏、鹿児島のパープルクィーン(紫芋)の
オニオングラタン風です。
P1520765

ミキサーでトロトロにしたポルチーニとマデラワイン、玉ねぎのソースです。
ここでパンが大活躍!
思いっきり浸して。うまうま。
P1520766




「タラバガニのプッチンプリン」。
この日のメニュー見て一番気になってた一品。
P1520768

蓋取ると!
カラメル替わりのキャビアがいっぱい!
キャビアがいっぱい!
こんないっぱいのキャビア食べるの初めてよ!
金箔まで乗ってるし!
P1520773

本当にプッチンプリンみたく、ポッチ折るんです。
いいなあ、こういう遊び心。
P1520775
白身魚のすり身とタラバ蟹をたっぷり使ったプリン!
P1520777
キャビアの上品な塩気と甘い魚と蟹の旨味が合わさってうまうま旨い。
P1520778

タラバ蟹、ズワイ蟹、毛蟹の味噌をあわせたソース!
途中からこのソースもつけていただきます。
たまらんなあ。
これがオヤジの今日イチ!
P1520779

プッチンプリンの説明をする須本シェフ。
BlogPaint




「源助大根の炊き合わせ」。
大根ってなってるから大根かと思ったら、フカヒレがド~ン!
この料理の名前でこれは想像できんわ。
P1520780
アワビもしっかり入ってます。
北海道の蝦夷アワビ。
P1520783
その下から源助大根が現れました!
しかも、トリュフの座布団に座ってるからビックリ!
すっげ~な、しかし!
名古屋コーチンのスープです。
優しいいい味。
P1520786
ワインは素晴らしいものを少しずついただいております。
P1520785



「短角牛のコンソメ仕立て」。
P1520788

蓋取ると、またまた秋の香りがふんわりと。
ああ、たまらんなあ。。
岩手短角牛に広島の松茸!
短角牛のスネ肉のビーフコンソメスープ。
これがまたよいお味なのだ。
右にあるのは、信州味噌にいろいろ混ぜてつくったオリジナル味噌。
これをちょっとスープに入れると和風のテイストに早変わり!
P1520791

松茸で短角牛を巻いて食べるのです。
いやはやなんとも。贅沢な食べ方です。
P1520792



「Mのサラダ」。
唯一の定番の一品。
P1520794




「朴葉ご飯」。
黒毛和牛のスネ肉と醤油、みりん、ニンニク、八角などで炊いたご飯を
朴葉で巻いてあります。
お椀はカツオの一番出汁に餅麩。
P1520800



山水仙茶。
「究極の烏龍茶」です。
P1520802



「豆乳のソルベと林檎のスープ」。
豆乳のソルベの下には、黒胡麻のペースト、上には芋ケンピ。
芋ケンピの食感が面白い。
林檎のスープには、梨のコンポートが中に。
上にはシナモンのジュレ。
P1520804



この日、いただいたワインたち。
P1520807
この2種のソーヴィニヨン・ブラン、繊細でキレイな味わい。
素晴らしかったです。
P1520808


この日、久々にお会いしたT先生。
グルマンで有名な先生です。
僕が初めて「トゥ・ラ・ジョア」にお邪魔したときは、T先生の予約のお席でした。
T先生、毎日ブログ見てくださいよ!
でもって、またいつかお誘いしてくださいね!
BlogPaint

総勢10名のEさんのお席でした。
Kさん、T先生、某飲食店のMさんとMさん、おおダブルMさんか!
知ってる方もいらっしゃったし、
今回御縁が出来た方々もいい方ばかりで、本当に楽しい食事会でした。
皆様、ありがとうございました!
人数合わせで構いませんので、
またお誘いいただけたらこの上ない幸せです。

須本シェフ、マダム、
素晴らしい料理とワインの数々、素晴らしいサービスをありがとうございました。
いつになるのか、まったく予測不能ですが、次回伺えるときを楽しみにしております!


