antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「味処 おおたに」

今年初めての「味処 おおたに」さん。

4月訪問分です。
いつものように、友人ぐっさんの予約です。
P1740804

いつも店前の駐車場に車が止まってるんですが、
この日はなし。
初めて真正面からお店の写真撮れました。
P1740805
P1740806


数ヶ月先まで予約で満席という「おおたに」さん。
当然、この日も小上がり席含めて満席。
P1740946


今年からコースの金額が8000円(消費税別)に変わりました。
上がった分がどんなふうになってるのかが楽しみのひとつです。
P1740808


はい、乾杯!
P1740810

ヘンな友人、ぐっさん。
P1740812


先付。
雲丹とホワイトアスパラの冷製茶碗蒸し。
上にはエンドウ豆と絹さやで彩りよく。
P1740815

ホワイトアスパラは冷製のペースト状に。
その下にはプレーンの茶碗蒸し。
P1740818



椀物。
P1740819

あいなめの葛たたにのお椀。
上に芽ネギと花びら大根。
車麩。
P1740821

いつもの「おおたに」さんのお出汁にあいなめのいい脂がでてます。
美味しい。
P1740822



日本酒ください!
P1740825

「日高見 純米 短稈渡船」。
P1740828



お造り。その1。
鯛のお造りと黒むつの焼き霜造り。
醤油とポン酢で。
赤むつが「のどぐろ」で「のどぐろ」というのはブランド化された名前だとか。
黒むつはあまり食べた覚えがないかも。
P1740830

鯛美味し。
皮も旨い。ついついパッと食べちゃって取っておけばよかった!と後悔。
あさつきのジュレ乗った黒むつも脂のりのり。
こちらはポン酢で。
P1740832



「東北泉 雄町純米」。
P1740838



お造り その2。
まぐろの造り とろみ醤油。
P1740842

千葉勝浦の本まぐろの赤身。
このとろみ醤油は「おおたに」さんの特徴。
よ~く絡むので好きです。
P1740845



八寸。
なるほど。
この八寸が贅沢な八寸になりましたね。
P1740848

ローストビーフと新玉ねぎ。
宮崎牛の内モモを使用。
今まで「おおたに」さんでは肉は出なかったと思います。
今後は一品入れていくんだろうな。
ちなみにこのローストビーフの試作を
4月初めの「リーゼント会」のお花見のときに大谷さんが差しいれしてくれました。
そのときも大好評で瞬殺でなくなりましたもん。
P1740849


蛍いかとうるいの木の芽味噌。
小鯵の手まり寿司。
P1740851


稚鮎の塩焼き。
P1740853
P1740858

ちっちゃいけれど、しっかり大人な苦さ。
焼くときに口を開けさせると水分がとんでパリッと焼きあがるのだとか。
P1740865


「澤屋まつもと 守破離」。
P1740861


すぐに、「田光 純米吟醸 雄町」。
酒がススムよね。
P1740873



冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
唯一の定番。
とっても秀逸な一品。
P1740882



「鶴齢 特別純米 山田錦」。
P1740886



煮物。
物集女(もずめ)の竹の子と車海老の小鍋仕立て。
P1740888

わかめ、
原木椎茸、
三河赤鶏のつみれ、
桜の生麩、
木の芽、
九条ねぎ などいっぱい。
P1740897

いろんな食材の旨みがでてます。
おいしい。
P1740899


特に特に。
この竹の子美味し!美味し!
P1740909

これが物集女の竹の子。
相当 立派な竹の子です。
日本一といわれる京都産の竹の子の中でも物集女は最高品質らしいです。
P1740911


12キロダイエットしたガハハ大将 大谷さん。
前回からだけど、その左手はなんなんですか?(笑)
P1740918



御飯物。
P1740923


鯛と小柱、ふきの炊き込みご飯。
P1740926
P1740929


香の物。
きゅうりのぬか漬け
矢生姜の甘酢漬け
水茄子の浅漬け
新ごぼうの醤油漬け。
P1740922


おくらとみょうがの赤出汁。
P1740931


これは、不明。
飲んだんだっけ?
P1740932



ガハハ大将と乾杯!
P1740920


甘味。
2種フルーツのジンジャーエールゼリー
ほうじ茶のアイス最中。
P1740936
P1740944


大体いつも僕らが最後のお客さんになったりします。
BlogPaint

正直に言っちゃうと
今まで、「おおたに」さんの八寸って、あまり印象に残らなかったんですが
ウマウマのローストビーフに手まり寿司もついて
とってもいい感じになったと思います。
例えば、ローストビーフを八寸の定番にしてもいいと思うな。
金額を少し上げた分、
食材の選択が広がってますます今後も楽しみになったと思います。

で。
「味処 おおたに」さんが
見事「ミシュラン愛知岐阜三重 特別版」で☆獲得されました!
おめでとうございます!


予約取れないお店が余計に予約取れなくなっちゃうかな。
ぐっさん、しっかり予約取ってちょうだいね!



