antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「馳走和醸すぎ」

ある土曜日。
久しぶりに「馳走和醸 すぎ」さんのランチに。

「昼のミニ会席」3800円(税別)。
ビール一杯と日本酒一合いただいて、消費税入れると
5000円越えちゃうけれど、
僕が機会さえあれば何回でも来たいランチなんです。
でも木・金・土曜のお昼だけなのでなかなかチャンスがなくって。
そうしたら、たまたま今度の土曜日にランチがあると知って、
通常、1人では予約できないんだけれど、(予約は2人から)
他のお客さんと一緒ならOKってことで、入れてもらうことができました。
P1750787
P1750789

カウンター席に2人のお客さんと僕。
個室に6人のお客さん。
P1750790


土曜のお昼のひとり乾杯。
P1750792



桜蒸し。
桜鯛と蕗味噌が入ってます。
P1750794
P1750799



「鍋島」。
P1750802



ハマグリの若竹椀。
P1750804
P1750811

若竹にとろ~りワカメが美味しい。
P1750810



お造り。
P1750813

鰆、
水ダコ、
イシダイ、
マグロ。
P1750815


僕の食べ方。
紫蘇の穂を醤油に散らして、
山葵を魚の上にちょこんと乗せて醤油に漬けて食べます。
なにげに紫蘇の穂も一緒についてくるんです。
P1750821

魚の下の大根にはドレッシングが軽くかかってますが、
山葵醤油もかけて食べちゃう。
P1750824
P1750825



やばい。
もう1銘柄。
あ、でも半分ってお願いしました。
「豊盃 純米吟醸」。
P1750831



そして。
お待ちかね!
ご飯のお供盛り合わせ!
P1750826

これでもか!ってくらいご飯に合うおかずがテンコ盛り!
P1750828


釜揚げしらす。
P1750845


金時草のお浸し。
P1750846


半熟玉子。
P1750834



ミニカレー!
P1750835


マグロかつ。
柴漬けタルタル。
P1750869


煮込みハンバーグ!
P1750882


海老クリームコロッケ。
P1750838


鱒の西京焼き。
鬼おろしと一緒に。
P1750839


どれから行こうかいつも迷う。
でもね。
迷うのが楽しいんだよね~
迷ってる時間が一番幸せな時かもね。
P1750841


味噌汁もつきます。
P1750849


お漬物もつきます。
P1750864


土鍋ご飯。
夜の営業では土鍋でご飯は炊きません。
お昼だけです。
P1750843


マグロかつ旨し~
この柴漬けタルタルは「すぎ」さんオリジナル。
うめぇんでがす。
P1750874


この海老クリームコロッケは、なんと!伊勢海老クリームコロッケなのだ!
なんで伊勢海老使ったかは。。企業秘密(笑)
P1750862


西京焼きはご飯のお供に最強。
ああ、言っちゃった。。
P1750886


ミニカレーは「深夜食堂」のドS辛口カレー!
だから少しづつ。
P1750887


伊勢海老クリームコロッケもオンザライス。
クリームが濃い。だって伊勢海老だから。
P1750889



これでお替りしない人がいるのかな?
絶対するでしょう。
P1750890
P1750892


残しておいた煮込みハンバーグ!
P1750893


ドS辛口カレーは半熟玉子とともに。
P1750896


ああ、完食。
大満足の完食。
これ以上ない充実の完食。
P1750899



甘味も完備で甘美。
P1750904

フルーツポンチ的なのと。
P1750901


最中!
皮はサクサク。
白玉も入ってます。
P1750908


明るいときのリーゼント大将。
P1750911

この日は個室にもお客さん入ってたので忙しかったですが、
カウンター席で2~3人ってことも時たまあるみたい。
僕は土曜日しか来れないけれど、
そういうときはアナウンスしてくれれば
絶対に「ぽっち参加」させてもらっちゃうんだけどな。

ってことで。
腹パン間違いなし。
満足度100パ間違いなし。
今夜の晩ご飯抜いちゃったほうがいいのかしら間違いなし。
の「すぎ」さんの「昼のミニ会席」でした。


PS。
9月8日(日)に開催される『ケロッ酒 伍』ですが、
前売りチケット発売開始後、
あっという間に
第1部、第2部、第3部、ともに前売りチケット完売、売り切れました!
残るは立ち呑みになる「当日券」のみ!
だから、言ったでしょ、トランキーロじゃダメだよって。
焦んなきゃね。
P1820417


