antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

2016年09月

2016年9月4日、日曜日。
待ちに待ったこの日がやってまいりました。
昨年はずっと小雨が降ってました。
今年は晴天、この後の会場内と一緒で汗ばむ暑さです。
P1760601

場所は前回同様、丸の内の「PRONTO」。
「第2回 nagoyaケロッ酒」!

名古屋の人気飲食店10店舗と全国の日本酒蔵元がタッグを組んで、
旨い料理と旨い日本酒のマリアージュを楽しむイベント。
その第2回めです。
BlogPaint

僕は第1部と第2部の2つに連続参加です!
P1760604
参加者にはこの特製おちょこが配られます。
P1760605



入り口に近いブースから順番に行きます。
まずは、
西区四間道の「おいしいそばと酒 鈴音」さん!
福井の「常山」とのタッグ。
スズキングとヨッシ~は「那古野フラッシュ」!
イケメン杜氏の常山さん。
先日、福井まで「常山」さんの蔵見学にも行かせてもらいました。
P1760607
P1760649
P1760608

みょうが豆腐と卵とじるかい?
ネーミングが.よくわかんないけど、卵とじ、マジに旨いです。
P1760652




東区東片端の「味感ことほぎ」さんは、
愛媛の「伊予賀儀屋」と。
「賀儀屋」の首藤さんもイケメン!
「すぎ」さんでの日本酒会でもお会いしてます。
P1760679
P1760674
P1760701

栗と三元豚のくるみ和え。
P1760623

チビ太のおでん、ではなくって、
3色田楽串、生麩、小芋、秋茄子。
僕の中では「ことほぎ」さんは、イベント慣れしてます。
いつもレヴェル高い!
昨年の「ケロッ酒」のときは、「ことほぎ」さんはお店を開店させる前だったんだよね。
懐かしいな。
P1760621




御存知、丸の内の「馳走和醸 すぎ」さん。
愛知の「生道井」とのタッグ。
「生道井」は「いくじい」と読みます。
愛知の東浦町の「原田酒造」の醸すお酒。
BlogPaint
P1760705
P1760710

秋刀魚の漬け胡麻和え、豚バラ軟骨のどて煮。
この どて煮、旨かった!
お店でも出してね!ってお願いしておきました。(もういただいちゃったけどね)
ちなみに、このどて煮におにぎり入れて食べたことは内緒です
P1760708




これまた、御存知、名駅2丁目の「鮨 いし黒」さん。
この日はイケメンアルバイト君も参加。
岐阜の「百十郎」とのタッグ。
「百十郎」の美人蔵元さん。
イケメン大将がこの組み合わせを希望したとか(笑)
P1760606
ケンちゃん、気合入ってるね。
P1760615
P1760665

マグロの漬け握り 焼きサバ押し寿司。
この前日「いし黒」さんにお邪魔したらケンちゃんが仕込みしてました。
「ケロッ酒」はお鮨屋さんが入ってるのも強みだな。
この焼きサバ押し寿司旨いです。
販売すればいいのにな。
P1760725




住吉の「StanDining やまびこ」さん。
「BISHOP」もあって忙しいのに清田くん頑張ってます!
P1760609
僕の大好きな銘柄の1つ、滋賀の「浪乃音」とのタッグ。
P1760613
何回もお会いしてます、「浪乃音」蔵元 中井さん。
10月にも某店での「浪乃音」日本酒会参加させていただきます!
P1760616

海老のアメリケーヌソース。
濃厚で旨かった!
色合いも「浪乃音」のラベルと一緒だしね。
P1760618
桜肉のタルタルステーキ。
これも旨し。もうちょっと食べたかった!
P1760671



半田市の「料理 久(きゅう)」さん。
実は「久」さんだけ、写真撮り忘れ!
申し訳ないです、この写真は昨年のもの。
休憩時間にはいろいろなお話させてもらったのになあ、唯一の心残りです。
この御三方 同じ高校の同級生。
こういう関係羨ましいな。
P1500810
「久」さんは、滋賀の「萩乃露」と。
P1760630
P1760631

焼きトマトの白和えと磯チーズ。
P1760645

磯チーズ 美味しかった!
「萩乃露」によく合いました。
P1760715




四間道スクエアの「那古野 みつ林」さん。
長野の「大信州」と。
「大信州」の蔵元 田中さんとはついこの前「すぎ」さんでの日本酒会で
お会いしました。
とっても男気のある方。
P1760632
P1760637
P1760678

秋刀魚のつみれ汁と みょうがの酒盗味噌和え。
酒盗味噌和えが「大信州」に合うんです。
「大信州 純吟 手の内」もやっぱり美味かった。
P1760662




今回、初参加の名駅の「サラマンジェ ドゥ カジノ」さん!
予約が取れないお店です!
梶野さん、恥ずかしがって、お隣の「みつ林」さんのカバちゃんと一緒にパチリ。
P1760626

「カジノ」さんは、三重の「三重錦」とタッグ。
P1760627


三重豚と木の実のパテドカンパーニュと木の子のケークサレ。
この写真はパテ齧っちゃったあとなので、ちょっと乱れてます。
P1760643

そして、こちらは内緒?の別バージョン!限定数名だったはずです。
パテの替わりに・・・なんだったか忘れちゃった。すみません。
僕はパテ苦手なのでこちらをいただきました。
このクオリティ凄いです、流石「カジノ」さんです。
ちなみに第1部では一番最初に「カジノ」さんに行列が出来てました!
P1760628



