友人のMさんからお誘いいただき、
9月23日にグランドオープンした、
「SALON 雪月花」さんへ。

こちらは名駅の肉割烹 「雪月花」の2号店で会員制のお店。
お店の名前や写真はOKですが、
住所、電話番号は非公開とのこと。
でも普通に看板出てるし、場所はすぐわかっちゃうと思います。
僕は名駅の「雪月花」さんには未訪問。
オープンされた当初、お誘いいただいたのですがタイミングが合わず。
その後、とっても評判良くって、行きたいと思いつつ結局行けずじまい。
P1950391
P1950387


指紋認証して入店します。
P1950393


エントランスからして、凄い高級感溢れてます!
(これは帰り際の写真ですけど)
BlogPaint


カウンター席。5席くらい。
P1950594

こちらは仕切られてるカップル用のカウンター席。
P1950598


通路沿いに大きなワインセラーがあります。
P1950590


こんなワインがずらり。
P1950591

僕は一生飲めないであろうワイン。
P1950597


僕らはオヤジ4人です。
一番奥の個室を利用させてもらいました。
最初はビール。
はい、乾杯!
P1950421


右が会員のMさん。
Mさんとご飯食べるのは久しぶり!
左は、もうご存じですね、「安西コーブンドー」の安西くん。
P1950425


ドリンクメニュー。
グラスシャンパン、グラスワイン、日本酒、焼酎もあります。
P1950396
P1950417

ここからは僕が見てもチンプンカンプン。
ただ金額のみが目に飛び込んできてビビりまくりです。
P1950418
P1950398
P1950399

げ!さっきの一生飲めないやつ!
車一台分だね
P1950523


料理はアラカルトもあります。
メニューの一部です。
P1950480
P1950495
P1950475
P1950476
P1950477

〆の炭水化物も。
P1950478
P1950438


僕らは「おまかせコース」でお願いしてあります。
P1950403



一品め。
イチジク。
蜂蜜かけたイチジクの上から5枚ほどかけられてるのは!
なんと!
アルバ産白トリュフ!
トリュフの最高級品!
食卓のダイヤモンド!
P1950427

マジっすか!
も~!
香りが違う!(気がする!)
「エロい」なんて品のない香りじゃありません。
上品で艶っぽい香り!
P1950430


蜂蜜の甘さもイチジクに合います。
ああ、口福!
でも、これいくらするんかな?
コースだから大丈夫だろうけど(笑)ビビったのはたしかです。
もうワイン飲まないといけないじゃん(笑)
P1950437



和牛のコンソメスープ。
またまたトリュフ!
イタリア産トリュフです。
これ、マジに美味しいコンソメ!
煮詰めて、もう一回、水入れてから再び和牛入れて煮詰め。
ちゃんとした銘柄牛を使ってるとのこと。
超高級なダブルコンソメです。
無くなるのが、ホントいやでした!
P1950441



ワインはグラスで少しずつ。
本来、ペアリングはないのかもしれませんが、
そこはMさん。
シェフソムリエの斎藤さんにお願いしたらOKとのこと!
美味しいワイン!
P1950451




平目のカルパッチョ。
ドイツのキャビア、
自家製の少し柔らかめのカラスミ。
P1950453

平目は寝かせてあるようで、とても甘みを感じます。
そこにキャビアの優しい塩気とカラスミ。
いやあ、たまらんな、これ。
P1950455




神戸牛のタタキ。
おろしポン酢で。
P1950461

言うまでもなく美味しい。
P1950463

これは、ロゼ。
P1950471




松茸のフライ!
ソースでも岩塩でも酢橘でも、お好みで。
P1950486


塩でもおいしいです。
でもフライの匂いとソースの香りが交じった感じが好きなんです。
ついついソースでいきたくなる。
P1950484


断面からはエキスがじわじわと。
P1950493


P1950506




鮑のグラタン。
コースなのでポーションは小さいけれど、
これだけ、高級食材が続くのは凄いなあ。
P1950509
P1950517

鮑じゃなくって、タコでもいいから(笑)もっと食べたくなる旨さのグラタンです。
P1950522



クレソンのサラダ。
箸休め的な。
P1950525
P1950526




飛騨牛リブロースのシチュー。
P1950529

ローズマリーの香りにそそられます。
肉もトロトロでウマウマ。
ソースつけて食べるパンが欲しくなる。
P1950530



こちらがお店を任されてるシェフソムリエの斎藤さん。
イケメンです。
とってもスマートでユーモアもある接客。
某超有名フレンチにおられたそう。
流石のサービス。
P1950536

