antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「すず家」

4月初旬。

この日は僕の師匠Sさんとの久しぶりの会食。
大須の「すゞ家」さんです。
P1350648
P1350650


はい、お疲れ様です!
乾杯!
もう1人は友人のチャンR。わかる人には分かるチャンR(笑)
P1350651



師匠のSさんと伺う「すゞ家」さんは普通のメニューではありません。
普段のメニューには載ってない店主の森さんにお任せの特別コースです。
以前にも「秘密の焼肉コース」とか、やっていただきました。
いわば、「秘密のS師匠限定超特別コース」ってとこです。

タコのカルパッチョ。
P1350653



ラタトゥイユ乗せクラッカー。
P1350654

おお、これ美味いで!
P1350662



赤しゃ海老の唐揚げ。
これとタコのカルパッチョがおまかせコースの定番です。
P1350660

昔は赤しゃ海老の唐揚げってよく食べたけどなあ。
P1350658



あさりの酒蒸し。
P1350664
P1350667



ホワイトアスパラ&トリ貝。
P1350668
P1350672

明太子のサワークリーム。
これが美味い。
トリ貝にもアスパラにも合います。
P1350671



白ワインを一本。
P1350673
P1350675



ここで、たこ焼き!
でた~!
超特別なお遊び裏メニュー!
これは以前も食べたことがあります!
懐かしいな。
たこ焼き乗せる「舟」も
雰囲気出すために大須のたこ焼き屋さんから分けてもらってきてくれてます。
P1350677

どう見てもたこ焼き!
P1350686

でも中身は、蟹クリームコロッケ風!
かに玉たこ焼き!
流石、洋食屋さん!
P1350689



コールスロー。
P1350694



そして!
ホルモン!
レタスが敷かれて出てくるホルモンってのもなかなかオツです!
P1350695
P1350697

甘めのタレ。
とっても上品なホルモンです。
P1350703



赤を一本。
P1350701
P1350702



串カツ!
「すゞ家」で串カツ!
P1350706


ホタテ!
P1350712

タルタルソースつけて!
P1350715


味噌カツ!
P1350718
辛子をちょん!
P1350719

牛です!
牛ヒレ串カツ!
P1350721

あああ、美味い!
P1350723



これはネギマ!
P1350727

豚ヒレのネギマです!
「すゞ家」さんの美味すぎるヒレカツを串にしてくれたわけです。
これが美味くないわけがない!
通常のヒレカツより美味しく感じちゃうのは何故だ!(笑)
P1350730

キャベツも美味いがな。
P1350729



まだまだ終わりません!
今度は天津飯!
P1350735

これは初めていただきます!
たまらんな、この黄金色!
P1350736

下手な中華より美味しいよ、これ!
おそらくまかないとかで作ってるのかな?
P1350741



もう一品!
炒飯!
以前に1回だけS師匠と一緒のときに作ってもらいました。
めっちゃパラパラうまうまの炒飯です!
P1350745
P1350748

普通に作ってるだけですよ、というんだけれど。
なんか妙に美味い。
妙妙に美味い。
ちょっとした洋風の味付けがポイントなのかな?
P1350749


19時半から始まって、
22時すぎ。
もうほとんどお客さんはいません。
P1350751


「すゞ家」店主 森さんと。
BlogPaint

今回は、
S師匠からは、「すゞ家」が串カツ出してくれるんですよ!
っていうお誘いでお邪魔しました。
なるほど、素材とか揚げるといった調理法は同じにしても、
串に刺すっていう手段を使うことによって、
なんだか不思議な美味しさと楽しさが溢れていました。
これがB級の面白さなんだろうな。

天津飯と炒飯の美味さにも感動。。
「すゞ家 CHINA」やればいいのに(笑)
絶対流行るよ

「すゞ家」森さん、ありがとうございました!
また美味しいもの食べさせてください。
よろしくお願いいたします!

S師匠、ありがとうございました!
最近顔出してないので心苦しいんですが
またお声かけてください。
よろしくお願いいたします!