トゥ・ラ・ジョア
名古屋市中区正木
完全予約制
電話番号は非公開

開店日にお邪魔して、
早く2回め行きたいなあ~ってずっと思ってました。
この日は、「肉山登山」のあと「華雅」行って~の3軒目。
急に思い立って時間みたら22時。
難しいかな。。とダメ元でいきなり顔出したら、
まだコース途中のお客さんがいらっしゃったので、
「あるものでよければ」ってことで無事、2回めの訪問となりました。
丸の内の「あま木」さん!
P1520961


初日は、開店祝いのお花と贈り物でいっぱいになってたスペース。
テーブルとミニカウンターがあります。
P1520909



たしか、「喜久酔」だったかな。
けっこう飲んできたあとなので、少しずつね。
P1520910



前回 メチャ旨だった赤雲丹。
今回は下にシャリ。
P1520912
雲丹だけでチビチビいくのだ。
舌の上にのせて転がしてると旨味が口に広がって溶けちゃいます。
P1520916



酒粕と西京味噌で焼いたメヒカリ。
P1520918



これも前回美味しかった「信濃鶴」。
今度は「純米大吟醸」。
P1520920



スミイカ。塩で。
P1520922


ここで、名駅のイケメン大将も登場。
はい、お疲れ様!
P1520923



鯛。
P1520925



マグロ串。
ホホとカマ。
P1520928



イクラ。
P1520929
P1520931



サヨリ。
塩と大葉で。
P1520933



「長珍 禄」。
いいお酒揃ってるんです、「あま木」さん。
P1520935



コハダ。
P1520938



キス。
P1520940



師崎の小イワシ。
旨かったなあ。
P1520942



中トロ。
熟成されてて、ねっとり旨い。
P1520944



車海老。
P1520948



スミイカのゲソ。
P1520950



赤出汁。
P1520954



玉子。
この玉子好きです。
P1520956



細巻きは鉄火。
これでおしまい。
イケメン大将も合流したのもあって、思ってた以上に食べちゃって腹パンパン。
P1520958


イケメン大将と 「あま木」大将 天木くんをパチリ。
御希望で天木くんにはマスクです。
BlogPaint

「あま木」さん、やっぱりしっかり美味しいです。
3回目も楽しみ。
いつ行こうかな。
この日は、遅い時間から無理言って食べさせていただきましたが、
基本的にはコースのお店。
いつもこういう利用の仕方は無理かも、です。
御注意を。

それにしても、この日はantonオヤジ胃袋も元気でした。
まだまだイケるじゃん、おれ!
って思いました。

でも、昨日はダメだったなあ。。(笑) ←これは独り言ってことで



あま木
名古屋市中区丸の内3丁目16-2
第22プロスパー丸の内 1F
052-971-1433


毎年9月の中旬に行われる「今池祭り」。
日曜+祝日という日程みたいなのですが、
僕は日曜は行きづらいし、祝日は仕事なので、今まで参加したことありませんでした。
今年はシルバーウィークってやつのおかげで、
月曜の祝日が仕事休みになったので、初めて「今池祭り」に行ってきました。
BlogPaint

すごい人。
賑わってます。
昼間に今池歩くって初めてかな。
BlogPaint


とりあえず、何か食べましょってことで、
韓国料理屋さんで生ビールと二品購入。
BlogPaint

まあ、こんなんもたまにはいいでしょう。
P1510707

牛煮込みとトッポギ。
トッポギ旨いけど辛い~
P1510705

ついでにたこ焼きも買ったけど、これはあれでした
P1510706


ぷらぷら歩いて。
「マグロー」で穴子巻き売ってたから一個購入。
P1510712
たしか200円だったかな。
相変わらず安いね。
巻いてある海苔の下からタレが垂れて靴に付きそうになったので危なかったっす。
P1510711


一通り、ぐるりと廻って、久々の「ヒンメル」でフルーツビールを一杯。
P1510716
P1510715
P1510714



その後。
どこかで落ち着いてランチを~と思ったんだけども、
時間も14時過ぎてて、お店探して歩いてるうちに、
今池~池下~とテクテクテクテク。
結局、池下から北上して、
「シャンティーズ」に、たどり着きました。
けっこう歩いたなあ。
P1510737