住吉の「桜びより」さん。
この「ケロッ酒」の紅一点。
店主 貴ちゃん。
BlogPaint
あ~ちゃん。
BlogPaint
「桜びより」さんは3種類!
頑張ってます。
ちなみに 「ケロッ酒」のお品書きは全て「桜びより」の貴ちゃんが書いてます!
P1760635
山口県の「貴」とのタッグ。
貴ちゃんは「貴」。
この組み合わせだけは昨年と同じ。
P1760638

おつまみ2種盛り。
これは別バージョンもあったように思います。
P1760663

特製煮込みハンバーグ。
これ好き。
3種類のうちの 
仙鳳趾産のカキ西京焼きは嫁さんが食べてたように思うけど写真なし
3種類もやっちゃう貴ちゃん凄いな。
P1760641




四間道スクエアの「鉄板フレンチ PIVOTE(ピヴォーテ)」さん。
P1760642
P1760636

広島の「冨久長」と。
P1760634

黒毛和牛のカレー チーズバケット 
ヴィシソワーズクリーム仕立て カラメル風味。
このカレー美味かった!ヴィシソワーズクリームも美味かった!
P1760698


会場内はこんな感じ。
第1部~第3部まで定員80名+当日券のお客さんでいっぱい。
今回はほぼ座る場所が設置してあるので楽でした。
P1760610
ケン ポーズ取ってるし。
BlogPaint

入り口付近。
この辺りが一番落ち着いて食べ飲みできるかな。
BlogPaint

第2部の途中で、
なんと「ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ」の北村シェフが御来店。
一瞬、廻りがシーンとなってから、ザワつきました。
さすが大御所です。
皆さん、よく御存知です。
すぎさんや、梶野さんとの繋がりからいらっしゃったようです。
北村シェフを見つめるすぎさんの表情がいいな。
梶野さんもすぐに迎えてられました。
BlogPaint


当然、追加のセカンドチケットも購入!
P1760681

僕は第1部は家族5名で参加。
第2部は1人です。
P1760625

それぞれの蔵から持ってきてくれた「仕込み水」。
でもけっこう早くなくなっちゃってたようです。
P1760648


「百十郎」の美人蔵元とパチリ。
BlogPaint

「浪乃音」の蔵元 中井さんと。
BlogPaint


「すぎ」さんのブースで。
BlogPaint


すぎさんと梶野さん。
P1760680


第1部の終了後、立ったまんまお昼ご飯かきこむ「いし黒」さんのケンちゃんたち。
P1760684


このブログ見ててくれるというTさんと、
名東区で「鉢屋」という おばんざいのお店を経営されてる日比野さん。
東京の南青山にもお店出されてます。
一度行かないといけないな。
P1760686
もう一枚。
伊藤ちゃん、どうしたんだ?
BlogPaint
P1760689
P1760697

スズキング、似合ってます。
BlogPaint


「那古野フラッシュ」は三つ林さん。
P1760730

梶野さんもお茶目なのだ。
P1760732

友人のぐっさんは第2部に。
後ろのイケメン大将がいいでしょ。
BlogPaint


「桜びより」貴ちゃんと。
後ろの あ~ちゃんにピント合ってるな。
BlogPaint


「那古野フラッシュ」やりながらカメラ前を横切るスズキング。
BlogPaint

「カジノ」さん、予約取ってくれないかなあ(笑)
後ろのケンちゃんはわざと写真に写りこんでます。
BlogPaint


第2部の終了後に。
BlogPaint

本当に素晴らしいイベントでした。
皆さん(お店側)が楽しんでやってるから、
参加する僕らが楽しくないわけがないんです。
1回でもお店に行かれたことのある方々はよく分かると思います。

僕は出来ることなら1部から3部まで通しで居たかったけれど、
さすがにそれは長丁場すぎて無理だったなあ。
後ろ髪引かれながら、
友人のぐっさん達とこの日開店したばかりの「ジェラ山」に向かいました。
けっこう酔っ払ってヘロヘロでした。

ということで。
楽しみにしてた「第2回 ケロッ酒」 無事終了しました。
すぎさん、お疲れ様でした。
貴ちゃん、お疲れ様でした。
石黒さん、佐藤さん、伊藤ちゃん、スズキング、清田くん、久さん、ミッチ~、梶野さん、
全国から来てくれた蔵元の方々、お疲れ様でした。
「ケロッ酒」に関わった方々、みなさんお疲れ様でした。
楽しく素晴らしいイベントをありがとうございました!

来年の第3回記念大会を首を長くして待ってます!

トランキーロ!
あっせんなよ!