PS。今回のおまかせコースは通常は提供されていません。
   単品での注文も出来ません。
   御注意ください。


店名
すゞ家
住所 名古屋市中区大須3-11-17
電話番号 052-241-3752

もう2ヶ月近く前になりますが、
土曜日の夜、
大須の「すゞ家」さんへ。

ちなみに、前回の「すゞ家」さんの記事「秘密の焼肉編」
思った以上に
いろんなところから反響がありました。
それだけ「すゞ家」さんが人気あるってことですね。
今回は完璧に普通の「すゞ家」さんです(笑)
P1130994
P1130996



はい、乾杯!
P1130997


ハンバーグ。
洋食屋さんの定番であり、普通は一番人気の一品。
でも、「すゞ家」さんでは、それほど注文したことないし、
注文するお客さんも少なめかな。
やっぱり「とんかつ」系が有名だからね。
P1140002

でも、このハンバーグ、丁寧に作ってある安定の美味しさ。
P1140004
P1140007



ヒレカツ定食。
とんかつは
ロースカツのほうが肉っぽい脂感があって旨みはあると思いますが、
「すゞ家」さんではヒレカツのほうが好きです。
「すゞ家」さんに来るお客さんも一番ヒレカツの注文が多いと思う。
P1140010

付け合せのポテサラはシンプルイズベストの美味さ。
見た目は地味だけれども、ホント美味しい。
僕のなかでも最上位のポテサラ。
P1140012

何十分と行列して並んで食べるとんかつも美味しいけれど、
サクッと普通にこのレヴェルのとんかつが食べられるのが「すゞ家」さんの凄さ。
P1140035



この日、僕が一番食べたかった活海老フライ。
これは「時価」です。
そんなに高いわけではないと思いますが。
P1140015

美食家の「山本益博」さんも愛した活海老フライ。
有頭の車海老を使ってます。
納得のいかない車海老しかないときは欠品で作ってくれません。
身は甘くプリプリ。
頭からはウマ甘い味噌も堪能できるのだ。
P1140018

この海老フライにはソースじゃなくって、自家製タルタルソース。
これが合う。
美味いんです。
P1140019

このタルタルはそれだけで食べても十二分に美味いよ。
P1140023


もう一品、
山本益博さんが愛した「ハヤシライス」も食べたかったんだけれど、
残念ながらこの日は売り切れ中。
手間隙がかかりすぎてすぐに作れないんです。
P1130999


なので、カレーライス。
P1140024
P1140029

洋食屋さんらしい、デミグラスっぽいカレーライス。
ハイカラな味わい。
P1140031

特別な「すゞ家」さんも最高に楽しいけれど、
普通の「すゞ家」さんは超安定な美味しさ。
間違いない美味しさ。
だからときたま行きたくなるんだなあ。

次回はハヤシライスあるか、電話で確認してから行こうかな。
「電話で確認してください」って
いつもそうやって言ってもらってる気がするけど、
一度もかけたことないや(笑)
いつも急に食べたくなっちゃうからね。