店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537

昨年10月(神無月)。

予約取れないお店、
中村区岩塚の「味処 おおたに」さんへ。

P1530999
P1540001


10月 神無月のお献立。
P1540002



この日は、半年以上前に鉄板フレンチ「ラトリエK」の日曜ランチに
ご一緒したメンバーと。
その時は「おおたに」のガハハ大将 大谷さんもお客さんとして参加されたので、
今度は、「ラトリエK」宮里シェフがお客さんです。
僕いれて6人。
はい、乾杯!
BlogPaint



先付。
いくらと鮭の南蛮漬け みぞれ酢。
P1540006

鮭の上には人参と玉ねぎの南蛮漬け、
白いのは今市蕪、
下には長芋のゼリー寄せ。
P1540008



すぐに日本酒。
「雨後の月 純米大吟醸 白鶴錦」。
P1540011
P1540013



椀物。
毛蟹真丈のお椀。
P1540016

菊が散らしてあって、手前にはお麩。
毎回、「おおたに」さんのお出汁は美味しいな~としみじみ思う。
P1540018



造り。(その1)
さわらのたたきと甘鯛の松皮造り。
P1540020

さわらは師崎産。
1日寝かせて。
脂乗ってます。
愛知の鰆は美味しいね!
甘鯛はフレッシュ。甘みたっぷり。
でも.鰆の勝ちかな。
P1540022


「赤野 純米吟醸酒 潦(にわずみ)」。
P1540028

続けて、
「日高見 純米 生詰ひやおろし」。
P1540030



造り。(その2)
まぐろのお造り とろみ醤油。
P1540032

千葉県銚子のキハダマグロ。
キュウリは昆布漬け。
このとろみ醤油好きなんです。
P1540033



酒のペースが速いのだ。
「寶剣 純米吟醸秋あがり」。
安定の。
P1540042



八寸。
P1540049

舞茸のホイル焼き。
秋田の舞茸、岐阜のささげ。
P1540045


たこの柔らか煮、
子持ち鮎のフライ。フライはチリ酢で。
P1540055


衣かつぎ。
P1540052


モッツァレラチーズの味噌漬け。
P1540053


インカの目覚め。
芋をつぶして揚げまんじゅう風に。
P1540054



「澤屋まつもと 守破離」。
P1540062



冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
唯一の定番の一品。
不思議な美味しさの胡麻豆腐。
この味わいは唯一無二かも。
P1540066



「大那 特別純米 ひやおろし」。
P1540071



煮物。
鱧と秋野菜の小鍋仕立て。
もみじ麩、
水菜、柚子の千切り、丹波しめじ、ジャンボなめこ、海老芋。
秋らしい色合い。
P1540076

自家製の合わせ味噌で。
鱧も美味し。
美味しくってほっこり温まります。
全部飲み干しました!
P1540075

三河赤鶏のつみれも入ってます。
P1540082



香の物。
きゅうりのぬか漬け、
しぐれ大根の甘酢漬け、
蓮根の辛子漬け、
白菜の塩昆布漬け。
どれも美味しいので、もっとたくさん欲しいな(笑)
P1540086


御飯物。
鯛と銀杏、むかごの炊き込み御飯。
P1540089
P1540091
P1540092


春菊の赤出汁。
P1540096



甘味。
安納芋のアイスクリームと洋梨のパンナコッタ。
甘味も手抜きなし。
P1540112


残しちゃった炊き込みご飯は大将がおにぎりにしてくれてお持ち帰り。
真面目な表情で握ってくれる大将。
P1540099


ポーズとって!って.いうリクエストで一転、お茶目なガハハ大将!
おにぎりを差し出してくれるのはいいけれど、
頭の後ろに持ってってるその右手はなんなんだい?(爆!)
P1540103

今度は何故か(笑)襟立てて!
やっぱり、その右手はなんなんだ?(爆!)
愛されキャラのガハハ大将。
予約殺到の理由の一つだね。
P1540108

お持ち帰りのおにぎり。
P1540111


最後はみんなで記念写真。
ガハハ大将、なんだよ、その右手!(爆!)
BlogPaint


ガハハ大将と熱く抱擁。
抱擁っていうとなんかあれだな、ハグです(笑)
BlogPaint

僕はガハハ大将 大谷さんとは仲良くさせてもらってますが、
それでも予約は別。
なかなか予約入れてもらえません。
次回は友人のぐっさんの予約で桜満開のころ。
今年から、金額が6000円から8000円に上がってるはずです。(消費税別)

開店以来、5年以上6000円というお値打ちな設定で頑張ってこられたので、
次のステップ的にちょうどいい頃合いですよね。
なので、余計に今年の初訪問が楽しみなのです。
何が変わってるのかな?
八寸が増えてると嬉しいな
まだまだ春までは長いなあ。


ってことで。
この日、ご一緒だった
ぐっさん、Aちゃん、Kさん、Kくん、宮里シェフ、
ありがとうございました!
ガハハ大将、大谷さん、ありがとうございました!


