東区泉の「イル・アオヤマ」さんへ定期訪問。
2月下旬のことです。

定期訪問、なんて偉そうな言い方で恐縮なんですが(笑)
友人のぐっさんのおかげでお邪魔できてます

2月に改装してリニューアルオープンされた「イル・アオヤマ」さん。
通り沿いにあった入り口をお店の南側に移しました。
それによってテーブル席はなくなりましたが、
お店の雰囲気がグッと良くなったように思います。
P1690599


入り口は2重扉になってます。
うん、絶対、以前よりこっちのほうがいいや!
P1690597
P1690601


カウンター席は以前と同じ。
P1690604


最初は生ビール。
P1690605


はい、ぐっさん、Aちゃん、乾杯!
床屋さん行ってきたばっかのぐっさん。
BlogPaint



一品目。
冷製のカッペリーニ。
緑のカッペリーニ!
P1690611

菜の花とのれそれを和えたカッペリーニです。
上にはキャビア。
P1690610

のれそれとカッペリーニを同時に食べるなんて。
なんだかとっても不思議な食感。
ちょっとゾクゾクしちゃうオヤジは変態か(笑)
P1690617



お店を改装されて一番変わったのはキッチン。
青山シェフの調理姿が正面から見られます。
BlogPaint



万葉牛の生ハムとシラウオのフリット。
万葉牛は鳥取県のブランド牛、黒毛和牛です。
牛の生ハム!
しかも黒毛和牛!
P1690622

フリットは塩使ってません。
生ハムのほんのりした塩気で十分美味しい。
見てる間に溶けていきそうな生ハム。
美味しすぎて咀嚼しててゴックンするのが勿体無いくらい。
P1690627



アンパンマン。
P1690625

いつも美味しいフォカッチャ。
P1690630



白を一本。
P1690634
P1690645



貝類とそら豆の一皿。
P1690638

帆立、
赤貝、
一番下に藁で燻した平貝。
そして黒トリュフ。
ソースは下がそら豆のソース、
上にハーブのソース。
微妙に食感と香りの違う貝3種の甘さにそら豆の甘さが加わって
あとからちょっと苦みのハーブ。
美味しいです。
P1690642



太刀魚と聖護院蕪のスープ仕立て。
P1690647

上に乗ってるのを見て、ん?
もしかして、あれか?でもまだ2月だしな。。
って思ったら、さにあらず。
香草のパン粉でした!
遠めに見てて花山椒かと思っちゃったのだな。
P1690652

肉厚の太刀魚。
自家製カラスミもかかってて、その塩気がいい塩梅なんです。
気がつけば。
いつものパターン。
美味しいからワインを飲むの忘れて黙々と食べちゃってる。。
P1690654



以前もシェフがパスタをうつところは見えましたが、
こっち向いてやってくれるようになったので
とっても見やすくなりました。
P1690657
P1690661

こんなに伸ばしても切れないんだなぁ。
何回も伸ばすんですがゴムみたいによく伸びる。
そして均等なんです。
P1690663

イカスミのパスタ出来上がり。
断面が四角いキターラというパスタ。
P1690665


P1690668

スミイカのエンペラ(イカの胴体についてるヒレ)とゲソで出汁とって
胴体を柑橘で香りつけしたカルパッチョが乗ってます。
P1690671

イカのカルパッチョの食感がすっごい!
そして全体の塩気が優しくって美味しい!
なんか知ってるイカスミと違う美味さ。
P1690677



「ウブリアーコ」のリゾット。
「ウブリアーコ」とはイタリア語で「酔っ払い」って意味で
イタリアの赤ワインの搾りかすに漬け込んだチーズのこと。
P1690681

刻んだホワイトアスパラとトリュフも入ってます。
アスパラの瑞々しさがチーズの濃さを中和してくれてます。
なんだか色っぽい美味しさ。。
P1690688



赤はグラスで。
P1690666



この日のメインのお肉は3種類からチョイス。
北海道阿寒湖の蝦夷鹿 牝のロース、
フランスビルゴー家のシャラン鴨 ムネ肉、
定番の知多牛。
BlogPaint

いっつも迷います。
迷うんです。
でもこの日はなんとなく牛の気分。
P1690691
P1690692


ってことで。
僕は定番の知多牛。
付け合せは香川のグリーンアスパラ。
松の実のソース。
P1690700

いつも絶妙で完璧な火入れ。
P1690709

たまらぬしっとり感。
優しい歯応えに悶絶しそうになっちゃう。
P1690712
P1690716



こちらはお隣のシャラン鴨。
P1690706

この美味しそうな焼き加減。
見ててよだれが出ちゃう。
P1690708



岐阜の新品種「華かがり」というイチゴをつかったシャーベットとバニラアイス。P1690717
P1690719
P1690724

改装されて
シェフの手元がよく見えるようになり、シェフともお話しやすくなりました。
より良き素晴らしい空間になったと思います。

最初に書いたように、毎回友人のぐっさんの予約でお邪魔してるんですが、
次回はなんと僕自身の予約!(もう訪問済みなんですが
やっと予約取ってもらえるようになりました(笑)
なんだか大人になった気分です



って仕事さぼって書いてたら(笑)
ミシュラン愛知岐阜三重特別版で
「イル・アオヤマ」さんが☆ひとつ獲得って情報が!
(これ書いてるの5月14日なんです)
だけれども、☆☆でもおかしくないと、僕は思いますけど。
思ったより☆って厳しいですね。
名古屋の自分のよく知ってるお店がこうやって評価されるのは
初めてなので(食べログは別として)
ミシュランの☆の評価の重さが垣間見えました。

なにはともあれ、「イル・アオヤマ」さん☆獲得おめでとうございます!


店名
イル・アオヤマ
住所 名古屋市東区泉2丁目8-7
電話番号 052-508-7967