antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「ふじさわ」

前回、「ふじさわ」さんの記事をUPしたときに、
FBで「行きたい!」ってコメントしてくれた友人が多かったので、
では「カウンター貸切」でみんなで行きましょうってことに相成りまして。
結局、季節的なこともあり(インフルが流行ってたころ)
紆余曲折あって、友人、知人、初対面の方々という混成チームで
なんとか「貸切」のままお店に迷惑かけることなく伺うことができました。
ってことで。
天白区植田山の「ふじさわ」さん!
P1610581
P1610583


はい、皆さん、お集まりいただきありがとうございます!
乾杯!
P1610587
こっちも乾杯!
総勢8名です。
P1610588


この日のネタケースの一部。
P1610584


温野菜。
ホワイトアスパラ、プチベール、うるいを胡麻トマヨネーズで和えて。
P1610589


一週間寝かした5㎏の真鯛。
P1610594



日本酒!
女将さんがずらっと並べてくれました。
みんないただいたわけじゃなくって、この中から各自お好きなものをって感じ。
P1610597


アワビのしゃぶしゃぶ。
P1610601
幸せな柔らかさ。
美味しい~!
P1610603


ハガツオ。
大根おろし、りんごの摩り下ろしで。
海苔、香り良し、ハガツオにも合う合う。
P1610611


ずわい蟹のちらし。
いつか、丼一杯食べたいです。
P1610616


「ふじさわ」さんでは炭火使ってるので、
ネタとかを炙るときには、網に炭火乗せて炙ります。
こういう手間のかかることを惜しまないのが素晴らしい!
P1610617

大将から、はい、っと手渡し。
BlogPaint

絶品の鯖すしです。
P1610623


筍と自家製バチコ。
P1610626
半生なのです。
これホントに旨いです。
P1610633


僕はここでヒレ酒。
燗は好きではないけれど、ヒレ酒だけは好きなのだ。
バチコをほぐしながらチビチビいくのだ。
P1610635


剣先イカ。
P1610637


コハダ。
P1610638


のどぐろ。
P1610641


出た!オヤジ殺し!
河豚の白子!
白子の下には河豚のほぐし身。
やっぱ、鱈より河豚の白子のほうが美味しいな。
P1610645
河豚の白子、こんなんなのです。相当デカイ河豚だな。
これ見ると、ヤバいなあ~って何故か冷や汗かくバカオヤジ。
P1610648



赤貝。
P1610651


キハダマグロのヅケ。
P1610654


とろ。
P1610655



甘鯛のかぶら蒸し。
P1610658


サヨリ。
P1610664


煮はまぐり。
P1610666


穴子。
P1610669


ネギトロ!
P1610670
これも、うンまい!
P1610673


ふんわり玉子。
P1610678


金目鯛の麹味噌汁。
中の金目の写真撮らなきゃいけませんね。
P1610679


デザート。
苺を米麹で。
P1610684


19時からスタートしたお席もここらでお開き。
P1610685

愉しい貸切のお席でした。
「ふじさわ」さんのプライベート空間を
いつかは貸切で使わせていただきたいと思っておりました。
最初にも書きましたが、
参加したくても出来なくなった方々がいらっしゃたり、
予定が合わなかった方々がいらっしゃったり。
不甲斐なく段取り悪い幹事で本当に申し訳なかったですが、
また懲りずにお声掛けいたしますので、
是非、再びの「ふじさわ」さん貸切、やらせていただきたいと思っております。
今回、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

「ふじさわ」の大将、女将さん、娘さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。


ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048


忘年会、Xmas会シリーズがずっと続いてますが、
2015年分の更新ももう少し。
今回は12月中旬にうかがった天白区植田山の
「ふじさわ」さん!
P1570003
P1570005


