antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

2018年03月

1月中頃、土曜日のお昼に
久々に「浅野屋洋食店」さんへ。

近くのコインパーキングに車止めてお店に向かっていると、
車乗った友人のPハヤシさんとバッタリ!
おいでよ~とお誘いし、オヤジ2人でランチと相成りました。
P1260354


こちらが定食メニュー。
それぞれにご飯と赤出汁がつきます。
P1260356

右がアラカルトメニュー。
P1260355



Pハヤシさんは「カキフライ定食」。
P1260364

三重県浦村の牡蠣。5個です。
タルタルソースで。
1個いただきましたが、大粒でしっかり美味しいです。
P1260366



僕は、まず単品で「魚のフリット」。
スズキ、だったかな。
P1260358

さらっと軽く揚げた魚とトマトソースの相性がいいんです。
サラダにかかってる ほんのり甘いドレッシングも好き。
初めて、ほぼ一人で一皿食べました。
これがまるまる一皿食べたかったんです。
P1260360


そして、
「メンチボール定食」。
「煮込みハンバーグ定食」とも言います。
「浅野屋」さんの超定番の一品。
P1260371

ご飯と味噌汁。
この味噌汁も何気にしっかりおいしい!
P1260376

「ワインの効いたデミグラスソース」で覆われた牛肉100%のハンバーグ。
こんなにキレイに全体がソースに覆われたハンバーグもそうそうないと思う。
P1260369

辛子が必ず真ん中からちょっとずれたところにあるのも、店主さんのこだわりかな
P1260372

程よい硬さ。
肉汁が出るタイプではなく、しっかり旨味がつまってます。
P1260379

これが絶対に御飯に合うんです。
味噌が入ってるように思えるソースも御飯に合うポイントだと思う。
定期的に食べたくなる美味いこだわりのハンバーグです。
P1260381


これは1月の営業カレンダー。
火曜・水曜が連休。
移転される前は平日もランチやってましたが、
現在はランチは土曜・日曜だけです。
無理せずに細く長くやっていってほしいな、と思います。
P1260383


店名
浅野屋洋食店
住所 名古屋市千種区内山2-2-4 コーポ桂1F
電話番号 052-741-5080

1月末に開店1周年を迎えた、
新栄の「寄り処 え~る」さん。

僕は2月の初めにお祝いがてら、顔出しました。
この日は20時半からお鮨屋さんの予定があって、
その前の独りゼロ次会です。
P1280242

お祝いの胡蝶蘭。
P1280240
P1280244

この日も「予約で満席」です。
18時開店で、僕は18時半から。
19時からの予約ばっかだったようで、この日の一番乗りです。
P1280241


とりあえず、生ビールで独り乾杯。
P1280249


この日のお品書き。
P1280251


「え~る」店主ケイコさんが、1周年記念用に
長野県の山田牧場でオーナー制度を利用して、
自ら仕込んできた生ハムの原木。
12キロとか。
P1280246

僕も早速いただきました。
とってもいい出来栄えです。
程よい塩気。
旨みも十分!
P1280248


20時半からのお鮨に備えて、そんなに食べるわけにはいけません。
でもカウンターの上にのってるおばんざい見ると決心が揺らぎそう
P1280254
P1280255
P1280256


味噌の匂いにつられて、まずはどて煮。
量は少なめに調整してくれます。
それがとってもありがたい!
P1280257
P1280260



これはなんだったかしら。
具だくさんのマーボーはるさめ、かな。
P1280263



手羽先。
一本だけ。
これでもOK。
ホントに申し訳ないくらいです。
P1280265


一応、お祝いを持参いたしました。
知り合いの和食店さんからのお祝いとダブってたのには笑っちゃったけど
P1280253

19時すぎから、一斉スタートにように予約のお客さんがいらっしゃって、
大変そうだったから、
頃合いみて会計してもらいました。
ホント、大人気のいつも満席のお店。
「え~る」さんなら、
居心地の良さもお財布的にも毎日でも通えるからそれもうなずけます。




で。
その一週間後。
(というか、日にちが変わってちょうど一週間後になりました)
今度は遅い時間から。
飲み食べ歩いた一日の〆でお邪魔したんです。
P1280910


僕がお祝いで持ってきたお酒を出してくれました。
「日高見 純米大吟醸」 with リーゼント達磨。
P1280894


乾杯!
このとき一緒だったのは、
リーゼント大将とイケメン大将。
僕はこの日、4軒目。
両大将とは「え~る」さんの前お店で合流。
P1280896



僕のトドメの炭水化物。
煮込みハンバーグ with ご飯!
P1280897

夜中のハンバーグは「煮込み」ってのがミソなんです。
これだとなんか食べられちゃう。
P1280903


え?カレーも食べたのかな?
忘れちゃった(笑)
P1280904


「勝駒」with リーゼント達磨。
P1280907


イケメン大将は初「え~る」だったのかな。
P1280908

今まで何回かお邪魔してますが、
まだ「え~る」さんでがっつりいただいたことがありません。
いつか、一軒目でがっつりいきたいな、と思ってたところ、
ちょうどいいタイミングで、
それがもうすぐ叶いそうです。
ふらっと行って入れるのが一番いいけれど、
これだけ人気店になっちゃうとそれも難しいから、
キチンと予約してお邪魔する機会を作りました。
日本酒好きな仲間たちとワイワイと。
それが今から楽しみなのです。



