antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「円居」

僕がお腹を付き合わせる間柄の知人は何名かいらっしゃるのですが、
こちらの大将もそのお一人。
錦三丁目の「円居」さん!

この日は、そのお腹を付き合わせる仲の長島大将のお誘いで
「シダーヴィルコラボディナー」に参加させていただきました。
P1530270

「シダーヴィル」の説明はこちら。
アメリカ、カリフォルニアのワイナリーです。
P1530272
P1530273

この日、用意された4種類の「シダーヴィル」。
P1530271


最初はこちらの白。
「シダーヴィル ヴィオニエ エステイト 2013」。
P1530311
P1530274



一品め。
天然黒アワビの酒蒸しの天ぷら、
くわい芋のチップス、銀杏。
なるほど白に合うものばかり!
P1530275



冷たい前菜。
新イクラのしたには、
有機野菜のツルムラサキ。
P1530278
ツルムラサキは湯がいてたたいてあるだけなので、
鰹出汁のジュレとイクラと一緒に。
P1530281



玉子豆腐の椀物。
北海道産鱈白子のせ。
温かい中に冷たい白子が主張してます。
P1530282


お造り。
宮崎のキハダマグロ、
三河の天然ひらめ昆布〆、
金目鯛焼き霜、
北海道ボタン海老の紹興酒漬け。
P1530286

あえて、造りをこのシラーに合わせた大将。
脂がのってたりして、主張してる造りばかりなのと、
このシラーが透明感があるからということでの直感の組み合わせ。
なかなかイケます。
でも、やっぱ日本酒がほしくなる融通利かないバカオヤジanton
P1530289



魚の一皿。
ホタテ貝柱、海老、白身魚の真丈を北海道産キンキで包んであります。
下にはいろいろキノコ、利尻昆布と鰹の出汁で。
P1530290
真丈の中には、昆布森の雲丹がいっぱい入ってます。
これは旨いよね~
P1530295
これには、こちら。
「シダーヴィル グルナッシュ エステイト 2012」。
P1530293




次のお肉には、こちら。
「シダーヴィル ジンファンデル エステイト 2012」。
P1530296


黒毛和牛のサーロインの蒲焼風。
脂はきれいにとってあります。
手前には仏産フォアグラ。
P1530302
マッシュしてあるインカの目覚めには白トリュフの香りが付いてます。
そして生キャビア。
贅沢な一皿。
P1530304



炭水化物オヤジは黒毛和牛をふた切れほど残しておけばよかったと後悔(笑)
白いご飯と蒲焼した肉だもんね。
P1530308



羊の最中アイス。
P1530317
長島大将にこのポーズとられると、
マワシつけて、胸をかりたくなる(笑)
P1530318


その昔、憧れました、カリフォルニア。
そのカリフォルニアの豊かな太陽と大地から生まれた「シダーヴィル」。
ワインわからんちんオヤジの僕ですが、
数少ないお気に入りワインの一つとさせていただきたいたいです。
P1530315

セントヘレナ1934代表 Mitsy  Murataさん、
ご一緒だった皆様、
「円居」長島大将、
ありがとうございました!

大将、またのお誘い待ってます!



円居(えんきょ)
名古屋市中区錦三丁目7-9
太陽生命名古屋第2ビル 1F
052-962-0063

錦三の旨し和食店、
「円居」さん。
この日は21時からの予定もあって、
「円居」の大将に我がまま言って、
通常のコースではなくって、
「軽めのアラカルトっぽく」ってお願いしました。
P1510526

友人Mさんと。
乾杯!
P1510528


アラカルトっぽく、と言っても単品のメニューがあるわけではないので、
基本的には大将におまかせになるのです。
ハマグリの天ぷら。
P1510529
おお、旨い。
P1510530


松茸の土瓶蒸し。
P1510533
開けてびっくり!
なんて贅沢な土瓶蒸し。
松茸!金目!車海老!
松茸は信州産!
P1510534
めっちゃ旨い出汁がでてます。
P1510548


白ワインを1本。
P1510539

大将とも乾杯!
P1510540


牡丹海老(北海道)、鰆(師崎)、雲丹(北海道)、
雲丹の下は金目鯛(千葉1本釣り)、
海老の奥にはインド鮪の中とろ(ニュージーランド)。
P1510546
インド鮪 激旨!
P1510550



金華豚の薄バラ肉で巻いた のどぐろ。
のどぐろ肉巻!
5~6種類のキノコも。
写真の角度がイマイチだったな
P1510551

旨いです。
この金華豚で魚を巻くのが、「円居」のスペシャリテ。
P1510560
半熟うずらに里芋。
P1510564


ここで、イカのワタ焼き登場!
うへへ。
これヤバイっしょ!
旨すぎる!
P1510557


黒毛和牛のサーロインの蒲焼き!
サーロインは脂身とか取ってあって赤身のみ。
付け合せはカボチャ、インカの目覚めなど。
ミモレットとエメンタールという2種類のチーズがかかってます。
これも旨すぎ!
P1510568