店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537

お昼も夜も予約が取れない和食やさん。
中村区岩塚の
「味処 おおたに」さん。
我が家から一番遠い和食やさんでもあります(笑)

7月28日の夜。
この日は台風12号が名古屋直撃か?みたいな夜。
おいおい、どうなっちゃうのかな
と思いつつ岩塚駅から傘さして到着です。
風で暖簾も暴れてます。
僕の傘もぶっ飛ばされそうになりました。
P1460246


友人のぐっさんの予約のお席。
「イル・アオヤマ」さんに続いてぐっさんに感謝です。
P1460248



文月のお献立。
P1460254



先付。
とうもろこしのムースとじゅん菜。
P1460255

とうもろこしはムースがサニーショコラ、
粒粒が雪の妖精。
出汁のジュレ。
青柚子の皮。
なんとも嬉しくなる、もろこしの甘さ。
柚子の香りもいいよ。
P1460251



椀物。
P1460257

車海老真丈と焼き茄子のお椀。
真丈には薄く切った冬瓜と青柚子。
熊本の赤茄子。
ガハハ大将 大谷さんは顔に似合わず(ごめんね!)ホント優しい味を作ります。
P1460260


日本酒ください!
ガハハ大将が勧めてくれるものを素直に
「天寶一 辛口 純米大吟醸」。
P1460262
P1460265



造り。(その1)
鱧の焼き霜造りとまだかの昆布じめ。
P1460266

凍らせたレモンの器に乗った鱧の焼き霜。
めっちゃ涼しげ!
P1460269

まだか、は山葵醤油で。
P1460270


鱧は梅肉と昆布出しのシャーベットにつけてから、
P1460275

右側のとろみポン酢につけて、という2段階。
そのままポン酢だけでも十分美味しいと思うけれど、
一工夫してあるところが流石だな。
P1460277



造り(その2)。
まぐろのお造り とろみ醤油。
P1460279

まぐろはインドマグロ。
長芋とアサツキがいい仕事してます。
このとろみ醤油も好き。
長芋、山葵、とろみ醤油だけでもつまみになるよ。
P1460283



「東北泉 出羽の里 超辛純米」。
P1460286




八寸。
P1460289


甘海老そうめん。
P1460291


丸十のレモン煮。
じゃが芋のはりはり。
丸十(さつまいも)は基本的に好きでないけれど(口がパサパサになるから)
こういう甘く煮てあるのは美味しいなあ。
はりはりは大好き。
食感がたまんないです。
P1460292


鮎の塩焼き。
P1460294


いわしの香り揚げ。
大葉で巻いてあります。
チリ酢で。
P1460299



「日高見 純米大吟醸 助六江戸桜」。
「日高見」の新作。
好きです。
P1460300



冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
唯一の定番。
何回食べても飽きない不思議な味わい。
P1460302



煮物。
P1460304

冬瓜と新里芋の炊き合わせ。
料理の名前になってる食材がどっちも隠れてるのが笑える。
P1460309

雲丹とあられ揚げ(ホタテ)の下に
冬瓜と新里芋が潜んでいます。
新里芋は炊いてから天ぷらにしてあります。
あられ揚げも里芋もめっちゃ美味い。
雲丹は飾りかな、と思ったら、
他の食材に少しずつ乗せて一緒に食べるとなんかいい感じ。
P1460308



香の物。
きゅうりのぬか漬け、
かりもりの浅漬け、
赤パプリカの甘酢漬け、
白ずいきと海ぶどうの三杯酢。
P1460312


御飯物。
鯛と枝豆、
実山椒の炊き込みご飯。
P1460318
P1460317
P1460320

みょうがとわかめの赤出汁。
P1460322



ガハハ大将と乾杯。
BlogPaint


助手のゆず君とも。
P1460331


残った御飯は大将、自らおにぎりにして包んでくれます。
P1460332



甘味。
桃のアイスクリームとすいかのジュース。
熊本の黒小玉すいか使ったジュースはお替り必至の美味さ。
お替りないけど。
P1460335


ガハハ大将とぐっさんとパチリ。
2人のポーズの意味がわからん。
BlogPaint

台風12号のせいで、
飲食店のキャンセルが続出というのを聞きましたが、
「おおたに」さんはキャンセルなし。
この日のお客さん偉い!
僕もキャンセルするつもりは100パなかったですけどね

でも、さすがに帰れなくなるのはつらいので、
コースが終了するころを見計らってタクシーを必死で手配しましたが、
結局、タクシーで帰る途中もまったく台風の影響なし。
なんだったんだろうな。


「おおたに」さんは、年明けから
夜のコースの金額を6000円から8000円に変更するとのこと。(税別)
開店してから5年以上ずっと6000円でやってきたんだから、
僕は全然構わないと思います。
その分、今まで使いたくても使えなかった食材も使えるようになるだろうしね。
例えば、「肉」もそうだし(「おおたに」さんでは八寸のなかに使うくらい)
例えば、八寸をもっと充実させるのも僕は嬉しいな。
次のステップに進む時期だと思います。
来年が楽しみだな。
ってその前に来年の予約は取れるのか?