店名
寄り処 えーる
住所 名古屋市中区東桜2-22-14 キングビルB1
電話番号 052-935-5525


年に一度の友人ロクちゃんのお誕生日会です。

場所は毎年こちら。
新栄の「吉い」さん!
P1280108
P1280109


「ロクちゃんのお誕生日会in吉い」は今回で5回目かな。
毎回ちょっとずつメンバーを変えて行われてます。
ロクちゃん、お誕生日おめでとうございます!
BlogPaint



一品目。
ほうれん草のお浸し。
大量のカツオ節から出汁取ってます。
静かな立ち上がり。
でも、いきなり染み渡るなあ。
残った出汁で乾杯したくなるよ。(当然飲み干しました)
P1280120



日本酒ください。
最初は「白岳仙 純米吟醸 奥越五百万石」。
「白岳仙」は薬っぽいような独特な香りが特徴だと思ってたけど、
最近はほとんど感じなくなりました。
僕は嫌いじゃなかったので、ちょっと寂しいような。
P1280115



白魚のこのこ和え。
「このこ」ってのはナマコの卵巣。
P1280123

大きめな白魚によく絡まってます。
美味いんです。
「このこ」もオヤジ殺しなんだけど
食べてて罪悪感まったくなし。
余計にヤバい(笑)
P1280127



松葉蟹の蒸し寿し。
P1280134

たまらぬ蟹の美味しい香り!
この香りで一杯飲める。
P1280135

そして、ひと口、ふた口、み口。
食べても食べても、蟹ばっか。
4分の3が蟹です!
P1280140

いやはや、たまらん美味さだし。
ずっと食べていたい。
P1280141



車海老の山葵和え。
鮮やかな車海老の色。
P1280146

車海老限りなくレアに近いです。
海老の甘さに山葵の微妙なくらいの辛味。
そして、海苔の香りと食感と口に広がる旨みが最高。
美味すぎるて、これ。
吉井さんいわく「海老は脇役で海苔が主役です」
それは言いすぎにしても、海苔美味い。
「吉い」さんってあまり海苔は使わないと思うのだけれども、
こういう使い方は流石です。
P1280154



「豊盃 特別純米 新酒」。
これも旨い酒です。
P1280158



ねぎと蕪の蒸しもの。
ねぎは「信長ねぎ」。
P1280162

あ~。。
ねぎの甘さと蕪の甘さ。
野菜の甘さの真髄だな、これは。
P1280166


この日のメインは鴨。
小鴨です。
P1280122

串焼きと、
P1280157

フライパンも使ってます。
P1280169

小鴨の出来上がり。
P1280170

赤い2切れは胸肉。串焼きです。
レバーみたいな鉄分感じる鴨の命の味。
P1280177

こちらはフライパン使ったモモ肉。
これが驚くほど美味しいの!
ああ、まさに骨までしゃぶるとはこういうことか~ってね。
P1280178




P1280180

ご飯は魚沼産コシヒカリ。
P1280184
P1280185
P1280189


しらす、海苔、大葉、たらこ。
このご飯のお供がこれまた美味し。
細かいところまで行き届いているのが今更ながらすごい。
P1280187


言わずもがなの至福の黒蜜寒天。
P1280191
P1280194



そして。
ここから、ロクちゃんハピバタイム!
ケーキは恒例の「Konamisemako」さんの特注ケーキ!
ロクちゃん、Happy Birhtday!
P1280197
P1280203

この写真は「Kominasemako」さんのFBからお借りしました。
大きな苺(あまおう)が8個。
大胆で豪快なシンプルさ。
この「赤」が大好きな色。
僕ら7人と吉井さんにも食べていただき、ちょうど8個ぴったり。
そしてバタークリーム使ってもらいました。
「Kominasemako」のバタークリームは超絶に美味しいんだよ。
27750452_1663501220362494_5310123972844929603_n
P1280207
P1280209


ロクちゃんには愛を込めて赤いマスクで。
この写真からも楽しさがにじみ出てるんです
BlogPaint

いつもいつもこのお誕生日会は楽しいのだけれど、
今回は特に楽しかった!
ロクちゃんも絶好調だったなあ。
Mちゃんは相変わらず、よ~しゃべるし。

ロクちゃんとは4年前、
初めての「吉い」さんで行われた彼女の誕生日会に参加させていただき、
(僕は人数合わせ的にMちゃんに誘われたのだ(笑))
それから、ずいぶん仲良しになりました。
こんなに仲良しになるなんて思ってなかったです。
人の御縁はどこにあるのか分かりません。
この誕生日会のたびにそれを思い出します。
ロクちゃん、これからも末永く仲良くしてね。
そして、このお誕生日会もずっと続けていってくださいね。


