antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「春勢」

昨日の「海の日」主崔の滋賀県「浪乃音酒蔵見学ツアー」の続き。

大型バスで名古屋に帰ってきたのが
午後7時すぎ。

食いしん坊オヤジはもうちょっと食べたいなということで。
日曜日にもやってる希少なお鮨やさん。
わが家御用達の
瑞穂区の「春勢(しゅんせい)」さんへ。
「海の日」田中さんと小大将のTシェフとの3人です。
P1720177



はい、お疲れ様でした!
乾杯!
P1720178



お通し。
タケノコとか。
P1720182


賑やかな日曜の夜で、ちょっとこれで待っててね的なおつまみ。
P1720184



平目。
ポン酢ともみじおろしで。
P1720189


塩辛。
P1720191



当然のごとく日本酒です。
P1720195
P1720194



造り。
マグロ、
ミル貝、
イカ、
甘海老。
P1720198
P1720199


塩昆布いただき。
P1720201

造りに使ってある大根を塩昆布で。
これが旨いんです。
P1720203



この日は珍しく定番以外の日本酒も何種類かあって。
P1720206



穴子を海苔巻きで。
きゅうりも入ってます。
あなきゅうってやつです。
塩とツメです。
P1720210
P1720211



コキール。
貝類のグラタンです。
お鮨やさんなので当然魚中心であっさり系なんですが、
そこでこういう一品があるとなんだか嬉しい気分になります。
P1720214



なにイカでしたか?
P1720218



さより。
P1720220



とろ。
P1720223



こはだ。
P1720228



車海老。
P1720229

海老頭。
僕は食べられません。
田中さんとTシェフの分。
P1720224



アジ。
こりっこり。
P1720233



数の子。
P1720236



穴子のしっぽ。
カリカリです。
P1720238



鯖。
P1720241



穴子。
塩とツメ。
P1720243


P1720245



軽く炙ったゲソ。
塩昆布で。
P1720247



よくお持ち帰りした太巻き。
P1720252
P1720249


実は「春勢」さんは今年の2月でなんと「20周年」!!
お祝いのお花もきています。
僕は「浪乃音酒造」で購入したお酒をお祝いにプレゼント。
BlogPaint


「春勢」大将 佐藤さんと。
BlogPaint

今から、20年前。
そのころ、唯一の贅沢で石川橋の「おけい鮨」に本当にたまにですがお邪魔してました。
車で通勤してた帰りに、
新しくできたお店の前に石川橋の「おけい鮨」からの開店祝いのお花があって、
それが気になって初訪問したんです。

それから20年。
幼稚園が一緒だった佐藤大将の娘さんとうちの娘もとっくに成人して。
早いね、20年。
お互い歳取りました(笑)
この場所で20年。
立派だな。
何十回とお世話になってます。
これからもお店伺ったり、
お持ち帰りのお鮨やちらし、お願いしたり。
まだまだお世話になりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

もう6月。
今更ですが
「春勢」さん、開店20周年おめでとうございました!


店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066

毎年、同じパターンなのですが、
1月1日の元旦の夜の我が家は、
瑞穂区の「春勢(しゅんせい)」さんのお持ち帰り鮨。

「春勢」さんは年末年始も営業してるとっても貴重なお鮨やさん。
我が家御用達のお鮨やさんです。

元旦の18時に取りに伺いました。
P1640412


紙製の箱に入ってます。
P1640422
P1640420


蓋を取ると、お鮨のいい香り。
この箱が3つ。
P1640431
P1640444


P1640451

P1640455
P1640448
P1640460
P1640466

今年も美味しくいただきました。
「春勢」佐藤大将、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします!


店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066


瑞穂区の堀田ツアー その2です。

僕が生まれ育った「堀田」。
6歳まで居ました。
そのころはとても大きく見えてた街並みが
今歩くと、こんな小さかったのかととても不思議な感覚になります。

で。
「どての品川」さんを後にして、
懐かしい堀田の街並みを眺めながら
(約50年経ってますから全然変わっちゃったんだけれど所々残ってるんだよね面影が)
歩くこと15分ちょい。
到着。
「春勢(しゅんせい)」さん!
わが家御用達のお鮨やさん。
P1500726
P1500727


