7月中旬の池下。

「京味 もと井」さんです。

この日は、貸し切り会を開かせてもらいました。
「もと井」さんでの貸し切り会は
2015年に「もと井」さんが開店されたころに一回ありました。
現在、一年近く先まで予約が取れなくなった人気店で
貸し切り会をやらせていただけることに感謝しないとね。
P1860295
P1860297
P1860298


総勢8人です。
「海の日」の田中さんも参加。
はい、乾杯!
BlogPaint

こちらも乾杯!
「安西コーブンドー」の安西くんもいます。
BlogPaint



先付。
桃のすり流し。
雲丹と青芋茎(ずいき)が入ってます。
P1860303

桃の甘さと雲丹の甘さ。
違ったタイプの甘さが交じり合って美味しい。
芋茎の食感もよし!
P1860304




八寸。
P1860307


鰻とメロンをエシャロットのポン酢で和えて。
P1860308


フルーツトマトとほおずきを出汁のジュレで。
P1860309


カツオの胡麻和え。
P1860310


サツマイモのレモン煮。
P1860311


どれも美味しいんだけれど、
特に鰻。
なくなるのが惜しかったなあ。
P1860313



日本酒ください!
「百十郎 RENJISHI 純米吟醸無濾過生原酒 直汲み」。
P1860316


すぐにお次!
「阿櫻 特別純米 無濾過生原酒」。
P1860319



お椀です。
P1860321

鮑と鮑の肝を使った真丈のお椀。
P1860322

真丈には枝豆、
下にはオカヒジキ。
P1860331



「抜酒 Bassyu」。
このお酒は、
「地酒の酒屋が集まって、本気の利き酒をして、お酒を抜き出して
お客様に紹介する企画」というもの。
P1860333

「抜酒(ぬけざけ)」で辞書調べると「アルコール気の抜けた酒」ってなってます。
面白いネーミングです。
P1860332
P1860335



お造り。
本マグロ、
アオリイカ、
甘海老。
P1860336
P1860340



「大山 特別純米 番外編」。
P1860344



シャトーブリアン!
シャトーブリアンの山椒ダレかけと万願寺唐辛子の天ぷら。
シャトブリの下に新じゃがのペースト。
P1860348

シャトブリ、めちゃウマ!
そんでもって、
柔らかい肉食べたあとの万願寺のパリっとした食感が嬉しいんだよなあ。
P1860351



「天寶一 生酛純米」。
P1860356




酢橘ソーメン!
ここでソーメンか~!
肉のあとのお口直し的な感じでしょうが意表をつかれたなあ。
P1860358

帆立の貝柱、
鱧の卵の塩辛、
紫蘇の実。
ただの酢橘ソーメンじゃありませんね~
P1860364

酢橘の涼やかさ。
帆立の甘さ。
美味いなあ。
P1860367



炙り穴子。
下に加茂茄子、新蓮根の饅頭。
ホワイトトウモロコシのソースで。
P1860370

穴子の甘さとトウモロコシの自然な甘さ。
2つの甘さが交じり合ってたまりません。
この組み合わせの妙は凄し!
P1860371



「想天坊 じゃんげ 瓶囲い 超辛口 純米酒 火入れ」。
「じゃんげ」は「蛇逃」と書きます。
おもろいな。
P1860380
P1860382



鱧と十六ササゲの炊き込みご飯。
P1860385


タレ焼きした鱧が香ばしくて美味しい。
鰻や穴子みたいなガツンと感はないけれど、上品。
やっぱ季節ものはいいなあ。
P1860396
P1860400
P1860395


夏場にはかき氷機がある「もと井」さん。
当然、甘味はかき氷なのです。
3種類あります。
梅、
メロン、
そして・・・もう一個。
BlogPaint


梅の写真は取り損ねました。


メロンです。
上に乗ってるのは、くるみ。
P1860407

なんとも言えず美味しそうなメロンの「餡」。
P1860409


もう一種類は。
なんと!
プリン!
僕がプリン大好きってことを知ってる本井さんが、
(多分)この日だけのために用意してくれたプリンのかき氷!
当然、僕はこのプリンのかき氷!
P1860410

びっくりだな、プリンのかき氷!
遊び心溢れるプリンのかき氷!
P1860416

氷のシャリシャリ感とプリンのまったり感が合わさって
不思議な美味しさです。
けっこう個性的な美味しさ。
氷の上にかかってるカラメルが冷たさで、歯にこびりつきますが、
これはご愛敬ってことで
ちなみに、プリンのあとに、メロン一口もらったら、
プリンの甘さでメロンがかすんじゃいました(笑)
P1860418


本井さんと一緒に記念撮影。
BlogPaint

気の合う友人たちのおかげで、
いつも美味しい「もと井」さんが、
この日はより美味しく楽しかったように思います。
プリンのかき氷も嬉しかったなあ。

この時(7月)の時点で、
「もと井」さんの予約は
お昼が来年の8月まで満席、
夜が5月まで満席でした。
凄いね。
そんな「もと井」さんにまた今月お誘いいただいてます。
本当は9月にもお誘いいただいてたんですが、
どうしようもない事情で僕は辞退させていただきました。
(代役は立てましたが)
なので、その悔しさもあるので、余計に今月伺うのが楽しみなのです。

ってことで、「もと井」さん、貸し切り会ありがとうございました!
今月、また楽しみにしております!

この日、御一緒だった皆様、ありがとうございました!
またよろしくお願いいたします!


店名
京味 もと井
住所 名古屋市千種区向陽1-2-1
電話番号 052-734-4679