店名
吉い
住所 名古屋市中区新栄2-8-13 シャトー秋月 1F
電話番号 052-241-0686

この日は2軒目で
「ふんりんかん ぎり」さんへ。

一年くらい間が空いちゃいました。
BlogPaint
P1270562
P1270549



一軒目でビール、ワインを飲んできたので、日本酒です。
P1270546

「くどき上手 辛口純吟」。
P1270545



お通し。
東区泉の浪速割烹「ふじ原」さんに通じる贅沢なお通しです。
P1270551


遅い時間からなので、当然アラカルトです。
ずわいがにサラダ。
なるほど、トマトと合わせてあるんだ。
中には蟹のほぐし身も入っています。
P1270554

トマトの酸味が蟹身に合います。
色合いもいいし、これ好きだな。
P1270555

蟹味噌もいただけました。
P1270559



「ぎり」さんオリジナルの純米吟醸。
P1270563



からすみ餅。
これは僕じゃないな、多分。
忘れちゃったけど
P1270573



僕はこっちでしょ(笑)
名古屋コーチンの唐揚げ!
アラカルトOKの和食屋さんはこういうのをお願いできるからいいな。
P1270568
P1270570

ついつい「クセ」で
ご飯もらっちゃって~
P1270575

味噌汁までもらっちゃって~
P1270577

おお、気付けば立派な唐揚げ定食じゃないですか!
(唐揚げは男2人で分けました)
P1270580

オンザライス!
僕の好きな「ことほぎ」さんの唐揚げと同じく、
うんまい唐揚げです。
理想的な唐揚げです。
だからご飯と合うんです。
P1270582



カウンターの上に置いてあった、大きくて立派な苺を。
席に座ったときから、食べたいと思ってたんです。
P1270583

「寒熟いちご」。
後で調べたら、愛知県新城市で作られている相当有名なブランドのようです。
宮内庁御用達で、一粒1000円するとかしないとか。
P1270585

甘くて濃厚な苺の香り。
甘さの奥からくるほんのりした甘酸っぱさが苺食べてる幸せを感じさせてくれます。
P1270589



そうだった・・
以前いただいた、「てっちりコース」が良かったから
また冬にお願いしようと思ってて、そのままになってたんでした。
今度のシーズンにお願いしたいなあ。
P1270591
P1270592



はい、記念撮影。
ちょっと残念なのは、一番右の彼が、「ぎり」さんを卒業しちゃうこと。
とってもいいキャラなので寂しいなあ。
ぎりぎりでお邪魔して会えたのは良かったけどね。
「旗本退屈男」クン、頑張ってね!
またどこかで会いましょう!
(なんで「旗本退屈男」かは「ぎり」さんで尋ねてください)
BlogPaint
BlogPaint

この日は21時半くらいに、いきなりふらっとお邪魔したんですが、
たまたま席が空いてたのでよかったです。

片桐さん、御無沙汰でごめんなさい。
忘れられないようにまた顔出しますね。
よろしくお願いいたします!


店名
和創 ふんりんかんぎり
住所 名古屋市中区千代田1丁目11-26
電話番号 052-261-4123

ずっと昔から気になってたお店へ初訪問できました。

「加津味(かつみ)」さん。

土曜日のお昼です。
池下から北に行った高見にあります。
よく車でこのお店の前を通ってて行きたいな~って思ってました。
P1270598

「八千代」の分店とのこと。
「八千代」ってのは、
かつて中区錦にあった「とんかつ八千代」という名店のことです。
こうやってお店の看板に載せるくらい「八千代」は有名なお店でした。
(僕は行ったことないですが、僕の親世代はよく知ってるんじゃないかな)
P1270597


こちら、お店の外にあったメニュー。
P1270600


カウンター席もありましたが、
テーブル席がメインのようです。
とてもゆったりした店内。
お店の奥には中庭があります。
僕らの前後にいらっしゃったお客さんは皆さん、そこそこの年配の方々。
古き良きお店って感じです。
P1270605


「ビーフカツ」が有名なようなんですが、
お昼ってこともあるし、
ビーフカツはちょっと重たいかな~ってことで、
今日のところは、「とんかつ」で攻めましょう。
セットには、ご飯、赤出汁、野菜サラダ、漬物が付きます。
P1270602

ステーキ系はかなりしっかりした金額です。
黒毛和牛A-5ってあるからそんなもんか。
P1270603

単品メニュー。
ヒレカツ、ロースカツ、唐揚げは900円。
意外と安い。
でも今これ書きながらメニューよく見ると、
ヒレカツ、ロースカツ、唐揚げ単品は900円で、セットにすると1700円。
ビーフカツ単品2600円で、セットだと2800円。
絶対おかしい(笑)
何か違いがあるのだろうか?
ま、いっけど
P1270604



僕は「ロースカツセット」を注文。
まずは野菜サラダが来ました。
トマト、きゅうり、玉ねぎ、ベーコンが入ってます。
ドレッシングがさっぱり味でなかなか美味しい。
P1270607