店名
すゞ家
住所 名古屋市中区大須3-11-17
電話番号 052-241-3752

ある水曜日の夜8時。

大須の老舗洋食店「すゞ家」さんへ。
「すゞ家」さんは久しぶりです。
そして、8時というちょい遅い時間なのは理由があるんです。
P1090204
P1090205


「すゞ家」さんの大常連でもあり、
僕の師匠でもあるSさんとオヤジ2人です。
はい、乾杯!
Sさんとご飯食べるのも久しぶり!
P1090206


この日はメニューは見ないし関係ありません。
とりあえず、「すゞ家」店主 森さんにおまかせでいろいろだしてもらいます。

たこのカルパッチョ。
P1090208


赤しゃ海老の唐揚げ。
P1090212


パテパン。
P1090215
P1090219


白ワインはグラスで。
P1090220


海老サラダ(僕が勝手に名前つけてます)
P1090223

自家製マヨネーズとゆで卵でタルタルソース作ります。
P1090225
P1090230

しっかり大きな車海老。
「すゞ家」さんは一定基準以上の大きさと質の車海老しか絶対に使わないです。
P1090233

タルタルいっぱいつけて。
めっちゃウマ。
P1090238



牛肩ロースのステーキ。
P1090243
P1090246

程よいサシ。
洋食屋さんならではのデミグラスソースがうンまいんです。
P1090252


赤を一本。
P1090270
P1090249


他のお客さんが帰った9時すぎ。
ここからがこの日の本番。
P1090275


テーブルの上にガスコンロ。
P1090254
そして南部鉄のグリルパン登場!
P1090258


そしてそして!
ヤバイお肉の登場です!
なんと、「すゞ家」さんで焼肉です!
普段では絶対ありえないんですが、
Sさんが美味い焼肉食べさせて!って我がまま言いました
(もちろん、前もってお願いしたんですが)
だから、遅い時間からでお客さんが帰ってからなのです。
P1090261

ヒレ、
イチボ、
うで、
サガリ。
どれがどれだかよく分かりません。
教えてもらったけれど忘れました
P1090265
P1090268
しかし、このへんのサシはヤバイだろ(笑)
P1090266
これも!
P1090267

そして、マッタケも。
ああ、マッタケは「すゞ家」さんではフライにして出してるからなあ。
P1090269

薬味もいろいろ。
P1090285


「すゞ家」がこっから「焼肉すゞ家」に変わります!
P1090277
P1090278
P1090292

松茸と肉合わせて喰ってやる!
P1090298
P1090302



追加で、内モモ肉。
P1090304
P1090306


マッタケも追加!
P1090308
P1090317
さすがに僕は霜降りが凄すぎて途中でギブアップ。
師匠Sさんがペロリと平らげました。
僕よりぐっと年上のSさんですが、元気です。
みのもんたや高田純次とか元気なオヤジは肉もりもり食べてますからね。
P1090318



〆でもう一品!
P1090321


「すゞ家」のハヤシライス!
いつもあるわけじゃないハヤシライスがこの日はありました!
手間隙がかかりすぎるので、
一旦なくなるとすぐに作ることができないんです。
P1090323
P1090329

ホント美味しい。
どのくらい美味しいのかは、
「すゞ家」店主 森さんが見せてくれた記事をみてください。
P1090330


「週刊 現代」(だったと思う)で
美食家の山本益博さんが書いた記事です。
P1090334

益博さんの「すゞ家」ネタは「活海老フライ」も。
相当なお気に入りみたいです。
最近は名古屋では某和食店に通ってるみたいですが(笑)
P1090342
この海老フライ、ホント美味しいからなあ。
以前、これが食べたくなって行ったんだけれど、
その日、いい海老がなくて作れないって言われたことあるもん。
悲しかったけれど、そういうこだわりが本当に美味しいものを作るんですよね。
P1090338


師匠Sさんと、
「すゞ家」店主 森さん。
(僕と)Sさんとはもう34年くらいのおつき合いですが、
Sさんと森さんとは40年くらい?
森さんにとってもSさんは師匠みたいな存在なんだろうな。
BlogPaint

先輩方といろんなお話をするのはホント楽しい。
盛り上がってしまって、お店を出るころは日付が変わってました。

森さん、遅くまでありがとうございました!
また伺います!
よろしくお願いいたします!
Sさん、ありがとうございました。
今度はどこに行きますか?
お誘いお待ちしております!


店名
すゞ家
住所 名古屋市中区大須3-11-17
電話番号 052-241-3752

2016年のネタがだいぶ片付いてきましたので、
ぼちぼち今年の分を織り交ぜていこうかな、と思います。

大須にある洋食の老舗「すゞ家」さん。
食べログとか見ると、
この「すゞ家」さんには「大須赤門店」って店名がついてるのがなんでかな?
ってずっと思ってましたが、
事情通の僕の師匠のSさんが教えてくれました。
以前は「本店」が千早の辺りにあったのだけど
店主さんが高齢で閉店して大須だけになったとのこと。