なんとか年内にお邪魔できてよかったです。
はい、乾杯。
P1570006


海老と柿の和え物。
P1570009


4.3kgの河豚。
5日間熟成。
P1570012
P1570014


日本酒はこちらから。
「旭興」「寶剣」「豊盃」を。
P1570018
P1570020


大間のマグロ。
黄色いのはカラスミ。
P1570023


蟹蒸し寿し。
P1570026


真剣に黙々と仕事する大将。
その合間合間にお話させていただくのが楽しいんです。
P1570030



鯖炙り海苔巻。
P1570032
これがまた旨いんだ。
赤シャリがよく分かるでしょ。
P1570034


河豚の鉄皮サラダ。
P1570040



剣先イカ。
塩胡麻で。胡麻の余韻が心地よいんです。
P1570041


なんと、シンコ!
「冬のシンコ」です。
暖冬だからかな。
P1570045


のどぐろ。
P1570051


鹿児島産たけのこ。
P1570052


この空間、大好きです。
初めて来るお客さんは誰もがいいなあ~って思うはず。
P1570057


自家製バチコ。
通常は三角形で乾燥させやすいバチコを手間かけて丸めてあります。
P1570058
割って中みるとこんなにレア。
この生生しいのが美味しい!
P1570063


アワビ。
P1570065


雲丹。
下は白子とシャリを和えたもの。
これ美味しいんだよね~
P1570069



ここらで、ひれ酒。
「ふじさわ」さん来ると大体お願いします。
僕は普段は燗酒はあまり飲まないけども、ひれ酒は好き。
燗冷ましがいいのです。
P1570077



牡蠣、ホタテを白子と香箱蟹のカツオ出汁ソースで。
濃厚クリーミー。美味しいです。
手が込んでるなあ。
P1570084


カマの中おち乗せ大間のトロ!
贅沢な食べ方!
P1570091


一週間熟成させたキジハタの昆布〆。
P1570095


車海老。
P1570097
黄身酢おぼろかけ。
おぼろ大好きです。
P1570099


イクラ。これまた一手間かけてあります。
シャリの下には、つぶしたイクラ。
濃厚で贅沢な玉子かけご飯みたい。
P1570105


蕪の鬼おろしと鯛のお椀。
P1570107
P1570110



穴子。
P1570111



玉子。
P1570115
P1570116
P1570117


この写真みると、カチカチという静かに時を刻む音が、思い出されます。P1570120
19時からお邪魔したので、ちょうど3時間。
まったり、すっぽり、しっぽり、極上のプライベート空間で
美味しく過ごさせていただきました。

大将、女将さん、いつもありがとうございます。
またお邪魔させてください。
ご馳走様でした!


ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

(「更上一層楼」とは、禅の言葉で「楼を更にもう一階上に上がる」ということ。)

何故か、昨年のお盆以来となってしまってました!
天白区植田山の
「ふじさわ」さん!
暮れにお節料理をとりにうかがいましたが、
もうちょっとで一年経っちゃうとこだった!
P1450149
P1450150


久々のプライベート空間。
この座布団が羽毛がはいってるの?ってくらい、ほんわり柔らかいんです。
P1450153


仕事の区切りの日でしたので、
本当の「お疲れ様」です。
乾杯。
P1450155


帆立のすり流し。
P1450156
焼いた帆立を昆布〆にしてあります。
ほどよい量のジュンサイ。
P1450158


渡り蟹にイチジク。
胡麻ダレに土佐酢のジュレかけ。
P1450161


日本酒は女将さんにおまかせ。
「長珍 純米吟醸 うすにごり生」。
P1450162


アワビのみぞれ鍋!
P1450163
アワビいっぱい入ってます。
熱いのに、涼しげな鍋です。
P1450166


炭火でなにを炙ってるの?って見ていたら。
P1450167

カラスミに雲丹ご飯!
ご飯はシャリ。
P1450169
これ、めちゃくちゃ旨い!
本当に旨かった。
オヤジ殺しの一品!(笑)
大事にチビリチビリいただきました。
P1450170