赤もいただいて。
P1510570


もう完全に食いしん坊魂に火がついちまいました!
さっきのイカのワタ焼きのお汁を使って、リゾットを作ってもらいました!
P1510571
P1510572
P1510574
激旨というのはこのことか!
P1510578

これで飽き足らず、ご飯も!
P1510580
味噌汁と漬物もつけてくれちゃうから。
P1510577


羊の最中アイス。
P1510581
この羊が大将に見えてしまうantonオヤジ。
大将のポーズは「してやったり」だな、きっと(笑)
P1510582

軽くアラカルトのつもりが、ほぼ普通にコースになってしまいました
通常の「円居」のおまかせコースよりポーションは少なめだったんですが、
どれも美味しくって、ストップかけるタイミングを逸しました。
しかも炭水化物までお願いしちゃったしなあ
大将の術中にまんまと嵌まったか!?(笑)
(だから、さっきのポーズが「してやったり」ね)
BlogPaint

でも、この日の「円居」さん、とっても良かったです。
「円居」さんの新しい魅力を感じました。
大将は大変かもしれないけど、
ポーション少なめでちょっと点数多めのコースとか、
「イカのワタ焼き」みたいなアラカルトメニューが少しあると、
もっと行っちゃうな、絶対。

予定外に食べすぎましたが、
マジに「円居」さん来てよかったなあって思いました。
美味しかった!
大将、ご馳走様でした。
また、よろしくお願いいたします



円居(えんきょ)
名古屋市中区錦三丁目7-9
太陽生命名古屋第2ビル 1F
052-962-0063

錦三の「円居」さんが、
「17周年」ということで、
お祝いがてら行ってまいりました。
P1470330
P1480475


「Ch.igi Takaha」の「閃(ひらめき)」というスパークリングで乾杯。
P1470333


前菜。
夏野菜のジュレ、
69℃で5時間酒蒸しにした黒アワビ、
ミョウバンなしのムラサキ雲丹。
イクラも入ってます。
贅沢だな。美味しいな。
P1470335

椀物。
すっぽんスープの椀物。
P1470338
焼き茄子の上に金華豚を巻いた金目鯛
まさに猪木坂口のゴールデンコンビ。
これ旨いです。
P1470343


この日は日本酒ではなくて、白ワイン。
「Ch.igai Takaha」の「美夜(ミヤ)」を1本。
「円居」さんは、自然とワインっていう感じになっちゃう
P1470344



お造り。
インドマグロ、
和歌山のかんぱち、
北海道の甘海老。
P1470345
インドマグロ旨し。
P1470349


サマートリュフを削る大将、長島さん。
体形と同じで(ごめん)豪快な方
P1470350



魚のメイン。
ホタテの貝柱をムースにして花ズッキーニに包んで蒸したもの。
ムースには白トリュフの香り、
九十九里浜のハマグリの酒蒸しのソースで。
なおかつ、上からサマートリュフをかけて。
P1470352
貝柱のムース美味しいです。
味付けはものすごく抑えられてて、食材そのものの塩分でいただきます。
大将、豪快だけど繊細なんだなあ。
P1470356


肉のメイン。
黒毛和牛のサーロインステーキ。
付け合せもアスパラ、トマト、うずら等しっかり楽しめます。
P1470362
肉の上にはマッシュポテトとネギのソース。
サーロインは赤身部分のみ。贅沢な美味しさ!
ニンニク使ってません。
塩、マスタード、辛子で味を調節しながら。
ローストした胡桃もついてます。
P1470360

せっかくなのでって事で大将がお肉に合わせて赤を注いでくれました。
ありがとうございます。
P1470363



〆はご飯、味噌汁、漬物でさっぱりと。
P1470365


甘味は羊の最中アイス。
P1470367
なんとなく大将に似てる気がする
P1470370


大将と記念写真。
初めて「円居」さんにお邪魔したときは、
なんか取っ付きにくい大将だなあ~って思ったけど(笑)
それも最初だけで、
実際は気さくに豪快に楽しくお話させる方で、
僕の大好きな大将の御1人です。
BlogPaint

何はともあれ、
錦三で17年っていうのも、大したものだと思います。
伺ってからもう一月経っちゃったけど
円居さん、17周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
前菜からお肉まで、どのお皿も美味しかったです!
ご馳走様でした!