店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

日曜の簡単更新。

つい先週くらいのこと。

毎年恒例の「馳走和醸すぎ」さんでの「伊予賀儀屋の会」が行われました。
僕は毎年参加してたんですが、
今年は日程変更があって残念ながら参加できなくなりました。

で。
その翌日の遅い時間に「すぎ」さんにお邪魔しました。
P1060513



すると、
この日「桜びより」での「賀儀屋の会」を終えた蔵元 首藤さんと遭遇!
左は「酒泉洞堀一」の社長 小久保さん。
P1800578


カウンター席が満席だったので、
ちゃっかり僕も個室に入らせていただくことに!
乾杯!
P1800577

当然「賀儀屋」をいただいたんですが、
写真撮り忘れ。
この写真の中のどれかであることは間違いないです。
(すぎさんから写真を拝借)
sugisann2



僕はもうほぼ腹パンなので、
それを察したリーゼント大将が、
前菜の盛り合わせではなくって、甘辛手羽先を出してくれました。
うん、これは食べられる!
P1800581



豪華なマグロと雲丹の盛り合わせ!
P1800586
P1800591


続いて生牡蠣!
P1800596
P1800595



片付けを終えた「桜びより」の貴ちゃん、あ~ちゃんも合流。
BlogPaint



最後にイケメン蔵元 首藤さんと。
こういう時、本当にマスクしててよかった~って思います(笑)
BlogPaint

今年は「すぎ」さんの「伊予賀儀屋の会」に参加できずマジに悔しかったです。
参加者の半分以上がお知り合いの方々で、
「〇〇さん、来ないの~」って何人にも言われちゃった
行けるものなら行きたかった!
来年は必ず参加します!
どぞよろしく!

あ、そういえば、この時プリン食べ忘れた!


店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

先週の週末。

ご存知「馳走和醸すぎ」さんの深夜食堂タイムに。

P1790863


いつもの果実酒のソーダ割り。
P1790864



すぐに日本酒。
「よこやまSILVER 純米吟醸生酒」。
長崎県壱岐のお酒。
P1790866


この日は「上ゲ」からの帰り。
もう腹パンパンで何も食べれず。

でもこれは食べられるのだ。
今シーズン初スイカ!
しかも大好きな「タネ取って四角く切ってある」バージョン!
思わず頬がゆるむよ。
P1790870



そして!
Aちゃん特製プリン!
オヤジの大好きなプリン。
世の中で一番好きなもんがプリンなんだよな(笑)
P1790873

生クリームにサクランボ!
この器が素晴らしい
P1790876


皆さんで乾杯!
一年以上ぶりでお会いするHさんがこの日は「すぎ」さんのお手伝い。
めっちゃレアキャラのHさんです。
BlogPaint



そんでもって。
今週初め。
この日は京都帰りにふらりと。
「新政 亜麻猫」。
これ、ほのかな酸味があって美味しい!
P1800156


トドメを刺しにきたんです。
シャコ。
しっかり子持ちシャコ。
P1800160


マグロ。
今ふと思ったけれども、
こうやって四角っぽく切ってあるのが好きみたいです、わたくしは。
スイカもそうだし、マグロもそう。
肉もそうだな。
なんでかな(笑)
P1800163



本日のトドメ刺しは。。
P1800177


麻婆飯!
P1800179

炊きたてご飯に山椒の効いたウマウマ麻婆豆腐!
P1800182


トドメのトドメ!
ヅケにしておいたさっきのマグロ用にちっちゃなご飯いただき。
P1800183

ミニヅケ丼。
P1800186


この日もレアキャラのHさんがいてくれて。
皆さんで乾杯!
ほぼ同じ構図。
BlogPaint



この日、リーゼント大将から重大発表をいただきました!
これです!
『ケロッ酒 伍』開催決定!!

令和元年9月8日(日曜)!
場所はいつもの丸の内の「PRONTO 名古屋丸の内店。

いつもは9月の第一日曜ですが今回は第2日曜日の8日です。
61694435_2351281404952725_4649514269304422400_n
P1800168


初参加の酒蔵さんが5蔵!
P1800170

組み合わせは当日発表だとか?
P1800171


リーゼント大将によると、
まだチケット発売前なのに、
参加店舗で予約するお客さんが多くて、
すでに割り当て分がなくなっちゃったというお店もあるそうな。
あと3ヶ月先だから、
トランキーロ!あっせんなよ!
って言いたいけれど、
焦んないとチケットがあっという間になくなっちゃうぜ!
P1800172

さあ、今回の『ケロッ酒 伍』はどこに参加しましょうか。
昨年は1部~3部まで「通し」で参加しました。
ただ、ここまで人気イベントになってきて
チケットがすぐ完売ってなっちゃうと僕が1人で3部とも居座ってるっていうのも
ちょっと申し訳ないようにも思います。
どうしようかな。