オープンテラスが目を引く、かっこいい「ダイナー」です。
P1510735
P1510734

嫁さん、ビール。
僕はハードシードル。
P1510717


嫁さんはサンドイッチセットから、パニーニ(っていうの?)を。P1510720
P1510722


僕はハンバーガーにしようか。。と思いつつなんとなく、
夜のメニューから、
豚肉のプレートを注文。
P1510724
P1510725

なかなか美味しかったです。
P1510730


なんとなくダラダラと暢気に過ごした祝日の昼下がり。
まあ、たまにはこういうのもいいかな。
P1510733

「シャンティーズ」の向かい側にある「京味 もと井」さんに顔出して
予約させてもらおうかな~なんて思いつつ、
結局、そのまま帰ってきちまいました。
それだけが、心残り。
電話すればいいんですけどね。


Shanties(シャンティーズ)
名古屋市千種区高見町1-20-9
052-734-7106

「一粒で二度美味しい」お店。
守山区の「割烹・天ぷら よこい」さん。
お兄さんが「割烹」、弟さんが「天ぷら」と担当が分かれてるので、
同じお店でも違った楽しみ方も出来るわけです。
いつもは、お兄さんの「割烹」を利用させてもらってるんですが、
今回は、弟さんの「天ぷら」。
夜の天ぷらおまかせコースです。
P1520671

「天ぷらおまかせコース」は1人10000円で、4人から。
なので友人2人と嫁さんとの4人。
はい、乾杯!
P1520675


このコースの場合の楽しみは、通常は使ってない、
「太白胡麻油100%」で天ぷらを揚げてくれることです。
キレイな銅鍋にキレイな太白胡麻油が出番を待ってます!
P1520673


天汁と藻塩でいただきます。
P1520676
補充用の藻塩、天汁、大根おろしも準備完了。
P1520677


一発めは、銀杏!
P1520679


カウンターの僕の席からは揚げてるところがばっちり見えます。
これ見てるのがなかなか楽しいのだ。
P1520680


車海老の頭。
サクサク。軽い軽い。旨い旨い。
P1520681


車海老2本!
1本は藻塩。
P1520683
1本は天汁ダボダボで!
旨いがな~
P1520685


季節の主役。おマッタケちゃん。
P1520674


歯でグイっと齧ると、ほわ~っと「口福の香り」が広がります。
P1520689

こちらは笠の開いた松茸。
どうしてどうして美味しいです。
P1520691


天ぷらには、白ワイン。
これは僕がワインに関して唯一人に教えられる知識かな(笑)
P1520695
P1520693
P1520692


雲丹を大葉で巻いて。
P1520697
P1520698


カボチャ。
P1520701


帆立。
旨し。
P1520702


むかご。
P1520705


茄子。
P1520707


イクラと鮭。
P1520709
大葉にマイタケが巻いてあって、鮭で包んで天ぷらに。
美味しい~!
P1520712


牡蠣。
大きな牡蠣!
P1520714


白海老。
P1520716


アスパラ。
瑞々しい!
P1520717


〆は、かき揚げ。
塩でさっぱりと。
P1520721
かき揚げ、旨い~~!
本当に海老のプリプリ感は天ぷらにドンピシャの食材。
塩もいいけど、天汁ぶっかけて、もう一杯食べたかったな。
P1520722


栗と生姜。
ああ、栗の季節か。
栗はもさもさして、少々苦手な食材。
モンブランとかのケーキは好きなんですけどね。
P1520725

天ぷらで腹パン。
普段の「割烹コース」のなかでも天ぷら何回かいただいてますが、
それも美味しいんだけど、
太白胡麻油のおかげで、より一層サクサク、切れの良い天ぷらをたべさせてもらえました。
満足満足大満足。
しかも、これで10000円なんだから!
ただ、あえて贅沢を言っちゃうと、
天ぷらの間に1品でいいので 軽く「箸休め」をいれていただければ、
もっと楽しめたかな。
150キロの剛速球の合間に、チェンジアップ投げられると手も足もでない!
ってのと同じです。
それが出来るお店なので、余計にそう思いました。
でも、「天ぷらコース」のお客さんのなかには、「天ぷら」以外いらないって方も
当然いらっしゃるだろうし、難しいところでしょうか。
あくまで、僕の希望というか、好みの問題です。

