antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「鮨処 成田」

2月に伺ったときに、
大将が引退されたと聞いて、
その時が近いとは分かってましたが、やはり一抹の寂しさを感じました。

新栄の「鮨処 成田」さん。
2ヶ月後の4月中旬に伺いました。
P1740585
P1740587


今回は大将がいないとわかってての訪問。
若のお手並み拝見的な感じです(笑)
生ビールで独り乾杯。
P1740595



いっつもこのお箸の紙が綺麗に取れないオヤジです。
P1740597



菜の花と青柳。
青柳美味し!
とっても甘い、いや、あま~い!
春の滋味が溢れてます!
P1740591



初ガツオ。
さっきのお皿で「おっ!」って思いました。
つまみの出し方が変わりました。
今まではカウンターに置かれた「スシゲタ」の上に置かれてましたが、
小皿で一品ずつ出すようになりました。
これは絶対いい!
「スシゲタ」におつまみ置くのも豪快な感じでよかったんですが、
僕はこうやって一品ずつ出してくれたほうが好きです。
写真映えもするしね
P1740593


すぐに日本酒。
「大坂屋長兵衛」。
P1740601



鯛の昆布〆。
これも綺麗だな。
P1740604
P1740607
P1740615



マグロ。
「成田」さんといえば、僕は「マグロ」。
赤身をヅケで。
P1740609

大根おろしと山葵で。
美味いんだよな~これ。
P1740618



小柱と三つ葉の和え物。
P1740622

鶏のササミでこういう食べ方好きです。
小柱美味いなあ。
山葵もとってもいい仕事。
P1740624



穴子の蒸し鮨。
「成田」さんのスペシャリテ的な一貫。
P1740625

ここも山葵が重要。
代が替わってもこれはずっと続けてほしいです。
P1740628



ここから握ってもらいます。

平目 昆布〆。
食べた瞬間、「ん!あれ!」
2月に伺ったときは「次郎」さん寄りの酸味の利いたシャリでしたが、
また以前の「成田」さんに近いシャリに変わってました。
若曰く、「ブレまくってます。」
なるほどなるほど。
一気にシャリを変えたんだけれど、まだ迷いがあるわけですね。
でもそれはしょうがないよね。
自分の色を早く出したいけれども、
今までの「成田」さんの味が好きなお客さんもたくさんいるわけだし。
これからもっと試行錯誤すればいいんだと思います。
基本的にはもっと酢の酸味を強調したシャリにしたいんでしょうね。
P1740629


サヨリ。
僕は「成田」さんの味(シャリ)が好きだったので、
またこの味が食べられると思ってなかったから嬉しかったです。
P1740634



煮はまぐり。
P1740639



アジ。
P1740652



コハダ。
とってもいい〆加減。
P1740656



「成田」さんの名物。
煮ダコ。
僕の中で一番美味しいと思う煮ダコです。
P1740660



穴子。
P1740663



かんぴょう巻。
P1740665

胡麻がいい仕事。
P1740667
P1740669

.
「成田」の若。
もう若って呼び方はダメかな
あの「すきやばし次郎」さんで修行した経歴を持つ若。
今でも「次郎」さんとは交流があるのでアドバイスもいただいてるそうです。
P1740671

同じつまみでも提供の仕方ひとつで印象が変わります。
豪快だった大将とは違った繊細な若のつまみとお鮨。
僕のなかで、新しい「成田」さんが誕生した瞬間でした。

ホントにおつまみの出し方は良かったなあ。
なんだかワクワクしちゃったもん。
通いなれた「成田」さんでワクワク感って別のものだったからなあ。
もしかして、
今、僕が一番期待してて、行きたい!って思ってるお鮨やさんかも。


今までは大将と若がお2人で立ってたので、カウンター席満席でも対応できたんですが、
現在は3組6名くらいに制限されてます。
僕もこの前、電話したら入れませんでした。
だから、余計に行きたいんです。
若の進化が見てみたい。
食べてみたい。

「成田」さんへはほぼ当日の電話で伺ってましたが、
今後はちゃんと数日前から予約して伺おうと思ってます!