お漬物。
その左にはソース。
ソース写真撮り忘れたな。
P1270608



単品で「エビフライ」も注文。2000円。
かなり立派なエビフライが2本。
P1270610
P1270611

薄くて綺麗な衣。
海老はぷりぷり。
しっかり身が詰まってます。
美味しいです。
これならこの金額でも高くない。
P1270614
P1270626



こちらは、同行してくれた友人Nさんの「ヒレカツ」。
P1270616

こちらも安定した薄い衣。
ただ、さっきの海老フライもでしたが、衣が剥がれちゃうのが気になるかな。
でも、このキメ細やかさは好みです。
一切れいただきましたが、
ジュ~シ~で柔らか。
P1270618


ご飯と赤出汁。
赤出汁は名古屋の味。好きです。
P1270623

「ロースカツ」!
なかなか大きめです。
P1270622
P1270629

しっかり食べ応えあり。
美味しいです。
「単品価格」でこれが900円なんだからなかなかお値打ちだと思うな。
セットメニューの設定は不思議ですが。。
P1270632


野菜サラダを食べ終えて、
残ったドレッシングにカツの付け合せのキャベツを入れて食べるのが、
「加津味」さんのツウな食べ方です。
同行のNさんに教わりました。
僕はキャベツにはソース派だけれど、
これはイケる。
ドレッシングの追加をお願いしたいくらい。
P1270634


ご飯お替りクン。
P1270635


最後の一口。
たっぷりソースつけてオンザライス。
P1270637

海老フライ、ヒレカツ、ロースカツ、美味しかったです。
しっかり腹パンになりました。

それにしても。
お店に居る間は全然気がつかなかったけれど、
これ書いてる今。
単品とセットの金額設定のバランスが気になってしようがありません(笑)
どうしたらいいかな。
とりあえず、今度はビーフカツのセット食べに行こう。
で、単品で唐揚げ。
これでどうだ。
問題の解決にはならないけれど(笑)

でも、こちらのお店けっこう好きです。
必ずまた再訪します。
Nさん、おつき合いしてくれてありがとう!
またご一緒しましょう!


店名
加津味(かつみ)
住所 名古屋市千種区高見1-3-3
電話番号 052-763-3210

1月のある日曜日。
またまた名鉄乗って、知多郡武豊町の「上ゲ(あげ)」駅へ。

ここに降り立つのは、
もちろん「武豊の奇跡」にお邪魔するためです。
P1270222


「すし処 睦月」さん!
P1270224
P1270226


これで僕は3回目。
いつものように友人Wさんの予約の席です。
P1270231
P1270230


しかも今回はカウンター席を9人で貸し切りです!
P1270229


はい、乾杯!
国際センター「鳥つる」の大将つるちゃん、
「鳥つる」さん、「すぎ」さんの常連さんのYちゃん、
ご存知リーゼント大将。
BlogPaint

「桜びより」の看板娘 あ~ちゃん、
「ビストロ横丁」の店主タケちゃんご夫妻、
予約取ってくれるWさん、
僕ら、の9人。
P1270236



蕗のお寿し&里芋の田楽。
味噌は蕗味噌。
おお、なんかいい立ち上がり。
P1270238



鰆の醤油漬け。
うん、これがないと寂しいもんね。
絶品の鰆の醤油漬けです。
日本酒が欲しくなる。
P1270239


この日は「佐賀県」のお酒が多かったです。
「睦月」の大将は九州好きなので、自然とそうなるみたい。
P1270243


ホタルイカのなめろう。
P1270245

これはヤバいくらい旨いです。
酒もってこ~い!ってなっちゃうくらい旨い!
P1270247


大根のガリ。(だったと思う)
これはつまみ用。酒呑み用です。
握りの前には生姜のガリを出してくれました。
「睦月」さんはガリもひたすら美味いからね。
P1270250



カワハギ。肝和え。
もう完全に日本酒用の流れ。
P1270253



太刀魚の西京焼き。
P1270256



お凌ぎ的な。
P1270258

タケノコご飯!
P1270260
P1270263



自家製カラスミ。
P1270267
P1270268



これは、おからだったかな?
P1270270



天ぷらも登場。
P1270276

三重県の白魚とそら豆。
P1270277

サックサク。
流石だな。美味しいよ~
どんだけでも食べれる。
P1270279

そら豆も侮れん旨さなのだ。
P1270282



ぶり!
左は辛味大根が入ってます。
P1270284

こっちはヅケ。
ヅケは濃いめです。
でもこれがたまんないんだよなあ~
おそらく僕らが酒呑み集団だと思って酒呑み用のつまみを用意してくれたんだと思う。
P1270285