なにはともあれ。
カウンター席で4人のために
一品一品丁寧に丁寧に天ぷら揚げてもらえる贅沢で幸せな2時間半でした。
ありがとうございました。
ご馳走様でした。

今度は、お兄さんの「割烹」で「よこい」さんお邪魔しないとね。



割烹・天ぷら よこい
名古屋市守山区幸心1-1319
052-793-2333

日曜の簡単更新。

僕は、幼少期、市場の隣に住んでたので、
遊び場が市場でした。
もう50年近く前のこと。
そのころの市場といえば、
今で言うイオン、アピタなどと同じで生活する上で一番お世話になる場所。
そんな市場も随分と少なくなりました。

こちらは、東区の徳川公設市場。
白壁に来たついでに寄りました。
知人の姐さんが
こちらのうどんや「おおや」さんでいつも「にしんそば」食べるっていうのを、
FBで見てたからです。
僕は市場のうどんやさんの「中華そば」が大好きだったのです。
P1520662

おお、これか。
でもやっぱり俺は「中華そば」だし。。
P1520661

あれ?「中華そば」じゃなくって「ラーメン」じゃん!
う~ん、市場のうどんやさんは、
うどんと同じ醤油のおつゆで食べる「中華そば」がなくっちゃ寂しいな~
P1520657


嫁さんは「うどん 中盛」。
うっ!ヤバイ!量多くね?
つゆは、少し薄めかな。
でも美味しいです。
P1520656


僕は結局「醤油ラーメン 中盛」。
P1520658
やっぱり。
「中盛」は2玉なんだ!
「大盛」って言わなくて良かった!「大盛」は3玉だって!
普通に美味しい「醤油ラーメン」。
なかなか麺が減らないでやんの
うちの嫁さんも汗かきながら「うどん中盛」完食しました。
やっぱ胃が大きくなったね。。
P1520660
「中華そば」じゃないのは残念でしたが、
「市場」の人情味溢れるノスタルジックな雰囲気のなか、
麺すするのもなかなか悪くないなと。
50年近く前の「エビス大黒市場」の情景を思い浮かべました。



近くに来たので、
「芳光」さんにも。久々に。
P1520666

もちろん「わらび餅」。
控えめに6個のみ。
P1520667
やっぱ美味しいです。
P1520669


麺類 おおや
名古屋市東区徳川町522
徳川公設市場
052-936-8031


芳光(よしみつ)
名古屋市東区新出来1-9-1
052-931-4432

このところ、石川橋の「おけい鮨」は とんと足が遠のいちゃって、
こちらの「おけい」にちょくちょく来るようになってきました。
別に他意はないんですが。
というわけで。
「おけい鮨 本郷店」
P1510622


嫁さんとしっぽりすっぽり。
9月の最後の日曜日。
名古屋南部から、地下鉄乗り継いで、
のんびり本郷駅までくるのは日曜日がいいのだ。
P1510623


お通し。
アジだったかな。
おつまみとお鮨の10000円のコースをお願いしました。
P1510624


この日の牡蠣は、
北海道 厚岸産「カキえもん」。
P1510627
P1510629
世界で一番 塩気が軽いという「フルール・ド・セル」。
P1510642


日本酒は高知の「土佐鶴」一種のみ。
これ美味しいから全く問題ないんだけども、
仮に、何種類も日本酒が置いてあったら、もっと楽しみが広がるのですが、
それは無いものねだりですしね。
P1510630