ある土曜日のお昼。
御存知、名駅2丁目の
「鮨 いし黒」さんを家族6名で貸切です。
P1760514
P1760515


嫁さん、娘2人と、あと2人。
お昼だけれども、夜と同じおまかせコース。
はい、乾杯!
BlogPaint


落花生。
P1760518


長芋そうめん。
さらりと。
P1760519


スモークしたカツオ。
P1760522


早速、日本酒。
定番以外はこちら。
大那、寶剣、寒紅梅、の順で。
一番 右の「百十郎」は「次の日」のお楽しみでこの日は飲まず。
P1760523

専用グラスです。
はい、乾杯。
P1760526


北海道のボタン海老。
P1760531


毛蟹のほぐし身。
P1760534
P1760537



松茸とトロの串焼き。
P1760541
この組み合わせいいですね!
また食べたい!
P1760544



〆サンマ。
P1760545
肝醤油で。
P1760547



いつもの〇〇〇〇サラダ。
P1760548



いぶりがっこのクリームチーズ巻。
P1760551



ししゃも。
P1760555



ここから、お鮨。
マツカワガレイ。
P1760558


コハダ。
P1760559


南マグロ 中とろ。
P1760562



小イワシ。
鰯の新子みたいな。
旨いです。
P1760564



赤貝。
P1760570



剣先イカ。
雲丹と錦胡麻乗せて。
このイカの包丁入れいいよね。
P1760571



ボタン海老?甘海老だったかな。
塩昆布で。
塩昆布で食べるお鮨大好きです。
必ず一貫は欲しい!
P1760574



金目鯛。
P1760576



ここで、何故か、
カツサンド登場!
マルナカ食品センターの「聖 HIJIRI」さんのカツサンド!
P1760580
「聖」さんで食べるかつ丼と同じで玉子がミソだね。
好きなタイプのカツサンドです。
出来立てだったらもっと旨いだろうな。
P1760585



〆は細巻きで。
P1760587
とろタクはどんだけでも食べれそう。
P1760589


「鮨 いし黒」さん、8月17日で開店4周年を迎えました。
P1760516
大将、4周年おめでとうございました!
P1760563


これは、次の日のイベントの仕込みです。
P1760591
頑張るケンちゃん。
イベントでは大将じゃなくって君が主役だからね!
彼は褒められて伸びるタイプだと思うので
P1760597


P1760595
P1760596


お昼から贅沢させていただきました!
BlogPaint

この日は朝から珍しく柳橋市場に肉やら海老やらハマグリやら買い出しに行って、
お昼「いし黒」さん、
夜は自宅でBBQ、という具合に
東京から帰ってきた娘達と
楽しく美味しく、そして、ときに涙・・・という色んな気持ちの入り混じった1日でした。
「オヤジ」じゃなくて、「親父」の長い1日でした。
時の経つのは早いですね。

そんな日に大好きな「いし黒」さんを貸切できたのはとても良かったです。
「あの時、「いし黒」さん行ったよね」、っていう想い出にもなります。
大将ありがとうございました。


鮨 いし黒
名古屋市中村区名駅2丁目40-11
052-562-5500

新栄の「CHINA BAR ARON(アロン)」に。
ちょっと御無沙汰でしたが、
このところ、日本酒のイベントで立て続けに「アロン」の店主タカシちゃんに
遭遇したので、
たまには行かないといけないな、と。
彼は僕の高校の可愛い後輩なので
P1770128


はい、乾杯。
ピンボケ。
P1770135


こちらの「オススメ」から攻めましょう。
P1770131
P1770132


これは、お通し。
豆腐ガンスー。って名前初めて知りました。
P1770138


ポテサラ。
お芋さんいっぱい。
P1770139


レモンチューハイ下さい。
P1770141


茄子のワイン煮。
これ美味しい。
「おばんざい」に入ってるけども、
ちゃんと鍋振って作ってました。
こういうところタカシちゃんは真面目なんだよね。
P1770142


人気という「白い麻婆豆腐」。
特別 白いってわけじゃないけど、普通の麻婆豆腐とは明らかに違います。
意外なほどあっさりした塩系の味付け。
でもいい塩梅な旨味も十分。
セロリ、ヤングコーン、干し椎茸、サツマイモと豆腐との食感の違いもいいし、
それぞれの素材の味もよくわかります。
P1770148
これは「人気」というのも分かる。
美味しいもん!
タカシちゃんはセンスあるんだよなあ。
P1770149



ホタテとバナナの唐辛子炒め。
なんちゅう組み合わせなの?って思って注文。
P1770153
パッと見て、どれがホタテでどれがバナナか、分からない!
それが狙いらしいです。
ホタテのほうがたくさん入ってました。
そして、なんか妙に美味しい。
P1770156
僕は酢豚のパイナップルとか嫌いなんだけど、
ピリリと辛い唐辛子にバナナの「もわ~」って甘さが合うんです。
やるなあ、タカシちゃん!
P1770158


島根のワタリ蟹の豆豉炒め。
これも旨い!
好きだわ、このクドさ!
玉子が入ってるのもいい。
P1770160

「アロン」の後に行くお店を決めてたので、
炭水化物は注文しないぞ!って誓ってたのに
この豆豉炒めを100%美味しくいただくには、やっぱ、これが欲しくなっちゃった。
P1770166
激ウマです。
余は満足じゃ。
P1770169


頑張ってる可愛い後輩タカシちゃんに「恵みの一杯」!
P1770165

白い麻婆も、ホタテとバナナも、ワタリ蟹もみんな抜群に美味しかったです。
どれもまた食べたいです。
ホント、頼もしい後輩、タカシちゃん。
また、先輩ヅラして お邪魔するけども、どうぞよろしくね。
ご馳走様でした!