「澤屋まつもと」。
P1450171


鯖すし。
これも旨い。
しびれる旨さ。
そして、分かりますか?
今年から「ふじさわ」さんのシャリが変わったんです。
P1450177


イカの白さと比べると一目瞭然。
赤酢のシャリです。
ほのかに感じる酸味が心地よいです。
「ああ、旨い鮨食べてるな」って感じます。
剣先イカ。胡麻塩で。
P1450181


10日寝かしたホシガレイ。
肝はマコガレイの。
P1450185


鱧のしゃぶしゃぶ。
P1450190
旨い。
P1450192


「田光 純米吟醸 雄町」。
P1450193


大とろ。
P1450196


坂手の雲丹。
海苔は九州 有明。
鯖もそうだったけど、海苔パリパリ美味しい!
この手巻きみたいな食べ方いいな。
P1450202


コハダ。
おぼろが入ってます。
この江戸前の技 大好き。
コハダの酸っぱさにおぼろの甘さがほんのり絡み合って、たまりません。
P1450208


「豊盃 純米吟醸」。
酒がすすむ酒がすすむ酒がすすむよ~
のんびりできちゃう雰囲気もあってどんだけでもいけちゃう気分。
P1450209



湯葉、雲丹、毛蟹のお椀。
P1450211


フルーツトマト「きわめ」。
ジュレもトマト。
P1450214


ねぎとろ。
本当に海苔ぱりぱり。
旨いし、音も心地よい。
P1450215


「大那 超辛口純米」。
P1450220


生とり貝。
P1450222


のどぐろ。
P1450224


かすご(小鯛)。
これも好きなネタ。
P1450228


煮はまぐり。
ホッペが落ちそうになるね。
P1450230


浅利の味噌汁。
P1450236


穴子。
P1450238


玉子。
P1450239


食べやすいように丁寧に種がとってあります。
P1450241
P1450244

前回お邪魔した8月頃にシャリの米を変えて、
今年に入って今度は酢を赤酢に。
今までのままで十分美味しいのに、
より一層、美味しくするために日々探求されてる姿は素晴らしいです。

この日は「ふじさわ」さん1軒で完結。
まったりゆっくり美味しく過ごさせていただけました。
今度は、もっと短いスパンで顔出します。
美味しかったです!
またよろしくお願いいたします。
ご馳走様でした!


ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

左足を骨折したあと初めて松葉杖付いてお店来たのが、
こちら天白区植田山の隠れ家お鮨屋さん「ふじさわ」さん。
今度来る時はもう治ってるつもりでしたが・・・(笑)
お盆休みの真っ只中。
営業しててくれてよかったです。
P1290965
P1290968
P1290969


嫁さんとしっぽり、すっぽり。
P1290972



イチジクと帆立の昆布〆。
P1290976


この日、目をつけてたのが、これらの名酒たち!
これが飲みたかったのです!
どれも気軽にいただけるお酒ではないです。
P1290979

そのなかでも特にこれ!
「海の日」の店主 田中さんもこれ入れてましたね!
「十四代 七重二十貫(しちたれにじっかん)」!
P1290983

右の「磯自慢」は2007年。
P1290982

三種、一合ずついただきました。
P1290984


「ふじさわ」さんちの新兵器。
右側の炭火焼き用コンロ。(コンロでいいのかな?)
BlogPaint
炭火で穴子を焼いてくれます!
お鮨屋さんで炭火使ってるお店ってあるの?
僕は初めて!
ガスとは、ふんわり感が違います。
美味しい!
炭火の良さを味わってもらうために、あえて最初に穴子です。
P1290981


