9月(長月)中旬。

「ミシュラン」☆取る前からずっと人気で予約困難なお店、
「味処 おおたに」さんへ。

P1930535
P1930536


「おおたに」さんの生ビールの注ぎ方はいつも素晴らしい。
P1930540


今回は4人。
はい、乾杯!
「おおたに」さんのときはいつも、ヘンな友人ぐっさんが一緒。
予約はぐっさんがしてくれるからね。
ありがたや。
P1930542


ちょうどこの日(だったか前日だったか)
「6」から「11」に変えた、ヘンな友人ぐっさん。
自慢げに見せつけてきました。
オレなんか、いまだにガラケーなのに。
「落として自分で踏んじゃえばいいのに」って
僕ともうお一方から呪いをかけられてました
P1930640


「長月のお献立」。
P1930539

先付。
いくらと今市かぶ、春菊ムースのみぞれ酢。
綺麗な色合い。
P1930546

上には、もって菊の土佐酢漬け、
中には、ホウレンソウのお浸し。
春菊のムースの香りがいいです。
爽やかで美味しい。
いいスタートだな。
P1930545



椀物。
車海老とむかご真丈のお椀。
P1930549

芽ネギと菊花。
これも綺麗。
まだ暑い日でしたが、もう秋なんだな、と。
食用菊、好きです。
P1930550

ほんわか柔らかい真丈にむかごの食感が面白い。
P1930558



こっから日本酒。
「日高見 純米 ひやおろし」。
お酒も秋です。
P1930560



造り。その一。
鯛のお造りと新秋刀魚、さわらの焼き霜造り。
醤油と、ちり酢で。
P1930562


鯛。
P1930565


新秋刀魚。
P1930566


さわら。
どれもいいけど、鰆、とくに美味し。
P1930569



「白岳仙 純米大吟醸 黒鉄」。
「黒鉄」と書いて「くろがね」。
マジンガーZだね。
最近の「白岳仙」は面白くなってきたなあ。
P1930573



造り。その2。
まぐろのお造り とろみ醤油。
上にはトンブリ、アサツキ、昆布出汁につけたキュウリ。
P1930578

まぐろは定番だね。
とろみ醤油がいつも美味しい。
P1930581



「瀧自慢 純米酒 神の穂 秋あがり」。
P1930584



P1930587



八寸。
おお、無駄のないシンプルな八寸!
好きなもんばっかだし!
P1930596


出し巻き玉子、
牡蠣の山椒煮、
落花生の塩茹で、
丸十のレモン煮。
P1930595


宮崎牛ローストビーフと蓮根団子。
P1930591


北海道仙鳳趾の牡蠣。
パンパンです。
しっかり旨みが詰まってます。
美味し!
P1930602


このローストビーフも名物になってきたように思えるな。
P1930606



「七田 純米」。
P1930610



冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
P1930615

開店以来の定番。
これ、飽きない美味しさです。
P1930618



鱧の骨切りするガハハ大将。
P1930620

煮物。
鱧と松茸の小鍋仕立て。
P1930623

たまらぬ良い香り。
P1930626


美味しい、って言葉しかでないんですけど。
P1930630

鱧。
P1930634

松茸。
P1930632

三河地鶏のつみれ。
P1930642

小芋。
P1930638

巻き湯葉。
P1930645



御飯物。
鯛と舞茸の炊き込み御飯。
P1930652
P1930656
P1930661


香の物。
きゅうりのぬか漬け、
大根の浅漬け、
長芋の梅酢漬け、
もずく酢。
この香の物、美味しいからもっと欲しいです。3倍は欲しい。
あ、前にもそんなこと書いたかも。
P1930647


焼き茄子とあきしまささげの赤出汁。
P1930663


ガハハ大将 大谷さんと乾杯。
光の当たり方で顔が怖いじゃん
P1930667


甘味。
シャインマスカット、
長野パープル、
無花果のパンナコッタ。
赤っぽいのは紫芋のチップ。
毎回、甘味もセンスいいよなあ~
ハズレが絶対ないです。
P1930670


他のお客さんが帰られたあとの店内でガハハ大将と記念写真。
僕らはいつもだいたい最後なのです
BlogPaint

実は、今週末が、今年3回目の「おおたに」さん!
前回の「おおたに」さんの記事の時もそうだったんですが、
伺う少し前にこの記事書くのが、訪問のための予習みたいになってます。
長月は初秋だったけれど、今度は深秋。
もう冬も始まってるのかな。
季節の変わりを味わいに行きます。
ああ、楽しみだなあ。


店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537