毎年恒例の
僕の大好きな居酒屋であり「名古屋最強の居酒屋」の
「海の日」主崔「滋賀県『浪乃音』ツアー」が今年も行われました。

いつもと時季をちょっとずらした3月中旬。
「海の日」に集合。
P1710990

貸切の大型バスで出発です。
P1710992


名古屋からおよそ150分。
滋賀県堅田の「浪乃音酒造」。
僕が参加するのは4年連続4回めになります。
BlogPaint

「海の日」店主 田中さん。
ビブグルマン田中とも呼びます。
P1710998


「浪乃音酒造」蔵元 中井さんのガイドで蔵見学。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint


蔵見学はハショッて(笑)
お待ちかねの。
「余花朗」でのお昼の大宴会!
P1720024

2017年秋の台風で壊れてしまった門と塀も立派すぎるくらいに新しくなりました。
P1720026

この「余花朗」の看板は昔からのもの。
P1720027
P1720031


琵琶湖が一望できるお庭。
P1720034


「浪乃音」中井さんと「海の日」田中さんの挨拶のあと乾杯!
P1720048

最初の乾杯酒はこのラベルなし。
P1720042
P1720045


この日いただける「浪乃音」ラインナップ。
実際は他にももっと出していただいてます。
それは順を追って。
P1720108


毎年いただくのがこれ。
「余花朗御膳」!
P1720033


酒のつまみが詰まってます。
P1720054
P1720056
P1720057
P1720058
P1720060
P1720059
P1720135


お造り。
P1720072
P1720073



P1720080
P1720081
P1720085



鰻!
これがなくっちゃね。
P1720088


久々の「海の日」アイドルHちゃん。
今回は特別に顔出しOKってことで。
P1720095
P1720100



P1720105
P1720116

「海の日」小大将ことTシェフが持ってるのは、
「浪乃音 純米大吟醸 古壺新酒(ここしんしゅ)」。
P1720122

高浜虚子作の「古壺新酒」が「余花朗」には飾られています。
俳句というのは、古い壺に新しい酒を盛るもの、というような意味の造語です。
P1720124


これは、さきいかの和え物。
マヨネーズっぽいので和えてあります。
以前は御膳の中に入ってたけれど今回は別皿で。
P1720114

これめっちゃ好き。
P1720120



粕汁。
P1720128
P1720131


鮒寿司も。
P1720138

これはほんのちょっとでいいや(笑)
P1720140



鰻とは別で鰻茶漬けもありんす。
P1720142
P1720143
P1720156


なおかつ。
白いご飯いただいて。
P1720155

オンザライス。
これやらないと気がすまない。
P1720160


およそ3時間くらいの宴会なんですが、
毎回、あっという間に時間すぎちゃうんです。
本当に楽しい宴会。
「余花朗」の雰囲気がそういうふうにしてくれてるんだろうな。
BlogPaint
P1720174
P1720170

毎年、今回が最後かも、っていう「浪乃音蔵見学ツアー」。
でも、本当に今回が最後になりそうなんです。
参加メンバーが固定されてきた感もあるし、
毎年大型バス一台チャーターするのも費用の面で大変だったり。
なので、今後は毎年じゃなくって数年に1回だとか、
少人数でのんびりお邪魔するとかでもいいですよね。
なんだか魅力ある「余花朗」が好きなんです、みんな。
「浪乃音」のお酒も蔵元も大好きだしね。

ってことで。
またいつか、みんなで行きましょう!
ご一緒だった皆さん、
「海の日」田中さん、Tシェフ、
「浪乃音」中井さん、ありがとうございました!



店名
余花朗(よかろう)
住所 滋賀県大津市本堅田1-6-16
電話番号 077-573-0001