戻りカツオ 藁で燻してあります。
P1510631


真鱈の白子。
今シーズン一発目かな。
早くも天敵ともいえる白子が登場するとは!(笑)
七味も旨いです。
大将自慢の「東京浅草やげん堀」の七味。
P1510635


煮タコ。
P1510638


オリジナル寄せ豆腐。
P1510639
豆腐には、「能登 揚げ浜塩田の塩」。
P1510646
P1510647


昆布〆の鯛。
レモンと塩昆布で。
シャリは控えめで優しい赤酢。(3種類の酢のブレンドらしいです)
うんまい!!塩昆布最高!
P1510648


マコガレイ。
P1510652


早くも赤出汁登場。
P1510653


甘海老。
甘海老の味噌ソースかけ。
P1510656



赤雲丹。
P1510660


剥がしのトロ。
中トロとトロの間へん。
くさみも全くないし、旨さが詰まってます。美味しい!
P1510662

こっちは嫁さんの。
P1510663


しんイカ。
レモンとフルール・ド・セルで。
スミイカの赤ちゃん。この柔らかさがいいんだよね。
P1510665
ゲソ。これも柔らかい。
P1510668


玉子。
P1510670


秋刀魚の押し鮨。
おお、旨いよ~
P1510673


のどぐろ。
カボスと塩で。
これもめちゃ旨。
P1510675



穴子。塩とツメ。
P1510678


筋子。これは嫁さん。
P1510680


コハダ。
この後の3貫は追加でお願いした分です。
P1510682


鯖。
昆布のっけて。
P1510684


金目鯛の昆布〆。
たまらん。
10貫並べて喰ったろか!って思ったりします。
P1510687


細巻き。
かつお おかか巻き。
あさつきの食感がいいんです。
P1510688

山牛蒡の味噌漬けに、やげん堀の七味。
P1510690

あま~いシャインマスカット。
P1510695


毎回いただける名刺代わりのお塩。
P1510693
旨かったです!
本当に満足度の高いお鮨屋さんだなあと感心します。
いつも満席なのがよく分かります。

この、「本郷店」の記事書いてて、
なんか、石川橋の「おけい」にも行きたくなっちゃったなあ。
昨年の暮れ以来、ずっと行ってないです。

では、次の「おけい」は「石川橋」だね。
大将元気かな?




おけい鮨 本郷店
名古屋市名東区上社2-71
052-774-1789




8月17日の記念すべきオープン日に伺って以来の2度目の登頂です。
「肉山 名古屋」さん。
2ヶ月前の開店当時は、
「肉山」のことを知らない名古屋の人もけっこう居たと思うのですが、
今では、来年の2月までは予約でいっぱいという、
東京吉祥寺の本店と変わらぬ超人気店。
P1520812

開店日には知人のA先生の予約でしたが、
今回は来年2月まで ひと月に一度予約入れてる友人Keeさんの予約。
友人の皆さんの御好意でこのブログも成り立ってるわけでございます。
P1520815


当然こちらの「お任せコース」。
P1520819
でも今回はプラス5000円の飲み放題にはせずに、
ドリンクは単品メニューからってことにしました。
P1520817
左から、「山葵」「チリマスタード」「柚子胡椒」「ヤンニンジャン」。
「山葵」が増えました。
P1520824

友人7名です。
はい!乾杯!
無事に登山できますように!
P1520826


肉煮込み。
2人分。
P1520828
おお、これはこれでおいしい。
P1520832


豚ロース。
この豚ロースは旨いです。
何枚でも食べられるよ。
でも、セーブしておかないと登頂できなくなるからね。
P1520831


エリンギ。
P1520833


熊本 赤牛のモモ。
おお、早くも牛モモが来た!
肉の出てくる順番はその時々で違うのかな。
P1520838


ビールだとお腹張っちゃうので、マッコリ。
P1520839


赤ワインも2本空けました~
P1520841
P1520842


豚肉と鶏レバーのパテ。
実は僕はパテは得意でもないので、控えめに。
P1520844


赤牛のランプ。
P1520848
おお~これには山葵やで~
ちょっと醤油もつけて。
旨いがな~
P1520850


キムチ追加で。
P1520852


馬のヒレ!
うう!
これは!
P1520855
さっきのランプ最高!と思ったけど、
この馬ヒレ、超最高に旨い!旨しうまし馬ヒレうまし!
高タンパク低カロリー!しかも旨し。
P1520857


きゅうり。
P1520863
この味噌 好きです、旨いです。
P1520865


ヒレに続いて、馬のハラミ!(だったと思うんですが
ぱっと見、同じにしか見えないもんね。
P1520868
これもいいけど、さっきの馬ヒレが僕の一番やね。
P1520872



