地下鉄「車道」一番出口から北へ8分。
7月3日に開店された、
「てんぷら 玉好」さんへ。
8月下旬です。

知立市で70年営業されてた老舗が区画整理で名古屋に移転されてきたそうです。
店舗施工中から、この大きな「玉好」の文字が目立ってて、
なんのお店だろうな?と思ってました。

本来、お昼の営業はされていない完全予約制のお店ですが、
土曜のランチ会で利用させていただきたくて
お願いしたら快諾していただけました。
夜と同じで12000円のおまかせコースです。
BlogPaint
P1900272



立派でゆったりした造りの店内。
カウンター席8席のみ。
奥にはクーラー付きの喫煙ルームもあります。
P1900276


土曜ランチ会のメンバー。
「御喰 せき尾」の大将 関尾さん、
「安西コーブンドー」の安西くん、
隠れてるけどKさん、
グラサンのN先生。
BlogPaint

僕の右に初参加のOさん、
幹事のNっち、
「可ん寅」の女将さん。
P1900286

はい、乾杯~~!
この日も暑かった!
車道から歩いたら汗吹きでました!
ちなみにお店の中はしっかりクーラー効いてて快適です。
P1900289

「玉好」さんは
「名古屋芽生会」という名古屋近郊の老舗飲食店さんの会の会員。
「可ん寅」さんも会員なので女将さんも「玉好」の大将とは顔なじみとのこと。
P1900274


ポン酢、レモン、塩、
大根おろしが用意されています。
P1900280


一品料理からスタート。
胡麻豆腐。
中には茄子が入ってます。
雲丹、キャビアの乗った贅沢な胡麻豆腐です。
P1900283



フカヒレの餡かけ茶碗蒸し。
P1900296

ちょっと濃いめかな。
でも茶碗蒸しと一緒だとちょうどいいかも。
P1900298



ハタマスのお造り。
これはポン酢で。
P1900310

芽ネギを巻いてあります。
P1900312



ここから天ぷら。
まずは天ネタをじっくり見せていただきました。
高級食材ばっか!
丁寧に仕事されてます。
これ見るとテンションあがるね~
P1900301



車海老の頭。
中身は取ってあります。
なので僕でも大丈夫。
P1900319


車海老。
P1900322

一本はそのまま。
二本目は塩で。
サクッと美味しいです。
P1900338



日本酒は4合瓶などの瓶売りが中心のようです。
高級なものもあります。
キープもできますとのこと。
ただ日本酒は長くは置いておくわけにはいかないから注意しないとね。
P1900290

僕らは「2合」で。
P1900346



「隆 純米酒 雄町」。
飲んだことなかったこちらを。
P1900330
P1900332
P1900326
P1900333



穴子。
P1900342

穴子は天つゆが一番だと思うな。
P1900343



松茸。
メキシコ産。
メキシコ産って初めてかな。
けっこう質はいいらしいです。
たしかにしっかり香ります。
メキシコ人って松茸食べるのかな?
P1900349

こうやって裂くとより香りが楽しめるし、すぐになくならないので嬉しい。
P1900350



「下山 純米吟醸酒」。
これはちょっと特殊なお酒。
P1900353
P1900352



ホワイトアスパラガス。
P1900357

この瑞々しくてジュ~シ~なこと!
アスパラの水分がポタポタ垂れてきそうなくらい。
P1900360



オクラの花。
粘っこいのは当然かな。
それよりとっても香ばしいのがいいです。
P1900366



鮑。
鮑の天ぷらって食べたことあるかな?
え、ある?
あ、そっか。
言われてみればそんな気もしますね。
P1900369



日本酒にも飽きてきたのでグラスでワインを一杯。。
と思ってみてると
「赤ワインが合います 合わせます」というフレーズが!
天ぷらに白は絶対だけれど、赤ってどうなのよ?的な。
すると、大将が「最初に赤ワインで、と言ってもらえれば、
天ぷらの油の配合を変えて赤に合うようにします!」だって!
胡麻の香りが強いと赤のフルボディにも合うらしいです。
ちなみに穴子は赤ワインに合うらしいです。
P1900374

オレンジワインもあったので、僕はオレンジワインをグラスで。
P1900376

思ったより濃い感じ。
P1900378



黒毛和牛の天ぷら!
おそらくシャトーブリアンじゃないかと思います!
大葉で巻いた状態で天ぷらに。
塩でもレモンでも山葵でも。
P1900381

柔らかくて、マジウマです。
肉の甘みもしっかり。
揚げ方も他のものよりいい感じ。(←他のがダメってことではありません)
これ、今日イチ!
P1900384

僕は山葵が一番良かったかな。
P1900389



トウモロコシ。
ピュアホワイト。
P1900392

この甘みは何ものにも代えがたいな。
美味しい。
P1900394



ムラサキ芋。
P1900396

火が通ってよりムラサキ色が濃くなりました。
意外としっとり。
うん、この厚さがいい。
P1900398



「玉好」大将。
正直に言っちゃいますが、こちらの大将は少々不愛想そうに見えます
でも、笑って!って言ったら、こんな可愛い笑顔。
この素敵な笑顔をもっと見せないと勿体ないと思います
P1900403

〆の平打ちの蕎麦。
お知り合いの蕎麦屋さんに頼んでうってもらってるんだとか。
最初はミニ天丼が〆だったらしいですが、
そこまでたどり着けないお客さんが多いので蕎麦にしたとのこと。
僕は天丼や天茶も食べたいですけど(笑)
P1900400


このお蕎麦は海老出汁のつゆでいただくとのことで、
(ああ、それだから車海老の頭からミソとか抜いてあったんだな)
僕はそれはヤバイので、
天ぷらのときの天つゆにしてもらいました。
P1900406
P1900409

蕎麦ときしめんを足して2で割ったような感じ。
ちょっとしっかりめの食感。
なかなか美味しいです。
P1900414

でも僕は出来れば、天丼とかのご飯もので〆たいな。
P1900418



甘味。
種なしのブドウの天ぷら。
白あんに包んで揚げてあります。
ちょっとモサっとするけどおいしい。
P1900421

もう一個は餡子に包まれたアイスクリーム!
P1900423


大将を囲んで記念撮影。
BlogPaint
P1900426

特に目新しいわけではないけれど
堅実に美味しい天ぷらを食べさせてくれるお店です。
シャトーブリアン美味かったなあ。
お店の設えや、日本酒の品揃えなどを考えると
接待などにも使いやすいお店なのかもしれません。

最初のうちは表情の硬かった大将も段々打ち解けてくれた感じで
笑顔でいろんなお話もできました。
いつも通りの、楽しい土曜ランチ会となりました。

ご一緒だった皆様、ありがとうございました!
9月の土曜ランチ会はもうすぐ!
お店の定員の関係で少人数での開催になります。
ご一緒できない方々すみません!
またよろしくお願いいたします!


店名
てんぷら 玉好
住所 名古屋市東区筒井1-2-45
電話番号 052-932-3170