CHINA  BAR  ARON (アロン)
名古屋市中区新栄2-24-14  明治第10ビル 1F
052-253-9080

この日は、少々御無沙汰の錦三丁目、
「肉山 名古屋」。

でも。
ちょっとばかり、いつもとは違うのであります。
P1770468

通常はロックビルの5階が「肉山 名古屋」。
なのでエレベーターのボタンも5階までしかありません。
P1770471

しかし。
もう1階上の階に秘密のVIPルームが存在するんです!
扉には「肉」ピンバッチ!
P1770473


こちらがVIPルームの中。
この部屋専用の冷蔵庫があります。
ちなみに、このVIPルームは僕らが利用する前は、
某超人気ダンス&ボーカルユニットが一度使っただけとのこと。
P1770474

このVIPルームの一番凄いところは、
このドリンク類が全て飲み放題!ってこと。
P1770494

日本酒のラインナップに驚いちゃう!
ほぼ全部の銘柄が未開封です!
(僕らが一番乗りみたいなもんですからね)
P1770488
P1770489
P1770519

「十四代」も2種類!「飛露喜」もあるよ!
P1770507

ワインも白も赤も完備!
P1770512
P1770514

ウィスキーもお好きなだけどうぞ。
P1770516

僕は焼酎飲まないから分からないけど、こちらも凄いらしい。
P1770478

この部屋が使えるお客さんは、
「肉山 名古屋」に10回以上(だったかな?)来店されてて、
なおかつ、信頼の置けるお客さんのみ。
来店回数よりも「信頼が置ける」というのが大切です。
なので基本的にはオーナーの鳥居さんの裁量で決められるわけです。
この日、VIPルームの予約を取ってくれたのは、
友人のA先生!
「肉山」グループの常連さんです。
「肉山 名古屋」のオープン日にも僕を連れてきてくれました。
P1770481
金額が税込み10000円というのも凄いでしょ。
5階の通常の「肉山」で飲み放題つけると10000円で税別だからね。


VIPルーム利用の「お約束」もあります。
①飲み残し、食べ残しは絶対禁止。
②リバースした時点で終了。

節度ある飲み方が一番大事です。
P1770482


VIPルームだけの限定「肉」ピンバッチ。
ブロンズですよ。
P1770491


僕、A先生、Sさん、P-ハヤシさん、おぉちゃん、Aさん、T社長、マンちゃんのオヤジ8人です。
こういうときは女の子抜きのオヤジ軍団のほうがなんか楽しい!
はい、乾杯!
A先生ありがとう!
BlogPaint
最初は「29」の泡で乾杯。
P1770492
ちょっと遅れたP-ハヤシさんも乾杯。
P1770504


料理は通常の5000円のお任せコースと「基本的に」一緒。
キムチ4種。プチトマトもね。
P1770484
「肉山」のキムチ味はさほど辛くなく、旨味のほうが勝ってるので大好き。
P1770485

ケジャン。蟹のキムチ漬け。
初めてだったような。
これもクセになっちゃう旨さ。
P1770495


定番の豚ロース。
美味しいけれども、この日のはちょっといつもより「しっとり感」がなかったです。
P1770497


エリンギ。
P1770506


ここから、日本酒行くぞ====!!
肉に日本酒が合うとかどうかはどうでもいいや。
好きなもの飲んじゃうのが幸せなのだ!
「十四代 吟撰 吟醸酒」!
P1770508


牛モモ肉。
P1770523
脂なんていっさいないんじゃないかってくらいの赤身!
P1770525


豚肉と鶏レバーのパテ。
P1770527


「菊姫 大吟醸」。
これは僕にはキツかった。
P1770528


「写楽 純米吟醸 酒未来」。
P1770533


短角牛ソーセージ。
P1770538


きゅうりぶつ切り。
このモロ味噌大好き。
P1770543


「醸し人 九平次」!
九平次もあるのだ!
P1770544



びっくりギッちょんちょんのトンカツ!
こんなんあるんだ!
VIPだけらしいです!
P1770547
このソースは東京 高田馬場の「えいちゃん」という有名な串揚げ屋さんの
ものとのこと。
甘くて美味しいんです。
もちろんカツも旨いよ。
P1770553


「山形 正宗 秋あがり」!
P1770554


イチボ!
これは山葵でいきます。
P1770558



ここらで、「十四代 本丸 秘伝玉返し」!
醸造酒なのに何故にこんなに美味いのか!っていう稀有なお酒!
P1770568


「田酒」もあるでよ。
P1770570


さっぱり「名古屋サイダー」!
P1770569


日本酒 一升瓶をこんなに開栓したこと初めて!
P1770572


これまた、サプライズの餃子!
「肉山餃子」!
これは5階の通常コースで出たようです。
P1770575
P1770579
肉がいっぱいかな、って思ったら意表をつく野菜いっぱいのヘルシー餃子。
しかも激ウマなんです。
ホント野菜いっぱい。
餃子の形した「肉山の焼き野菜」って位置取りかな
何個でもいける!
是非、また食べたいです!
P1770588


アスパラ。
旨いに決まってます。
P1770582


「飛露喜 純米吟醸」!
P1770585


馬のヒレ!
しっとり柔らかしっかり赤身の鉄分感じます。
ホント旨い。
これ大好き。
馬すぎ!違った、美味すぎ!
P1770596
P1770600


P-ハヤシさんは焼酎!
BlogPaint


〆はお馴染みのTKGとカレー。
P1770603
P1770604

さっきのトンカツのせて「肉山カツカレー」も出来るのだ!
P1770607


最後は赤で〆ました。
P1770609


見事にオヤジばっか!
料理を運んでくるスタッフの女の子たち、部屋がオヤジ臭かったろうなあ
BlogPaint

とにかく。
大満足の「肉山 名古屋 VIPルーム」。
結局はそれほどたくさんのお酒は飲めないけども、
この凄いラインナップのお酒が飲み放題だよ、っていう贅沢さ、
超人気店の超限定VIPでわいわいやれるっていう恍惚感。
これに尽きます。
是非是非またVIPルーム利用させてください。
次回を楽しみにしております。
何回も言います。
A先生、ありがとう!また予約してください!
「肉山 名古屋」鳥居オーナー、ありがとうございました!