アスパラ。
P1520874



黒烏龍茶。
ボトルでくれるから便利です。
P1520875



赤牛の しんしん。
P1520876


〆のご飯ものは、カレーライスかTKG(玉子かけご飯)から選ぶのですが、
圧倒的にカレーが多いようで、希望はカレー6、TGK1のはずが、
カレーが無くなったってことで、この割合になっちゃいました。
しかもカレーの量が少ないように思えるし~(笑)
P1520884
色んな肉の切れ端が入ったカレー。
これ旨い。この量じゃあ物足りないな~
肉は十分いただきましたが、カレーの大盛り食べたいよ~
P1520885


お1人様一個のピンバッチ。
P1520887
僕は前回と同じで赤。
赤が一番人気らしくって、ぱっと見、赤少なそうだもんね。
P1520890

こんなことも出来ちゃうようです。
P1520892

「肉山 名古屋」無事に登頂完了いたしました。
今回は「馬ヒレ」にノックアウトされました。
旨かったなあ。
馬の肉ってこんなに美味しいの!?って思っちゃった!
やっぱ、赤身肉最高やね!
次回はまたまた友人Keeさんの予約で12月!
Keeさん、ありがとうございます!
また次回楽しみにしております。
よろしくお願いいたします!

ちなみに、今回は飲み放題でなくして、1人約8000円。
それほど飲まない場合は、ドリンク単品のほうが良さそうですね。




「肉山 名古屋」のあとに、オヤジ5人で同じ錦三の
我がホーム「日本酒処 華雅」に。
P1520895

火曜・木曜日限定の「華雅定食」の「鶏の唐揚げ」が気になって仕方ないので、
P1520903

唐揚げ2個のせご飯をガツガツガツ。
あ~旨し。
カレーが少なかったので(笑)、なんか物足りなかったのです。
P1520906


この日、「肉山」に一緒に行った友人たちから、
プレゼントさせたりレンタル?したりで、こんなんになりました。
どうせなら赤ばっかがいいんだけどなあ(笑)
P1520902

僕は、このあと独りでもう1軒行くのですが、
それはまたそのうちに。
おしまい。


肉山 名古屋
名古屋市中区錦三丁目19-21
ロックビル 5F
080-5293-2975

う~ん。
目標月イチっていうのも、なかなか出来そうで出来ないですなあ。
ホンのちょっと間があきました。
新栄の「鮨処 成田」さん。
結局9月にも伺えなかったのです。
P1520177
P1520178


久しぶりの独り鮨。
8月・9月と独りお出掛けのタイミングがなかったのも、
成田さんに来れなかった理由の1つでしょうか。
P1520179


イカ。
と思ったら、
P1520181
後ろというか、下というか、雲丹がしっかり隠れてました。
P1520183


平目。
P1520185


「大阪屋長兵衛 大吟醸」。
P1520187


煮タコちゃん。
P1520188


帆立。
胡麻味噌で。
P1520193
大将が海苔をくれたので、海苔で巻いてね。
成田さんは海苔も美味しいのだ。
P1520194


名物の穴子の蒸し鮨。
P1520196


コハダ。
この日は若が握ってくれました。
P1520198


赤身ヅケ。
旨いのは当たり前です。
P1520202


アジ。
P1520205


旨いから、
もう一回赤身。
P1520210


いつものマグロの贅沢切りは注文しそこなっちゃったふうで
でも、このとろを目にしたら、いっちゃうでしょ!
P1520223


最後に とろタクを1本お願い!
P1520211
P1520214
くは~旨い!
P1520216
凄い切れ端を乗せてくれました。
マグロの脂が滴ってるような、というか、滴ってるわ!
P1520219


いろいろ行くお鮨屋さん、和食屋さんのカウンターで一番好きなのが、
この「成田」さんのカウンター。
P1520220
前にも書いた覚えがあるけど、
本当に頬ずりしたくなる、このなめらかな この「R」。
P1520221

さすがに頬ずりは出来ないけど(してもいいよ、って言ってくれれば頬ずりしたい)
いつも、手のひらで摩ってます。

僕にとっての最強カウンター席なのだ。


鮨処 成田
名古屋市中区東桜二丁目19-9
052-932-5665

このページのトップヘ