移転リニューアルオープン以来、
お気に入りの東新町近くの
「THE酒 〇五二」さん。
今回もおまかせコース(4000円)での訪問。
P1020383
P1020384


お客さんの入り方には波があるって言ってたけども、
この日は週末ってこともあってか、満席です。
僕は嫁さんと2人。
日本酒は、「〇五二」店主 名和くんにおまかせです。
「水尾 純米吟醸 金紋錦100%」。
P1020385

「ばくれん 超辛口吟醸」。
P1020388


真鯛の昆布〆。
8日間寝かせ。
P1020390
P1020393
水塩と山葵で。
ぷりぷり。旨し。
P1020398



千葉勝浦の釣り金目鯛。
これも旨いよ。
P1020401
ちょっとだけ甘めなこの合わせ醤油は僕の好みぴったり。
飲みたくなっちゃう。
飲みませんが、嘗めます。
でも、最近、醤油も進化したらしいです。
気になるなあ。
P1020402


大阪湾の赤貝。ヒモつき。
P1020404



「今西 純米吟醸 朝日」。
P1020407


「夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり」。
P1020409


「魚」大好きな店主 名和くん。
それが昂じてこだわりの「魚」のコースを出してるんですが、
今度は「野菜」にも目覚めたということで、
原価無視で高い野菜を仕入れているそう。
例えば、1個ウン万円するカボチャとか。食べてみたいな。
BlogPaint


で。
白菜!
P1020414
こういう白菜。
P1020416

そのままで。
とんでもなく甘く感じます。
めっちゃ美味しい白菜。
名古屋の市場では手に入らないらしいです。
P1020421

ちょっと醤油つけると、すっと醤油が浸透していきます。
P1020422


ちなみに、この日の山葵はこちら。
4年7ヶ月もの。
P1020419



花菜。菜の花です。
京都の伏見寒咲花菜をカツオ出汁で茹でてカツオ節かけて。
P1020423
菜の花、旨いなあ~
元々、菜の花好きだから、どんだけでも食べられる。
P1020426



完熟 万願寺唐辛子。
え~こんなんあるんだ!初めてだな。
見た目は赤いし辛いんだろう~って思って齧ると、さにあらず。
P1020429
全然辛くない。
逆に甘いです。
パプリカみたいな感じでしょうか。
P1020431



ちょっと湯がいただけの牡蠣。
兵庫県播州赤穂産の「侍オイスター」というブランド牡蠣。
P1020433

甘くて濃厚!
P1020445



鰆。
塩だけで焼いてあります。
P1020436



「篠峯 伊勢錦 純米酒」。
伊勢錦って酒米初めて見た。
P1020440


「みちざくら 純米吟醸」。
中山道大鋸という酒屋さんとのコラボのお酒。
P1020447



さっきの「日本一」の白菜、「邑美人」を茹でて、オリーブオイルをかけたもの。
P1020451

「アウボカーサ エクストラヴァージンオリーブオイル」。
P1020454

なるほど。
この甘くて美味しい「邑美人」って白菜は
そのまま生で食べるのが一番かなって思ったけれど、
塩でも醤油でもなく、オリーブオイルか。
旨いよ、これ。
P1020459


ボケボケですが一枚。
BlogPaint

「魚」に加えて「野菜」。
名和くん若いのにオヤジ好みのシブいところ突いてきます。
でも意外と若いお客さん多いです。
僕は移転してから4回行ってるけれど(ブログでは3回)
いずれも僕が最年長でした。(おそらく)
なんか嬉しいです。(←若いお客さんが多いのが嬉しいって意味です)


ってことで、また顔出します。
原価無視のこだわりの食材食べさせてください!
名和くん、よろしくお願いいたします!


THE酒 〇五二
名古屋市中区東桜2丁目22-33 第一照運寺ビル1F
052-931-2059