東区泉の「イル・アオヤマ」さん。

いつもは友人のぐっさんの予約でお邪魔させてもらってますが、
今回はなんと自分の予約。

「イル・アオヤマ」さんに
自分の予約を取ってもらえるようになった喜びを感じながら訪問です。
ちょっとおおげさか
P1740976

2月にリニューアルされて入り口が南側になりました。
絶対、こっちのほうがいいよなぁ~って思います。
P1740979
P1740980



この日は4人。
今回の予約は「海の日」の田中さんから
「イル・アオヤマ」さんに行きたいから予約取ってください、
ってお願いされまして、
僕が予約を取ったというわけです。
一番右手が田中さん。
P1740983

で、このメンバーは、
「海の日」の小大将 Tシェフと、
「兄貴」ことNさんもご一緒です。
Nさんは元々「アオヤマ」さんの常連さんですが、
何故だか(笑)、今回ご一緒ってことになりました。
P1740984


ちなみに「アオヤマ」さんで使われている炭火のコンロカバーはNさん製作。
ネーム入りです。
めっちゃかっこいい!
(兄貴、写真拝借しました!)
aoyama



川岸牧場の神戸ビーフ使ったコンソメのジュレ、
篠島ののれそれ、
三河湾のキタムラサキウニ。
P1740992

三河の雲丹美味し。
三河湾は、もっともっと誇っていいと思います。
P1740993



いつもおいしいアンパンマン。
P1740997
P1740998



富山のホタルイカの冷製カッペリーニ。
P1750001

ホタルイカは頭を炭で炙ってあります。
P1750003

ホタルイカのワタとオリーブオイルで和えてあります。
これ、ゲキウマでびっくり。
ホタルイカはボイルするより炙ったほうが美味しいです!
それを教えていただけました。
P1750011



三河の真鯛。
トマトのソース。
キャビアバエリも忍ばしてあります。
P1750012

田中さん曰く「料理が美味しいとお酒が進まん」。
それ、毎回「アオヤマ」さんで僕らが言ってることと同じです
P1750019



白をボトルで。
P1750021

ここでやっと「海の日」田中さん、登場。
P1750029



三河湾のアカザ海老のフリット。
P1750024

ホワイトアスパラと合わせてあります。
仕上げに海老の頭で作ったソース。
僕は本来、海老の頭がダメなんですが、これ食べても全然問題なかったな。
P1750026



鯛(だったかな?、これ失念)。
京都の白子筍と花山椒。
P1750031

スープは魚の骨を炭で焼いて
シャンパン、白ワイン、ニンニク、ハーブなどで作ってあります。
「海の日」田中さんがショックを受けるくらい美味しい出汁が出てます。
P1750034



パスタ作る青山シェフ。
P1750038



浅利と菜の花のパスタ。
P1750041

あああ。
これ美味しい。
P1750042

浅利は隠れてます。
P1750047



P1750049



イカスミのリゾット。
スミイカでなくてアオリイカ使ってます。
P1750058

ゲソを炒めて出汁取って、それでお米炊いて。
P1750052

米の甘さか、イカスミの甘さか、いや両方の甘さだな。
甘さにもいろんな甘さがありますが、
美味しい甘さってのはこういうののことを言うんだと思います。
P1750061


P1750064



メインの肉は3種類からのチョイス。
この日は、
①フランスのシャラン鴨。
②ニュージーランドの子羊。
③30日間ウェットエイジングした三河牛のヒレ。

僕は②の子羊を。
真ん中の大きいのがロース、
左手にあるのが脂の部分で
上にあるのがヒレ。
子羊のTボーン部分のヒレとロースです。
P1750068

なんだかドキドキしちゃうようなピンク。
本当にいつも絶妙な火入れです。
P1750077

付け合せは豊川のグリーンアスパラ。
P1750069
P1750080

しっとり柔らか。
羊臭さは皆無。
豚とも牛とも違うしっとりした美味しさ。
塩が肉の甘さを引き立てます。
心の底から、ウマイな~って思える。
P1750081

ヒレはちょっとしっかりめ。
ぐっと肉の旨みを感じました。
P1750083


ちなみにこれは田中さんの「鴨」。
田中さんは鴨苦手らしいんですが、
あえての鴨。
「アオヤマ」さんのだったら食べられるという信頼からのチョイス。
完食されてました。
P1750065



出てきた瞬間、えっ!って驚いたドルチェ。
なんとプリンではないですか、これ!
僕が世の中で一番好きなもんがプリンなんです!
P1750085

青山シェフは、
プリンでなくって「クレーマカラメラータ」とのこと。
プリンは牛乳ベースだけれど、
これは生クリーム使っててプリンより濃厚なんだとか。
P1750088

おお。
たしかに濃厚。
そして。。
泣けてくるくらい美味しい!
なに、この美味しさ!
カラメルも焦げる寸前まで火を入れてあって超ビター。
P1750094

硬い柔らかいという問題じゃなくって、口に入れたときの滑らかさが素晴らしい。
これはマジに美味しすぎる。
ヤバイな。
死ぬ前に一番食べたいスイーツかも!
P1750100



P1750093

イチゴはとんでもなく甘くて美味しい愛知県産の「寒熟」。
天皇陛下のお誕生日ケーキに使われてるらしいです。
P1750098


プリン(あえてプリンと言います)の余韻を残したかったので
コーヒーでなく紅茶を。
P1750099


最後はシャンパーニュで乾杯。
BlogPaint


で。
ちょっとだけアフターに行こうとなりまして、
池田公園近くの串焼き屋さんに向かいましたが
残念ながら串がほぼ品切れで、店主さんも不在。。(笑)
日曜日で他のお店も、あまり営業してなかったので、
お休みの「海の日」を急遽開けてもらって一献。
青山シェフ、マダム、ご一緒していただきありがとうございました。
田中さん、Tシェフ、ありがとう!
兄貴!いつもありがとうございます!
BlogPaint

この日の「アオヤマ」さんは、
もしかしたら過去最高に良かったかも!ってくらい良かったです。
雲丹、ホタルイカから最後のプリンまで。
言う事なしの美味しさでした。
もう一回、同じコースで食べたいくらい。

次回は通常通り、友人ぐっさんたちと。
なんだかんだで、もうすぐ。
8月です。
真夏の「アオヤマ」さんは初めて。
今から楽しみにしております!


店名
イル・アオヤマ
住所 名古屋市東区泉2丁目8-7
電話番号 052-508-7967