大間のまぐろ、
一週間寝かした平目の昆布〆。
P1290987


鱧と松茸。
P1290991


毛ガニの味噌和え。
これはたまらんちん。
P1290995


松前。
海苔でまくと一層美味しくなります。
P1290998


イカ。
P1300003


新子。
P1300007


鯵。
P1300009


のどぐろ。
柚子胡椒で。
旨し旨し。
P1300010


「長珍 純米吟醸」
P1300012


アワビと雲丹のリゾット。
アワビの肝を混ぜた酢飯がつかってあります。
めっちゃ旨。
P1300013
P1300014


「ソガ ペール エ フィス」
P1300020


お口直しの桃。
P1300024


ねぎとろ巻き。
P1300029


甘海老の昆布〆。
まったりねっちょり旨い。
P1300031


雲丹。
P1300032


茶碗蒸し。
P1300036


煮蛤。
P1300039


軽~い玉。
P1300042


デザートのメロンとマスカット。
P1300043

この日も美味しかった!
最高のお酒とお鮨に勝るものはないです!
8月くらいから、寿司飯のお米を変えたそうです。
炭火を取り入れたのもそうだけど、
より美味しくするために向上心もって頑張ってられるのは凄いです。

「ふじさわ」さん一軒の予定だったので、
ついつい長居させていただき、またまたいろいろなお話されていただいちゃいました。
ありがとうございました。
またお邪魔いたします!


ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

ある週始めの午後。
なんの報いか、
日ごろの行いが悪いのか、
調子に乗ったバチが当たったのか、
歩いてて、よそ見した瞬間、段差に気づかず、大コケして、
左足の靭帯損傷というハメに

こけた瞬間、「あ、やっちゃった!」と直感。
見る見る左足の甲が腫れあがっちゃいました。
出先だったので、そのまま我慢して仕事ちょっとして(廻りの方々に御迷惑おかけしました
1時間半後くらいに、病院に。
少しヒビが入ってるようだけど、幸い骨折とまではいかなかったようです。
(なんと、二週間後、再レントゲンとって、骨折と判明!ガーン!)
P1270856
仕事は休めないので、痛いの我慢してこなしつつ、夜は家で静かに。
そんなこんなで5日間は大人しくしてたんですが、
せっかくの週末の夜は、さすがに我慢できなくって(笑)
でも、歩くのには松葉杖がいるし、いつもみたいに何軒も行くっていうのは絶対無理。

というわけで。
都心の繁華街は避けて、一軒だけということで。
天白区植田山の「ふじさわ」さんへ。
当日の連絡でしたが、ちょうど2人分空いてました!
P1270859
P1270864


最初は生ビール。
5日間、ずっとアルコール絶ってました。
ついでにプチダイエットもしてたんですけどね(笑)
P1270865


鱧。
さわやか。
P1270866


平目(一日熟成)、赤貝、トロ。
平目、まったりねっとり美味しい。
トロも素晴らしい。
P1270872


本日のラインナップ。
P1270875

まずは、いつものように日高見から。
P1270877


鰯。
なんとも優しいいい味です。
P1270878


蟹のちらし。
蟹の味噌だけで味付けしてあります。
P1270882
P1270883


お酒もすすむ。
白岳仙の夏限定から、寶剱 大吟醸。
P1270884


アオリイカ。
P1270887


甘海老の昆布〆。
美味しい。
P1270889


のどぐろ。
うんまい!
P1270891


鯵。
P1270894


鰯。
P1270897


ミル貝の肝とヒモ。
P1270901


鮑のみぞれ鍋。
温かいのに、涼しいお鍋。
P1270903
P1270906


お口直し。
P1270907


ねぎトロ巻き。
P1270909P1270910


ミル貝。
P1270912


雲丹。
P1270916


煮はまぐり。
P1270920


赤出汁。
P1270922


穴子。
思わず、「おお、旨い!」
P1270924


鉄火。
P1270925P1270926


かる~くて優しい玉。
P1270927


フルーツトマト。
P1270930


甘味。
美味しかった!
P1270932


気が付けば、お客さんは僕らだけ。
P1270929
大将、女将さんとの楽しい会話がついつい弾んで。
可愛いお孫さんも、生まれたまんまの姿で乱入したりとか
いつも変わらずの本当にリラックスできる心地よい空間で、
左足の疼きも忘れさせていただきました。
怪我後の最初のお店に、「ふじさわ」さんを選んで良かった!

