antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「柳家 本店」(瑞浪)

7月の終わりの週末。

東区泉の浪速割烹「ふじ原」の大将 藤原さん率いる「腹パン会」の
夏の定例会で鮎を食べに、瑞浪まで。

瑞浪駅まで迎えに来てくれたバスで乾杯!
みんな待ちきれないぞう、だね。
BlogPaint



瑞浪といえば、こちらです。
「柳家 本店」!
P1460503


今回は総勢18名。
3部屋使ってます。
P1460348

夏の「柳家」の見慣れた光景。
P1460350


P1460351


鮎づくしらしく鮎の甘露煮もあります。
P1460355

定番の蜂の子の佃煮。
P1460356


最初は泡で乾杯!
P1460362



今回の鮎は岐阜県の馬瀬川のもの。
P1460358


長良川と和良川の鮎は記憶があるけれど、
馬瀬川の鮎は僕は初めてかな。(柳家さんで)
川によって鮎の味(とくに内臓)も違うだろうから、
食べ比べが出来たらいいだろうな。
もちろん、この馬瀬川の鮎もうんまいです!
P1460367



桜鱒の造り。
これもこの季節の定番。
P1460373



来た来た!
鮎 第2弾!
P1460370
P1460387


日本酒。
お酒は皆さん、好きなものを好きなようにお願いしてます。
P1460390


炭火の威力は強烈。
P1460392
P1460401


今度は2本!
正真正銘焼きたてが食べられるのだから美味いわけです。
はふはふしながら頭からカブリつきます!
とにかくカブりつくのが一番だな。
頭のバリバリのあとにホクホクの身、そしてほろ苦の内臓。
塩の効いた尻尾も美味し。
P1460409



天ぷら。
花ズッキーニ、
インカの目覚め、
シャドークイーン、
など。
これも揚げたて。
人数が多いので3人前くらいずつの時間差での提供。
そのおかげか、以前食べた「柳家」さんの天ぷらより美味しく感じました。
店主さんが自ら揚げているとのこと。
P1460398



鮎の開き。
P1460375
P1460411


これで鮎、甘露煮合わせて5匹め。
P1460412



今度は肉!
愛媛産の猪ロース。
P1460416

脂ポタポタ。
P1460420
P1460426
P1460427



肉には赤ワインを。
P1460432



今度は鹿のロース。
P1460436
P1460443
P1460448



天ぷら 第2弾!
鮎の天ぷら、
甘長唐辛子、
ズッキーニなど。
分かりにくいけれど、ちょっと黒く見えるのが鮎。
これも揚げたて。
熱々で美味し。
P1460440




腹パン会 会長の藤原さん、
リーゼント大将、
ピンクパンサーぐっさん、
Pハヤシさん。
BlogPaint


「桜びより」の貴ちゃんと、
愛媛の「伊予賀儀屋」を醸すイケメン蔵元 首藤さん!
「すぎ」さんで「伊予賀儀屋」の日本酒会をやった翌日だったので、
イケメン蔵元も腹パン会に参加してくれたわけです。
P1460378



鰻のタレご飯。
「すぎ」さんでもらう手乗りお茶碗と同じくらいの大きさ。
P1460462


タレご飯がきたら、これっきゃないでしょ!
天然鰻!
P1460467
P1460468
P1460473


鮎ご飯もあります。
P1460475
P1460478



この日、18人で飲んだお酒たち。
P1460456

こんなに飲んだんだな~
皆さんすごいな。
P1460455



意外に人気もんの私anton。
美女に囲まれてデレデレだよん。
本当に皆さん、マスクするのが勿体無い美人さんばっかり!
もちろん、貴ちゃんもね
BlogPaint


腹パン会参加の皆さんで記念撮影。
見えるかな?
囲炉裏に鍋ぶら下げてるやつを藤原さんが持ってたんだけれど、
写真の途中で放すもんだから、
ちょうど僕の顔のところに来ています。
BlogPaint

炭で真っ黒になった手で顔をゴシゴシするヘンな藤原大将。
酔っ払ってんのか?(笑)
でもこのヘンな藤原さんのおかげで「腹パン会」があります。
藤原さん、ありがとうね!
P1460495

馬瀬川の鮎、美味かったです!
天ぷらも美味かった!
初夏の鮎と冬のジビエというパターンが決まってるので、
正直なところ、ちょっと新鮮味がなくなってきた感があったんですが、
(そんな贅沢言うと怒られちゃうかな
やっぱり美味いもんは美味いです!
瑞浪の「柳家」さんでしか味わえない雰囲気もあるしね。
これだけの人数でワイワイやれるのもやっぱり魅力。

ちなみに次回の「腹パン会」の「柳家」さんは
冬のジビエを1回スキップして新緑の季節です。
その季節に伺うのは初めてかな。
一層楽しみになりました!