この日、いただいてるワイン、実はすべて開栓してもらってます。
ありがたいことですが、大丈夫かいな
P1950539




メインのシャトーブリアン・ビーフカツサンド!
出た~!って感じ!
P1950542

一切れだけれど、この分厚いシャトブリと旨そうなフォルムは存在感あり!
P1950548

噛み切れ方が圧倒的に違います。
パンと一緒にサクッと噛み切れちゃう。
てか、パンのほうが硬いかも(笑)
この肉の繊維の細かさは凄いね。(ちなみにこれは飛騨牛)
衣も究極に薄い。
火入れ完璧。
美味さも完璧!
P1950551


もう一切れ食べたい!って絶対思っちゃうけれど、
お腹的にはちょうどいい感じ。
だってこの後、炭水化物だしね。
P1950554




雪月花カレー。
香りからしておいしい。
P1950562

肉ゴロゴロ。
お店の名前が入ってるくらいだから美味しくないわけがないわけで。
このカレーだけでも食べにきたいな。
P1950564


コーブンドーはオムライスをチョイス。
P1950568
P1950573

一口もらいました。
しっかりした玉子の中には、デミグラスで味付けされたライス。
ハヤシっぽい感じもします。
コーブンドーはフルバージョンでがっつり食べたい!って言ってました。
P1950575



デザートはプリン!
本来のコースのデザートはもしかしたら違ってたかもしれませんが、
メニューに「雪月花クラシックプリン」という文字を発見しまして、
プリン大好きオヤジとしてはどうしても食べたかったので、
デザートはプリンで、とリクエストしておいたんです。
P1950578

スプーンの入り方はしっかり硬め。
いいぞいいぞ。
口に入れると。。
おお~!とってもくちどけ良し!
硬めだけれど、くちどけがいい、ってのが僕が一番好きなパターン。
美味いプリンです!
ワンダフルなプリン!
再食したいプリン!
P1950583

コーヒーも美味しかった!
P1950581



絶対に上客であろうMさんの予約でお邪魔したおかげもあると思いますが
料理が美味しいのはもちろん、サービスも素晴らしく良くって、
Mさん以外の僕ら3人も会員になりたくなっちゃったので。
パソコンで指紋を登録。
P1950587

一応、僕の指紋にはモザイク。
BlogPaint

ちなみにこれがMさんのメンバーズカード。
ずっしり重いです。
僕らは発行されるのに一か月くらいかかるとのこと。
P1950503

会員登録料として3000円かかります。
P1950414


お店の前で。
シェフソムリエの斎藤さんと記念写真。
BlogPaint

「雪月花」と比べると(あくまで写真みただけですが)
料理法や盛り付けもシンプル。
でも素材がいいこともあって、どの料理も本当に美味しかったです。
アルバ産白トリュフにも驚きました。
中途半端なことしないのが魅力でもありますね。

正直に言うと、
最初は登録料払ってまでして会員になるつもりはありませんでした。
でも、また来たいなって思っちゃったわけです。
営業時間は午前1時まで。
遅い時間に来て、カレーとプリン!っていうふうでもOKとのこと。
そんなら来たいと思うでしょ


ってことで。
声かけてくれたMさん、ありがとうございました!
ご一緒だった、T社長、コーブンドー、ありがとうございました!


PS。
今度は本店の「雪月花」さんにも行きたくなりました。
Mさん、是非お誘いください!
よろしくお願いいたします!


店名
SALON 雪月花
住所 非公開
電話番号 非公開