店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537

2月中旬。

昨年の6月以来の
「味処 おおたに」さんへ。
P1280914
P1280916



如月の献立。
P1280919



まずは生ビールで。
P1280917



先付け
蛍いかとうるいの酢味噌和え  木の芽ジュレ。
P1280920

今年初の蛍いか でした。
マイクロトマトに蕗のお浸し。
一番下にはホタテ貝柱のムース。
しっかり木の芽が効いてます。
春っぽいなあ。
このときはまだ2月の寒い日でしたが春の爽やかさを感じる滑り出し!
P1280921



椀物。
P1280923

ずわい蟹真丈  かぶらのすり流し。
菜の花とその下には近江かぶら。
P1280925

菜の花は巻いてあります。
かぶらが甘い~
P1280926



ここから日本酒。
「瀧自慢 辛口一徹純米 はやせ」
P1280928



造り。(その一)
鯛のお造りと車海老の湯引き。
P1280930
P1280933



造り。(その二)
まぐろのお造りと花山葵のおひたし。
P1280935

長崎の本まぐろ。
P1280936



「東北泉 雄町純米」。
P1280943



八寸。
P1280948

河豚のたたき、鉄皮和え。
P1280949
たたきと鉄皮の下には火を通したほぐし身も入ってます。
小さな器にしっかり河豚が詰まってます。
とろみポン酢も美味し。
P1280959


赤貝の黄身酢。
P1280951

甘海老と竹の子の木の芽和え。
P1280952


出し巻き玉子。
P1280953



「寶剣 純米酒」。
「寶剣」の新作酒で、酒米から蔵元が関わってるらしいです。
P1280961



冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
唯一の定番で名物。
P1280965

胡麻煎餅の塩気となめらかな胡麻豆腐。
不思議な美味しさなんだよな、これ。
P1280970



「今泉 特別純米酒 生原酒」。
P1280980



煮物。
P1280977

桜海老の飛龍頭と春野菜の炊き合わせ。
わらび、わかめ、芽ネギ、タラの芽が乗ってます。
P1280984

桜海老が効いてます。
新牛蒡と木耳も入ってます。
食感も違って美味しいです。
これ、「おおたに」さんの味だなあ。
P1280985



香の物。
春キャベツの浅漬け
きゅうりのぬか漬け
ミニトマトと新玉ねぎの甘酢漬け
長芋の山葵漬け。
P1280987



P1280992

鯛と新竹の子の炊き込み御飯。
P1280994
P1280997
P1290001
P1290002


九条ねぎの赤出汁。
御飯はお替りくん。
P1290004

残った御飯は大将自ら、握ってくれます。
P1290014

お土産です。
P1290006



甘味。
苺のムースとせとかオレンジのジュレ。
P1290009

これも美味し。
色使いもいいな、これ。
P1290011


ガハハ大将と。
BlogPaint

すみません。
酔っ払ってます。
BlogPaint

このコースで6000円(税別)。
一品一品丁寧に手間掛けて作られてます。
本当に頭が下がります。


この「おおたに」さんが素晴らしいからって
イコール名古屋の和食レヴェル高いにはなりませんが、
こんなに頑張ってるお店もあるんです。
予約は半年以上取れません。
そりゃあ、京都や東京と比べるのは厳しいけれど、
名古屋もバカにできないと思います。
というか、バカにしてほしくない。
言いたいことはたくさんあるけど。。
いいや、それは。
どうせバカオヤジなんで。
美味い料理食べれればそれで幸せなオヤジです。
河豚のあらとクエ(あら)の違いもわかりませんので(笑)
間違えるとすぐに鬼の首とったみたいに
突っこんでくる人もいるしなあ

ってね。
たまには愚痴りたくもなるんですよ。
聖人君子じゃないので。


話がそれました
「味処おおたに」さん、次回の予約は(2月時点で)出来ませんでした!
半年以上、お昼も夜も予約満席!
なので、一旦予約を受けるのをストップされてるみたいです(2月中旬時点)

そのうち、また予約できますように。
名古屋市内で我が家から行くお店で一番遠いけど(笑)
予約できれば、喜んで伺います!



店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537

2年ぶりに、
中村区岩塚の、
「味処 おおたに」さんへ。

2年も空いちゃったのは
忘れてたわけでもないし、
来たくなかったわけでもなし。
いつの間にやら予約の取れない超人気店になっちゃったからです。
そりゃあ2年前から人気のお店ではありましたが、
現在では6月初旬の時点で年内、昼も夜も予約満席!
すっごいな!
2年前の訪問時に次回の予約してこなかったのを
今になって猛烈に後悔しています
P1020273
P1020277