店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

日曜のちょっと簡単更新。

ご存知。
丸の内の「馳走和醸 すぎ」さん。

2月の中旬。
この日は3軒めでの深夜食堂タイム。
P1500845


この日初の日本酒。
「田光 純米吟醸 雄町」。
P1690399



特製おつまみセット!
これは見た瞬間、ときめきました!
なんだか好きなものばっか!
P1690401



マカサラ。
P1690402


海鮮太巻き。
というよりマグロいろいろ太巻きだね、これは。
一番最後に取っておきました。
P1690411


ホタルイカ。
P1690405


好きなもんばっか、といいつつなんだか忘れちゃったけれど
鉄皮とイカだったかな。
P1690406



「賀茂金秀 純米吟醸 雄町」。
「雄町」好きなので「雄町」しばりで。
P1690408


リーゼント大将とAちゃんと乾杯!
P1690410


若竹も出してくれて。
P1690414



焼きそばホットサンド!
P1690417
P1690418

僕は焼きそば大好きオヤジなんだけれど、
コンビニとかで売ってる焼きそばパンってあまり好きでないんです。
焼きそばが美味しくないし、パサついちゃって。。
でもこの焼きそばホットサンドは美味い!
焼きそばの味もしっかりしてておいしいし、
ホットサンドにすることによって、
パンも表面パリッと、中(というか白い部分ね)はしっとり。
P1690420



そして。
これが全ての始まりでした。
Aちゃんが作ったプリン!
P1690422

Aちゃんがカラメルかけてくれて。
P1690424

うんうん。
おいしいです。
娘と年齢変わらないAちゃんが作ったプリンなので、
もうそれだけでオヤジは大満足なのです。
でも。
普通なら、これで終わるんだけれども。
プリン大好きなバカオヤジはいらんこと言っちゃうんです。
P1690426

「僕は硬めで苦いカラメルソースがかかってるのが好み」、っとかね。

で、
ここからAちゃんが頑張ってくれて毎回プリンの進化が始まるんです。
そして、僕の『プリンの旅』も。
もうすでにこのブログにもAちゃんの進化したプリンも登場してます。
気付いてくれた方もいるかしら。
誰も興味ないかもしれないけれども、
僕が世の中で一番好きなもんはプリンなんです(笑)

ってことで。
今後も、このブログにときたま登場するバカオヤジの『プリンの旅』。
基本的にケーキ屋さんで売ってるプリンではなくって、
いろいろな飲食店で出してくれるプリンが僕の食べたいと思うプリン。
地道に細く長く続けていきます、多分。


店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901


こんな日が来ようとは!

予約困難な「肉山 名古屋」と
僕が軽く100回以上行ってる「馳走和醸すぎ」と
ゆるキャラソムリエ原くんが
コラボしました!


2月11日の祝日のお昼と夜の2部制。
僕は夜の部に友人達合計8人と伺いました!

場所は錦三の「肉山 名古屋」さん。
P1680575

1階にはどこかで見たバイクが止まってます。
P1680576


「肉山」さんはVIPルーム利用ばかりなので、←イヤミな言い方かな
こちらの5階の部屋はひさしぶり。
P1680577


コラボ用のピンバッチは2色。
お好きなほうを。
P1680578

僕は当然、赤。
P1680579


お向かいのカウンター席に「華丸吉日」の大将 発見!
BlogPaint



「肉山」鳥居さんと、濱崎さん(左)、ゆるキャラソムリエ原くん(右)。
鳥居さんの挨拶のあと~
BlogPaint


参加者全員で乾杯!
ドリンクは飲み放題!
P1680589


すぐに僕ら8人でビールで乾杯!
P1680617


八寸プレートを持ったリーゼント大将、登場!
待ってました、すぎさん!
すぎさんは、2階の「コニクヤマ」のキッチンで
料理を準備、調理して5階まで持ってきてくれるわけです。
BlogPaint