肉山 名古屋
名古屋市中区錦三丁目19-21
ロックビル 5F (VIPルームは6F)
080-5293-2975

ずっと前から行きたかったんですが、
場所的なことと、そして写真NGということを耳にしてましたので、
行けずじまいでした。
天白区植田から、
この9月に昭和区の石川橋に移転された、
「すし 弥助」さん。
友人の「食べログレビュアー」ドクターSSさんがいち早く訪問されて
写真撮影が少しOKになったと教えていただき行ってきました。
P1770750
石川橋の交差点のすぐ西。
山崎川沿いにあります。
P1770751

無駄なものが一切ないお鮨屋さんらしい綺麗で清潔な店内。
(お祝いの胡蝶蘭はいっぱいありましたが)
8席のカウンター席のみのようです。
ビールで乾杯。
恐る恐る大将に写真撮影のお願いをすると、
「2,3枚なら」と返事いただきました。
P1770752


初訪問なので勝手が分からなかったですが、
握りの前におつまみをいただくことに。
(こちらは握り中心のお鮨屋さんのようです)
左から、サンマ、イカのゲソ、
マグロ、シャコ、
ホタテ、穴子の肝。
P1770753

穴子の肝。あまり食べたことないなあ。
酢で軽く〆てあったと思います。美味しかった!

P1770754


もうちょっと つまみ下さい。
カマスの塩昆布和え、
ミル貝の舌先、
鯛の胡麻醤油漬け。
つまみ、どれも美味しい。
P1770756


ここから日本酒。
「開運」「福祝」「恵那山」を一合と「九平次」をグラスで。
P1770757


さあ、お鮨。
赤身のヅケ。
シャリはほんのり甘味感じて、ほろりと口でほどけます。
ああ、美味しいな、って思えるお鮨。
P1770758


いか。
P1770759


ホタテだったかな。
P1770760


シマアジ3枚重ね。
「名物っていうほどでもないですが」という大将。
でも素晴らしく美味しい。
3枚にしてあるから、
焼き目の香ばしさが後から後から三重奏にように口に広がります。
P1770761


車海老。
P1770762


ミル貝。
P1770763


カマス。旨し。
P1770764


コハダ。
P1770766


キス。
P1770767


サンマだったか、鰯だったか。
P1770768


煮はまぐり。
P1770769


イカの印籠詰め。
P1770770


穴子。
おお、美味いぞ。
穴子のとろけ方がハンパない。
P1770771
P1770772


玉。
甘いけど、しっかり美味しい。
この玉好きだな。
P1770773

見ていただければ分かりますが、
ほぼ全て写真撮っちゃった
「2,3枚」って言われましたが、ついついクセで
大将も当然気づいてられましたが、見てみぬふりをしていただいたようでして。
怒られるかなあ・・と心配もしてましたが、
最後までお話もさせていただけたし、再訪もOKって言っていただけたので、
胸を撫で下ろしました。
ありがとうございました。

僕が勝手に想像してたより、お若くて気さくで面白い大将でした。
石川橋といえば「おけい鮨」がすぐそばにありますが、
「おけい鮨」よりもう少し気楽に来ることができる良いお鮨屋さんです。
お酒そこそこ飲んでつまみもらって一人13000円くらいでしょうか。
日曜日も営業されてるし、
石川橋なら自宅からも比較的行きやすいので
これから何回もお邪魔させていただきたいと思います。



すし 弥助
名古屋市昭和区菊園町6-18-7
052-852-9151

恒例、日曜日の「週刊すぎさん」。

すぎさん曰く、「みんな飽きてるでしょ」。
確かに「またか」って見ててくれる方々思ってるかなあ。
でも、いいんです。
僕が全く飽きてなんかいないから
「日刊すぎさん」でもいいよ。
さすがにそれは無理か。

ということで、丸の内の「深夜食堂すぎ」さんです。
P1750559

昨日UPした 栄4丁目の「海の日」からの「すぎ」さんです。
僕は、元「カフカ」の「西の大関」宮里シェフと
「焼肉 せいご」の代表取締役 聖悟氏と、
友人のA先生との4人で来たんですが、
もうすでに顔馴染みの皆さんがいっぱい!
奥から、栄4丁目の「我我」の森さん、
「我我」の常連さんでこのブログのファンというSさん、
「走るグルマン」友人のWさん、
御存知 名駅2丁目「鮨いし黒」のイケメン大将、
宮里シェフ、
聖悟さん、
A先生、
四間道の「淡 如雲」の店主 山内さん、
西区上名古屋の「亀広良」の三谷さん。
よくも知り合いばっか揃いましたね!
BlogPaint



