東区芳野の
「味処 よこゐ」さんへお久しぶりに顔出してきました。

4月のGW直前のころ。
今年初訪問。
P1760742
P1760745



はい、乾杯!
P1760746



ホワイトアスパラの白和え。
P1760747

アスパラの瑞々しさと滑らか~な白和えが胃袋をギュっと掴んでくれます。
このあとが楽しみになるなる。
P1760749



春の土瓶蒸し。
P1760751

今度は温かい美味しさに癒されます。
P1760756

筍、
ホタルイカ、
浅利、
椎茸、麩 など、具だくさん。
P1760753

たしか金粉だったと思うけどな。
P1760758



もう絶対、日本酒にいきたくなる。
「虎変 純米吟醸」。
「金虎酒造」、名古屋市北区のお酒。
「よこゐ」さんからもけっこう近い場所に蔵があります。
P1760759



お造り。
P1760762

鯛、
トリ貝、
サーモン。
P1760765
P1760767

サーモン臭み皆無で美味し。
P1760769



今度は「虎変 大吟醸」。
「こへん」と読みます。
変わった名前だな、って思って調べたら、
「虎の毛が美しく生え変わるように変革を続けるお酒を」という意味で付けられたとのこと。
なるほどなあ。
いいネーミングですね。
たしかに美味しいし、なんだか好きになっちゃったな。
P1760774



浪速割烹の流れをくむ「よこゐ」店主 横井にいさん。
P1760811


これは、ビフカツ!
横井流ビフカツです。
P1760771

浪速割烹の流れを感じる一品。
P1760773

浪速割烹で
ビフカツで、
和風オーロラソースというと
高岳の佳店をついつい思い出しちゃいますが、
浪速割烹も大阪・法善寺横丁の「喜川」を総本山にして、
いろいろな流れがあるので、それぞれのお店で特徴があるはずです。
このビフカツも『横井流』というだけあって、見た目も味わいも違います。
衣が面白いし、美味しい。
当然、肉も柔らかくって、思わず頬が緩みます。
いいぞ、これ。
美味いで!これ!
P1760777

そして、この早いタイミングで肉がでてくるのも嬉しい。
ただ、ご飯が欲しくなるのを我慢するのが辛いっちゃぁ辛い(笑)
その分、日本酒にはしります!
P1760776



なんと!
「鄙願(ひがん)」がありました!
これは「冬の鄙願」。大吟醸です。
この日は「虎変」といい、この「鄙願」といい、良いお酒に出会えました。
P1760781
P1760782



「楽盛」。
楽しい盛り合わせで「楽盛」。
いいネーミングだね。
P1760784


だいたい、食べた順番で。
バイ貝。
P1760791


車海老。
P1760796


(手前らへん)
蒸して揚げた新じゃが(トリュフ塩で)、
鯛の子、
サツマイモの甘煮。
P1760789


ホタルイカの山椒煮、
蛸柔らか煮。
P1760794


京都の生麩。
P1760787


鯛の南蛮漬け。
P1760797


鯛の白子のポン酢仕立て。
白子は50℃でゆっくり火入れて。
P1760800


茗荷のお寿し。
P1760801




P1760804

飛竜頭(ひりゅうず)。
がんもどき。
雲丹に蕨。
ボリュームあり。
P1760805



ご飯のお供たち。
こういうのに胸がときめくオヤジです。
P1760813
P1760814


ふりかけもあり。
P1760818


全体的に渋めのラインナップですが、
こいつらがいれば、白いご飯が腹いっぱい食べられちゃう、優れもの揃い!
P1760820
P1760821
P1760822


待ってましたの!土鍋ご飯!
P1760826
P1760829

至福のご飯タイム。
P1760832


鯛のアラの潮汁。
これがなにげに美味しすぎ。
ブラックペッパーが利いてるのがミソ。
P1760833

このふりかけも絶妙に美味いんだよね。
トドメの一杯はこれで。
P1760838



甘味。
P1760842


黒蜜寒天。
「よこゐ」さんで何回もいただいてますが、
今回のが今までで一番美味しいと思いました。
シロップの甘さをもうちょい抑えたら言うことなし、です。
P1760843


ミントの葉っぱを牛乳と混ぜて作ったアイス。
なかなかパンチあり。
P1760844


定番の「のし梅」。
これは最後に。
梅のゼリーみたいなのです。
P1760845

舌の上に乗っけてじわりじわり味わうのが好き。
P1760847


横井にいさんと。
BlogPaint

僕は、なんだか「よこゐ」さんのことが気になるんです。
なんか応援したくなっちゃうんだよな、「よこゐ」さんは。
半年に一回くらいしかお邪魔できてないんですけれどね。
でも。
今年の冬は、「ふぐコース」でお邪魔しなくちゃいけないし、
前に話してた、
その昔、横井にいさんの親父さんがやってたという「〇〇」も食べたい。
まあ「〇〇」はすぐには出来ないかもしれないけれど
いつかちゃんとやってね、横井にいさん。

ってことで。
「全然来てくれませんね」って言われないように顔出します
この日はありがとうございました!


店名
味処 よこゐ
住所 名古屋市東区芳野3-2-21
電話番号 052-935-5600