ちょうどいい感じに喉も渇きました。
はい、乾杯!
P1500728


お通し。
穴子だったかな。
P1500731



真鯛。
ポン酢ともみじおろし。
P1500733


日本酒。
「今月のお酒」、「花の香 純米吟醸」。
P1500734


バイ貝、玉子焼き、タコ。
僕らが伺ったのが20時半くらい。
お客さん満席でこれ食べて待っててね、って感じかな。
P1500735



渡り蟹だったかな。
P1500740



カツオ、
甘海老、
鱧 梅肉のせ。
P1500745



剣先いか。
定番の塩昆布乗せ。
ちょっと柑橘も搾ってあります。
この組み合わせが僕の「魚へんに旨と書くお鮨」の原点。
P1500746


これはスミイカ。
柚子醤油で。
P1500749



焼き鯖だったかしら。
P1500751


甘海老の頭。
これは僕は諸事情で食べられません。
P1500752


とろ。
P1500757


こはだ。
P1500759



いくら。
P1500763



鯵。
P1500764



ミル貝。
P1500767



赤身。
P1500769



穴子。
塩とツメで。
P1500770


「ちゃ~りー」とHちゃんは以前は御家族で
「春勢」に何回も来ていたらしいですが、ここ何年か御無沙汰だったとのこと。
お2人ともずっと来たかったらしいので、
今回の「堀田ツアー」がいい機会になりました!
BlogPaint

「どての品川」からの「春勢」。
今まで、ありそうでなかったハシゴなのです。
2軒だけだけれど、とっても満足な「堀田ツアー」。

またやりたいな。
ちゃ~りー、Hちゃん、おつき合いいただきありがとうございました!
また「堀田ツアー」行きましょうね!
よろしくお願いいたします!

「春勢」佐藤さん、遅い時間からありがとうございました!


店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066

日曜日の簡単更新!

7月始まってすぐの日曜日。

「腹パン会」の定例会で瑞浪にいったあと。(これはまだ書いてないですが)
東区泉のイタリアンバル行って、そのあともう一軒。
瑞穂区の「春勢(しゅんせい)」さんへ。
僕が20年近く地道に通ってる我が家御用達のお店。
P1460569
P1460571



「腹パン会」の流れなので、リーゼント大将も一緒です。
はい、乾杯!
BlogPaint



P1460574


P1460577


P1460578


「腹パン会」に参加していた「桜びより」の貴ちゃんも遅れて到着。
BlogPaint



P1460582



P1460586



P1460588



P1460590



P1460591



P1460594



P1460596



P1460598


P1460600



「春勢」大将 佐藤さん。
あ、すぎさんと大将の写真撮ればよかったなあ。
P1460602

「春勢」さんは日曜日も営業してる貴重な美味しお鮨屋さん。
日曜もやってるので、リーゼント大将もちょくちょく来てるみたいです。
僕はリーゼント大将と「春勢」来るのは初めて。
なんか不思議な新鮮さがありました(笑)



店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066

日曜日の簡単更新。

この日は自宅でお祝い事があったので、
瑞穂区の「春勢」さんでお持ち帰りのちらし寿しです。

1個ずつ風味が抜けないようにラップしてあります。
ラップ取って。
蓋を開けるまでがまず最初の楽しみ。
P1410570



そして満を持して蓋を開けると~
ふわ~っとめっちゃいい香りが漂います。
このお鮨の香りをかぐのが2番目の楽しみ。
P1410571

これで3000円。
トロなしのは今でも2000円なのかな?
まぐろ、
とろ、
こはだ、
いか、
車海老、
平目、
数の子、
穴子、
たこ、
とり貝、
かんぴょう、
かりもり、
包丁細工したきゅうり、
玉子。。
宝石箱みたい。
食べる宝石箱です。
P1410575

P1410579
P1410581
P1410580

久々にいただきましたが、
いつ食べても美味しい。
何年も食べててもやっぱり美味しい。
我が家御用達の「春勢」の絶品ちらし、でした!


店名
春勢 (しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066


ある土曜日の夜。
この日は週末ながら、
特に予定がないうえに普通に仕事だったので、
なんとなくかったるくて、
近場でどこに行きましょうと相成りまして。
我が家の御用達のお鮨屋さん、
瑞穂区の「春勢(しゅうせい)」さんへ。
いつの間にか看板と暖簾が新しくなってます。
そういうことろにはけっこう気づくオヤジなんです。
P1110535


はい、お疲れ様。
P1110538


お通し。
ハマグリの漬け焼き。
P1110540


この日、「春勢」さんはちょうど2席空いてて僕らで満席になったので、
お店はけっこう忙しくって。
ちょっとこれ食べて待っててください、ってことで。
蟹身をきゅうりで巻いたやつ、
玉子焼き、
たこ。
P1110542