P1760045
P1760047


「西の横綱」「西の大関」揃い踏み!
ありそうでなかなかない組み合わせなのだ。
奥の森さん、カメラ目線送ってます。
BlogPaint


ワインはどなたかの差し入れでしたっけ?
P1760050


「サラマンジェ ドゥ カジノ」の梶野シェフも登場!
凄いな。
BlogPaint

実は、この日の3日前がすぎさんの誕生日。
P1760062

「Kominasemako」さんのバースデーケーキ用意しました!
ちょうど一ヶ月前やね。
すぎさん、お誕生日おめでとうございました!
P1760064


で。
いつものように(笑)
炭水化物爆弾を喰らって。
P1760069


すだち蕎麦。
これは誰のだったかな?
一口いただいたら旨かった!
今後、これもありだな!
P1760070
P1760072


「我我」の常連Sさんがどうしても、って色紙まで出してくれるので、
じゃあ、みんなで寄せ書き風にってことで、サインをば。
初めてサイン?書いたな
めっちゃ書きなれてる人もいますな。面白い。
僕も欲しくなっちゃった(笑)
あ、「海の日」の田中さんも合流してたんだ!
写真写ってないや!
P1760056

本当に盛り上がった楽しすぎる夜。
みんなが集う「深夜食堂すぎ」。
いいお店にめぐり会えたな、とつくづく思います。

この日ご一緒だった皆さん、
また、いつかこんなふうに集えたら嬉しいです!
楽しい夜をありがとうございました!


馳走和醸 すぎ
名古屋市中区丸の内1-12-23  サンエスケーイワタ 1F
052-231-1901

8月の終わりに、僕の大好きな居酒屋さん、
栄4丁目の「海の日」へ。
P1750961


この日 ご一緒していただく方たちを待つ間、フライングして一杯。
「十四代 純米吟醸 酒未来」!
P1750965

お一方、到着。
「酒未来」で乾杯!
P1750966

もう一方も到着!
はい、乾杯!
よろしくお願いいたします!
P1750969


「焼肉 せいご」の御大将 聖悟さんと、
元「カフカ」の「西の大関」宮里シェフ!
お二方とも初「海の日」。
P1750970


お2人が初「海の日」なので、「海の日」の王道メニューでお願いしました。
ド定番の「寄せ豆腐」。
P1750968


鯵フライ苦手な僕が唯一美味しくって自分から食べたいと思う鯵フライ。
P1750971


「海の日」田中さんのこだわりの熟成刺身。
これがなくっちゃ始まらないね。
宮里さんも聖悟さんもまずはこの熟成刺身が食べたかったはず。
P1750974

1時の方向から。
新潟の甘鯛 3日寝かせ 軽く昆布〆。
写真撮り忘れ!


石川のアラ これはピチピチ。
P1750981

愛知の天然 アオハタ。
P1750982


愛知の天然真鯛のとろ部分 4日寝かせ。
ここまでの4種は塩でいただきます。
P1750983


愛知 かんぱちの子供で「汐(しお)」 ピチピチ。
P1750984


愛知の鰆 2日寝かせ。
P1750985


長崎 鯖。軽く〆て。
P1750986


静岡の金目鯛 1日寝かせ。
P1750987


宮城 塩釜のマグロ 13日寝かせ!
この日のために特別な方法で長期寝かせておいてくれたマグロ。
塩と醤油 それぞれで。
P1750980


山口ののどぐろ 2日寝かせ。
P1750988


「林」!本当にシンプルなネーミング。
P1750990



フィッシュ&チップス。
これも「海の日」オリジナルだから食べないとね。
P1750993


ミル貝の干物。
P1750994


「花邑 純米酒」、これ最近よく見かけます。
P1750998


またまた出ました!
「十四代」!
今度は「中取り純米吟醸 播州山田錦」!
P1760005

この辺りから、友人のA先生も合流!
はい、乾杯!
P1760006


本日のメイン!
P1760007

「ねぎま鍋」!
ねぎ と マグロの「ねぎま鍋」!
このところ、「海の日」の一番人気の鍋がこれ!
P1760010
4時間しっかり水にさらした ねぎ!
P1760014
P1760016
P1760022
これはより美味しく食べるための出汁用の「いけにえ」です。
P1760024


まずは、オーストラリア産マグロから。
P1760028
このポン酢も自家製。
美味いんです。
P1760029


そして。ここから本番!
見て見て、このマグロ!
宮城は塩釜であがった熟成 本マグロ!
P1760018
肉か!ってくらいの、このエロさ。
しびれる!
P1760030

ぐふふ。
とにかく。
旨い。
生で美味しく食べられるマグロをあえて しゃぶしゃぶしちゃう。
しゃぶしゃぶしちゃうと生で食べるより、より美味しくたくさん食べられます。
P1760033

この ねぎも美味しいからね。
これがあるからより一層 マグロが旨くなるのだね。
P1760034


最後はマグロの出汁で旨味十分の雑炊!
P1760036
残ったポン酢ぶっかけるのは常識!
P1760038


記念撮影。
BlogPaint

宮里さん、聖悟さん、この内容ならば、
間違いなく「海の日」を堪能していただけたと思います。
いつにも増して、田中さんも気合入れてやってくれました。
田中さん、いつもありがとう!
宮里さん、聖悟さん、お付合いしていただきありがとうございました。
A先生もいつもいつもありがとうございます!


