久しぶりに瑞穂区の
「春勢(しゅんせい)」さんへ。
P1000169


はい、乾杯。
P1000172


お通し。
新じゃがと白身の魚。
P1000173


先客さんの対応で忙しかったので、
とりあえず、これ食べててくださいね、と大将。
玉子とタコ。
P1000177


ホシガレイ。
ポン酢で。
背びれと尾びれに星型の黒い斑点がある超高級魚です。
P1000179


日本酒は「今月のお酒」、
「月山 辛口純米」。
P1000184


ヒラマサ、
トリ貝、
甘海老、
赤貝。
P1000185


稚鮎の素焼き。
ほろ苦さが心地よし。
P1000190


藁炙りのカツオ、
生姜、柚子胡椒、わさびの3種で。
P1000195


「東北泉」。
P1000201


大将、佐藤さん。
もう18年近くのおつき合いになりますか。
僕が一番古くから通ってるお鮨屋さんですからね。
P1000207


イカの握りは塩昆布で。
僕の美味し鮨の原点。
P1000204



さより。
P1000208



赤身。
P1000212



鯵。
P1000213


とろ。
縦スジですみません!と大将。
そんなこと気にしないです。美味しいからね。
P1000215



アオヤギ 柚子味噌で。
この柚子味噌美味いね~
P1000219



コハダ。
P1000223



真鯛。
P1000227



鯖。
P1000229



穴子。
P1000234



鉄火で〆。
P1000238



太巻きもお持ち帰りで。
P1000241

僕のなかで10年前は「鮨屋」といったらここ「春勢」でした。
昔は握りは2貫ずつ食べてました。
お鮨屋さんは2貫ずつってのが普通だったと思うけれど、
いつのころからか、一貫ずつが普通になっちゃいましたね。
昔みたいにがっつり食べられなくなったからいいんですけどね。

今は、たくさんのお鮨屋さんに顔出すようになっちゃったので、
頻繁には行けなくなりましたが、(お持ち帰りはお願いしてますが)
ずっと変わらぬ、この美味しさがたまに恋しくなります。

ご馳走様でした。
また顔出します!


春勢(しゅんせい)
名古屋市瑞穂区明前町1-8
052-822-8066