その「本店」が昨年8月に15年ぶりに復活しました。
お店の方は「本家」って言いかたされてました。
「とんかつ すゞ家」さん。
P1870831
P1870833


店内のダークブラウンの色調は大須と同じ。
落ち着いた雰囲気です。
P1870835


メニューはこちら。
土曜日のお昼でしたが、特にランチといったものはないようでした。
平日は分かりませんが。
P1870834


迷って迷って、基本のロースカツ定食 1680円を注文。
肉をとんとん叩いてる音がキッチンからしてきました。
期待できそうだな、と。
左は見にくいけれど、お漬物。
右はソースです。
P1870838


待つこと10分ちょい。
来ました、ロースカツ定食。
P1870841


ご飯とキャベツはお替り自由です。
味噌汁、出汁が効いてて美味しいです。
P1870842

注目のロースカツ。
P1870840

いい断面。
じゅわ~っと脂が出てきてます。
P1870846

薄いサクサクな衣。
ジューシーで程よく柔らか。
ちょうどいい噛み応え。
肉の旨味もしっかり。
ちょっとだけ下味の胡椒が多いかなとも思いましたが、
十二分に美味しいロースカツです。
これならまた食べたいです。
P1870851


ポテサラもシンプル。
おじゃがの食感もしっかり残ってます。
美味しいポテサラ。
大須とよく似てます。
P1870849

この味ならば、「すゞ家」の名前に偽りなし、だと思います。
さすが「本家」。
次回は蟹クリームコロッケも食べたいし、ハヤシライスにも期待大です。



ただ。
なんとなくだけど、「本家」って言い方がなんか気になるなあ(笑)
バカオヤジの杞憂だとは思いますが(笑)
P1870830


とんかつ すゞ家 (本家)
名古屋市中区新栄1-41-1
052-261-0027

日曜日のお昼。
大須の「すゞ家」さんへ、とんかつ食べに。
P1440035


12時近かったので、
1階席は満員で久しぶりの2階席。
奥にはピアノもあります。
P1440018



これは、娘Bのヒレカツと海老フライのセット。
「すゞ家」さんの海老フライは「時価」です。
いつも立派で美味しいプリプリの海老です。
P1440019


嫁さんの小ヒレかつ定食。
名前の通り、少しヒレかつが小さめ。
P1440022


僕のヒレかつ定食。
P1440025

美味しいご飯と、
めちゃ旨い出汁の味噌汁。
ご飯はお替り自由なので、1回お替りクン。
P1440028

とんかつは「ヒレ」より「ロース」のほうが旨味があるっていうのを
以前、学習しましたが、
「すゞ家」さんのは、「ヒレ」もほうが旨いと、僕は思うのです。
まあ、好みなのでしょうが。
P1440030


当然のごとく、
定食一個では、精神的に満足できないので、
唐揚げにしようか、迷いましたが、
ハンバーグの単品もひとつ注文。
P1440026
このハンバーグ、特別にきゃ~!旨い~!って叫ぶようなものではないけども、
丁寧に作ってあって、ああ、美味しいなあって安心できるハンバーグ。
僕は、目玉焼きは好きではないけども、
この黄身がデミグラスソースと交じり合う感じは好きです。
白身は娘が食べました
P1440033

いつも間違いなくおいしくって、
時たま必ず食べたくなる「すゞ家」さんの「ヒレかつ」。
老若男女問わずいつもいっぱいのお客さんが入ってることがその証明ですね。

ご馳走様でした。
次回は僕の師匠との会食でお邪魔したいなあ。


すゞ家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752

大須が元気ですね。
もう終っちゃいましたが、このドラマも見てました。
宮様や、ハーサンも出てたし、
最終回に天ちんと山田昌が夫婦役で出てたのは
なんかちょっと涙ものだったなあ。
P1380770


というわけで。
大須の「すゞ家」さんです。
この日は僕の師匠のSさんとの久々の会食です。
P1380771

平日の夜でもお客さんいっぱいです。
S師匠、お疲れ様です!乾杯!
P1380774
師匠Sさんと「すゞ家」さん来る時はいつも特別メニュー。
数日前から美味しいもの食べさせてって店主 森さんにお願いしておくわけです。