PS。「海の日」のマグロの「ねぎま鍋」は事前予約が必要です。
   当日では用意出来ません。

   また、他にも「鱧と松茸鍋」「クエ鍋」「ハタ鍋」などなどありますが、
   どれもまずは、電話で問い合わせることが大切です。

漁師の干物と農家のお米 海の日
名古屋市中区栄4丁目15-14 栄ハイホーム 1F
052-265-5262

お盆休みに入ってすぐのお楽しみでした。
友人のA先生のお誘いで初訪問です。

金山から歩いて7~8分。東別院のほうが近いですね。
「ヴィネリア カッシーニ」。

P1750135
外観の写真撮ってたらソムリエ高見さんがタイミングよく扉開けてくれました。

P1750138



このところ、いつもご一緒させていたくA先生、Sさん、おぉちゃんとのオヤジ4人組です。
はい、乾杯!

P1750139



イタリア産生ハム、サラミの盛り合わせ。
生ハム美味し。

P1750142



ロゼで乾杯。
ソムリエに安ウマなのをお願いしました。

P1750147
P1750146




天然ヒラメのカルパッチョ、オリーブのソースで。
料理は全て取り分けてもらってます。

P1750150
P1750151



フォカッチャとグリッシーニ(っていうのかな)。

P1750153



北海道産 北海ダコとホタテの温かい黒米のサラダ仕立て。
P1750159




そして。
これを食べにきたようなもんです。
鳥取県産牛のTボーンステーキ!
P1750163

こんなに分厚いんです。
5センチ以上あります。1,5㎏くらいだったかな。

P1750166


Tボーン用の赤!

P1750171
P1750172



キレイに切り分けてくれました。
Tボーンが大きくって全体が写真に納まんない!

P1750177

P1750180

P1750183


たまらぬ赤色!レッド!レッド!レッド!
ドラキチだけど、肉はカープ色がいいんだよなあ。
どれがヒレでどれがサーロインかわかんないけど旨いのは間違いない!

P1750187

脂身も甘くて美味しいんだよ!

P1750192



Tボーンにこびりついてる肉もしっかりそぎ落としてくれました!

P1750197



肉はTボーンだけでは終わりません!
知多牛イチボのカツレツ!

P1750201

見よ、この赤を。
そしてこの薄い衣!
たまらぬ火の入れ方やね!

P1750213


A先生はこれがやりたかったみたい。
カツレツサンド!
(通常はサンド用のパンがないので出来ません)

P1750209


訳あってパスタが食べられないSさんには、リゾット。
黒トリュフをたんまり掛けてもらって。
P1750217

P1750219



松阪豚の内臓煮込みのスパゲトーネ。
パスタもっちり、味も良し。

P1750220




P1750223



もう一品パスタ。
オーストラリア産黒トリュフを削った手打ちパスタ タイヤリン。

P1750224
P1750227
P1750230

このタイヤリン(タヤリン、タリオリーニ)は生地に卵黄が入ったパスタ。
細めなのがいいな。シンプルで美味しいです。

P1750235


こじんまりしてるけど居心地良くて、
どの料理も美味しいし、しかもお値打ち。
まだお若そうなシェフ、ソムリエも親しみやすいいい方たちです。
予約が取れない超有名店の御夫妻が
仕事終わりに夜な夜な訪れてるというのもわかる気がするな。
実際、この日も遭遇しちゃいましたしね。

是非またお邪魔させていただきたいです。
A先生、よろしくお願いいたします!


ヴィネリア カッシーニ
名古屋市中区伊勢山1-9-13 伊勢山ハイツ 1F
052-228-0804

8月下旬のある日。
1軒目は四間道の肉割烹。
2軒目で同じく四間道のBAR。
3軒目で僕のホームの錦三の「日本酒処 華雅」へ。
P1750865

いつもと同じように「義侠 妙」をいただいていると。
P1750871


なんと。
丸の内のリーゼント大将御一行が御来店。
栄4丁目の「我我」の店主 森さんもご一緒。
早めにお店終わられたリーゼント大将は研修中だったのでした。
BlogPaint


この時点で日付が変わるころ。
週末だったので羽目をはずしちゃいましょう!ってことで、
ひっさびさに錦三の
「ファーストヒル」さんへ。
P1750907
こちらは、何食べても美味しいし、朝方まで営業してくれてるので、
錦三で働いてる人にも人気のお店。
P1750909

このお品書き見ればなんでもありってことが分かってもらえると思うよ。
P1750906


マンゴーのカクテルやら、なにやら、なにやらで乾杯!
P1750874


華雅ママが大好きという「千代幻豚の餃子」。
P1750875
たしかに旨いわ!
人気ですぐに品切れになるらしいです。
P1750878



「鶏と夏野菜のスパイシーカレー」。
年4回しか仕込まないというレアな一品。
これもツボ押さえたウンマイカレー!
でも「すぎ」さんのドSカレー食べてるからこのくらいじゃあ辛くないよ(笑)
P1750883


これは、トリッパだったかな?
P1750884


「ファーストヒル」の名物、と僕が勝手に思ってる、
「煮込みハンバーグ」。
P1750887
これ、マジに旨いんです。
白いご飯との相性も抜群なのだ。
P1750888

煮込みハンバーグかっ食らうリーゼント大将。
約3年前にもこのシーンがありました。
すぎさんと、「ファーストヒル」に来るのはその時以来かな。
これがあったから、すぎさんとも大の仲良しになれたんだろうな。
懐かしいです。
2013年10月30日の記事です
BlogPaint