店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

2月初旬。

久しぶりに、
新栄の「鮨処 成田」さんへ。
P1670578
P1670580


この日は土曜日。
土曜日は大将が御不在というのは半年以上前から。
それは知ってましたので、大将はお元気ですか?と尋ねたら。。
年末の前くらいから、体調面などのこともあり大将はほぼ引退された、とのこと。
びっくり!
もうそろそろなんだろうなと思ってはいましたが。。
実際にそうやって聞くと寂しさがこみ上げてきました。。


とりあえず、ビールを。
P1670581


ナマコ。
普段食べる(っていうほど食べないけれど)ナマコとはちょっと違う。
なんだか、お上品でおいしい。
P1670585

いつもお箸のこの札が上手く取れません。
P1670584



イカ。
なにイカだったかな。
それは別として。
食べてすぐ分かりました。
シャリが変わりました。
P1670587



平目。
P1670591


シャリだけをいただいてみました。
以前より酢が効いてます。酸味が少し強くなりました。
大きさもちょっと小さめになったでしょうか。
P1670594



鯖。
P1670597



日本酒。
「大坂屋長兵衛」。
P1670598



穴子。
P1670600



絶品の蛸。
P1670603

ホントいつ食べても美味い。
P1670606



シマアジ。
P1670608



穴子の蒸寿し。
P1670610


P1670612


コハダ。
P1670614



まぐろ ヅケ。
P1670617



海苔が食べたかったので、最後はかんぴょう巻。
P1670619

山葵乗っけて。
P1670621


このブログをずっと見ててくれてるという、Iさん御夫妻と。
この日は奥様のお誕生日で「成田」さんにいらっしゃったそうです。
こんなオヤジでも会えて嬉しいと言っていただけました。
ありがとうございます。
またお会いできるといいですね
BlogPaint

「成田」の若は東京の「すきやばし次郎」さんで修行されてたので、
今でも「次郎」さんとはおつき合いがあって、
お店の将来のこと、シャリのことなども相談されてるらしいです。
なので、今後、シャリはもう少し酸味が効いたものに変わっていくかも。
僕がお邪魔したこの時から、もう2ヶ月以上経ってるので、
すでにまた変化があったかもしれません。
うう、これ書いてて気になってきたな。
早急に、また顔出しに行かなくっちゃ!

正直に言うと、
今までの「成田」さんの味はとても好きだったので、
この日行って、唐突にシャリが変わっていたので、ちょっと寂しかったんです。
もうあの味はあじわえないのかな、って。
でも、代が替わるってことはそういうことも含んでいるわけで。

今までやりたくってもやれなかったこともたくさんあるでしょう。
これからが、本当の若の腕の見せ所。
名古屋で唯一の(だと思う)「次郎」仕込みの腕を見せてください!
僕も期待してます!


店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

日曜の簡単更新!

5月中旬。

新栄の「鮨処 成田」さんへ独り鮨です。
P1390983


生ビール。
P1390986


伺う前に一本電話を入れておいたんですが、
お店に到着すると、超満席!超大賑わい!
僕の席だけポツンと空けておいてくれました!
BlogPaint



トリ貝 酢味噌で。
今季はトリ貝が豊漁でした。
美味しいトリ貝をたくさんいただけました!
P1390988


相変わらず、割り箸の札を取るのが苦手。
P1390990



いか雲丹。
P1390991



平目昆布〆。
P1390995



日本酒。
まだこの後の予定があったので抑えぎみに。
「大坂屋長兵衛」。
P1390996



マグロをヅケで。
P1390998

大根おろしと山葵を乗せて、もうちょい醤油つけて食べるのが好き。
P1400003



煮穴子。
P1400006



続けて、穴子の押し寿し。
これを食べないと「成田」さんに来た気がしない(笑)
P1400007

山葵たっぷり乗っけて。
P1400010



平目。
P1400016



サヨリ。
P1400019



活車海老が気になって。
P1400012


やっぱり茹でたて剥きたてはプリプリ感が違う。
美味し。
美味し。
P1400023
P1400020



もう一貫。
マグロ。
あれ、トロだったかな。
P1400024

ちょっと『心のこり』があって。
このときが5月中旬。
今9月。
さすがにもう遅いね。
今季は「成田」さんで新子食べる機会を逃してしまったなあ。

ってことで。
そろそろ「成田」さんが恋しくなってきました。
近々顔だそうかな。



店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665




やっと、2017年のネタもあと少しになってきました。
もうしばし。

昨年の12月のクリスマスウィークに
新栄の「鮨処 成田」さんへ、年末の挨拶かねて、ちょっと顔出し。
P1240266



生ビール。
P1240267


数の子と落花生の胡麻和え。
定番のおつまみ。
P1240269


いつもいつも、この割り箸の巻き紙が取れません。
四苦八苦してると若や若女将がスッと取ってくれます。
なんで、オレは取れないんだろうな。。
P1240270

僕は数の子は好きなほうではないんだけれど(笑)
この胡麻和えはマジで旨いと思う。
僕が今まで食べた数の子の食べ方で一番好き。
ビールにもピッタリだしね。
P1240275