「松浦一 純米酒」。
これも佐賀県。
初めて飲みます。
P1270290


いい関係です
P1270293



ここからお鮨。
鯖。
これが美味くないはずがない!の典型。
もっと食べたいよ。
P1270296



鰆。
まったり。
うんまい。
P1270298



車海老。
P1270303



これは鰆だったか、ぶりでしたか。
残ってるのを大将が出してくれました。
P1270313



金目鯛の昆布〆。
シャリはネタによって米酢と赤酢のものを使い分けてます。
P1270320



スミイカのワタ(だったと思う)。
P1270327



ホタルイカのなめろう、再び!
また旨い旨いって言ってたら、大将が笑いながら出してくれました!
分かってるなあ、大将!
P1270329



穴子。
P1270331



春子鯛。
P1270336



カワハギの肝。
P1270339



甘海老。
P1270343



かんぴょう巻。
P1270346



玉。
P1270349



雲丹細巻。
P1270351



味噌汁。
P1270355



太巻き。
これもうみゃあ。
P1270363



とろ細巻。
これはリーゼント大将が追加でお願いしたんだっけな。
だったら僕もください!的に
「睦月」さんはマグロに関しては使ったり使わなかったり。
いいものは金額も高くなるので、無理には使わないようです。
P1270369


ひと段落したところで、大将とも乾杯。
BlogPaint



杏仁豆腐。
P1270377



「上ゲのジョージ・クルーニー」と記念写真。
BlogPaint

アングルが今イチとのことでもう一枚。
でもタケちゃんがトイレいっちゃった。
BlogPaint

「上ゲのジョージ・クルーニー」とリーゼント大将は初対面ですが、
何故か、地元の〇〇〇の話で盛り上がってました。
「〇シ〇」とか、「〇ブ」とか。
それをふまえて上の写真見ると、お2人の座り方に妙に納得がいったりして!(爆)

気の置けない友人たちとの素晴らしい宴でした。
楽しかったなあ。
名古屋駅からおよそ50分。
京都行くより遠いけど(笑)(運賃は安いよ)
遠足気分でのんびり行くのも悪くないんです。

次回を今から楽しみにしてます!
ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!
Wさん、いつもありがとう!
大将、またよろしくお願いいたします!



店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185


「明道町中華菜 一星」さんのあと。
食べログレビュアーさん達と向かったのは、錦三。
今年1月11日に、グランドオープンされた、
「ワイン&焼酎 KURIKI(くりき)」さん。

東京第一ホテル錦の1階にあります。
以前は「ビストロQ」というお店でしたが、
その店長さんが引き継ぐ形で御自分のお店としてオープンされたわけです。
P1270104

もつ鍋と九州料理のお店です。
P1270110
BlogPaint


ちょうど、伺ったこの日が20日!
「ワインの日」でどれでも一杯500円!
ラッキー!
P1270109


基本的にお店の中は変わってないのかな?
後から思いだしましたが、
以前の「ビストロQ」にはずいぶん前に1回お邪魔したことがありました。
P1270115
P1270116



ドリンクメニュー。
P1270121

お店の名前にも付いてる、焼酎。
P1270117

ワイン。
とても分かり易く説明がしてあります。
白も赤もグラスで550円~900円くらい。
それがこの日は(20日)はどれも一杯500円!
P1270138
P1270139



最初はスパークリング。
P1270141

はい、乾杯!
P1270143



お通し。
P1270149



人参サラダ。
P1270151



辛子れんこん。
熊本の郷土料理です。
なかなかイケる!
僕はほとんど焼酎飲まないけれど焼酎に合いそうだな。
P1270157
他にも九州のおつまみあります。
P1270132



ごまきゅう。
P1270159



ここでモツ鍋登場!
2つの味が同時に楽しめるハーフ&ハーフです。
P1270163

アメリケーヌモツ鍋と、
P1270165

台湾モツ鍋。
P1270164


こちらが、モツ鍋のメニュー。
こんなにいろんな味があるんですね!
僕は初心者なんで、情報量が多すぎて
何をどう注文すればいいのか、わかりませんでした
P1270129

あ、でもこのときは下のオススメのをお願いしたんだっけ!
P1270118

海老を使ったアメリケーヌモツ鍋と、
台湾ラーメンをイメージした辛挽き肉入りの醤油モツ鍋。
(アメリケーヌは間違いないけれど、台湾モツ鍋のほうはトマトソースだったかも)
P1270185
P1270189

アメリケーヌも美味しいけれども、
定番っぽい台湾モツ鍋のほうが慣れてる分、食べ易かったかな。
ベースとなるスープが何種類もあるので、他のも食べてみたいな。
P1270193



ワインはみんなして高いやつばっかりお願いしてました
P1270168
P1270196



一口餃子。
P1270173


明太子マヨ餃子。
P1270176



冷やしトマト。
P1270183



ホルモン唐揚げ。
おお、これも濃い味付けでクセになりそう。
P1270199



ゴルゴンゾーラピカンテ。
P1270204



彩り野菜サラダ。
P1270211



モツ鍋の〆はチャンポン!
P1270213
P1270217
美味いんだけれど、もう腹パンパンで。。
P1270218


帰り際にはオリジナルのどら焼きもいただきました!
P1270221


僕は途中から腹パンでほとんど食べられなくなりましたが、
他の皆さんは、
よく食べる!
よく飲む!
めっちゃ食べる!
めっちゃ飲む!
マジに食べる!
マジに飲む!
すごく食べる!
すごく飲む!
底なしかと思うくらい食べて飲んでました。
世間では僕は大飯喰らいだと思われてるようですが、
僕はちょっと余分に炭水化物を食べるくらいなので、
この日ご一緒した方々には到底およびません!
恐るべし、食べログレビュアー!

