antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「那古野みつ林」

およそ、一年半ぶりに
「四間道スクエア」の
「那古野 みつ林」さんへ!
P1680803
P1680749


7000円の会席コースをお願いしてあります。
P1680751


嫁さんとしっぽりすっぽり。
P1680752


先付け。
抹茶豆腐、シャコ、アスパラに黄身酢と美味出汁のジュレ。
P1680753
P1680756


さっそく日本酒が欲しくなりました~
「山形正宗 夏ノ純米」。
P1680761



お椀。
えんどう豆のすり流し。
炙った鯉が入ってます。5月だったからね。
「鯉」って久しぶりに食べました。
P1680758


お造り。
シマアジ、イサキ、本マグロ、スミイカ。
P1680764


「ほしいずみ 純米吟醸」。
知多郡阿久比町のお酒。
けっこう好きです。
P1680765


焼き八寸。
2人分です。
5月なので端午の節句 八寸です。
いいな、この八寸。
P1680767

新もずく、
新生姜と小海老のかき揚げ、
小鮎の木の芽炊き、
鴨ロース(実山椒入り)、
サザエ旨煮、
アイナメのしそ焼き、
玉子カステラ、一寸豆の蜜煮、
矢生姜。
P1680771
たたき蕨の雲丹のせ。
P1680772
ちまきは鯛のお寿司!
P1680777



「出羽桜 純米吟醸 雄町」。
P1680773



静岡牛の冷しゃぶ。
新玉ねぎ、カイワレ。
タレポン酢で。
P1680779



炊き合わせ。
穴子の奉書巻。
桂剥きした大根で穴子が巻いてあります。
長芋、インゲン。
P1680782


ミッチー三つ林さんと乾杯。
御無沙汰してました!
P1680788



「若波 純米吟醸」。
P1680789



蕗とお揚げの炊き込みご飯。
P1680791
地味な感じだけど、蕗の食感とお揚げの味付けがよくて美味しいです。
P1680792
P1680793


甘味で終了。
P1680797

開店されてもうすぐ2年。
一年半前にお邪魔したときは、
料理は美味しいけれど、
なにやら板場が「とっちらかってる」ようで
要らぬ心配をしちゃったように覚えてますが、
2年経って、ずいぶん落ち着いて見てられるようになったなあ、と感心しました。
スタッフのK君が入ったおかげもあるかな。
開店当時はほとんど三つ林さん1人でこなしてたもんなあ。
予約も安定して入ってるようだし、
繁盛店に成長したな、と嬉しくなりました。

このところ御無沙汰でしたがまたお邪魔させてください。
御馳走様でした!


PS。何回も告知します!
   昨年に続き、「那古野 みつ林」さんも
   「第二回 ケロッ酒」に参加します。
   よろしくお願いいたします!
P1680603


那古野 みつ林
名古屋市西区那古野一丁目22-9
052-533-5530

前回、開店して間もなくで、うかがったランチが好印象だったので、
10月の初めに夜の会席コースで利用させていただきました。
「四間道スクエア」(勝手にanton命名)の
和食「那古野 みつ林」さん。
P1320138
P1320142

7000円のコースをお願いしてあります。
P1320145


最初は生。ハートランドです。
P1320146


先付け。
秋の一皿です。
秋がみんな入ってる。
柿、生麩、菊菜、菊花、トンブリ、柘榴、胡桃、焼き松茸。
P1320149
P1320150


お椀。
もみじ真丈。
表面には人参と南京の紅葉が形度ってあります。
中には むかご。
美味しいです。
P1320151


「ほしいずみ 純米吟醸 冷やおろし」
愛知県阿久比のお酒。
地元のお酒ですが、全く知りませんでした。
が!これが旨いんです。
飲みやすくって、ついついいっちゃいます。
お気に入りに登録。
あれば絶対にいただきたい!
P1320156


造り。
鰆の焼き霜、
ボタン海老、
天然平目、
本鮪。
P1320159


焼き八寸。
紅葉の器には、子持ち鮎の甘露煮、枝豆(丹波の紫ずきん)、銀杏。
酢橘の器は、エノキのもみじ和え。
カマスの幽庵焼き。
新生姜。
椎茸寿し。
P1320161
P1320163