たこのカルパッチョ。
P1380776


赤しゃエビの唐揚げ。
久しぶりに赤しゃエビ食べた気がするなあ。
P1380779



牡蠣フライ。
P1380782
これが旨いのなんの。
こんな旨い牡蠣フライ 久々に食べた!
P1380784


お値打ちであっさり飲みやすい赤ワインで。
P1380789


グラタン。
「すゞ家」さんのグラタンは初めて。
普段は時間かかるからやらないんだっけ?
美味しいです。
P1380792



そして。
この日のメインは、極上のステーキ!
P1380794

野菜サラダ。
シンプルで旨いポテサラも入ってます。
P1380797

そして、ド~~ン!と登場!
ボリュームありすぎじゃないっすか!
左がヒレ、右がロース。
バターとガーリックのっけて、これぞ王道ステーキ!
P1380801
特製ステーキソースもありますが、
そのままで十分しっかり旨い!
P1380806

たまらんたまらんたまらんちん。
P1380807

肉で幸せいっぱい腹いっぱい。
P1380809


でも。
もう一品。
S師匠から噂を聞いてました。
「すゞ家」特製チャーハン!!
P1380813
これは旨すぎです。
パラパラ加減もちょうど良く、かなり旨いです!
なんなんだろう。
この妙な旨さは!
普通に作ってるだけって言ってたけど、そんなわけないと思うんだけどな。
P1380815
これ見てる方々には申し訳ないですが、
この激旨チャーハンはメニューにもないし普段は作ってくれません。
僕も、是非また食べたいけども次回はいつ食べれるのやら


大須の元気さ、面白さはこんなところからも分かります。
「すゞ家」の店主 BOSS森さんが教えてくれました。
8分ほどありますが、よかったら見てください。
かっこいいシビれる曲、遊びこころ満載の面白い映像です。
大須に詳しい人が見るとウケること請け合いです!
一ノ瀬大悟デュオ「PANDEMIC」!





すゞ家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752

ある日曜日の夜。
海老フライが食べたくなって、急遽、大須の「すず家」さんへ。
P1270822

サクッと食べて帰るつもりなので、車。
僕は、ノンアルコール。
嫁さんはビール。
P1270825


ちなみに、「すず家 赤門店」ってなってるのは、
以前は、矢場町のへんにもう一店舗あったから。
今でも看板だけは残ってるはず。
P1270826


さっそく、目的の海老フライを。
「すず家」さんで海老フライ食べるの、もしかして初めてかな。
綺麗に、いい感じで.揚がってます。
P1270830

頭の硬い部分が最初から取れるようになってて、食べやすい。
そして、美味しい!
この切り口からして、いい海老でしょう。
この海老フライ、メニューには「時価」ってなってました
P1270842



こちらは、嫁さんのヒレカツと海老フライ。
P1270831
「すず家」さんでは、ロースじゃなくて、ヒレなんです。
P1270834



僕が、海老フライだけで足りるわけなく。
もう一品。
このサラダは、その主役の一皿についてるもの。
P1270827

それが、これ。
ビーフカツ!
安くないよ!牛丼10杯以上食べれる金額。
P1270835

もう20年くらい前だったか、まだ髪の毛がふさふさしてた頃。
なにかの本で「すず家」さんのビーフカツが紹介されてるのを見て、
こんな旨そうなの食べてみたいなあって思ったのを今でも覚えてます。
その後、僕の師匠Sさんと「すず家」さんでおまかせコース食べたときに
一度、いただいたことはあるんですが、
きちんと、単品で注文するのは、今回が初めて。
ちょっと、1人で感慨にふけってました。
P1270837

見てくださいな。
この薄い衣。
この美しさ。
ああ、ヨダレでてきた。
P1270845

つけ合わせも美味しい。
右側のは、人参と思ったらトマトが揚げてあるんです。
P1270844


嫁さんはビール2杯飲んだから、ご飯はなしだって。
「すず家」さんの味噌汁、旨いんですよ。
この出汁なに使ってんだろ?
P1270840

コーヒーも出してくれて。
ああ、満足。
P1270847

日曜の夜で、僕らが伺ったのが18時半くらい。
一時間ちょいいたけども、ずっとお客さんがひっきりなしに来店してました。
入れなくて諦めた人もいたなあ。
老若男女。
本当に幅広いお客さんに愛されてる洋食屋さんですね。
いまさらながら、そう思いました。