水無月の献立。
おお、よく見ると以前にはなかった〇〇がある!
P1020282


まずは、生ビール。
「おおたに」さんも生ビールの注ぎ方美しい。
P1020279



先付。
とうもろこしのムースとじゅん菜。
P1020283
とうもろこしはピュワホワイト。
甘さと爽やかさ。
P1020288



椀物。
帆立貝柱真丈と冬瓜のお椀。
P1020289

蓮芋とオクラと破竹。
P1020290

優しいいい味。
思わず、美味しい~って声が出る。
P1020295




日本酒。
「津島屋 信州産美山錦全量使用 純米吟醸 生」。
P1020296



造り。
こち、剣先いか、いさきのお造り。
蓮の葉に乗せられてます。
P1020303

奥のこちは氷水で洗いに、
いさきは昆布〆。
手前は水茄子の醤油漬け。
P1020311



「伯楽星 特別純米」。
P1020312



造り。「おおたに」さんのお造りは2段構え。
P1020315

まぐろのお造り とろみ醤油で。
P1020317
このとろみ醤油、好きです。
よくまぐろに絡んで美味しい。
P1020325




八寸。
これです。
以前は献立になかった「八寸」。
P1020342
八寸があると嬉しい。
ワクワクしちゃう。
P1020350


海ぶどうと白ずいきの土佐酢。
P1020368


天然鰻の白焼き。
パリパリに焼かれてます。
P1020366


川海老の唐揚げ。
P1020364


姫さざえ旨煮。
P1020356


あわ麩の照り焼き。
なんか久しぶりに食べたこの味。美味しいです。
修行したお店へのリスペクトだな。
P1020358




「豊盃 純米吟醸」。
P1020361



冷やし鉢。
なめらか胡麻豆腐。
「おおたに」オリジナル。
開店当時からこれだけは変わらない名物。
約4年前に初めてお邪魔したときに一番印象に残ったのがこの胡麻豆腐。
P1020375

この胡麻煎餅がパリパリで甘くて、下の胡麻豆腐はなめらかで軽い塩気。
P1020377

煎餅を割って胡麻豆腐とともに。
食感の面白さ。
そして胡麻豆腐の塩気が煎餅の甘味をより生かします。
2年ぶりに食べたけれど、マジに美味しい!
ホント美味しい!
これを開店当時から出してたんだなあ。
凄いな。
予約が取れない理由が垣間見えました。
P1020383



煮物。
穴子と夏野菜の炊き合わせ。
穴子の下には、
素揚げしたシシトウ、
炊いた小芋、
焼いた赤茄子、
厚揚げ、が隠れてます。
上にはラディッシュと白ネギ。
P1020394

穴子、ほわほわ~
美味しいわ~
すこ~し甘めのお出汁も穴子、野菜に絡めていただくにはちょうどいい塩梅。
やるなあ~!
P1020400



香の物。
きゅうりのぬか漬け、
かりもりの醤油漬け、
みょうがの甘酢漬け、
そうめん南京の浅漬け。
P1020402


御飯物。
P1020408

鯛と新蓮根と実山椒の炊込み御飯。
P1020412
P1020414

ささげと新ごぼうの赤出汁。
P1020418


ガハハ大将 大谷さんと乾杯。
P1020407

食べ切れなかった炊込み御飯は大将自らおにぎりにしてくれます。
このガハハな笑顔!
大将のお人柄も予約の取れない理由の大きな一つ!
P1020419
小さなかわいい風呂敷に包んでくれます。
P1020422



甘味。
すいかのシャーベットとパイナップルのムース。
可愛くて美味しいデザートで〆。
P1020423



ガハハ大将とパチリ。
大谷くん、「ウラ横綱」決定! (内輪ネタです、すみません)
BlogPaint

昼が3000円。
夜が6000円。(ともに消費税別)
この内容で6000円だもんな。
開店以来この設定は変わらず。
美味しさはより一層進化してると思います。
凄いな。
頭が下がります。
年内予約いっぱいも当たり前といえば当たり前か。

そんな「味処 おおたに」さんは7月9日に開店4周年を迎えます。
早いなあ。
もう4年ですか!
僕は2年間の空白があるので、少しでも空白を埋めたいんだけどな。
これだけ予約が取れないとそれもなかなか難しいなあ
一所懸命予約します!


「味処 おおたに」さん、開店4周年おめでとうございます!


店名
味処 おおたに
住所 名古屋市中村区豊国通四丁目7番
電話番号 052-471-3537

4月の初めにお邪魔しました。
中村区岩塚の
「味処おおたに」さん。
僕が行くお店で、
おそらく名古屋市内のお店で我が家から一番遠いお店(笑)
P1410497
P1410498


