「旬膳 わだ」さん。

一昨年の秋だったか冬だったか。
「もつ藤」さんに行ったときに、
早く着いちゃったので周りを散策してて見つけたお店。
え、こんなところに和食屋さんが、てな感じ。
気になりつつも そのまま時間も経って、
「大人の名古屋」(だったと思う)に紹介されたのを見て思い出しました。
でも「紹介制」とのこと。
御縁があればそのうちどなたかが誘ってくれるだろう。。
と気長に待ってたら、1年以上経ってもなかなかお声かからず。
オレは嫌われてるんだろうな、と思ったりして(笑)
そうしてるうちにSNSとかでチラホラ見かけるようになりました。
P1820569

今回、やっと友人のKタンの予約のお席で、
リーゼント大将に声かけていただき、ようやくの初訪問と相成りました。
日曜日のお昼です。
P1820570

階段上がった2階。
P1820571

とっても立派なエントランス。
P1820573
P1820574
P1820584

静かで落ち着いた店内。
カウンター席のみ。
1階の階段下からは想像つかない高級な設えです。
P1820575
P1820578


総勢8人。
貸切です。
はい、乾杯!
P1820585

リーゼント大将すぎさん、
「安西コーブンドー」の安西くん、
「桜びより」の貴ちゃん。
P1820586


僕は諸事情でノンアルコール。
お茶です。
P1820587


すぎさんが飲んでた「寶剣」。
日本酒は馴染み深い銘柄ばかりだったので飲めないのはホント残念。。
P1820588



「付き出し」です、と大将。
いきなり豪華な付き出しです。
P1820593

鱧と雲丹のハーモニ~。
はーもに~。
はもとうに~。
鱧と雲丹~。ってことで。
愛知の鱧と雲丹は2種類。小樽のバフンと三国沖のムラサキ。
左がムラサキ、右がバフン。
雲丹の食べ比べです。
P1820589

塩、酢橘、山葵はお好みで。
醤油は土佐酢醤油。
P1820596


鱧に雲丹乗っければまさにハーモニ~!
ちょっと酢橘かけたりして。
P1820599



土瓶蒸し。
P1820602

白甘鯛と恵那のシイタケの土瓶蒸しです。
店主さんのご自宅が恵那とのことでした。
P1820604

しっかり濃い出汁でてます。
P1820606



僕はお茶からの炭酸水。
P1820603



前菜。
P1820608

恵那鶏の肝、
山吹のきんぴら。
P1820612


北海蛸の炙り、
黒ニンニク←プルーンみたいな感じ。
アオリイカ、
フルーツトマト、
バイ貝のうま煮。
P1820613


恵那鶏の手羽先。香味塩で。
P1820614


三河牛のミスジのロースト。
ネギ味噌で。
P1820615


いっすん豆に生ハムとフレンチチーズ。
P1820616


BlogPaint
BlogPaint


「旬膳 わだ」店主 和田さん。
どこかでお会いしたことがあるような気になっちゃう明るいキャラの大将。
P1820634

大将が持ってるのは、
新潟の一本釣りののどぐろ。
ピカピカの上物です。
P1820635


お造り。
のどぐろとメイチ鯛。
P1820647

メイチ鯛は3日寝かせ。
何もつけなくても美味しい。
P1820646


のどぐろは炙ったものとそのままのもの。
これ、べらぼうに美味い!
まさに蕩けるような。
P1820645



炭火で鮎。
P1820625
P1820636


お皿に塩で字を書くパフォーマンス。
P1820653
P1820652


このお皿の上に盛り付けます。
P1820667
P1820664
P1820659


鮎、
時鮭(トキシラズ)の麹味噌漬け、
沢蟹、
こごみと鱧の子を和えたもの。
P1820672
P1820678
P1820679
P1820677



キンキの煮付け。
P1820681

しっかり濃いめの味で煮付けてあります。
でもクドくないの。
美味しい。
お酒飲めないので、日本酒の替わりに米ほしくなっちゃった。
だけれどご飯はないんですよ~ってことで諦めました。
P1820684



新じゃがのチップと新玉ねぎ、豆乳のヴィシソワーズ。
P1820687
P1820690



トウモロコシのヒゲとアカシャ海老の天ぷら。
P1820695



渡り蟹の稲庭うどん。
P1820698

渡り蟹の和出汁と、
下には渡り蟹の内子と大和芋のとろろを混ぜたもの。
P1820701

白飯がないのは残念でしたが、
このうどんが美味しかったので、まあいいや的な(笑)
P1820703



本当ならば、このうどんで終わりだったのですが、
食いしん坊さんが揃ってるのと
店主 和田さんもノリノリでもう少しだしていただくことに。
でも僕は時間がなくって、一足先にお暇することにしました。
これは蛸の吸盤を胡麻油で和えたもの。
P1820705


御見送りに出てきてくれた和田さんとパチリ。
「桜びより」の貴ちゃんが撮ってくれたんだけれど上手に撮れてます!
BlogPaint

この日はいきなりハプニングがあったりして波乱の立ち上がりになったのですが、
宴が始まればハプニングも酒の肴(笑)。
店主 和田さんの良すぎるノリに乗せられて、楽しく美味しくあっという間に3時間半。
時間が足りません(笑)
「旬膳 わだ」さん、面白い良いお店でした!
これは人気でるはずだわ。
僕は、お酒飲めなかったし、
最後まで居られなかったので
是非とも、次回は体調万全でお邪魔したいと思います。

Kタン、また予約したら声かけてね。
すぎさん、ありがとう。
ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!


店名
旬膳 わだ
住所 名古屋市内
電話番号 非公開
紹介制ってことで住所、電話番号非公開です。
でも場所は分かっちゃうよね。