すぎさんのこの「いてこましたろか!」的な表情が好き
まさに煮込みハンバーグとご飯をシバキ倒してる最中です。
P1750892


「柔らか鶏ムネ肉のタルタルチキン南蛮」。
この鶏、ホントふんわり柔らかくてびっくり。
旨いでかんわ!
P1750894

タルタルも美味しくってパンにつけて。
P1750896


「山椒香る大人の辛口!麻婆豆腐」。
この麻婆豆腐、山椒ばりばりでカレーよりよっぽど辛いでやんの!
しびれる辛さ。
ウマ辛麻婆豆腐!
P1750897
なので、ご飯!
何故か、テンコ盛り3杯!
P1750899
P1750901

最後はめんどくさくって麻婆豆腐にご飯ぶち込み!
P1750902

「華雅」のアリちゃんに麻婆ご飯食べさせてあげる優しいantonオヤジ。
BlogPaint

何食べてもホント美味しい「ファーストヒル」。
遅くからでも美味しく食べようと思ったら「ファーストヒル」。
これからも困ったときは「ファーストヒル」。
ってことで、ご馳走様でした。

お付合いしてくれた方々、ありがとうございました!
また「ファーストヒル」で深夜にガッツガツいきましょう!


ファーストヒル
名古屋市中区錦三丁目17-27  ソシアルビル 3F
052-951-8007




地下鉄「荒畑駅」からすぐにある、
「韓国鉄板・もつ鍋 仁」さん。
3回めになるのかな。
今回は「とんまき・じゅんご」の店主 準悟さんのお誘い受けての訪問。
P1760976
P1760978


準悟さんとサシで飲むのは初めて。
はい、お疲れ様です、乾杯!
P1760979


料理は「仁」の店主 仁さんにお任せで出してもらいました。
まずは、センマイ刺しとコリコリ刺し(だったかな)。
P1760982


キムチやっこ。
これなかなか旨いんだよなあ。
P1760983


ホルモン唐揚げ。塩胡椒。
最近 復活したメニューとのこと。
ちょっとクドそうだな、と思ったけれど、1個口に入れたら美味しくって!
P1760986
5個のうち、僕が3個食べちゃった!
衣の中にちゃんとプリプリ感あり。
マジ旨です!
P1760999


あつ揚げ豆腐。
まず このボリュームに驚きつつ、旨さにも驚きます。
それにしても大きすぎだに、これ。
2人用にもっと小さくすべし!(笑)
他のものが食べれんくなるわ(笑)
P1760996


オモニの唐揚げ。
これも名物の1つ。
大きめの唐揚げに仁さんのオモニ直伝の甘辛ダレがかかってます。
P1770013



そして。
店主 仁さんがこれは絶対食べて欲しいという、
「元祖 台湾もつ鍋」。
この「台湾もつ鍋」は仁さんが考案した元祖とのこと。
それだけに相当なこだわりと愛着があります。
P1770009
P1770010

これが「元祖 台湾もつ鍋」!
2人分です。
「塩ベース」で辛さは「普通」。
P1770007
実は僕はあまり、というかほとんど台湾ラーメンとかの「台湾~系」は食べない人で、
「味仙」とかは過去一回行っただけかな。
美味しいとかどうこうよりも、辛いってイメージしかないんです
P1770024

この「元祖 台湾もつ鍋」はどうか、というと、
これがなかなか 味に「深み」があって旨いんです。
もつ鍋のベースが旨いんだろうな。
P1770026


ここで、仁さんが「浅利」を投入してひと煮立ち。
すると、そのままでも十二分に美味しかった台湾もつ鍋が、
「旨味」を増して、さらにさらに美味しくなってびっくり!
もつ鍋の元の旨さに「浅利」の旨味が加わって渾然一体となっています。
凄いな「浅利の威力」!
相当いろいろなもので試行錯誤繰り返したらしいです。
この「浅利」入れるのは「専売特許」にしなくっちゃ!
P1770027
ヤッバイくらい美味しい。
なんなんだろうな、この「旨味」は!
いままで、それほど「もつ鍋」って食べたことないから比較しようがないけれど、
この「元祖 台湾もつ鍋」は、め~ちゃめちゃ旨いと思います!
逆に他のお店のもつ鍋も試しに食べてみたくなっちゃったくらい。
P1770030

この驚異の「旨味」を再利用するには絶対ラーメンだね。
P1770036
まさに、あわわわわの旨さ!
こんな旨いラーメンあるのか!って思いましたよ。
っていうほど、僕は全くラーメン屋さんへは行かないですけど
(ラーメンは大好きなんですが)
P1770038


でもって。
再々利用!
驚異のウマウマスープを厨房で雑炊にしてきてくれました!
P1770045
言わずもがなの旨さです。
炭水化物オヤジの至福の時だね。
P1770047


「韓国鉄板・もつ鍋 仁」の仁さん、
「とんまき・じゅんご」の準悟さん。
BlogPaint

過去2回の「仁」さんは、
ともに円頓寺の「鉄板キュイジーヌ・カフカ」さんからの2軒目でしたので、
それほど食べられなかったですが、
一軒目利用の今回は、
あつ揚げ豆腐の旨さ、
オモニの唐揚げの旨さ、
そして「元祖台湾もつ鍋」の旨さ、凄さをしっかり堪能させてもらいました。
必ず、近々、また食べによらせていただきます。
仁さん、ご馳走様でした。
ありがとうございました!
準悟さん、誘ってくれてありがとう。
またよろしくお願いいたします!


韓国鉄板・もつ鍋 仁
名古屋市昭和区御器所3-5-3  パックス荒畑 1F
052-882-3266


このページのトップヘ