ちょっとだけ東京編。

6月になってすぐ。

「海の日」の田中さんにお誘いいただき、
再び東京は二子玉川の
「すし 喜邑」さんへ!(本来、「喜」は「七」が3つです)
P1800603


今回は「鮨井」の大将 井田さんもご一緒。
P1800606


僕の席は前回と同じでカウンター席の一番端っこ。
P1800610


田中さん、再びのお誘いありがとう!
はい、乾杯!
P1800611

ビールは「コエド」。
P1800613



はまぐりのスープ。
前回も最初はこれでした。
P1800616

濃いめ。
とっても滋味深いスープ。
P1800617



桜海老の海老味噌。
桜海老を数キロ焼いて裏ごしして、味噌と酒を入れて煉ったもの。
P1800620

これ、めっちゃ美味しい!
ペロリとなめると口中が海老まみれになります。
悶絶級!
日本酒が欲しくてしかたなくなっちゃう。
でも。
食べてて気が付いたというか、思い出しました(笑)
これ、僕にはダメなやつ
なので名残惜しいけれど半分以上、田中さんへ。
P1800623


日本酒はこちら。
P1800627
P1800649



ミル貝の肝とスモークしたハマグリのオイル漬け。
P1800624

これもヤバい。ヤバヤバです。
P1800629



クジラの畝須。
P1800633

クジラは好きだけれど、これは脂が多すぎて少々苦手かな。
P1800632




雲丹蕎麦。
P1800635

前回は雲丹の冷製カッペリーニでした。
P1800637

これもカッペリーニ同様、超絶品。
濃厚な甘さと香り。
P1800640



渡り蟹の塩辛。
3週間以上、ブランデーで漬けたもの。
長いときは2か月ってこともあるそう。
P1800644

華やかなブランデーの香りと山椒と七味が効いてます。
これこそ「酒盗」。
P1800645

この残り汁に日本酒を流し込んで飲んじゃう。
P1800655



当然、日本酒がススム。
P1800653
P1800651




ここから握り。
ガリ。
前とは切り方が変わりました。
P1800661



シャリのテイスティング。
P1800658

ちょっとだけ硬めのシャリ。
一粒一粒がしっかりしてます。
酸味は優しめ。
海苔の風味がいいなあ。
P1800659




イカに仕事する木村さん。
P1800647



白イカ。
2週間寝かし。
薄く削いだイカを細く素麺状に切って纏めて握ってあります。
蕩ける食感と甘い香り。
いきなりの「たまんなさ」!
P1800664




イサキ。
唸るイサキ。
P1800667



握る木村さん。
BlogPaint



小鯛。
一週間。
小鯛でも大きい。
大きい分、独特の食感が長続きします。
幸せの長続き。
P1800676



金目鯛。
美味しいなぁ。
P1800683




ボタン海老。
ねっとり蕩けます。
P1800690



鯵。
旨みの余韻が長いんです。
P1800696




P1800699
P1800698



マスノスケ。
一か月半熟成。
この艶っぽさ。
食べるのが勿体なくなる。
P1800705




トリ貝。
P1800710



アワビ。
アワビは蒸して。
蒸すことによってアワビの香りが増し増しに。
P1800721

これはお隣の井田さんのアワビ。
綺麗だよね~
口にいれると舌にまとわりついてくるように感じます。
これも「喜邑」さんならでは。
P1800719



カツオ。
10日熟成。
普段、お鮨やさんでいただくカツオとは別物。
P1800722



いわし。
5日熟成。
前回の時のほうが香りが強かったかな。
あとでこのブログ見直したら前回は2週間でした。
P1800728



マカジキ。
52日熟成。
でました!52日!
スペシャリテです。
P1800733

これでも「若い」という大将 木村さん。
でもめっちゃ美味いです。
超絶。
これぞ唯一無二の一貫。
P1800732



玉。
絶妙な柔らかさ。
P1800736



最後にマスノスケの細巻き。
P1800740

これは追加だったかな。
海苔の香りも恋しかったんです。
P1800742


記念写真 その1。
BlogPaint


その2。
大将お三方で。
P1800747

自分は「あまのじゃく」だという木村さん。
最近の鮨屋のつまみは、
どこも、のどぐろ、太刀魚などを使ってるので、うち(「喜邑」さん)でやる意味がないとのこと。
面白いなあ。
だから、僕らは「唯一無二」のつまみとお鮨をいただけるわけです。

念願の「喜邑」さんに再びお邪魔できました。
流石に初めて伺ったときのような鮮烈な感動は薄れましたが
やっぱり「喜邑」さんの美味しさは深い!
納得いくまで毎日でも食べたいという気持ちは変わりません。
是非、3回目の訪問の機会がありますように!

「鮨井」井田大将、ご一緒できて光栄でした。
「海の日」田中さん、ありがとうございました!
3回目、首を長くして待ってます!
もし3回目があれば、絶対に手土産を置き忘れないようにしましょう!(笑)


店名
すし 喜邑
住所 東京都世田谷区玉川3-21-8
電話番号 03-3707-6355