嫁さんと。
P1410499


4月になって変わったばっかの「卯月のお献立」。
見た瞬間、春の食材がいっぱいで嬉しくなる。
P1410501


先付
蛍いかと春野菜の木の芽味噌和え。
P1410504


椀物
蛤真丈と竹の子のお椀。
P1410509


日本酒。
最初は「篠峯 凛々 純米吟醸」。
P1410510


造り
桜鯛のお造り  とろみポン酢で。
桜鱒美味しい。
そして、この とろみポン酢大好きです。啜りますもん。
P1410512
P1410514


造り
初鰹のお造り 辛み大根と一緒に。
P1410515


「紀土 春ノ薫風 純米吟醸」。
お酒も春春。
P1410519


焼物
鰆の雲丹焼き。
P1410526
旨かったなあ。
僕はこれが「今日一」かな。
P1410527


旨い料理には旨い日本酒がススムのだ。
「豊盃 特別純米酒」。
P1410532


冷し鉢
なめらか胡麻豆腐。
名物です。これがなくっちゃね。
P1410533


こちらは「献立」にない一品。
個室(小上がり)のお客さんのリクエストで別予約のものですが、
物欲しげなバカオヤジantonの視線に気づいてくれたガハハ大将が気を使ってくれて
味見にどうぞっていただいてしまいました。
P1410537
旨いです。
甘いタレがよく合うよね。
「おおたに」さんで牛肉いただくのは初めて。
普段は肉ってないもんね、たしか。
御相伴に預かりました。
ありがとうございました。
P1410545


「田光(たびか) 純米吟醸 山田錦」。
P1410541


煮物
桜鱒のあられ揚げ 毛蟹のあんかけ。
P1410546
丸めた湯葉、玉湯葉も入ってます。
P1410550
桜鱒も美味しい!
あられ揚げが食感よくっていい!
P1410551


香の物
春キャベツの朝漬け  長芋のわさび漬け
新生姜の甘酢漬け  きゅうりのぬか漬け。
P1410553


御飯物
鯛とえんどう豆と原木椎茸の炊き込み御飯。
新ごぼうの赤出汁。(写真なし)
P1410556
P1410559


ガハハ大将、女将さん、スタッフの方々と乾杯。
僕はもうお茶ですが。
P1410562


ガハハ大将の写真がないと寂しいので
P1410563
もう一枚。
口に泡つけてるのは計算済み(笑)
この日は「ロン毛」です!
P1410564


甘味
苺のムース レモンシャーベットをかけて。
P1410565

ああ、「春」つくしの旨しお料理の数々、堪能いたしました。
月替わって、献立替わったばっかだから、
ガハハ大将がちょい緊張してたのが微笑ましかったな。
次回の予約せずに帰ってきちゃったけど、
またお邪魔いたします。
ご馳走様でした!


味処 おおたに
名古屋市中村区豊国通4丁目7番
052-471-3537

前のブログ見てみたら、
2014年の3月に訪問して以来でした。
ほぼ一年ぶり!
申し訳ないっす!
中村区の「味処 おおたに」さん!
P1380214
P1380215


嫁さんと2人。
P1380216


如月のお献立。
如月っていうと、ついつい「如月ハニーさ!」って心の中で叫ぶアラフィフオヤジです。
P1380218


先付。
ホワイトアスパラのすり流し。
アスパラと出汁だけで作ってあります。
ほんわか美味しい。
P1380220


椀物。
車海老と空豆の真丈。
P1380223
真丈旨し。
ほわんほわん。
P1380227


「石槌 純米 ”初”」
これ旨い。
P1380230


造り。
ハタのお造り  とろみポン酢で。
このとろみポン酢好き。美味しい。
P1380232
手前のは春菊をキューブ状にしたもの。
P1380235


造り。
まぐろのお造り  たたき長芋ととびこの山かけ。
まぐろ抜群。
山かけも とびこのプチプチした食感がいい!
P1380241


「早春 特別純米酒」。
おお、これも旨い。
P1380242


焼き物。
のどぐろの塩焼き  蛤、花わさびのおひたしと一緒に。
美味しいです。
P1380249


冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
名物です。美味しい。
P1380252


「澤屋 まつもと」。
P1380253


煮物。
鮑の新じゃが芋まんじゅう 生海苔あんかけ。
P1380256
芋まんじゅう、絶妙な柔らかさ。
そして芋まんじゅうの中から出てくる鮑との噛み応えの差がいいです。
P1380261


ガハハ大将、おもろい顔というか危ない顔
P1380269
御飯物。
鯛と竹の子の炊き込み御飯。
(わかめの赤出汁もついてます)
P1380268
P1380272


香の物。
ミニトマトと新玉ねぎの甘酢漬け
きゅうりのぬか漬け
蛍いかの旨煮
うどの浅漬け。
P1380262


甘味。
抹茶と小豆のアイスクリームとプリン。
P1380274


はい、ガハハ大将お疲れ様です。
この日も賑わっててなによりです!
BlogPaint

「おおたに」さんに来るのは一年ぶりでしたが、
ちょうど一週間ほど前に、
「リーゼント会」でガハハ大将と会って
一緒にお酒も飲んで親交を深めたばかりだったので(笑)、
この日、お店に来るのが待ち通しかったです。
間が空いちゃわないように、次回 春の予約をしてきました。
今から、楽しみにしてます。
ご馳走様でした!