この日は僕と藤原さんの連絡ミスで
瑞浪着の時間がグループによってずれてしまって
皆さんに御迷惑をお掛けしました。
「腹パン会」に参加してくれた皆さん、
特に僕と一緒に瑞浪に行ってくれた方々、ごめんなさい!
今後しっかり連絡確認いたします!



店名
柳家 本店
住所 岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
電話番号 0572-65-2102

一月下旬。

東区泉の「ふじ原」の大将藤原さん率いる「腹パン会」の定例会で
瑞浪の「柳家 本店」さんへ。
初夏の鮎を喰らう「夏の陣」と、
冬のジビエを喰らう「冬の陣」の年2回のお楽しみ。
今回は当然ジビエです。
BlogPaint


この日は過去最大の26名!
囲炉裏も3つ使わせていただきます!
P1270812


はい、乾杯!!
P1270816

今回、初参加のイケメン大将と奥様、「いし黒」さんとこのSちゃん。
「鳥つる」の大将つるちゃん。
BlogPaint

リーゼント大将すぎさんとAちゃん。
BlogPaint

P1270819

お通しの蜂の子。
P1270820



P1270822
P1270828



鴨ねぎま。
P1270825
P1270830



大根の浅漬け。
なくてはならない箸休め。
お替りしちゃうよ、いつも。
P1270827



鴨のロース。
P1270833
P1270837
P1270839



いのししのロース。
P1270843

炭火の威力で滴り落ちる脂がすごい。
P1270845

すぐファイヤー!しちゃう!
P1270852

脂がこんなに甘くて美味しいものだとは40年前は知りませんでした。
時代が違うけどね。
P1270861




これは鹿のロース、だったかな。
P1270863
P1270865



この日、命をいただいた鴨たち。
P1270885

よく考えると、イケメン大将の表情にもなるよね。
P1270884



鴨の半身焼き。
P1270873
P1270890
P1270918



昨年の「夏の陣」に引き続き、
リーゼント大将ジュニアが今回も参加してて、
ちょうど翌日が12歳の誕生日!
〇〇〇、お誕生日おめでとう!!
BlogPaint

なんと、どこからそのことを聞いたのか、
藤原さんが誕生日ケーキを用意しておいてくれました!
めっちゃ気がきくな、藤原さん!
BlogPaint



ここで炭を少しだけ残して撤収。
P1270919

鴨鍋です。
P1270923
P1270925
P1270928



〆は自然薯ご飯。
P1280028


「ふじ原」の大将 藤原さん。
とってもいい人なんだけれど、
お酒が入るとすぐお調子にのっちゃうからなあ
何故か、達磨の腹巻見せて御満悦の表情。
P1270858


「柳家」さんのおチビちゃんたちと遊ぶ藤原さん。
ちゃんと面倒見てたもんなあ。
感心します。
BlogPaint



衝撃の一枚!
藤原さんとつるちゃんにチュ~されるリーゼント大将!
BlogPaint



お店出た15時くらいには雪が降ってきました。
ジュニアは「腹パン会」の誇る美女に囲まれてテレながらも嬉しそう!
BlogPaint

雪ん中、「柳家」さん行くの大変だけども、
雪が深深と積もる中、囲炉裏でジビエ喰らうっていうのも風情があっていいなあ。
そのうち、そういうこともあるかもね。
BlogPaint

冬のジビエで「熊」を食べてみたいな、と思って
藤原大将に尋ねてみたら、
「熊」は11月の終わりから12月にかけてじゃないと
「柳家」さんではでないとのこと。
(「腹パン会」はいつも1月の終わりです)
この「腹パン会」は飲食店関係の人が多いので、
12月だと日程的に厳しいかな。
他の皆さんも年末はいろいろ予定が多いだろうしね。
っていってたら、
藤原さんがうち(「ふじ原」)に熊あるから食べにおいで、というので、
後日(2月初め)遅い時間にふらりと行ってきました。
それはまたそのうち。


「腹パン会・夏の陣」は日にち決定済み。
またメンバー調整しなきゃあね。
今回の「冬の陣」では僕はちょっとやらかしちゃったので
がっかりさせちゃった方々ごめんなさい。
今度は気をつけます!


