ある土曜日の夜。
この日は週末ながら、
特に予定がないうえに普通に仕事だったので、
なんとなくかったるくて、
近場でどこに行きましょうと相成りまして。
我が家の御用達のお鮨屋さん、
瑞穂区の「春勢(しゅうせい)」さんへ。
いつの間にか看板と暖簾が新しくなってます。
そういうことろにはけっこう気づくオヤジなんです。
P1110535


はい、お疲れ様。
P1110538


お通し。
ハマグリの漬け焼き。
P1110540


この日、「春勢」さんはちょうど2席空いてて僕らで満席になったので、
お店はけっこう忙しくって。
ちょっとこれ食べて待っててください、ってことで。
蟹身をきゅうりで巻いたやつ、
玉子焼き、
たこ。
P1110542


真鯛。
P1110545


ここから日本酒。
P1110609
P1110562


いくらとろろ。
とろろいくら。
どっちでもいいや。
P1110548
P1110551



盛り合わせ。
赤身、
とろ、
鱧、
甘海老、
しゃこ。
P1110553
P1110555
P1110556

「春勢」では必ず、塩昆布もらいます。
大根に乗っけてたべるのだ。
P1110563
これがうめえんだよなあ。
P1110565



カツオの燻し。
P1110571



いちみ鯛。
漬け焼き。
P1110574


ここからは、大将 佐藤さんに握ってもらいます。
P1110578



剣先イカ。
これは塩昆布と酢橘で。
僕がイカの握りで一番好きな食べ方。
P1110581


墨イカ。
おろし柚子醤油。
めっちゃ柔らかい。
P1110584


大きいけれど、新子。
P1110586



鯖。
昆布が乗ってるのが好き。
P1110589



これなんだったかな。
P1110592



ウルメイワシ。
P1110594



鯵。
柚子胡椒で。
P1110598



とろたく。
とろたくの美味しさを初めて教えてくれたのも「春勢」でした。
もっとも、そのときは「タクアン」ではなくて、
大将のお父さんが漬けた「かりもり」(瓜)でしたが。
なので「とろかり」でした。
P1110600
P1110602



なんでか助六が食べたくなったんだけれども、
いなりはなかったので、海苔巻きを。
P1110603
玉子が美味しいので、
その時点で海苔巻きが美味しいのは確定してます。
P1110607



他のお客さん帰られたので、
大将 佐藤さんとパチリ。
「春勢」に通いだしてもう18年くらいだけれど、
こうやって写真撮るのは初めてなんじゃないかな。
たまにはいいよね、佐藤さん。
BlogPaint

18年で僕は太って痩せてまた太り。
でも佐藤さんはほとんど変わってないような。

この日は、当日の電話で入れてラッキーでした。
また行きます。
ご馳走様でした!


店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066