定期訪問の
池下の「梶川」さん。

4月中旬です。
P1750269
P1750272



いつもと同じで友人のKさんの予約の席。
P1750280

はい、乾杯!
P1750278



一品め。
P1750282

アワビの冷し茶碗蒸し。
土筆も入ってます。
P1750285



日本酒。
「梶川」さんは常にこのラインナップ。
この日は「大那」から。
P1750290
P1750297



牛肉と筍の蕗味噌焼き。
湯気でてるくらい熱々。
P1750289

これにはぴったり、「大那 超辛口 純米」が合いました。
香り良し。
筍美味し。
牛肉美味し。
葉っぱに残った味噌を嘗めたいくらい。
ここにゴルフ玉くらいの大きさのご飯乗っけてくれたらなぁ。。(笑)
P1750299




椀物。
P1750300

青柳と牛蒡のさつま揚げと金目鯛。
P1750302
P1750310

さつま揚げが入ってるのは珍しいような。
P1750308


お造り。
フエフキ鯛、
初ガツオ、
桜鯛、
トリ貝。
生姜の出汁で。
P1750313

全部の海鮮が重ねてあってサラダ仕立てのようになってます。
これもホント美味しい。
トリ貝も甘くて美味し。
この時季、トリ貝が取れないってことでしたので(4月中旬)、
やっとトリ貝を食べられたみたいな感じでした。
P1750317



八寸。
毎回、内容も盛り付けも違います。
P1750331
P1750327
P1750329


自分で取り分けます。
P1750338


鯛の白子、
グリーンアスパラとイカの明太子和え。
P1750339

木の芽味噌の田楽。
P1750341

串3兄弟は
麩(だったかな?)、セロリ、海老。
P1750342

さよりのお寿し。
P1750340



胡麻豆腐。
桜チップで燻したホタルイカ、
甘海老、
雲丹、こごみ。
P1750345
P1750352



たらの芽の天ぷら、
アイナメ、
ユリの根を合わせた蓮根饅頭。
P1750358

天ぷらサクサク。
餡が絶妙に美味しい。
P1750361

蓮根饅頭。
P1750369



本日の炊き込みご飯。
P1750320
P1750321

桜海老と筍のご飯。
桜海老は揚げた状態のものが入ってます。
P1750376

なにげにいつも美味しい梅干と漬物。
P1750372

お替りクン。
ちょっと少なめに。
何故かというと、このあとのことを考えてるからです。
P1750378



甘味。
これも毎回違います。
P1750380
P1750382


梶川さんとKさんと3人で。
こうして3人で写真撮ってもらうのは初めてです。
Kさんは東京、大阪、京都など相当たくさんの名だたるお店に行ってみえます。
そのKさんが数年通い続けてる「梶川」さん。
それだけで「梶川」さんの実力が分かりますよね
BlogPaint

八寸が毎回違うように、全体の流れや内容がお邪魔するたびに違います。
だから、定期的にお邪魔しても飽きないんです。
極端なことを言うと毎月来ても飽きないだろうな。
店主さんは寡黙だし、
料理のテンポが早いので自然とお酒の量も程ほどになります。
僕の好みからいくと、
ちょっと異端な感じの「梶川」さんなんですが、
いつの間にやら、そんな空気感も心地よくなってきました。


前回の「梶川」さんのときの記事で最後に
「次回は7月」って書いたんですが、
それは間違いというかなんというか、正しくは4月でした。
ただ、1月の記事をUPしたのが5月なので、4月は訪問済みの状態でした。
まあ、このブログ見てくれてる人にはどうでもいいことでしょうが
その「7月の予約」が実は今週。
楽しみだなぁ。


店名
梶川
住所 名古屋市千種区高見1-26-4 タカミ光ビル1F
電話番号 052-752-5542