ってことで、
「腹パン会・冬の陣」参加された方々、ありがとうございました!
藤原さん、いつもありがとう!
でも〇〇〇は〇〇なくってもいいよ!
てか、〇〇な!(笑)



店名
柳家 本店
住所 岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
電話番号 0572-65-2102

恒例となりました、
名古屋の浪速割烹「ふじ原」の
大将 藤腹、あ違った藤原さん率いる「腹パン会」の初夏の遠足。
行き先は岐阜県瑞浪の「柳家 本店」!
P1050720
P1050722

お昼12時スタートです。
総勢21名だったかな。
P1050724
囲炉裏は2つです。
最初の席取りがけっこう重要なんです。
夏は特に。
鮎の壁がないと暑い(熱い)んです。
この写真でいうと右側は一番避けたい場所(笑)
この場所に座ったのは。。。
BlogPaint


はい、乾杯!
よろしくお願いいたします!
P1050734



P1050728
蜂の子の佃煮。
P1050736


ビールのあとはワイン。
このあと、ワイン、日本酒、なんだかわからないけどいろいろいっぱい出てきます。
P1050739


鮎の塩焼き。
郡上の長良川の鮎です。
P1050741
P1050745

強烈な炭火でしっかりじっくり焼かれています。
内臓の苦味が美味い。
やっぱり、ここで食べる鮎は別格かなあ。
P1050750



鮎の丸干し。
P1050747
P1050760



日本酒で乾杯。
鮎の苦味には日本酒じゃない、やっぱり。
P1050758

日本酒は岐阜のものを出してくれます。
P1050774



桜鱒の造り。
これもまったり美味しいのだなあ。
P1050763



鮎の開き干し。
P1050757
鮎は鮎でもまったく違う魚みたいに感じます。
P1050770



「腹パン会」会長、藤原さん。
「ことほぎ」の女将ちゃんにチュ~
今回は僕はチュ~されなかったから良かったなあ
BlogPaint


毎度お馴染みのリーゼント大将とAちゃん、
「味感ことほぎ」の大将伊藤ちゃんと女将ちゃん。
BlogPaint



鹿ロース。
P1050777

ひっくり返して。
P1050783
P1050786



赤だよね、これは。
P1050780



ここらで炭はお役目終了。
P1050791



天ぷら盛り合わせ。
オクラ、ウド、ヤングコーン、花ズッキーニなど。
P1050798


またまた日本酒。
P1050800


またまたワイン。
ちなみに、この日飲んだのは、
ワイン・冷酒は16本、
ビール13本、
ソフトドリンク 11本。
21人だから多いのか少ないのか?
P1050844



桜鱒とマイクロズッキーニのフライ。
「柳家」さんでフライ食べるのは初めてかな。
P1050803



長良川の天然鰻!
4匹分です。
P1050805
P1050808

タレご飯もらって。
P1050814
P1050819
ぷりぷりで肉厚のいい鰻!
もうちょいしっかり焼いてあったら最高だったけどなあ。
P1050824


漬物いろいろ。
P1050827
P1050828



鮎雑炊。
さらりさらり。
あっさりと。
ちょうどいい塩加減。
P1050832
P1050835



この日、初参加のすぎさんジュニアと戯れる藤原さん。
ジュニアはペロリと大人と同じ分平らげる6年生。
BlogPaint


最後、みんなで記念撮影。
BlogPaint

藤原さんのおかげで、
この「柳家」に夏・冬 年2回定期的に伺えるのは本当に幸せです。
次回「腹パン会・柳家 冬の陣」の日程も決定済み。
冬はジビエ。
僕はどちらかというとジビエのほうが好きなので、
夏以上に楽しみにしています。
藤原さん、いつもありがとうございます。
ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!
今回、参加できなかった方々、またご一緒しましょうね!