見た瞬間、おおおおお!って声があがった八寸プレート!
ワンプレート2人分です。
P1680594


僕らは8人(だったかな)の大所帯。
ずらずらずらとプレートが並びます。
P1680602

なかなかに壮観な眺め!
P1680599


これ、色合いも賑やかで映えるなあ~
め~ちゃめちゃいいじゃん!
まさに圧巻のコラボ八寸!
P1680620


菜花のお浸しと半熟玉子。
P1680623


切り干し大根を和えた肉山チャンジャ、
肉山パテを粟麩と一緒に甘辛で炊いて。
P1680607


マグロのヅケ+肉山粒マスタード。
タコの吸盤とキュウリ+肉山の豆味噌和えて。
P1680606


肉山の野菜餃子にアケガラシ。
P1680618


鯖寿し。
P1680608

赤酢に胡麻。
いと美味し!
P1680639



ハムカツに「すぎ」さんの柴漬けタルタル。
P1680605

ハムカツ大好きオヤジにはたまらぬ一枚。
P1680635



リーゼント大将すぎさんと鳥居さん。
にこやかだからいいけれど、
このお2人に睨まれたら怖いよ(笑)
P1680612


「肉山」の定番。
豚ロースに「すぎ」さんの山葵漬けと柴漬けを添えて。
P1680629
P1680640
P1680648



飲み放題のドリンクはゆるキャラソムリエの原くんにお願いすれば
ドラえもんのポッケみたいになんでも持ってきてくれます(笑)
P1680632

P1680637




野菜サラダは
「すぎ」特製ヴィネグリットソースに
肉山のハムをベーコン状にカリカリに焼いたものをかけてます。
P1680644
P1680646

塩味がちょうどいい。
美味いよ、これ。
P1680653



大きな肉塊が焼かれています。
P1680651




牛ヒレ!
P1680657
P1680662


P1680659



おお!
ここでこれが出るか!
すぎさんのホタルイカ焼きそば!
「深夜食堂すぎ」さんのテッパンメニュー!
ソースは肉山で使ってるソース!
東京高田馬場の「串カツ えいちゃん」のソースです。
なるほどこういうパターンもあるか!
まさにコラボ!
P1680664
P1680667



このあたりから日本酒攻撃。
P1680668
P1680671
P1680672



「すぎ」さんとこのAちゃんも一所懸命お手伝い。
こういう経験も彼女の財産になっていきますね。
P1680678



イチボ。
肉の後ろに隠れてるのはトマト。
トマトすき焼きみたいな感じかな。
P1680680



「鳥つる」大将、 つるちゃんもいるよん。
つるちゃん、「ミシュラン」『ビブグルマン』獲得おめでとう!
P1680689



メインはチリトリ鍋!
鍋もVIPルームではでますが、
通常の肉山さんでは出てきません。
P1680692

そして、
ブリしゃぶです!!
P1680698

ブリの骨の出汁と酒粕などから作ったスープ。
P1680705

すぎさん自らテーブル廻ってしゃぶしゃぶしてくれます。
BlogPaint


P1680710



ブリしゃぶのあとは、肉山の牛肉&豚肉でチリトリ鍋!
P1680729
P1680739
P1680743
P1680748


ブリの出汁が出てるスープが旨みを倍増させてます!
肉も豆もやしもガツガツいけちゃう。
P1680752

P1680747



「肉山雅治」も登場!
現在、「肉山雅治」さんは
「コニクヤマ」の店舗でお昼に「間借りラーメン」やってます!
なんと彼は「中華の人」だったんです。
僕もびっくり!
近々、ラーメン食べにいきますね!
「鳥つる」つるちゃんは相変わらずいい仕事?してます
BlogPaint



〆はカレー!!
肉山カレーと「すぎ」さんのドS辛口カレーの合い掛け!
おお~これがあったか~!
P1680757


鍋に残ったウマウマの出汁スープをカレーにも掛けちゃう!
P1680759

すぎ肉山スープカレー!みたいな!
P1680760



デザートはチョコアイス。
P1680762


無事昼夜の2部を終えてにこやかな仕掛け人の皆さん。
左側は新しい「肉山 名古屋」代表の濱崎さん。
BlogPaint
BlogPaint

「肉山 名古屋」店長さんも挨拶。
P1680770


エレベーター前での一枚。
P1680772

素晴らしく盛り上がった「肉山」「すぎ」「原」コラボ会でした。
最初、このコラボの話を聞いたときには、
どうやってコラボするんかな、って思ってましたが、
どの料理もそれぞれの特徴を出しつつ、とっても上手にコラボ成立させてました。
コラボ八寸に感動して、
薬味の使い方に感心して、
ああ、焼きそばもこのやり方があったか、と意表をつかれ、
〆のカレーに納得しました。

本当に想像の何倍も楽しかったし美味しかったです。
是非、またこのコラボやってほしいな。
年に一回くらいどうですか?
鳥居さん、すぎさん。
楽しみに待ってますね~

ご一緒だった皆さん、.ありがとうございました!
また次回あればご一緒しましょうね。



店名
肉山 名古屋
名古屋市中区錦三丁目19-21  ロックビル5F
080-5293-2975

店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

正月休みとかGWとかの大型連休になると
アクセス数がガッと下がるのがちょっと悲しいバカオヤジです。
(アクセス数はあくまで僕のモチベーションだけの問題ですけど)