海老フライがメインだったはずが、ビーフカツに主役を取られちゃったみたいな
思ってたよりも、贅沢しちゃったけど、美味しかったから、それで良し!
ってことで。
 
おしまい。


すず家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752

お馴染み、大須の老舗洋食店「すず家」さん。
P1110597
僕の師匠のSさん(このブログにも数回登場)が「すず家」のオーナー森さんと
35年以上の付き合いがあって、
そのご縁もあって「すず家」さんでは、僕も常連さん扱いをしていただけるんですが。
この日は、師匠Sさんからのお誘いで、
「すず家」さんで、いろいろおまかせの特別コースをご一緒させていただくことになりました。
これで、「すず家おまかせコース」は3~4回めかな。


「ケグ・ナゴヤ」で待ち合わせして2~3杯飲んできたんですが。
改めて、乾杯。
P1110600

茶豆。
丁寧で美味しい。
P1110601

たこのカルパッチョ。
P1110603

海老サラダ。
こういうの大好き。
P1110604

そして、これ。
なんと、たこ焼き!?
P1110607
どうみても、たこ焼き。
P1110608
実は。
P1110609
なんと!蟹クリームコロッケ!なのでした。
でも痛恨のピンボケ!
申し訳ないっす。
P1110610
近くのたこ焼きやから、たこ焼きいれる舟もらってきたそうです。
いやいや手が込んでるね!
しかも、もちろんめっちゃ旨!!
もっと食べたかった!!
でもでも、普段は絶対やらないって。
僕の師匠のSさんだからってことです。
さすが師匠。
ご相伴に預かりました。あざ~す!


イタヤ貝とコイカのアリオリ。
焼いた食パンと。
P1110612
P1110614

おまかせの赤ワイン。
P1110615

贅沢な松茸フライ!
1人3本分ありまっせ!
P1110619

牛ヒレ!
ヒレかつも食べたかったけど、もうそろそろ限界が。
P1110621P1110626
P1110622

幻のハヤシライス。
ちょい少なめ。
本当に美味しい。
師匠は、これでは足りん!って(笑)
お替りしそうな勢いでしたが、理性が止めた?
P1110632


常連さんのA子さんと、僕ら以外お客さん帰られて、
森オーナーが自宅4階から連れてきた愛犬マロン。
めっちゃ大人しい娘です。
ちなみに森さんは、僕の中学校の先輩であることが判明。
先輩これからもよろしくお願いいたします。
P1110635

左がantonオヤジ。
右が師匠Sさん。
知ってる人は知ってるけど、僕はまず間違いなく、いつも赤いものを身につけてます。
これは、完全に師匠Sさんの影響。
オヤジ2人赤い靴!(笑)
P1110631

師匠Sさんは、そんなにあちらこちら、いろいろなお店に食べにいくわけではないけども、
名古屋だけでなく、東京、大阪、ピンポイントで本当に美味しい良いお店を知ってるんです。
また、ご一緒させてください。
よろしくお願いいたします。



すず家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752

たまたま、前日の土曜日の夜中、録画しておいたテレビみてて、
ソースかつ丼の美味い店をやってたんです。
で、日曜のお昼(朝兼用)、ソースかつ丼食べいこ!
って思ったんですが、意外にない。
前、一度行った、北区の「越前」さんくらいしか思い浮かばない。
でも日曜日だから休みかな?という感じがしたので、
だったら、自分で作っちゃえ(自宅で作るんではなくて)ってことで
大須の「すず家」さんへ直行。
P1080100

ヒレカツに付け合せで付いてくるけど、
もっと食べたいんで、単品で。ポテサラ(小)。
P1080078


いつものように、ヒレカツ定食を注文したついでに
「今日、ハヤシライスあるの?」
って尋ねてみたんです。
すると、(小声で)「内緒ですけど、作ったばかりのがありますよ」って。
実は、「すず家」さん、絶品のハヤシライスがあるんですが、
作るのに手間がかかるので、忙しいときには品切れってことが多いんです。
ぼくは、ここ3~4回ダメでした。
antonオヤジのなかでは、「幻のハヤシライス」ってわけです。
(それに実は、恥ずかしながら絶品ハヤシライスは未食なんですよ)
おお!じゃあ、せっかくなんで、注文しない手はないでしょ!
ってことで、
どん!
「幻のハヤシライス」!
P1080082