真鯛。
P1110545


ここから日本酒。
P1110609
P1110562


いくらとろろ。
とろろいくら。
どっちでもいいや。
P1110548
P1110551



盛り合わせ。
赤身、
とろ、
鱧、
甘海老、
しゃこ。
P1110553
P1110555
P1110556

「春勢」では必ず、塩昆布もらいます。
大根に乗っけてたべるのだ。
P1110563
これがうめえんだよなあ。
P1110565



カツオの燻し。
P1110571



いちみ鯛。
漬け焼き。
P1110574


ここからは、大将 佐藤さんに握ってもらいます。
P1110578



剣先イカ。
これは塩昆布と酢橘で。
僕がイカの握りで一番好きな食べ方。
P1110581


墨イカ。
おろし柚子醤油。
めっちゃ柔らかい。
P1110584


大きいけれど、新子。
P1110586



鯖。
昆布が乗ってるのが好き。
P1110589



これなんだったかな。
P1110592



ウルメイワシ。
P1110594



鯵。
柚子胡椒で。
P1110598



とろたく。
とろたくの美味しさを初めて教えてくれたのも「春勢」でした。
もっとも、そのときは「タクアン」ではなくて、
大将のお父さんが漬けた「かりもり」(瓜)でしたが。
なので「とろかり」でした。
P1110600
P1110602



なんでか助六が食べたくなったんだけれども、
いなりはなかったので、海苔巻きを。
P1110603
玉子が美味しいので、
その時点で海苔巻きが美味しいのは確定してます。
P1110607



他のお客さん帰られたので、
大将 佐藤さんとパチリ。
「春勢」に通いだしてもう18年くらいだけれど、
こうやって写真撮るのは初めてなんじゃないかな。
たまにはいいよね、佐藤さん。
BlogPaint

18年で僕は太って痩せてまた太り。
でも佐藤さんはほとんど変わってないような。

この日は、当日の電話で入れてラッキーでした。
また行きます。
ご馳走様でした!


店名
春勢(しゅんせい)
住所 名古屋市瑞穂区明前町1-8
電話番号 052-822-8066



久しぶりに瑞穂区の
「春勢(しゅんせい)」さんへ。
P1000169


はい、乾杯。
P1000172


お通し。
新じゃがと白身の魚。
P1000173


先客さんの対応で忙しかったので、
とりあえず、これ食べててくださいね、と大将。
玉子とタコ。
P1000177


ホシガレイ。
ポン酢で。
背びれと尾びれに星型の黒い斑点がある超高級魚です。
P1000179


日本酒は「今月のお酒」、
「月山 辛口純米」。
P1000184


ヒラマサ、
トリ貝、
甘海老、
赤貝。
P1000185


稚鮎の素焼き。
ほろ苦さが心地よし。
P1000190


藁炙りのカツオ、
生姜、柚子胡椒、わさびの3種で。
P1000195


「東北泉」。
P1000201


大将、佐藤さん。
もう18年近くのおつき合いになりますか。
僕が一番古くから通ってるお鮨屋さんですからね。
P1000207


イカの握りは塩昆布で。
僕の美味し鮨の原点。
P1000204



さより。
P1000208



赤身。
P1000212



鯵。
P1000213


とろ。
縦スジですみません!と大将。
そんなこと気にしないです。美味しいからね。
P1000215



アオヤギ 柚子味噌で。
この柚子味噌美味いね~
P1000219



コハダ。
P1000223



真鯛。
P1000227



鯖。
P1000229



穴子。
P1000234



鉄火で〆。
P1000238



太巻きもお持ち帰りで。
P1000241

僕のなかで10年前は「鮨屋」といったらここ「春勢」でした。
昔は握りは2貫ずつ食べてました。
お鮨屋さんは2貫ずつってのが普通だったと思うけれど、
いつのころからか、一貫ずつが普通になっちゃいましたね。
昔みたいにがっつり食べられなくなったからいいんですけどね。

今は、たくさんのお鮨屋さんに顔出すようになっちゃったので、
頻繁には行けなくなりましたが、(お持ち帰りはお願いしてますが)
ずっと変わらぬ、この美味しさがたまに恋しくなります。

ご馳走様でした。
また顔出します!


春勢(しゅんせい)
名古屋市瑞穂区明前町1-8
052-822-8066


今日からの更新は、
昨年の残った分をマイペースで書いていきます。
一月中は昨年のネタになりそうです。


日曜日の遅い時間から
瑞穂区の「春勢(しゅんせい)」さんへ。

伏見の某フレンチでの忘年会の後、
栄の「海の日」に顔出して、そのまた後の3軒目。
元旦恒例の自宅でのお鮨をお願いにやってきました。
いつもは電話でお願いするんですが、
最近 御無沙汰だったので直接伺ったわけです。
P1850196


先客さんも帰られて僕独り。
そろそろ閉店かなって雰囲気だったので、
ちゃっちゃと食べさせていただければ十分でございます。
P1850175
日本酒は「美丈夫」。
P1850176