味処 おおたに
名古屋市中村区豊国通4丁目7番
052-471-3537



中村区岩塚の「味処 おおたに」さん。
昨年7月に開店されて、すぐ2回おじゃましてから、
ちょっくら間が空きました。

P1220756
P1220780


嫁さんと。
P1220757


「おおたに」さんは、月ごとに献立が替わります。
P1220758


先付。
蛍いかと細もずく、うどの酒煮  土佐酢ジュレをかけて。
P1220759
いきなり、めっちゃ旨!
蟹の内子がのってます。
食感の違いの面白さ。
いやいや、美味しい!
P1220760



椀物。
いい器!
P1220763
はまぐり真丈と板わらびのお椀。
P1220764


造り。
金目鯛のお造り  大葉のムースと。
金目旨し!
とろみ醤油も大好きです。
P1220771


紀土(きっど) 春の薫風。
まさに今飲まなきゃ!
P1220773


造り。
まぐろのお造り 新玉ねぎとくるみを添えて。
くるみの食感と香ばしさが、とろみ醤油にマッチして まぐろが引き立ちます。
新玉ねぎも美味しい。
P1220775


嫁さんはお燗。
石鎚。
P1220779


焼物。
桜ますの雲丹焼き。
P1220783


白岳仙 ひだまり。
P1220786


冷し鉢。
なめらか胡麻豆腐。
これは定番の名物。
何故か、前より美味しくなった気がする。
多分、この胡麻豆腐の味に僕の舌がやっと着いてきたのかな!
P1220787


当然、お酒すすみます!
鶴齢 おりがらみ。
P1220792


煮物。
P1220791
あいなめの葛打ち 生海苔のあん。
春でしょ!
P1220795



香の物。
きゅうりのぬか漬け  
柚子大根
春キャベツと子持ち昆布の浅漬け
姫さざえ旨煮
ふきの浅漬け。
「おおたに」さんの香の物、好きです。
この少しずつの丁寧さがいい!
P1220800


antonオヤジと同じで、ちょっと見ないうちに少し大きく丸くなった大谷さん
親近感湧くなあ(笑)
P1220801

御飯物。
鯛と竹の子、新えんどう豆の炊き込み御飯。
春春春~~~
P1220802
美味しいです。
炊き具合もバッチリ!
P1220804
新わかめの赤だし。
P1220805


甘味。
桜とあずきのアイスクリーム。
美味しい!
P1220808


お邪魔したのは、3月のちょうど真ん中の土曜日。
まだまだ風吹いて、めっちゃ寒い日でしたが、
大谷さんのガハハの笑顔、変わらずお美しい奥様、
店内の桜、お料理、日本酒、すべてに春を感じさせてくれる、
とっても美味しくて暖かい時間、空間でした。
大谷さん、ありがとう。
またお邪魔いたします!
ご馳走様でした!
P1220811


味処 おおたに
名古屋市中村区豊国通4-7
052-471-3537

今、名古屋の和食で一番注目されてるであろう
中村区岩塚の「味処 おおたに」さんに再訪してきました。
オープンしてちょうど一ヶ月の日。
メニューも8月から変わってます。
P1100590
P1100591
この日も満席。
大したものです。

前回は小上がりでしたが、今回はカウンター。
目の前で大将大谷さんが汗ながして、頑張ってます。
地下鉄岩塚駅から歩いてきたので、こちらも暑い暑い。
冷たい生ビールがたまりません。
P1100592
P1100593

先付け
車海老と緑アスパラの冷製茶碗蒸し。
P1100594

椀物
渡り蟹と新生姜の真丈と焼き茄子のお椀。
P1100599

お酒は日高見からスタート。
P1100603
P1100606

造り
かれいのお造り 昆布出汁シャーベットと大葉のムースを添えて。
P1100607
P1100609

造り
まぐろのお造り おくらのとろろ仕立て。
P1100612
P1100616

お次は喜久酔。
これ、キクヨイって読むのね。キクスイだと思ってました(恥)
P1100618

焼き物
名古屋コーチンの塩焼き。
もうパッリパリ!
たまらんちん。
P1100619
P1100622

冷やし鉢
なめらか胡麻豆腐。
前回のレポ違ってました。
塩けは、胡麻豆腐自体についてて、
それが胡麻煎餅の甘みを際立たせてるんです。
P1100625

最後は 澤屋まつもと。
初めて。
P1100628

煮物
はもと糸うりの梅肉あんかけ。
P1100630
P1100631

香の物
きゅうりのぬか漬け
みょうがの甘酢漬け
まぐろの有馬焼き
かりもりの浅漬け
金時草のおひたし。
漬物系、全て旨し!
P1100632

これ撮らないといかんでしょ(笑)
P1100636

御飯物
鯛ととうもろこし、枝豆の炊き込みご飯。
生海苔の赤出し。
P1100637
好みもあるかもしれないけど、僕は前回の炊き込みご飯のほうが断然旨かった。
というか、前回が旨すぎたのかも(笑)
それぐらい旨かったんです!
もしかしたら、多少、炊き方にムラがあるのかな?
P1100639
P1100642

