西区の四間道に、
以前、「浅田屋」さんという超老舗のうどんやさんがありました。
昭和のノスタルジックに浸れそうなお店。
「浸れそうな」と書いたのは僕がお邪魔したことがなかったから。
丸の内のリーゼント大将がたまに行ってて、僕も行きたいなと思ってたんですが
いつの間にやら閉店されてました。

そのお店が復活したと聞いて(実際は「見て」、だけど)
ついこの前の土曜日のお昼に行ってきました。

場所は前の場所と基本同じなんだけれども、
ちょっと分かりにくいというか、面白い造りになってます。
「鉄板ダイニング香音」というお店の「後ろ」にあります。
「香音」さんの左側にある、この通路から奥へ。
P1830967

これこれ。
よく見ると「SINCE 1941」ってなってる!
78年前!
真珠湾攻撃の年。
僕はスピルバーグの「1941」をすぐ思い出す。
ジョン・ベルーシが大好きなのだ。
「アニマルハウス」「ブルース・ブラザース」ね。
P1830921


ありました!
「あさだ屋」さん!
6月13日にリニューアルオープン。
リニューアルに伴いひらがな表記にされたようです。
鉄板焼きのお店の「後ろ」にまたお店があるわけです。
なんかこの奥ゆかしさが素晴らしい。
P1830966
P1830924


店内はカウンター席とテーブル席が一卓。
P1830961
P1830964

新しいんだけれど、
天井の梁(はり)とか扉は古い民家のものをそのまま利用されてて、
なんだかとってもいい空間になってます。
P1830965

箸入れはおそらく以前使われてたもの。
「おてもと」って書いてあるんだな。
こんなの普段は見かけないもんね。
P1830934


お品書き。
シンプルにこれだけ。
古いお店のときは大衆食堂的にもっとドンブリものとかもあったんだろうな。
P1830962


僕が食べたかったものはそのまま残ってました。
「味噌中華」!
中華そば大好きオヤジなのです。
幼少期から「中華そば」が大好きなのだ。
P1830932



座ってすぐにお願いしました!
味噌中華!
P1830925


だ~!
野菜いっぱい!
なんだか変わった形した人参が中心部にすえられてるのも
色合いよくてGOOD!
P1830939


分厚めの叉焼が手作り感あっていいぞいいぞ!
手を抜いてない感がいいぞ!
P1830938


かまぼこ2切れ!
これまた良し!
P1830937


ほんのりピリっとしたウマウマな味噌スープを一口すすり、
麺をすすろうとしますが、
その上の野菜が多くってなかなか麺が出てきません!
P1830941


最初はドンブリからそのまま麺食べてましたが、
たくさんの野菜がお布団状態になってて麺が冷めないので
熱くて暑くて。
途中からは小鉢に移してガツガツ一気にいきました!
チャーシューとは別に野菜には豚肉も入ってます。
P1830944


マジに美味かった!
赤味噌使った味噌スープは重くなくってとってもいい塩梅。
中華そば大好きオヤジも唸る美味さです。
この味噌中華は「最強の一杯」のうちの一杯だな。


この味噌スープを飲み干してやろうか!と思いつつ、
どうやら、ご飯もお願いすればあるようなので、どうしようか。。
と数秒思案。
しかし、一気にかっ喰らったので暑くて暑くて 汗だらだら。
P1830946

よし!それならば!


「冷し中華ください!」


ってことで!
今度は冷し中華だ!
中華そば2杯!
ああ、やっちまったなあ~と思いながらも、こうなったらいくしかないもんね。
P1830949

なかなか面白き面構えの冷し中華。
想像してたクラシックなのとは違いましたがこれはこれで趣きあり。
P1830951


味噌中華で火照った身体を冷し中華でクールダウン。
P1830958

錦糸玉子が入ってないのが残念だけれども、
ときたまマヨネーズと辛子を絡めつつ美味しくいただきました!
P1830960


現在の「あさだ屋」さんは中華そばときしめんのお店。
こちら側は基本的に「きしめん」。
P1830933

「基本的に」って書いたのは、
お願いするといろんなパターン組み合わせでやってくれるんだとか。
豚カレーの中華はもちろん、
志の田とじ中華の赤つゆ、白つゆ、
けんちん中華の赤つゆ、白つゆ、
焼き中華、
冷しきしめん、などなど。
これは円頓寺の「黄瀬戸」の大将が毎日(?)通ってお願いしてるらしいです(笑)
流石、麺マニア!

僕も楽しみが増えました。
まずは豚カレー中華。
次回はこれ。
焼ききしめんも焼き中華もいいな。
もちろん、味噌中華もまた食べたいし。
ヤバイな、行くたんびに2杯食べなくっちゃ


PS。ちなみに「あさだ屋」さん、お昼の営業のみ、です。


店名
あさだ屋
住所 名古屋市西区那古野1丁目18-5