予約の取れない和食店「野嵯和」さんです。
2013年1月訪問です。
P1000717
今年は、緑!
「野嵯和」さんの〇△□のロゴが入ってます。
P1000718

今回は、友人ふたりと嫁さんとの4名でのテーブル利用です。
生ビールで乾杯。
P1000720

ねり米のスープ
このわたを塗った、たたみいわし
P1000723
P1000724

菜の花のムース
干し海老のジュレ、山芋、キャビア、ウニ
P1000727
うどのカダイフ巻
バルサミコ酢を煮詰めたソースにルッコラ
P1000728
湯葉、そら豆、蒸しあわび、蕪
いつも思うんですが、これはなんと呼んだらいいんでしょう?
P1000732
ここから、冷酒。
もちろん、おまかせで。
P1000733

ふぐのたたき
あけがらし と九条ねぎ
旨かったです。もっと食べたい!
P1000737
P1000739

サロマ湖産 産卵前のヴァージンオイスターとモモカブ
このカキもうンまい!
酒に合う、合う、合う!
P1000740

ホントに酒がすすむ、すすむ、のススム君。
P1000744

のれそれ ポン酢のスープ
写真、分かりづらいっすね。
P1000747
P1000748
からすみキャンデー
この大きさがニクいなあ。
P1000749
P1000750
タラの白子のソテー
下は、海老芋豆腐
P1000753
P1100810

名物春巻き
蛤、十穀米、もち米の春巻き
ピーナッツ塩で
P1000755

長珍の生酒。
これは、少し重かった。
P1000758

椎茸とあま鯛のしんじょう
かぶらのすりおろしスープで
P1000759
P1000760

これはめっちゃ旨かった!
菊姫のにごり酒の上だけ!
P1000762

下のにごり部分は残して、上部の澄んだところだけいただくんです。
ものすごくフルーティー!
もしかして、重い生酒の後にこれ出すというのは計算ずくかな(笑)
P1000763

おジャガ とブリ そしてシャトーブリアン
名づけて「ジャガブリアン」です。
野嵯和さんのしてやったりの顔が(笑)
P1000766

刺身盛り合わせ
ひらめ、すみいか、ブリ、えび
えびには、ヘーゼルナッツと醬油の丸いやつで。
P1000773

辛いのが欲しいところでした!
P1000775

金目鯛
はまぐりの出汁と、たまねぎのクラムチャウダーで
P1000777

仙禽は久しぶり。
やばい・・あんまり覚えてない。
P1000782

なます
帆立と何かであえて
P1000785
この辺は、けっこういい気分になっちゃてて、
メモもクチャクチャで記憶も定かでありません

ダメ押しの!
この超マグナムボトル!!
ボトルと呼ぶのかわかりませんが!
一升ビンが、ホント小さく見えます。
P1000788
P1000791
蟹と白菜のごはん
P1000792
黒豆のブリュレ
干し柿とマスカルポーネチーズのアイス
P1000801

最後は、ドデカ瓶を持って記念撮影。
4人のうち、M美ちゃんは、初「野嵯和」だったので、とても喜んでくれて
誘ったかいがありました。
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

antonオヤジは、次は4月の予約です。
「野嵯和」さん、ちょっとのあいだお預けになります(泣)

ちなみに、今回の4人で来年の全く同じ日付で予約しました。

これが、ずっと恒例になればいいなあ。


野嵯和
名古屋市千種区大島町1-11-2
052-752-7010