鯖。
P1240271

脂乗っていい鯖です。
P1240280

どっぷり、特製のタレに漬けちゃう。
ちょっと甘口でかくし味が入ってます。
美味い鯖がより美味くなる。
P1240283


日本酒。
「大阪屋長兵衛 純米大吟醸」。
P1240289



マグロもつまみで。
P1240287
P1240292



「成田」名物の穴子の蒸し鮨。
P1240294

山葵たっぷり乗せていただきます。
P1240296



最後はお椀。
P1240298

蛤の吸い物。
「成田」さんでお椀いただくのは久しぶりな気がする。
身体に染み渡るなあ。
P1240301


「成田」の若。
P1240304


「成田」の大将。
P1240305

大将、若、
もうすでに、3月。梅の季節も過ぎようとしてますが、
2018年もちょいちょい顔出しますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


この「鮨処 成田」さんのあと、もう1軒ちょい呑みして、
移転オープンされた錦三のお鮨屋さんへ向かうんですが、
それはもう書きましたね(笑)
ってことで。
おしまい。


店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

水曜日にUPした「もつ藤」さんに行く前に独りゼロ次会をしました。

それが、
新栄の「鮨処 成田」さん。
P1170067


まずは生ビール。
P1170069



何も言わなくても大将が出してくれます。
渡り蟹。
P1170071
P1170073


割り箸のこの紙。
これがいつもなかなかキレイに抜けません。
破りたくないし。
僕が抜けずに四苦八苦してると「成田」の若がすっと抜いてくれました。
どういうコツがあるんだろうな。
P1170074



いか雲丹。
P1170075
P1170079



日本酒。
「大阪屋長兵衛」を半合だけ。
P1170081



P1170082


まぐろ下さい。
P1170085

いつも「成田」さんで赤身の美味さを再認識させてもらえます。
P1170086



握りを少し。
鯖。
P1170087


こはだ。
P1170090
P1170091


とろ。
P1170094
P1170098

「お鮨」だけは、
ガッツリ食べる前にも、
ガッツリ食べた後でも、何故だか食べられちゃうから不思議。
それだけ「お鮨」が好きってことです。
僕の「鮨好き」はそんじょそこらの方々には負けません(笑)

おしまい。



店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

新栄の「鮨処 成田」さん。
こちらに独りでふらりと行くのが好きです。

8月初旬の頃。
20時から大須に行く約束があって、
その前に独りゼロ次会です。
P1090162


生ビール。
P1090165



鱧。
この真っ赤な梅肉がすっぱ甘くてクセになる。
P1090169



カツオ。
ホンのちょっとニンニク利かせたおろし醤油で。
これもマジにクセになる美味さ。
大好きな味つけ。
P1090167



平目昆布〆。
P1090172


「大阪屋長兵衛 純米大吟醸」。
P1090176



大好きな「成田」さんのマグロ。
食べればわかるこの美味さ。
P1090178
P1090180
P1090184
P1090189
P1090194



名物の蒸し穴子。
お皿ごと熱々です。
P1090190
熱いので半分づつ。
山葵乗っけて食べるんです。
P1090195


コハダ。

P1090198


煮ハマグリ。
P1090200



「成田」さんにお邪魔するようになって何年経つのかな。
もう6~7年くらいか。
初めて伺ったころ。
とても印象に残ってるのが、鈴虫の優しく涼しい鳴き声。
店内に大きな壷があってその中に鈴虫を飼われてるんです。
P1090164

イメージでは秋っぽい感じですが、
実際は8月初旬から鳴きだすようです。
この日も元気に鳴いてました。
P1090202

なにかしら、ちょっと儚さも感じちゃう鈴虫の鳴き声。
それを背中に聞きながら独り酒飲み、鮨をつまむ。
そんな自分に惚れちゃうなあ(笑)

さあ、時間です。
大須に向かいます。
大将、若、ありがとう!
また来ます!