2日連続の「すぎ」さんネタ。

3月22日、23日に行われた、
「なやばし日本酒まつり なやばし夜イチ」。
P1720636


22日の金曜日は夕方16時から。
23日の土曜日はお昼13時からやってまして。
土曜日のお昼~夕方のみ、
丸の内の「馳走和醸すぎ」さんが露店で「おつまみセット」を販売するというので、
お昼ご飯替わりにそれだけを購入しに行ってきました。
P1720637


桜は8分咲きって感じでしたでしょうか。
日陰はちょっと寒かったけれど、
好天のとてもよい日でした。
P1720634
P1720638



この日、僕は時間的な制約と夕方からの予定があったので
車で納屋橋まで行って、
「すぎ」さんのブースでこれだけ買って帰宅。
自宅でいただきました。

「馳走和醸すぎ」さんの「9種類のおつまみセット」。
P1720642



自家製ホルモン煮。
大根、こんにゃく、豚もつ、ナルト、など。
P1720644



ホタルイカのいしる焼きいちごポン酢。
ホタルイカ、菜の花をいちごのポン酢で。
今シーズンはよくイチゴを使ったドレッシングみたいなのを見かけました。
P1720645


春キャベツのお浸し。
キャベツ、えのき、椎茸、舞茸など。
P1720646


塩さば鬼おろし。
すぎさんの塩さば旨いんだよね。
鬼おろしのザクザク感もよし。
P1720647



半熟玉子。
まさに目玉オヤジ(笑)。
P1720648



ミニヒレカツ丼。
丼じゃないけど(笑)
これは見た瞬間分かりました。
以前、柳橋の丸中センターにあった「聖 ヒジリ」さん風のカツ丼。
「聖」のカツ丼美味しかったもんな。
この大きさだから手間かかったろうな、すぎさん。
P1720649



明太ポテサラ。
P1720650



蛸の酒盗ゆば和え。
これなんか、絶対日本酒なんだけどなあ。
今回はご飯でいただきました。
米は米ってことで
P1720651



マカロニサラダ。
Aちゃんの顔が浮かびます!
P1720652



手間隙かけた9種類の旨しおつまみ。
今年は白いご飯とともにしっかりいただきました。
ご馳走様でした!
P1720655


PS。
本日5月4日と
明日5月5日は
「馳走和醸 すぎ」さんで
「昼から立ち呑み すぎちゃん」やってます!
この前のお正月の「立ち呑みすぎちゃん」も大盛況でした。
あんまり混むのもなんなんですが
長いGWでヒマしてる方はどうぞ!


店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

これはついこの前のこと。
4月中旬です。

この日は「上ゲ」のジョージ・クル~ニ~「睦月」の大将たちと
大須で一軒め。
2軒目でご存知「馳走和醸すぎ」さんへお邪魔しました。

最初っから遅い時間には「すぎ」さんに行こうと僕は決めてました。
今夜は賑やかになりそうだな、という予感があったのです(笑)
ちょうど、この日は「すぎ」さんも「静かです」ということだったし、
「すぎ」さんしかお店はないな、と思ったんです。
P1750197


「上ゲ」のJ・クル~ニ~「睦月」大将、
一軒目からご一緒の友人Wさん、ザイルKさんと。
はい、乾杯!
BlogPaint


一軒目ではあとのこと考えて食べたのでお腹にはまだまだ余裕があります。
「すぎ」さん名物のこれで酒3合飲みやがれ八寸。
P1750201
P1750205


日本酒。
「鍋島 Blossom Moon」。
P1750214

「田光 槽搾り 純米酒」。
P1750217

「百十郎 キュベ・ジャポン」。
P1750225



鯨のユッケ。
鯨は好物のひとつ。
P1750220


リーゼント大将と「睦月」の大将。
すぎさん曰く「アゲウッドスター」。なるほど上手いこという!
P1750226



そして。
僕が替わりに予約しておいたので、リーゼント大将にはサプライズでした!
東京は中目黒の「松 まつもと」の松本さんとかほりちゃんが初「すぎ」さん!
このブログ見てくれてる方はご存知だと思います。
僕が東京に行くと9割がた顔出す『東京の深夜食堂』「松まつもと」さんです!
僕のブログ見て「松まつもと」さんに行ってくれた方も数名いらっしゃいます。
P1750228