甘味
桃のムース。
P1100645


料理もほぼ出し終えてたタイミングで、ちょっと休憩。
カウンター席はけっこう暑いです(笑)
備え付けの団扇で扇ぎながら、料理いただきました(笑)
作ってるほうは、もっと暑いでしょう。
でも、大谷さんのキャラもあってか、なんか不思議な一体感があって、
その暑さもライブ感覚的で、それが、また楽しいんです。
(そうはいっても暑くないほうがいいけどね
こういう心地よさのあるお店は、なかなか無いなあって思います。
P1100643
前回は友人Mちゃんが予約してくれたんんですが、今回は自分で予約電話しました。
電話出られたのは大将の大谷さんだったと思うんですが、
最後に、「一所懸命、料理作らさせていただきます。よろしくお願いします」って。
いいなあ。
なんか嬉しくなっちゃった。
大谷さんの人柄なのか、
修行されてた「望月」さんの教えが良かったのか。
ますます「望月」さん行きたくなっちゃいました。
でも、大谷さんが抜けた「望月」さんも、けっこう大変なんじゃないかしらん、
なんていらん事考えちゃったりして(笑)

何はともあれ。
秋、冬はどんな料理だしてくれるのか楽しみです。
また、おじゃまします!




味処 おおたに
名古屋市中村区豊国通四丁目7番
052-471-3537



7月の初めだったかな?
食に関してとってもうるさい友人M氏ことMちゃんが
僕の顔を見るなり、新規オープンされるお店の挨拶状を見せてくれて
「今度行きましょうよ」って誘ってくれました。
7月9日にオープンされた「味処 おおたに」さん。
場所は中村区岩塚です。
店主さんは、中村区の和食「もちづき」さんで8年修行された方です。
P1090164
P1090166

店内、いたるところにお祝いの花!
一体いくらになるんだ?(笑)
錚々たる飲食関係のお店の名前がいっぱい。
凄いなあ。
我らがMちゃんもお花出してました。
P1090174

店内はL字のカウンターと掘りごたつの小上がりがひとつ。
調理器具の素晴らしく整ったキッチン!
P1090172

メニューは6000円の一コースのみ。
溶けてなくなるくらい暑い日の生ビール。
待ってました!乾杯!
P1090167

先付  
はもの焼き霜 フルーツトマトのジュレ。
見た目も味もさわやか。
P1090180

椀物
帆立貝柱とズッキーニの真丈
白ズイキの薄葛仕立て。
P1090184
P1090186

造り
こちのお造り 辛み大根シャーベットと大葉のムースを添えて。
P1090187
シャーベットに絡めてこちをいただきます。
P1090189

冷酒。
まずは、この2種。
南部鉄器の鉄瓶は、あの新栄の和食屋さんへのリスペクト。
しかも、冷凍庫で冷やしてあります。
P1090193

造り
まぐろとたたき長芋の山かけ とろろ醬油で。
旨かったなあ。
P1090198
P1090197

焼物
すずきのうに焼き。
P1090201
P1090200

冷し鉢
なめらか胡麻豆腐。
これは印象に残った!
塩をきかした生クリームとプルプルなプリンのような豆腐、
胡麻せんべいの胡麻の風味とパリパリ感が絶妙にマッチしてます。
P1090204

煮物
わたりがにと夏野菜のあんかけ。
わたりがにの風味がしっかりしてます。
P1090206

超美人の奥さん。
写真載せちゃった!
(大谷さんOKって言ってましたよね
BlogPaint

御飯物
鯛と緑アスパラ 新生姜の炊き込み御飯。
P1090212
これが、めちゃくちゃ旨い!!
鯛もいっぱいで、おこげもたまらんチン!
もっと食べたかった!
(あと、みょうがの赤出しもつきます)
P1090213
P1090214
P1090217

香の物
きゅうりのぬか漬け
水なすのぬか漬け
モロコの南蛮漬け
ゴーヤの甘酢漬け(これが一番好き)
白いのは、じゃがいものはりはり。
P1090216

甘味
抹茶のなめらかプリン 水ようかんゼリー。
美味しいです。
でもあんまり面白くないなあ。
甘いの大好きオヤジの独り言です。ごめんなさい。
P1090220

店主の大谷さんと友人Mちゃん。
大谷さん、めっちゃいいキャラ。(奥さん超美人だし!
絶対みんなに好かれる人ですね!
BlogPaint


いやあ、マジに大満足!
どれも本当に美味しくて感心しました。
大谷さんの地元ということで岩塚にお店だされたそうで、
立地的なこともあって、この6000円という設定なんでしょうが、
このコースで6000円って、めっちゃいいでしょ!
けっこうお酒いただいたんですが、1人1万円してません!
オープンされて3日目、満席の状態でも、
きちんと対応されてて、それにも感心。
バカ舌antonオヤジと違って、
けっこう辛口のMちゃんも(知り合いということを抜きにしても)とても高評価してました。
また和食のいいお店が誕生しました。
岩塚に住んでる人が羨ましいです。
是非またおじゃまします!



PS。 実は「もちづき」さんへはおじゃましたことがないんですが、
    この「おおたに」さんが修行されてたお店です。
    こちらも、是非伺ってみたい!


味処 おおたに
名古屋市中村区豊国通四丁目7番地
052-471-3537

このページのトップヘ