はっきり言います。
今まで食べたハヤシライスのなかで、一番美味しい!
まろやかで、優しい味。
特別な特徴があるわけじゃないけど、バランスがいいのかな。
本当に、丁寧に、真面目に、作られてるんだと思います。
玉葱の食感もとってもいい。
P1080096
P1080097

今回は、嫁さんと仲良く分けたので、次回(あれば)一皿がっつりいきたいです!
ちなみに、ハヤシライス、1680円。
けして安くはないけど、食べる価値はあると思います。

付け合せの漬物も充実。
P1080079

これは、嫁さんの、単品ヒレカツ(小)
P1080093

こっちが、オヤジのヒレカツ定食。
P1080090
P1080095

かくして、テーブルの上に豪華に並ぶ絶品洋食たち。
P1080092



でね、結局、「幻のハヤシライス」の登場で、半分どうでもよくなっちゃたけど(笑)
お手製(笑)ソースかつ丼。
P1080098
これが、やりたかったんです。
キャベツも余分に多くもらったりしたんですが、なんか企画倒れっぽいなあ(笑)

実は、「ヴィチーノ」や「鮨井」さんにご一緒してもらってる、僕の師匠Sさんも
ここ「すず家」さんのハヤシライス大好きなので、今度一緒に食べましょうって話を
この間してたんですが、
フライングして食べちゃいました。
Sさん、ごめんなさい(笑)
本当に美味しかったです。



すず家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752


大須の「すず家」さんです。
名古屋の有名老舗洋食屋さんですね。
大須の中公設市場の前にあります。
P1010196
大須にはちょくちょく行くんですが
大須に行くから「すず家」さんでご飯ではなくって
「すず家」さんで食べるために、大須に行くんです。
常に「食べること」が中心なのでございます。
P1010197
土曜か日曜のお昼におじゃましますが、いっつも混んでます。
でも開店と同時に行くので間違いなく入れます。



で、いつも注文するのが、
ヒレカツ定食
P1010200
いやいや、ここのヒレカツは、うまい!
とんかつの美味しいお店は他にもいっぱいありますが、
このレベルのとんかつが、もったいぶるわけでもなく、
他の料理とともに、いつもサクッ!っと普通にでてくるから素晴らしい。
(このニュアンス分かってもらえるかなあ?)



ヒレカツに隠れてますが、
付け合せのポテサラもシンプルでうまい。
大好きです。
P1010202
それから、赤だしもうまいですよ。
だしの味がめっちゃ好み!



食いしん坊オヤジ必須の追加単品注文。
この日は、チキンソテー。
P1010199

これで、いつものごとく腹パンっす。
で、散歩がてら大須商店街にくりだすわけです。



ちょっと知っておくと便利なこと教えます。
すず家の横の駐車場は、穴場です。
みんな万松寺駐車場とか、大須の周りに車を置きたがるので
いっそ大須の真ん中に入っちゃえばいいんですよ。
昼過ぎから行っても大体すぐ止めれます。
満車だったらごめんなさい。


もうひとつ。
「すず家」さんの持帰り「カツサンド」知ってますか?
2011年の春くらいにでた ぴあ「東海手みやげ本」の表紙にもなりました。
P1090855
ボリュームあってうんまい!
冷めてから食べることを想定してつくってあるので、
昼もらって、その日の夜食べてもうま~い。
人にあげるには、勿体ないんで(笑)自分ちでいただきますが、
一時期ハマって、ヒレカツ定食食べに行くたびに持帰りしてました。

「すず家」さんは、とんかつだけでなく何食ってもおいしいんですが、
夜行って、ビール飲みながら、おまかせで色々食べさせてもらうっていうのもいいんですよ。


その辺は、またの機会に。


すず家
名古屋市中区大須3-11-17
052-241-3752

このページのトップヘ