さっきの「ほしいずみ」で通してもよかったけども、やっぱり色々と。
「邂逅 思 純米大吟醸」
P1320164

「八海山 純米吟醸」
このあと、「ほしいずみ」に戻りました。
P1320165


海老芋の焚き合わせ。
舞茸、ホウレン草、海老、菊花。
P1320168


鴨のロース。
優しいいい味です。
美味しい。
P1320170


油物。
天ぷらもあります。
茄子、芋(だったかな)、ミョウガ、インゲン。
P1320174P1320177

P1320178P1320181


土鍋ご飯。
秋刀魚ご飯です。
P1320183
秋刀魚の肝も乗ってます。
ああ、たまらない。
P1320184
当然、お替りくん。
P1320187


水物。
胡麻プリン、洋梨、りんご、ぶどう(長野パープル)
胡麻プリン美味しい。
P1320189

ボリューム満点でした。
そして、どれも美味しかった。

前回のランチのときに
ちょっとバタバタ感があって、
取っ散らかる感じがあったので(三つ林さん ごめんなさい!)
それがちょっと気になってたんですが、
(基本的にお独りでの営業なのでいたし方ないのもありますが)
ずいぶん慣れてこられたのか、
さほど今回はそれも気にならず、どれも美味しくいただけました。
ひとつだけ言わせていただくとしたら、
天ぷらは無くてもいいかな。(僕らがそう思っただけですが)

「みつ林」さん、絶対 腕いいと思うし、
新規オープンの直後にお邪魔したということもあるので、
このお店が成長していくのを見させていただくってのもいいかなって思ってます。
というわけで、
またお邪魔させていただきたいです。
ご馳走様でした。


那古野 みつ林
名古屋市西区那古野一丁目22-9
052-533-5530



antonダメダメダイエット日記
おお、いい数字。
月曜、火曜、水曜(は夕方まで)と、ひもじい思いをした甲斐がありました。
水曜(昨日)の夜はイタリアンがっつりいっちゃいましたけど
10月29日の体重。
P1330477

西区の四間道に
新しい飲食店が数軒入った施設が出来るという話は聞いてたのですが、
そのうちの1軒、和食屋さんに早速行ってきました。
P1290930
四間道の真ん中らへんに突如出来上がった風情ある建物。
ビルだと思ってたのに、さにあらず!
なんという雰囲気の良さ!

こちらに入ってるのは、この5軒。
それぞれオープン日が異なるようで、まだ開店されてないお店もあります。
下から2番めにあるのは有名店「イザーレシュウ」さんのお店。
で、今回僕がお邪魔したのは、「那古野 みつ林」さん。
8月8日にオープンされました。
P1290931
前々日に丸の内の「馳走和醸すぎ」さんにお邪魔したらリーゼント大将すぎさんが
教えてくれました。
なので、すぐに予約してランチに伺った次第なのです。
すぎさん、ありがとう!

で。
「那古野 みつ林」さん。
P1290935

真新しい店内。
カウンター席が7席、テーブル席が1卓。
テーブル席はいっぱいのお祝いのお花で埋まってました
僕らは、東京からお盆休みで帰ってきてる娘2人と嫁さんとの4人。
P1290938

京都で修行してきた御主人。
昼も夜もコースのみです。
2800円のコースをお願いしてあります。
P1290936

お昼だし、車だし、ノンアルコール。
開店祝いにもならないけど、一応飲み物注文するのが礼儀かな
P1290940


先付。
南京豆腐。
P1290941
もっちり美味しい。
P1290942



造里。
インド鮪、
天然平目。
P1290946
平目旨し。
P1290945


お椀。
鱧と松茸の土瓶蒸し。
P1290947
P1290949


焼八寸。
葛の葉の上には、
鰹のツナ、
鯖すし、
鱸の山椒あぶら焼き、
アスパラの黄身酢かけ、
枝豆(丹波黒豆)、
きぬかつぎ、
サツマイモのレモン煮。
P1290950
P1290951


焚合せ。
冷し焼き茄子の湯葉とろろかけ。
P1290954


土鍋ご飯です!
P1290956

お米は山形の「はえぬき」
P1290959

漬物は、
大根ビール漬け(旨し!)
きゅうり浅漬け、
ちりめん山椒。
P1290960
出汁巻は、目の前で作ってくれます。
P1290958


水物。
メロン、ハウスみかん、プラム、シャインマスカット。
メロンもみかんも美味しいです。
P1290964

どれもきっちり美味しかったです。
量的にも2800円のランチとしたら、十分だと思います。
比べたらいけないだろうけど、
前日のお昼に鰻丼2850円てえの食べたの後悔した(笑)
絶対このランチのほうがいいよなあ
満足度が違いすぎる。



開店されて一週間ということもあるし、
この日は奥様が不在だったこともあって、
ちょっとバタついたところもありましたが、
今度は、ゆっくり日本酒いただきながら夜のコースでお邪魔したいなあと思います。
ご馳走様でした!


それにしても、この新しい施設、名前が分からないけど、
ロケーション抜群だし、5店舗入ったお店、どれも期待できそうです!
楽しみが増えました。
これから西区四間道、より一層注目されるエリアですね!



那古野 みつ林
名古屋市西区那古野一丁目22-9
052-533-5530

このページのトップヘ