時間差で松本さんのお知り合いの大鹿村でワインを作ってる与語さんも初来店。
乾杯!
P1750248



でもって。
この方々もご来店!
稲沢の超人気老舗和菓子屋の若旦那、
「割烹ほその」大将 細野さん、
「懐食 しばた」大将 柴田さん、
「壺中天」上井シェフ!
この日、若旦那からお誘いがあったんですが、
僕は「睦月」さん達との先約があったため、
2次会以降で合流しましょうと話してたんです。
P1750230

「睦月」大将も紹介させていただき、記念撮影。
濃いオヤジ達だなあ~
P1750232


翌日の仕込みのため最終で「上ゲ」に帰る大将を御見送り。
P1750234



「寶剣 純米酒超辛口」。
P1750237



こちらの「チームミシュラン(笑)」も御見送り。
和菓子屋さんは載らないらしいですが、
「すぎ」さん含め、(あ、「睦月」さんも)どこのお店もなんらかの形で
「ミシュラン」に載ると思うよ、僕は。
P1750242



「七本槍」。
P1750256


手羽先&キャベツの浅漬け。
どちらも大好き!
手羽先は「すぎ」さんオリジナルの甘辛のタレ味!
P1750246


そして!
深夜のたまらぬたまらぬ「すぎ定食」!!
P1750249

牛肉の甘辛煮!
よ~するに牛丼です!
しかも花山椒乗せ!
甘辛のあとからしびれる花山椒!
牛丼チェーン店では絶対に(たぶん)味わえない組み合わせ!
P1750252


んでもって!
豚の生姜焼き!
ひっそりタケノコも添えられてます!!
P1750255


写真撮り忘れちゃったけれど、
牛丼を平らげてからのお替りクン!
P1750258


あああ、たまらぬ。たまらぬ。
美味し美味し生姜焼き。
P1750260

もう1回お替りくん。
この時ちょうど12時。
P1750262



〆は。
Aちゃんプリン!
最近、こっそり「プリンブーム」なバカオヤジですが。
このブログにはまだ、その詳細は書いてませんね。
書かないかもしれないし。
P1750264



僕もまだまだご一緒したかったのだけれど、
この日は月曜日だったので僕も一足先に帰宅です。
松本さん、
かほりちゃん、
与語さんに
御見送りしていただきました。
BlogPaint

この日、3つのお誘いがあって、なんとかどれにもご一緒したい!
っていうバカオヤジの気持ちが天に通じました(笑)
僕らチーム、松本さんチーム、チームミシュラン(笑)の3組が
ビタっと「すぎ」さんで交わることが出来ました。
仕掛けた(というと大げさだけど)僕にとっては最高のできばえでした。

「睦月」大将、今回もありがとうございました!
もうすぐまたお店にお邪魔します。
よろしくお願いいたします。
若旦那、細野さん、柴田さん、上井さん、ありがとうございました!
今度は一次会からご一緒させてくださいね!
松本さん、名古屋行きます!って言ってくれて足掛け3年?
やっと名古屋でご一緒できましたね!
今度は「いし黒」さん行きましょう。
僕もまた次回、中目黒に伺える日を楽しみにしています!

すぎさん、いつもありがとう!
こういう集いが出来たのも「すぎ」さんあってこそ。
感謝です!



店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

ここ何年かの年末年始のお馴染みの風景になってきました。

丸の内の「馳走和醸すぎ」さんの、
「立ち呑み すぎちゃん」!

暮れも押し迫った、12月30日。
お昼12時スタート。
この日は「勲碧」×「立ち呑みすぎちゃん」。
江南市の「勲碧酒造」さんとのコラボです。
P1640117


「立ち呑みすぎちゃん」のおしながき。
P1640118


日本酒は「勲碧」。
他は缶ビールとペットボトル。
いつもと違う「すぎ」さんです。
P1640120


僕は友人のザイルKさんと。
はい、乾杯!
2018年はザイルKさんとたくさんご一緒させていただきました。
感謝感謝。
P1640121


基本的に、どれも500円なので、
500円貯金から500円をたくさん持ってきましたよ。
P1640122



Aちゃんマカロニサラダ。
ホントにどうでもいいことですが、
今「世界の山ちゃん」には「マカサラ」ないんですね。
僕が行ってたころは(30年くらい前)はマカサラがあって
手羽先と一緒に必ず食べてたんですけどね。
マカサラファンもいたのにな。
名前に「世界の」がつくようになってからは1回も行ってないんですが。
P1640124