PS。ちなみにこの後。
   大須の洋食屋さんで「秘密の焼肉」をいただくんです。
   「すゞ家」さんです。


店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

みなと祭りの終わった週末、金曜日。
世の中の良い子たちが長い夏休みに入ったころ。

独りで新栄の
「鮨処 成田」さんへ。

「あのネタ」が入ってるだろうな、という予感があって。
P1070086
P1070087


独り乾杯!
「成田」さんの生ビールはいつも旨い。
コンディションいいんだよなあ。
P1070088


ネタケースを覗きこむと。
おお!
ありました!
お目当てのネタが!
P1070095

言わずもがなですね!
新子です!
これを待ってたんだよ~!
後からのお楽しみってことで。。
P1070094



鱧。
いつもの梅肉のせ。
すっぱ美味いんです。
P1070092



トリ貝。
酢味噌で。
この酢味噌もうめえんです。
P1070096



日本酒ください。
「大阪屋長兵衛 純米大吟醸」。
P1070102



平目昆布〆。
P1070104



そしたら、
大将がいきなりネタケースから新子をつまみでくれちゃいました!
思わず、ええ!って驚いちゃったりして!
7~8枚はあったかしら!
「大将、いいのこれ?」
「いい、いい。また仕込むから~」
って大将やらんでしょ!(笑)
絶対、目が見えんわ(笑)
横で仕込みする若が苦笑いしてました(笑)
P1070105

見てください。
このサイズ。
よくわかるね、この写真。
こんな小さな魚をさばくんです。
凄いな。
お鮨屋さんの矜持がここにあります。
P1070109

新子をこんなふうにつまみでいただくのは初めて。
一枚づつ大切に味わいながらいただきました。
P1070112



マグロの赤いのください!
僕の大好きな「成田」さんのマグロ。
P1070114



名物の穴子の蒸し寿し。
チンチコチンに熱いのをふ~ふ~しながら。
P1070117

これは一口でいくとヤケドします。
半分ずつね。山葵のっけて。
P1070120


握りは若に握ってもらいます。
大将の握りも美味しいんだけども、
若も素晴らしいお鮨を握ってくれます。
新子です。
5枚です。
P1070124
あああ。
ほろほろほろと。
新子の優しい柔らかさを噛み砕いていく、この幸福感。
これぞ「口福」。
P1070130



キス。
P1070138



イカ。
P1070143



赤身。
P1070144



煮はまぐり。
P1070149



最後に我がまま言って、もう一貫、新子。
P1070152
幸せです。
P1070153

上手くいけば2回いけるときもあるけれども、
1軒のお鮨屋さんで新子がいただけるのは、ほぼ年に1回。
毎年、7月の前後。
お鮨屋さんの意地とプライドを見せていただけることが
なにより僕は大好きです。

それにしても、
この日は大将のおかげで得しちゃった気分。
1人で貴重な新子をガツガツいただけました。
若には申し訳なかったけれど

大将、ありがとう!
若、ありがとう!
そして、新子よ、今夜もありがとう!



店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

この日はふらりと。

新栄の「鮨処 成田」さん。
P1030838
P1030839



生ビールでスタート。
P1030840



トリ貝。
酢味噌で。
P1030842


カツオ。
おろし醤油で。
ほんのりニンニク効いてます。
P1030843
この味付け好きです。
クセになる。
P1030850


平目。
P1030848



日本酒は「大阪屋長兵衛」。
P1030853



マグロください!
まっかっかのやつ!
P1030854

「成田」さんのマグロはホントまっかっかの赤身。
これが美味いんですよ。
P1030858

大根おろしと山葵と紫蘇の穂乗せて。
P1030859


この日は諸事情で大将が途中で帰られて後を託された若。
こういうときには得てしてお客さんが続々と来られるもんでして。
常連さんがカウンター席いっぱいになって大忙しの日でした。
BlogPaint



タコ。
このタコも絶品。
食べればわかる。
P1030867



穴子の蒸し寿し。
P1030869
蒸しあがりを出してくれるので、めっちゃ熱いです。
2つに割って山葵たっぷりで。
P1030873



マグロ。握りで。
赤身の醍醐味が味わえます。
P1030877



コハダ。
この日、もしかしたら「あれ」が食べられるかな?ってちょっと淡い期待もしたんですが、
まだ、ちょっと早かった。(6月下旬訪問)
お店によって「あれ」を出すタイミングはまちまちですからね。
昨年は7月2週目にお邪魔したら遭遇できたんでした。
気が付けば7月も後半だな。
もう遅いかな
P1030885