今度伺うときには、もう大丈夫のはずです。
大将、女将さん、ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。
ご馳走さまでした。



ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

(おじゃまする)約2週間前にあるお店でこちらの大将御家族にお会いして、
そのときに、予約お願いしちゃいました。
天白区植田山の「ふじさわ」さん。
2回めの訪問です。
P1240065
P1240069


今回は友人Mちゃんと嫁さんとの3人。
珍しく、Mちゃんが、このブログみて「ふじさわ」さんに行きたいって言いだしたんです。
この日、何にも食べてないというMちゃんです。
P1240070


この日のネタケースの一部。
P1240071
P1240072
ちょうど、満開の桜が桜吹雪になって舞いだしたころでした。
ずいぶん前のことになっちゃいましたね
P1240074


たこの柔らか煮、ホタルイカ、雲丹、とろろで。
P1240075


女将さん。
チャキチャキの笑顔の絶えない女将さん。
うちの嫁さんと意気投合してたな
これからも、よろしくお願いいたしますね、女将さん。
(写真掲載許可いただきましたが、色々考えマスクかけました
BlogPaint


マコガレイと赤貝。
マコガレイの肝醤油で。
P1240083


Mちゃんと嫁さんはひれ酒。
P1240088


蟹のちらし。
味付けは、毛蟹の味噌。
少しシャリが入ってるので食感が面白いです。
美味しい。
P1240090


一口鮑。
程よい柔らかさ。
P1240091


浅利、平目、筍の桜餅。
P1240094
P1240095


石鎚から しらぎくへ。
P1240096


生姜美味しい。
P1240099


5日熟成のすみいか。
P1240097


生とり貝。
P1240102



筍の蒸しすし。
たいら貝、筍、胡麻、椎茸がはいってます。
P1240108


アジ。
見たことない造形!
どうなってるんだ(笑)
これが旨い。
もう一貫食べたかった!
P1240110


松前すし。
昆布で。
P1240113
次は、海苔で巻いて。
おお、別ものになる!
旨い。
P1240116


紀土(きっど)。
P1240117


まかじきの利休焼き。
胡麻いりのタレをからめてあります。
大好きな味。
P1240123


フルーツトマトでお口直し。
ホワイトアスパラのジュレだったかな。
P1240126


ボタン海老の昆布〆に朧昆布。
P1240128


ミル貝のヒモと肝。
大きい!
めっちゃ旨。
お酒にバッチリ、体に悪いパターン(笑)
P1240133


淡緑(うすみどり)
P1240134


中とろ。
日本海の本鮪。
2週間熟成。
めっちゃ旨。脂がのってるのにさっぱり。
本当に溶けた!
P1240138


ミル貝。
P1240143


雲丹。
P1240150


穴子。
P1240153


ふぐの白子茶碗蒸し。
P1240154
大きな白子!
P1240156


カリカリ梅の手巻き。
パリッパリッの海苔がめっちゃ旨。
P1240158


こちらの玉子はとっても軽~いタイプ。
P1240159


デザート。
P1240162
P1240164


いつも(といっても僕らは2回めですが)
ビシっと着物できめてる大将。
着こなしカッコいいんだよねえ!
P1240169



7時から始まった宴も気が付けば、もう10時半。
他のお客さんが帰られて、静かになった部屋。
カチカチ・・カチ・・
この時計がいい味だしてるんです。
P1240167

平日 満席のお客さんが帰られて、ちょいと席移動して撮らせてもらった一枚。
嫁さんと2人でしっぽり のはずが、友人Mちゃん、嫁さんとの3人でのしっぽり。
BlogPaint

独身のMちゃんも交えての、子供の話、孫の話(笑)等々、
2回めの訪問とは思えないほど、大将、女将さんといっぱいお話しました。
「ふじさわ」さんの、温泉旅館に来てるかのような雰囲気にのせられて
ゆっくり、のんびりしちゃうんです。
もう腰が重くって(笑)
帰りたくなくなっちゃう。
このまま横になって寝ちゃおうかなって(笑)

本当に楽しく美味しい時間をありがとうございました。
また次回おじゃまするときを楽しみにしています。
ご馳走様でした!


ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

天白区の植田山という住宅街のなかに 
ひっそり隠れ家のようにあるお鮨屋さん「ふじさわ」さんに初訪問しました。

現在住んでる場所から、車で東山公園や星が丘に行こうとすると、
塩釜口から植田山に抜けていく裏道?を通ってくんですが、
何年も前に一度、この「ふじさわ」さんが気になって、
いつか伺えるときが来るかもって思い
星が丘に行った帰りに車で探したことがあったんです。
結局見つけらずに終わってしまったんですが。

今回、いくつかのきっかけが重なって、やっとおじゃますることが出来ました。
以前探したときに見落としていた看板に灯りが点ってて、
塩釜口からタクシーで行ったらすぐわかりました。
P1200529
この看板の横にある階段を上がると、
丁寧に手入れされた庭があってお店の入り口があります。
P1200530
こんばんわって普通のお宅におじゃまする感じです。
玄関で靴脱いで、短い廊下歩いて、部屋に案内されます。


そこに広がるプライベート感いっぱいのカウンター席!
カウンターは掘りごたつ式。
8席ほどあるんですが、完全に個室のようになってて、
一瞬、時が止まったかのような、なんともいえない、いい雰囲気を醸し出してるんです。
P1200615
ふんわりした座布団、足元には湯たんぽもあります。
カチ、カチと時を刻む古い時計の音。
なんか、都会の喧騒から抜け出して、とってもいい田舎の温泉宿におじゃましてるような。
ああ、もうたまらない!
一発でお気に入り!
P1200611
お鮨いただかなくても、いいお店ってわかります。
もうこの雰囲気だけで、「ふじさわ」さん大好きです!
この写真見てください。
嫁さんとの しっぽり感がわかるでしょ
BlogPaint


ネタケース。
いい感じですね。
P1200544


つき出しは、筍と何かのまさご和え だったかな。
P1200532


良い宴になりそうです。
乾杯!
P1200533


アワビ粥。
お米をアワビの出汁で6時間蒸してあります。
P1200534
食べちゃうのが勿体無いくらい美味しい。
P1200536


5日ねかしたヒラメ、宮城の本マグロ。
ヒラメ旨い。
特に、エンガワめっちゃ旨!!
P1200537


お酒は、まず右側の金澤屋 特別純米。
P1200540
P1200543


さば。
P1200547

ふぐ。
P1200548


ズワイガニとふぐの白子のかぶら蒸し。
P1200551


長珍いって、澤屋まつもと。
P1200541
P1200554


ナマコ。
一時間以上コロコロ転がして三分の一くらいになったナマコを細かくしてあります。
大将曰く「愛情たっぷりの仕込み」。
抜群に美味しいです。
P1200555


いか。
P1200557


赤貝。
P1200559


フルーツトマト。
P1200561


筍。
美味しい。
P1200563


サヨリ。
P1200569


ぶり 幽庵焼き。
旨かったなあ。
P1200577


ひれ酒。
嫁さんのです。
P1200584


とろ。
こういう包丁の入れ方は初めて。
とろけました。
P1200589


白むつの昆布〆。
旨い!
P1200590


雲丹。
てんこ盛り!
P1200594


甘海老。とろろ昆布がのっかってます。
P1200599


穴子。
P1200602


玉子。
軽い食感。
P1200605


下仁田ねぎと牡蠣の味噌汁。
しっかり出汁が利いてて美味しい。
P1200607


デザート。
P1200608


よく通る声の大将と、美人の女将さん、可愛い娘さんの温かい接客もとっても良かったです。
大将ともいろいろお話させていただき、
妙に共通点があったりして(笑)楽しかったです。
P1200585

また、是非ぜひ、このプライベート感あふれる格別な空間で、
美味しいお鮨を食べさせていただきたいと思います。
ご馳走様でした!



ふじさわ
名古屋市天白区植田山1-111-1
052-782-1048

このページのトップヘ