おでん盛り。
なにげに超旨いおでん。
かまぼこがあるのが嬉しい。
P1640127



和牛スジ大根。
P1640129



湯どうふ(寄せどうふ)。
これまたなにげに旨いのだな。
P1640132



さあさあ。
「勲碧」!
P1640134

「純米大吟醸」から!
P1640136


「勲碧酒造」 村瀬さん。
P1640142


次は「純米吟醸」。
P1640141



菜の花からし和え。
P1640139



花わさび醤油漬け。
P1640145



刺身3種盛り。
マグロ、鰆の焼き霜、鯛だったかな。
P1640147

僕らが来た12時すぎは余裕がありましたが、
13時ころからお客さん増えてきて満席状態!
P1640149



煮込みハンバーグ。
P1640155

すぎさんにご飯もらって!
これやらないとね。
P1640159



鯖寿し。
P1640163

すぎさんの鯖寿し、うめえんですよ!
P1640168



円頓寺の「黄瀬戸」の大将も御来店!
P1640170



豚ホル煮込み。
これ、いい味してます!
こういう味付けは流石だなと思う。
P1640173


もう1回、おでん いったのかな?
赤棒もあるし、かまぼこも。
P1640176



あんこう汁。
P1640186



どMカレー。
Aちゃんが担当した優しい味わいカレー。
汗かくのはイヤだから(笑)僕はこれ。
P1640188


ザイルKさんはリーゼント大将の、どSカレー。
辛いカレーです。
P1640191



とってもいい笑顔の御三方。
P1640182


なんだかんだでずいぶんたくさん食べました!
御見送りに出てくれたリーゼント大将すぎさん。
2018年もたくさんお世話になりました。
ありがとう~
また来年もよろしくね~!
って感じで「立ち呑みすぎちゃん」を後にしました。
P1640193



で。
年明けての2019年1月4日。
新年の「立ち呑みすぎちゃん」!

年末に引き続きこの日もコラボ。
知多郡の「生道井(いくじい)」を醸す「原田酒造」×「立ち呑みすぎちゃん」です!
P1640507


この日、僕は1人で16時から。
店内超満員!
入り込む余地がありません!
そうしたら、
個室の方にお知り合いの方々がいらっしゃって、
運よく相席させていただけることになりました!
P1640508


「原田酒造」の原田専務。
いつも「ケロッ酒」にも参加されてます。
P1640510


「生道井 本醸造」。
P1640518


「生道井 若水 特別純米 槽口直取り」。
P1640534


この日は、すぎさんジュニアの小大将がお手伝い。
得意の玉子焼きを作ってくれました!
BlogPaint

めっちゃ上手!
普通にお客さんに出して全く問題ない美味しさ。
P1640523


もう一品。
お正月らしいのを。
伊勢海老出汁の白味噌ぞう煮!
P1640525
P1640528


僕は18時から次の予定があったので、ここらでお暇。
すぎさん、本年もどぞよろしく!
ってな感じでお店を出ました。
新年の挨拶代わりにこうやってお店に顔出せるのはいいねえ。
平成最後の「立ち呑みすぎちゃん」、楽しませていただきました!
P1640548



店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

日曜の簡単更新。

1月30日にUPしたスペイン料理の「ラ フエンテ」さんのあと。
実際には昨年11月中旬。

丸の内の「深夜食堂」こと「馳走和醸すぎ」さんへ。
ちょうど、お客さんを御見送りしていたすぎさんとAちゃんに遭遇。
P1580093


メンバーはとっても濃いこの男衆でした。
稲沢の若旦那、
高岳の割烹の大将、
岡崎の奇跡の大将、
名古屋フレンチの巨匠。
上井さん、写真入りきらずすみません!
P1580094


酒のお供 5種盛り。
P1580096

P1580101

なかなかない組み合わせの一枚!
いい写真やね。
P1580104


P1580105


P1580107


P1580110


P1580111


〆はこちら。
煮込みハンバーグ!
P1580113


手乗り茶碗のご飯もいただき。
P1580119
P1580121


ハンバーグで一杯食べたあとお替りくん。
P1580122

ご飯ぶち込み。
P1580123


高岳の大将はどこいったのかな?
P1580126

深夜というにはちょっとだけ早い時間でしたが、
皆さん、稲沢、江南、岡崎に帰んなきゃいけないので
電車のある時間に解散です。

楽しくて素晴らしい時間でした。
このなかに入れていただけて幸せでした。
皆さん、ありがとうございました!