煮はまぐり。
P1030887



玉子焼きもつまんで。
P1030891
P1030894



かんぴょうで〆。
P1030896
細巻きはかんぴょうもかっぱも胡麻が入ってるのが好きです。
P1030897

若がいつも言います。
「うちは同じものばかりですから」
いいんです。
派手さはなくても一品一品間違いなく美味しいから、
定期的に食べたくなるんです、「成田」さんの味が。


これ書いてるのが水曜日。
予約投稿で土曜日にセットしてあるんです。
前日の金曜日に行きたいな、って思ってるけれど、
果たしてどうなってるのか?
「あれ」も食べられたかな?


ってことで、おしまい


店名
鮨処 成田
住所 名古屋市中区東桜2丁目19-9
電話番号 052-932-5665

3月初旬の金曜日。

今年2回目です。
新栄の「鮨処 成田」さん。
P1020323P1020325


この日はカウンター席、ほぼ満席。
かろうじて、座れました。
P1020327


イカです。
木の芽味噌です。
春っぽくなってきました(3月初旬の感想です)。
P1020329
いつも割り箸の巻き紙が上手く取れないんです。
四苦八苦してると、若や若女将がなんてことなしにスッと取っちゃう。
なんでかな?
P1020330


平目。
エンガワも。
P1020331


煮たこ。
P1020335

いつ食べても完璧。
いつか、お正月用に一匹全部お持ち帰りしたい。
P1020338


日本酒。
「大阪屋長兵衛 純米大吟醸」。
そういえば、このお酒って「成田」さん以外で見たことないな。
たまたまかな。
P1020339


マグロ。
P1020342

たっぷりの大根おろしと山葵乗っけて。
P1020348


玉子焼き。
P1020352
これも、たっぷりの大根おろしと山葵乗っけて。
P1020360


名物。
穴子の蒸し寿し。
ちんちこちんに熱いです。
何年も通ってると、これ食べないと寂しい気持ちになります。
P1020357
たっぷりの山葵で。
P1020361


鯖。
この日は大将が握ってくれます。
まぢ旨だよ。
P1020363


コハダ。
P1020367


穴子。
P1020368
大将が京都で買ってきた「粉山椒」をかけて。
P1020371
なるほど。
鰻の蒲焼と同じ感じだね。
大人の味になる。
P1020370


最後はマグロで〆ます。
P1020374
トロと違って、しっかりまったり感が味わえるところが赤身の良さかな。
「成田」さんはぶ厚く切ってあるから赤身の旨さが特によくわかります。
P1020380

もう3年越しくらいかな。
「成田」の大将に一杯呑みにいこうよ、ってお誘いいただいてるのは。
なかなかタイミングが合いませんでしたが、
やっとこの日、日程決めました。
僕が行ったことない、
名古屋を、いや日本を代表するあの老舗酒場にも連れてってもらえるかな?
今から楽しみにしてます。


鮨処 成田
名古屋市中区東桜2丁目19-9
052-932-5665

酉年初のお鮨屋さんはこちらになりました。

新栄の「鮨処 成田」さん。
松の内でのお伺いです。
P1860880
P1860881


お屠蘇をいただき。
こういうところが老舗の名店ですね。
P1860882


生で独り乾杯。
P1860884


数の子と落花生の胡麻和え。
これ僕の中での「成田」さんの代名詞だな。
P1860886


イカ雲丹。
P1860888


大阪屋長兵衛。
P1860889


マグロのタタキ。
たっぷりの山葵と海苔で。
P1860891
P1860893


最近いただいてなかった気がして。
P1860897
煮だこ。
食べれば分かるこの美味さ。絶品。
P1860894


茶碗蒸し。
P1860898
海鼠腸たっぷり。
P1860901
P1860903


穴子の蒸し寿し。
名物です。
P1860904
山葵たっぷりで。
P1860907


コハダ。
この日は大将前には中日ドラゴンズの元2軍監督がいらっしゃって
僕は若に握ってもらいました。
P1860910


まぐろ。
P1860912


アジ。
P1860913


とろ。
P1860915


もう1回まぐろ。
「成田」さんのまぐろを10貫並べて食べてみたい。
P1860919

大将もお元気そうでなによりでした。
今年も何回もお邪魔することになるだろうな。



鮨処 成田
名古屋市中区東桜2丁目19-9
052-932-5665

このページのトップヘ