京都 日帰り編 その2。

「食堂おがわ」さんのあと。
歩いて、2軒目のお店へ。

「和食 晴ル」さん。
古い床屋さんの建物をそのまま使ったという、なんとも風情がありすぎる佇まい。
知人の方のSNSで見てから行きたかったお店。
そうしたらリーゼント大将すぎさんが2軒目で予約してくれてました!
これぞ以心伝心ジェットシン!
P1680062
P1680069


店内はL字のカウンター席が12席ほど。
開店されて4年。
どうやら以前も飲食店が入ってて居抜きで入られたようです。



こちらがお品書き。
P1680080
P1680079
P1680075


「おがわ」さんに引き続き、
「萩乃露」蔵元 福井さんと。
P1680083

ハイボール。
P1680081


お通し。
P1680087



そして、
滋賀県堅田の「浪乃音酒造」の蔵元 中井さんも登場!
滋賀県が誇る日本酒の蔵元が2人お揃いになりました!
乾杯!
Aちゃんの笑顔素敵。
P1680085


僕の座った席の目の前にとっても魅力的なおでん鍋が!
P1680076

おでんの内容はこちら。
P1680078


で、おでんを3品ほど。
P1680090


大根染み染み。
P1680093

栃尾の油揚げ。
中からじわ~とお出汁が染み出てくる感じがたまりませぬ。
もう1個はなんだったか忘れちゃいました。
P1680101


おでんの鯛かま。
魚のカマもおでんになっちゃうんだな。
P1680103



明石産の蛸ぶつ。
奥のは。。?
もうこの時点で酔っ払ってたかも
P1680098



河豚のてっぴ。のように見えるけれどまったく覚えなし
P1680106



きんぴら牛蒡。
P1680111



ポテトサラダ!
なんと、これがポテサラ!
見た目で、これがポテサラって分かる人はいないでしょ!
ジャガイモごろごろどころかジャガイモそのもののポテサラ!
意表をつかれました!
柔らかいハーフカットのジャガイモにマヨネーズ系のソースを絡めてあります。
P1680112


ここらから、
〆の炭水化物タイム!
炭火で豪快に肉を焼き上げます。
世の中で一番そそられる香り!
P1680116
P1680118

晴ル風牛丼!
牛肉を甘辛のタレで。
これが美味くないわけがないです!
P1680128


もう一杯!
「とうめし」!
おでん出汁染み染みの豆腐をご飯に乗っけておでん出汁かけて食べる「とうめし」!
東京日本橋の有名店「お多幸」というお店の超人気看板メニュー。
僕はそこのは食べたことないけれど。
P1680127

白いご飯におでん出汁かけて食べるのは絶対美味しいし大好きですが、
こうやって食べるんなら、あっさりした醤油味のほうがいいなあ。
あくまで僕の好みの問題ですけど。
P1680120



晴ル風ラーメン!
P1680130

完全に〆用のラーメン。
あっさりするする食べれちゃう。
P1680133



最後は、鯖寿し!
「おがわ」さんでいただいたけれど、食べ比べ的な(笑)
鯖がインしてる巻寿しタイプ。
P1680138



時間が許せばまだまだご一緒していたかったんですが、
この日は週中の平日。
最終の新幹線で帰らなくてはいけないのが悲しい。
P1680136

「晴ル」の店主さんと一緒に。
店主さんはけっこう寡黙な感じ。
その分、女将さん(?)のシャキシャキした元気な接客が印象的です。
P1680141

こちらの店主さんは名店「和久傳」で修行された方だとか。
どうりで、どれもこれも美味しいわけです。
雰囲気は居酒屋さんっぽいけれど
出してくれる料理はしっかり京都の割烹。
レヴェル高いです。
お店のちょっと鄙びた感じもとってもいいです。

この日は「おがわ」さんで少々食べすぎました。
そうなる事は分かってましたが(笑)
こちら「晴ル」さんは是非また機会作ってゆっくりお邪魔してみたいです。
今度は一軒目で

京都で大好きな滋賀の蔵元さんと一緒に酒を酌み交わせるっていう
とっても貴重で嬉しい夜。
しかも「おがわ」さんと、来たかった「晴ル」さんだもんね。
本当に幸せでした。
リーゼント大将に感謝です!
すぎさん、ありがとう!

「萩乃露」福井さん、
「浪乃音」中井さん、ご一緒できて光栄でした。
ありがとうございました!


ってことで。
日帰り京都編 おしまい!


店名
和食 晴ル
住所 京都府京都市下京区神明町230-2
電話番号 075-351-1881