一月中旬。

丸の内のリーゼント大将にお誘いいただき。
日帰り弾丸で京都へ。

「のぐち 継(つなぐ)」さん!

ミシュラン二つ星で予約困難な超人気店、「京天神 野口」さんの2号店。
昨年11月にオープンされました。
P2070719
P2070721


明るくて広々した店内。
大きな一直線のカウンター席です。
P2070726


はい、乾杯!
P2070723


こちらは、まず5品のショートコースがあって、
そのあと、お腹の具合によって
アラカルトで一品料理や炭水化物系が楽しめるというスタイル。


先付け。
百合根まんじゅう。
P2070729
P2070727

なんと中には熊のミンチが入ってます。
P2070735


すぐに日本酒。
P2070736

「澤屋まつもと 守破離 Ultra」。
P2070737



グジのお造り。
P2070741
P2070742



肉吸い。
P2070748

「肉吸い」というと関西っぽいけれど、
そういってしまうには立派すぎる上質な肉。
P2070752

美味しいです。
しっかりめの味付けです。
この早いタイミングで出してくれるので非常においしくいただけます。
P2070758

下には聖護院大根。
P2070760



「日高見 超辛口純米酒」。
P2070754



河豚の昆布〆の梅肉和え。
P2070762

上には長芋。
P2070767

河豚のこりこり感良し。
P2070771



これがアラカルトのお品書き。
そそられるものばっか!
けっこう迷います。
この迷う時間が楽しいんだけどね。
P2070745


「磯自慢 純米吟醸 山田錦」。
P2070773



アラカルト一品め。
蟹と海老のクリームコロッケ。
リーゼント大将の表情は不明
P2070779

仲良く一人、一個ずつ。
P2070777

ずっしり重いんです。
そして、中は蟹、海老たっぷり!
めちゃウマ!!
P2070783



蟹シューマイ。
紫蘇の穂を散らすあたりが和風です。
P2070787

僕はシューマイは好んで食べないんですが、
これはゲキウマ!
P2070792



「秀鳳 特別純米 超辛口+10」。
P2070798



塩こうじ地鶏の唐揚げ。
P2070796



鰻の白焼き。味噌で。
多分、これもショートコースの一品。
P2070804


下に餅麩。菜の花と。
P2070806

鰻パリッパリ。
名古屋っぽい味噌味。
鰻に味噌って珍しい。
P2070815



「蒼空 純米大吟醸 愛山」。
P2070816



土鍋ご飯。
P2070819


ご飯もお供。
ああ、そうか。
コースにはご飯もついてるんだね。
詳細は知らなかったので(笑)
P2070820


ちりめん山椒。
P2070823

鮭のハラス。
P2070827

マナガツオの幽庵焼きと漬物。
P2070826
P2070834
P2070838


お替りくん。
P2070839



アラカルトから牛タンカレーも注文!
先客の皆さんが頼んでて、いい香りが漂ってくるんです。
イヤでも食べたくなっちゃう。
P2070843
P2070846



そして。
最後にもう一品。
お品書き見た瞬間から気になってました。
トンカツサンド!
BlogPaint
P2070850
P2070858

ソースは別付けで。
酸味効いたソースの香りが妙に食欲そそられて、
もう一回、イチから食べられるんじゃないかい?って思ったくらい。
だったんですが。
正直に言うと、この日、唯一不満だったのが、このトンカツサンド。
トンカツ自体が残念。
期待しすぎたか。
ビフカツのほうがよかったのかな?
P2070864



自家製マカロン。
これは「の」の字なのかな。
P2070868
P2070869


お店を任されてる吉田さんと、
寿退社を控えたスタッフのマリちゃん。
お店にとって彼女は大きな存在だと思うけれど、目出度いことですからね。
お幸せに
P2070872

若い店主さんとスタッフさんによる、居心地のよい割烹。
とても明るくって気持ちのよいお店でした。
「京天神 野口」さんは予約取れないけれど、
こちら「のぐち 継」さんはまだ予約は取りやすいような感じです。
(とはいえ、すでに人気店ですが。。)
機会あればまたお邪魔したいです。
今度はビーフカツサンドにするけどね

すぎさん、この日はお誘いありがとうございました!


店名
のぐち 継(つなぐ)
住所 京都府京都市東山区清本町371-4
電話番号 075-561-3003