ちなみに僕もこのブログやり始める前に「食べログ」に少しだけ、
(ホントに5、6個コメント)投稿してるんです。
今は見てるだけですけど。

ってことで、
この日、ご一緒させていただいた、
「スパマキシマム」さん、
「@ara」さん、
「kksonoda」さん、
「ごりくん」さん、
「takayo817」さん、
「鉄道王」さん、
ありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします!


店名
ワイン&焼酎 KURIKI
住所 名古屋市中区錦三丁目18-21 東京第一ホテル錦 1F
電話番号 052-265-6011

西区幅下の「明道町中華菜 一星(いいしん)」さんへ。
カウンター席7席貸し切り会です。

最近、「一星」の篠田シェフとも仲良くなったので、
料理ともども、篠田シェフに会えるのも嬉しいオヤジです。

しかも、今回は(前回に続いて)とっても濃いメンバーでの貸切なのです。
P1260933


最初はビール。
P1260934


なんと僕以外は全員「食べログレビュアー」さん!
僕はお誘いいただいたので詳細はわかりませんが、
言いだしっぺ(笑)の方が急遽来られなくなったりして、
メンバー変更があって、そういうメンバーになったようです。
P1260940



前菜盛り合わせ。
これは、もう「一星」の名物といってもいいかな。
14種類あります。
シェフ曰く、「いつもより盛りすぎました」
けっこうけっこう!
P1260945
P1260955


沖縄のもずく。
ピリ辛のマーラーソース。
かき混ぜないと下にソースが溜まったままになります。経験済み(笑)
P1260946


バター使ってない中華風揚げパイ。
アヒルの塩漬けの卵黄が入ってます。
P1260957


上から、
シンタマのローストビーフ、
三元豚のチャーシュー、
大根餅。
P1260947


本モロコの唐揚げ。
P1260959


甘海老の紹興酒漬け、
そら豆、
マナガツオ。
P1260951


あん肝。
P1260962


ぶり。
ピリ辛。
P1260963

赤ナマコ、
九十九里の蛤 蕪をおろしたソースで。
P1260949

よだれが出るほど美味しい よだれ鶏。
P1260948


白をグラスで。
P1260965

今回は、
伝統的な中華の料理を取り入れつつのシェフのおまかせコースです。
「一星」さんでオーソドックスな中華を食べてみたかったんです。


いきなり唐辛子!
前回の訪問時、相当唐辛子に苦しめられましたから(笑)、
一瞬、ビビリました
P1260968


三河のスミイカの唐辛子炒め。
使ってある唐辛子は辛味より香り重視とのこと。
P1260970


おお、辛いけれどこれはイケるぞ。
美味いぞ。
イカの淡白な甘さが辛味に負けず美味いのよ。
(ちなみに、使ってある唐辛子は普通は食べません。
食べる方もいらっしゃいますが)
P1260972



期待の一品。
回鍋肉です!
まさに中華の代名詞ともいえる一品。
P1260977

キャベツでなくって、葉ニンニクを使ってます。
これが本来の形らしいです。
陳建民さんが日本に合うようにキャベツにしたんだとか。
葉ニンニクと皮付きバラ豚肉の回鍋肉!
P1260986

一枚はそのまま食べます。
皮付き豚バラ肉 美味い。
濃厚な味噌ダレと脂身の相性の良さ。
たまらんな。
P1260988

残りは餅皮で包んで~北京ダック風に。
P1260991

ほんのり香るのは葉ニンニクか。
僕はキャベツの回鍋肉が大好きなんだけれど、
こうやって食べるなら、たしかに葉ニンニクのほうがいいな。
P1260995




モウカ鮫のフカヒレ姿煮。
400グラム。
P1270004
P1270005

シェフに取り分けてもらって。
P1270006
P1270009

パッと見よりフカヒレの量、多いんです。
濃厚な白湯ソース。
美味いよな~これは。
P1270014


鍋に残ったフカヒレの餡にご飯入れてリゾット風に。
P1270020

これは嬉しい!
2度美味しいみたいな!
P1270022

問答無用の美味さです。
P1270027




再び、豚バラ肉。
今度は茹でてあります。
P1270029
P1270032

「雲白肉」。ウンパイローです。
茹でた豚バラ肉に豆板醤やラー油を使った甘辛なソースがかけてあります。
上にはキュウリ。
P1270035
P1270039
P1270040