名古屋錦 円居
名古屋市中区錦三丁目7-9
太陽生命名古屋第2ビル 1F
052-962-0063

3月27日に錦三丁目の「円居」さんで開催された、
「円居&和風フレンチレストラン仁のコラボレーションピンチョスフェア」
行ってまいりました。
「仁」さんに関係するイベントやフェアは美味しくて楽しいので
催されれば必ず顔出したいと思ってるantonオヤジなのです。
P1400945
その名前の通り、
「円居」の大将と「和風フレンチレストラン仁」の仁さんが強力タッグを組んで、
華々しいピンチョススタイルの前菜から、
それぞれのお店のオリジナリティあふれる料理のマリアージュを楽しめるという
なんともワクワクされてくれる会なのです。
P1400970P1400971


もうすでにずら~っと並べられてます!
思わず感嘆の声をもらしちゃうピンチョス!
10種類です!
P1400956
P1400957
P1400962
P1400966
ワインも泡も飲み放題だ!
P1400960


この日の「お品書き」。
P1410003


「円居」の大将 長島さんと仁さんの挨拶のあと、乾杯!
P1400955


これは楽しいよね!
どれからいくか、迷わない人はいないでしょ!
P1400973
P1400978


1品ずつの御紹介。
食べた順番ではなくて、お品書きの順番です。
(仁)林檎と牛蒡の冷製スープ。
P1400991


(仁)キンカンの醤油漬け、シーザーサラダ仕立て。
P1400999


(仁)フワトロ雲丹プリン。
P1400988


(仁)籠の中に入った、アン肝のカレー風味テリーヌ。
P1400979


(仁)海老と蟹カマのリエット。
P1400982


(円居)三河車海老と南国フルーツカクテル。
これは甘そうだったので最後に食べました。
P1400984


(円居)湾内ほたるいかホタルディップ。
P1400985


(円居)天然とらふぐの昆布締め手毬寿司フリット仕立て。
P1400987


(円居)本鮪のタルタルKOREAスタイル。
P1400993


(円居)ほっぺの落ちた牛ホホサイコロ。
P1400998



10種類のピンチョスが終っても、
それだけじゃありません。
まだまだ続きよ、ピンチョスフェア!
このあとは、僕らがピンチョス楽しんでた間に調理された品々が続々と出てきます!


これは、「仁」さんの海鼠腸煎餅。
日本酒が欲しくなる(笑)
P1410006



(仁)フォアグラとゴルゴンゾーラ入りレアチーズサラダ仕立て。
フォアグラけっこう大きい!
レアチーズとのコンビ合う!濃厚で旨いです。
P1410014


(円居)スッポンのトマト煮込みスープ。
P1410017
スッポンいっぱい入ってます。
濃厚だけど優しい味。美味しい!
P1410022


これは、お品書きにない一品。
サツマイモ、ジャガイモのチップスとカレー煎餅。
これは「仁」さん。
P1410026


(仁)牡蠣煎餅。
仁さんのお馴染みの酒のアテ!
P1410030
(仁)タタミエノキ茸。
P1410032
(仁)小梅のキャンディー。
P1410061



(円居)金目鯛金華豚巻、春野菜ソース。
小女子とシラスの春巻きもついてます。
なんと言っても金目と金華豚というゴールデンコンビ!
金目に金華豚で巻くってすごいな!
ソースは2種類。
薄い色が、空豆のソース。
奥の春巻きの方が、ホウレン草とルッコラのソース。
P1410038


(仁)ミニホットドッグ。
これ好きだなあ!
1人一個だけど、これくらい全部食べちゃいたい!
P1410045
P1410048

(仁)生ハムのプレスサンドイッチ。
P1410051



何回も大将に注いでいただきました!
あっざーす!
P1410008


「打倒!八乃助!(笑)」(by仁さん)
こういう茶目っ気が素晴らしいです。
P1410041


(円居・仁)ホロホロ鳥の香辛料焼き。
木の芽の塩でいただきます。
金粉も掛かってます。
P1410053
ホロホロ鳥 旨いなあ。
このパリパリ感と味がしみでてくるジューシーさがたまらない。
もう一本食べたかった!
P1410056



(仁)一口〆カレー。
P1410059


こだわりの濃厚玉子の黄身だけ使ったプリン。
上に黒豆、下には餡子が隠れてます。
これもお品書きにないけど、「円居」さんだねきっと。
最後は「和」で〆ました。
P1410064
P1410068


仕込み、段取り大変だったと思います。
お疲れ様でした!
僕の一番好きな、「美味しくって楽しいワクワクする」会をありがとうございました!
こういうコラボいいなあ。
また企画してくださいね!
・・・なんて言うのは簡単なので申し訳ないですが
是非またよろしくお願いいたします!
期待してます!
P1410070




PS。
「ピンチョスフェア」のあと、
すぐ隣の「日本酒処 華雅」で落ち着いてたら、
「仁」さんが「華雅」に顔出してくれて、一枚パチリ。
なんか新鮮な感じ。
なかなかいい写真だね。
「仁」さんは当日フェアが始まる前にも「華雅」に差し入れもってきてくれたらしいです。
「仁」さん、流石!
P1410074


円居(えんきょ)
名古屋市中区錦三丁目7-9
太陽生命名古屋第三ビル 1F
052-962-0063

和風フレンチレストラン 仁
名古屋市中区栄2-12-22
ウィンコート白川 1F
052-223-6615

このページのトップヘ