イカ。
塩昆布のせ。
一番好きなイカの握りの食べ方。
P1850178


メジマグロ。
P1850179


甘海老。
ねっちょり濃厚。
P1850180


平目。
P1850182


雲丹。
P1850183


イクラ。
P1850184


焼き鯖を少し。
P1850185


鉄火とかんぴょう。
P1850188


玉子は不揃い(笑)
残ってたのをもらったんだっけ。
P1850191


穴子も。
P1850192


申し訳ないくらいお値打ちな金額。
元旦のお鮨も半ば強引に(笑)お願いできました
お正月に営業してるお鮨屋さんは貴重なので、
けっこう大晦日元旦あたりはお持ち帰りと予約のお客さんが重なって大変らしいです。
P1850195

開業されて、もう17年半になる「春勢」さん。
開店して間もないころに伺ったのでずいぶん長いおつき合いになります。
このところ、お邪魔する機会は減ってますが、
これからも末永く我が家の面倒みてほしいな。
どうぞよろしく、大将 佐藤さん!


春勢(しゅんせい)
名古屋市瑞穂区明前町1-8
052-822-8066

このところ、お持ち帰りばかりで、
お店でいただくのは久しぶりです。
瑞穂区の「春勢」さん。
P1650420

平日の夜。
独り鮨です。
P1650423

お通しのトリ貝、蕗、タケノコ。
P1650427


この「春勢」さん、
3月の中旬にメーテレの「どですか」で紹介されてました。
P1670348
ただし、お鮨じゃなくって。こちら。
「You Tube もろきゅう」!
P1670351
P1670349
一本のきゅうりを見事な包丁さばきで
あっという間に もろきゅうに変身させます。
3年くらい前に投稿して、最初は全然アクセス数上がらないって言ってたのに、
いつも間にやら再生回数160万回超えだって!
僕も多少なりと思って、以前このブログでもリンク張って紹介しました。
そのおかげだな、きっと(笑)
どうも外国人が見てるようです。
P1670350

こんな感じです。
じっくり見たい方は「You Tube」で、どうぞ。
P1650433
P1650435
もろきゅう、出来上がり!
僕もこうやって注文するのは初めてかな。
ちなみにこれで300円!だって!
P1650440



日本酒はこちらから。
そして気になる「白魚おどり」・・
P1650431
P1650454


塩辛。
P1650437


造りを盛り合わせで。
P1650444
塩昆布ももらって。
P1650457
大根に乗せて。
P1650466


でもって。
やっぱり気になるこちらも注文。
白魚のおどり!
「シロウオ」です。「シラウオ」とは別ものです。ややこしいけど。
でも「シラウオ」とも呼ぶらしいです。ややこしい。
P1650447
元気に泳いでます。
P1650449
網の目が大きいからすくい難いのだ。
P1650461
複雑な気持ちになりつつ、一匹一匹大切にいただきました。
P1650467


玉子焼き。
P1650458


焼き物。
鯵と平貝だったかな。
P1650471


カツオ。
藁炙り、おろし山葵と柚子こしょうで。
P1650476


ここからお鮨。
サヨリ。
P1650479


コハダ。
P1650481


鯖。
P1650483


これは「シラウオ」。ややこしい。
P1650484


車海老。
P1650485


赤身ヅケで終了。
P1650487

この日は何軒もハシゴするつもりで、
軽めにすませようと思ってたけれど、
やっぱ美味しいしついつい食べちゃった。
大将の佐藤さんとの話も盛り上がったし。

お正月などにもお持ち帰りのお鮨を作ってもらう我が家御用達のお鮨屋さん。
もうかれこれ17年くらいのお付き合いになりますか。
娘が同じ幼稚園行ってたのにもう成人だもんね。
時の経つのは早いなあ~  としみじみ。

「春勢」さん、これからも末永くよろしくお願いいたします。


で。
このあと。
お馴染みの方々と合流します。


春勢(しゅんせい)
名古屋市瑞穂区明前町1-8
052-822-8066

我が家の元旦の夜は、毎年恒例のお鮨!
僕の一番好きな漢字です。
「鮨」!
P1580271


瑞穂区の「春勢(しゅんせい)」さんのお持ち帰りのお鮨です。
我が家御用達の年末年始営業してくれてる貴重な旨しお鮨屋さん。
P1580292


どん!
P1580272


これが2つ!
P1580276

けっこう壮観なのだ。
P1580278


5人で乾杯!
毎年 数が増えてる「ベルギービールウィークエンド」のグラスで。
P1580282


今回は、特に赤身ヅケとトロが良かったなあ。
平目も旨かった!
P1580294
P1580296


乾杯ビールのあとの、お鮨のお供はこちら。
「浪乃音 大吟醸 余花朗」。
P1580298

ということで。
今日は簡単更新でした。
早くもお正月も3日ですね。
明日からは、また昨年12月の食い倒れ的な備忘録を再開です。
よろしくお願いいたします!


春勢(しゅんせい)
名古屋市瑞穂区明前町1-8
052-822-8066


このページのトップヘ