店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

毎年、名古屋では『磐城壽』の日本酒会が3日連続で行われます。
『磐城壽』とは、何回もこのブログでも紹介している、山形県の酒蔵さん。
福島県浪江町で震災にあったのち、山形県で見事に甦った蔵です。

友人のPハヤシさんが
この『磐城壽』を名古屋に紹介するために、
親しい酒屋さんと飲食店さんに相談して日本酒会を始めて、
今年で6年目。
「海の日」
「馳走和醸 すぎ」
「米家」
の3軒で3日連続で日本酒会が行われています。

で。
この日は「馳走和醸すぎ」さんでの『磐城壽』の会です。
僕は「すぎ」さんの『磐城壽』の会は5年連続の5回目。
P1500173


『磐城壽』の「鈴木酒造店」の蔵元 鈴木大介さんの挨拶。
BlogPaint


リーゼント大将すぎさんの音頭で乾杯!
P1500176
P1500178

「甦る 純米吟醸」。
この日、ちょっとしたトラブルがあって、
「磐城壽」のお酒が予定通りに届かなかったらしいです。
なので急遽、名古屋の酒屋さんから集めたとのこと。
この「甦る」は多分、最初の予定ではでなかったお酒。
でもこれ好きなので、飲めて嬉しいです。
P1500201



これで3合飲みやがれ!八寸。
P1500181
P1500185

モロヘイヤのお浸し。
P1500186


シラスの塩辛。
P1500187


鰯の筋目と行者菜の味噌和え。
P1500188


蝦夷バイ貝。
P1500189


湯葉と新物のイクラ。
P1500191


半熟卵。
P1500192


蛸の吸盤、オクラ、ミョウガの酒盗和え。
P1500193


山形のシャインマスカットとムール貝のおろし和え。
P1500194


馬肉サクラユッケ丼!
「鈴木酒造店」のある山形県は古くからの馬の産地で馬肉料理が有名なのだとか。
それでサクラユッケか!
すぎさん、よく考えてます!
P1500197


蔵元が持ってるのは「一生幸福」。
P1500203

「磐城壽」のシリーズ以外のネーミングは、
この「一生幸福」とか「親父の小言」とか、
なんかちょっと心に染みるものが多いです。
P1500205



「ランドマーク 浪江の酒」。
これは新しいお酒。
「浪江」は震災の前に蔵があった場所。
故郷に対する想いが強く伝わってきます。
この日、朗報を聞きました。
もしかしたら、2年後か3年後か、再び「浪江」に戻れるかもしれないとのこと。
それを聞いて、心で拍手しました。
P1500208

朴訥だけれど熱く語る蔵元。
P1500209



お造り。
P1500227

北海道仙鳳趾の牡蠣、
よこわ、
ホウキハタ、
鱧の焼き霜、
新秋刀魚。
P1500228



P1500226



松茸のフライと
行者菜のメンチカツ。
P1500243

ピュアホワイトのマカサラ。
マカサラ、もっと欲しかった(笑)
P1500247

このメンチカツが凄いんです。
美味いんです。
P1500256

見て見て、このジュ~シ~なの!
P1500267

これが「行者菜」。
山形県長井市産。
現在、「磐城壽」が醸されてる場所の特産野菜!
P1500322



次は小鍋!
芋煮のきのこ鍋!
「芋煮」は山形の郷土料理。
P1500275

上には鱧のあられ揚げ。
地味に見える鍋をカラフルに盛り上げてくれてます。
P1500273

里芋&きのこ。
ホント、すぎさんは郷土料理を上手く取り入れるなあ。
感心します。
P1500280



そしてもう一品。
今度はカレーうどん!
山形では芋煮の〆にカレーうどんってのが定番らしいです。
P1500281

このカレーにもさっきの「行者菜」が使われてます!
P1500284

うどんは四間道の「鈴音」のうどん!
「鈴音」さんはうどんも美味いんだよね。
スパイシーであり旨みもあって最高に美味いです!
P1500290

へへ。
ここにはどうしてもこうしたくなる!
P1500297

どうだ!
P1500299

ぐつぐつに煮た小鍋なので、
残ったカレーがご飯に絶妙に絡まって、これまた悶絶級のウマさだよ!
P1500302


最初にいただいた「甦る」をぬる燗で。
これが広がるんだよなあ~
燗のウマさを実感できます。
P1500304


途中、何本か瓶の写真をまたまた取り忘れちゃったけれど、
集合写真はキッチリと。
この日いただいた「磐城壽」たち。
P1500308
BlogPaint



みんなで記念撮影。
BlogPaint

好きな日本酒、いっぱいあります。
応援したい日本酒もいっぱいあります。
でも「応援したい」って意味ではこの「磐城壽」が一番。
1日も早く、福島県浪江町に戻れますように。
これからも「磐城壽の会」が続く限り参加します。

「鈴木酒造店」鈴木蔵元、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
この日、ご一緒だった皆さん、ありがとうございました。
すぎさん、いつもありがとう!



店名
馳走和醸 すぎ
住所 名古屋市中区丸の内1-12-23 サンエスケーイワタ1F
電話番号 052-231-1901

このページのトップヘ