さっきの回鍋肉とは一変。
今度はあっさりめのピリ辛味の豚バラの美味さ。
P1270045




タケノコ、干し海老の挽き肉炒め。
P1270047

タケノコ美味し。
白ワインだったけど、絶対ビールだな、これ。
P1270051



来たぞ来たぞ!
四川の驚異!
油で炒めた唐辛子の大群を上からぶっかけます!
P1270057

じゅじゅじゅじゅ~~~~~~~!!
一気に香りが広がります!
P1270060

熱せられた油が飛び跳ねてます!
P1270064

水煮魚、という料理。
典型的な四川料理のひとつで、
唐辛子や山椒をバンバン使った辛い辛い料理。
この「水煮魚」は平目です。
P1270070

唐辛子は食べないので(普通の人は(笑))
唐辛子の下から平目やモヤシなどの野菜を取り分けてくれます。
油は高温でぶっかけるので、意外なほどサラリとしてて油っぽくはないんです。
(かかってる汁は油ですけど)
P1270072

このパッと見からは想像つかないくらい、
唐辛子と山椒がビシバシ効いてて辛いです!
山椒のピリピリ感がグイグイきます。
一気に汗が噴きだします。
でも、前回いただいたのよりは食べやすい。(辛くない)
こんなん食べたらちょっとくらいの風邪とかは一発で治っちゃうような気がする。
P1270073

平目がめっちゃ美味い!
なんで?ってくらい美味いんです、この平目。
P1270078




白菜と干し貝柱の煮込み カラスミのせ。
P1270081

白菜と干し貝柱の甘みにカラスミの塩気。
美味いなあ~
辛いの食べたあとだからめっちゃ落ち着きます。
ただ、僕はカラスミが削ってあったほうが好きかな。
P1270083



〆はこちら!
P1270085


麻婆白子丼!
陳麻婆の辛味に
白子のまったり感がジャストフィットする最近、人気の麻婆白子。
P1270090

とっても美味いと思うのだけれども、
僕は白子を極力除いてもらった麻婆丼。P1270086

やっぱ、白子は「オヤジ殺し」なんで食べ過ぎないようにしないとね
他の方々には大好評でした。
P1270093


杏仁豆腐。
飲める杏仁豆腐です。
P1270095



フルーツ入りのプーアール茶。
P1270099


以前一緒に4軒ハシゴしてお酒が入りすぎて少々壊れちゃった(笑)篠田シェフ。
この日はしっかり四川のスゴ腕を魅せつけてくれました!
P1270102

もう一枚!
ヤー!
これがないと寂しいもん
P1270103

僕は辛いのはそんなに得意ではないけれど、
この日いただいたような四川の唐辛子や山椒の刺激の洗礼を受けると、
中華料理食べてても辛味がないと物足りないな、と思っちゃたりします。
恐るべし、四川中華。
でも汗ダラダラはやっぱりイヤですけどね(笑)

前回は、強烈に辛い料理が続いたので、
ひーひー汗かきまくりでしたが、
今回は辛さの強弱含め、
なおかつ伝統的な中華料理も取り混ぜての贅沢なコースでした。
中華料理の奥深さの一端を楽しませていただきました。

篠田シェフ、ありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします!

食べログレビュアーの方々とは、
このあともう1軒ご一緒させていただきます!


店名
明道町中華菜 一星(いいしん)
住所 名古屋市西区幅下2-3-7
電話番号 052-756-3939

ちょうど2ヶ月前。
御存知、名駅2丁目のイケメン大将の元へ。

「鮨 いし黒」さん!
P1260748


はい、乾杯!
P1260753



最初は身体温めてくれるスープから。
のれそれの卵とじ。
P1260754

温めることで 
のれそれもちゅるちゅると流し込むんじゃなくって、
ちゃんと味わえます。
P1260756



てっぴ。
鉄皮。
P1260758



煮だこ。
P1260760



日本酒はこちらの面々。
P1260762

一番手はこの「白岳仙」。
その後は、「大信州」、「常山」、「而今」、「寶剣」という順番で。
P1260764

MYグラス。
P1260775


毛蟹ちゃん。
P1260778
P1260779



鰤(ぶり)のヅケ&スモーク。
P1260782

ヅケは脂の極力少ないところ。
P1260789



鏡鯛(カガミダイ)の神経締め。3日めです。
P1260790



〇〇〇〇サラダ。
P1260797



「ココマル」印の牡蠣の味噌煮。
この味噌煮、美味いっす!
P1260799

「ココマル」ってのは柳橋市場のお店。
浜名湖の牡蠣です。
P1260806



真珠貝の味醂干し。
P1260805
これは「いし黒」さんの定番なんだけれど、
今回のは特に美味かった!
ゲキウマでした!
P1260809



ここで、イケメン大将に「あのポーズ」。
「あのポーズ」ってのは、
昨年なか頃から、
日本中を席巻している九州のあるお鮨屋さんの大将のキメポーズのことです。
僕も2月に伺ってきましたので、そのうちUPします。
イケメン大将がやると、こんなに爽やか!
「エア」だったので、赤いマスク乗せておきました。
BlogPaint

ついでに(笑)ケンちゃんにも「あのポーズ」!
P1260817

「八角」の一夜干し。
P1260813
P1260819



カラスミ餅。
P1260822
P1260826



茶碗蒸し。
P1260827

海鼠腸乗せ。
ちょっとオヤジにはヤバ系
P1260831
P1260833



ん?今度は何だ?
と思って蓋取ると!
P1260834

でた~~~~!!
ばらちらし!
これこそ宝石箱!
食べる宝石箱!
この煌びやかさ。
食べるのもったいなくって、いつまでも見ていたい。P1260836

右側は嫁さんの!
こうやって大小作ってくれるのも嬉しい心使い!
P1260841

「いし黒」さんのばらちらし、大好きです!
調べたらおよそ2年ぶり!
マグロ、とろ、イカ、穴子、きゅうり、いくら、玉子。
ちゃんと色合いを考えてちらしてあります。
P1260844

僕は、人生最後の食事は「お鮨」にしたいと思ってるんですが、
そのお鮨のなかでもどれか一つって言われたら、このばらちらしがいいな。
P1260846

どこから食べても口中、幸福。
P1260847


ありがとう、大将!
P1260851



たらの白子のリゾット風 雲丹のせ。
P1260854

これまた、オヤジにはヤバい!
でも美味いしなあ
P1260858



ここから握りです。
P1260860



真鯵。
神経締め 3日熟成。
P1260861


中とろ。
P1260864


真鰯。
P1260871


赤貝。
P1260874


金目鯛。
P1260876


赤身。
海苔の佃煮のせ。
P1260880



通称、おはぎ。
とろとタクアンをたたいたもの。
たまに作ってくれます。
P1260886



あら汁。
信州の糀味噌。
P1260888



細巻2種!
鯖ガリ巻と、野菜巻き。
P1260891
P1260893



穴子。
P1260896


P1260898


イケメン大将と。
BlogPaint

いまさら「いし黒」さんについてあ~だこ~だ書くことないです(笑)
とっても居心地がよくって大好きなお鮨屋さん。
僕にとって「最高のレストラン」のひとつ。
とっても大切なお店。

今年はこの1回しか顔出してないです。
そろそろ行きたいな!


店名
鮨 いし黒
住所 名古屋市中村区名駅2丁目40-11
電話番号 052-562-5500

祝日の簡単グダグダ更新。


1月のある週末。
大津通り栄で独り鮨のあと。

馴染みのお店をハシゴです。
まずは、栄4丁目の「海の日」。
P1260285


入り口で外からカメラ向けたら、店主 田中さんのこのポーズ。
P1260286


さすが「海の日」。
「十四代」が揃ってます!
「角新」シリーズ!
P1260288

もう一本、秘蔵酒がありました!
P1260292

でもこれは「丸禁」。
P1260293


まずは「十四代 槽垂れ」を。
P1260294
P1260297
P1260298


すると、田中さんがなんか仕込んできました!
P1260300

「これが『海の日』のやり方!」
分かる人には分かる、このポーズ!
P1260301

うんうん、これが一番近いな。
指の使い方もいいよ。
P1260306


シェフTくんも。
目線がダメです(笑)
P1260311

出してくれたのは「茶碗パスタ」!
P1260315
P1260317


もう一杯「十四代」!
開栓です!
P1260318
P1260321

「十四代 おりがらみ」。
P1260325


これは僕のお隣に座ったお知り合いの方の
超豪華なお一人様用おつまみ盛り合わせ。
誰だったかな?
すみません、最近すぐ色んなこと忘れちゃって
P1260328



そうしたら、またまた偶然お知り合いの美女3名様も御来店!
ちなみに「腹パン会」メンバーです。
BlogPaint

はい、乾杯!
P1260330



23時半すぎ。
「海の日」が閉店時間なので移動。
お次は「ラトリエK」で乾杯!
P1260336

今、話題のオレンジワインです!
P1260335



そして。
丸の内の「深夜食堂」で〆るわけです。
「馳走和醸すぎ」さんです。
P1260339


お通しのフルーツ。アントン仕様。
P1260342


リーゼント大将にも、あのポーズ。
でもテレがあるので却下(笑)
P1260343

ねぎとろの手巻き!
P1260346


おお、これぞ「これがすぎのやり方!」
でも写真撮るほうがダメだな、申し訳ないです。
何が手に乗ってるのかわかんない。
P1260347

鯖の手巻き!
P1260349


「ラトリエK」の宮里シェフも来てくれて!
独り鮨から始まって、思わぬ賑やかなハシゴ酒になりました。
BlogPaint

楽しい週末の夜でした!
皆さん、ありがとうね~~!

おしまい!



店名
漁師の干物と農家のお米 海の日
住所 名古屋市中区栄4丁目15-14 栄ハイホーム1F
電話番号 052-265-5262

店名
L`atelier K (ラトリエK)
住所 名古屋市東区東桜2-12-22 水谷ビル 2F
電話番号 052-936-8555

店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

このページのトップヘ