店名
柳家 本店
住所 岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102

名古屋の浪速割烹の総大将といっても過言じゃない
「ふじ原」の大将 藤原さん率いる「腹パン会」で瑞浪へ。

瑞浪といったら、ここ。
「柳家 本店」!
「腹パン会」も冬と初夏の年2回は完全に「柳家」さんが定着しました。
P1880773

「柳家」さんは看板がないので、電信棒の案内版をパチリ。
P1880775

総勢18人、だったか19人だったか、忘れちゃった!
なんにしても2部屋ぶち抜きです。
P1880777
P1880778


いつものセット。
蜂の子の佃煮。
前回、これ見て泣いた「桜びより」貴ちゃん母娘は、
お店の移転と重なっちゃったので、不参加です。
リーゼント大将も今回は不参加。
ちょっと寂しいantonオヤジ。
P1880779

はい、乾杯!
P1880780

すぐに赤でも乾杯!
P1880783
P1880788


美人に囲まれ嬉しそうな藤原さん。
BlogPaint


東片端の「味感ことほぎ」の大将伊藤ちゃんと女将ちゃん、
東桜の「かない」さんも参加。
ついでに(笑)友人のぐっさんも参加です。
リーゼント大将の補欠です
BlogPaint


塩大根。
これ1人分。
多そうに見えるけどすぐ無くなっちゃいます。
素晴らしい箸休め。
P1880785
P1880787


鴨ねぎま。
P1880789
P1880797

この「ねぎま」を考えた人はスゴイと思う。
P1880801



P1880802
店主さん曰く、「軍手はめてワインサーブするのは世界中でもうちぐらい」。
BlogPaint



イノシシのロース。
P1880807

余分な脂がぼたぼた落ちてます。
これが炭の威力だな。
P1880809
子供のころは、こんな脂身はぶよぶよしてて絶対食べたくなかったです。
今ではこれが甘くて美味しいんだからなあ。
P1880811



鴨のロース。
P1880824
P1880827



P1880822


鹿のロース。
P1880834
P1880837



鴨の半身焼き。
P1880851
P1880857

これが一番好きかな。
一度、串から外さずに串持って食べてみたいです。
P1880853


ここで、お隣のお部屋のお客さんが声をかけてくれました。
えっ?一瞬、訳がわからず。
その方は「食べログ」で4000件以上のコメント書かれてる「meer32」さん!
知ってます!存じてます!見させていただいてます!
腹パン会の参加者にお知り合いがおられたようです。
そして、友人の食べログビュアー「ドクターSS」さんもご一緒とのこと。
いや~凄い偶然ですね~
ドクターSSさんとは以前「コニクヤマ」でもお会いしたし。
「柳家」さんに来てることより、
こうやってお会いできたことのほうが嬉しかったりして。
BlogPaint

藤原さん達も一緒に記念写真!
meer32さん、ドクターSSさん、またご一緒できたら嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします!
BlogPaint



興奮冷めやらぬうちに、いつの間にか、〆に近づいてきました。
P1880861

この鍋はなんだったかな?
鴨鍋か?
あんまり食べた記憶がないのれす。
P1880875


最後は自然薯ご飯。
ジビエづくしなので、一番ホッとするかも。
P1880878


あ、これは藤原さんが持ち込んだ「津島屋」。
P1880880

この日、空けたワインたち。
P1880884
P1880885


BlogPaint
BlogPaint

実はこの前日がちょっと前にUPした「リーゼント会新年会2017」で
「納屋橋ほるもん」で午前3時まで居た日。
「柳家」さんの開始が13時だったのでお腹はしっかり減ってましたが、
さすがにちょっとへばってたように思います。
イマイチ ガンガン食べれなかったな。

なにはともあれ。
いつも楽しい「腹パン会」の遠足。
もう初夏の「柳家」さんの日程は決まってます。
今回参加できなかったリーゼント大将も次は来て欲しいな。

ご一緒だった皆さん、ありがとうございました。
藤原さん、何回もチュ~してくれてありがとう(笑)
次回はお手柔らかにお願いいたします


柳家 本店
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102

名古屋の浪速割烹「ふじ原」の御大将 藤原さん率いる
「腹パン会」のメンバーで夏の「柳家 本店」に行ってきました。

今回は昨年の冬のジビエに続いての夏の鮎づくしです。
午後2時に瑞浪駅集合というちょっと遅めのスタート。
総勢22名だったかな。
P1730613


すでに盛り上がってる囲炉裏の部屋を横目に奥のお部屋に通されると、
2部屋、2つの囲炉裏には、ずらずらずら~っと並んだ鮎がお出迎えです。
P1730616
綺麗に鮎が並んでます。
いきなりテンション上がりますな。
P1730619


僕はいつも1番暑い(であろう)場所に座る事になるんだよなあ。
いっけどね、別に。
P1730622

定番の蜂の仔の佃煮。
これ見て泣いてる母娘がいたな、そういえば。
昆虫が苦手らしいです。
なので僕が食べてあげました。
P1730625


はい、乾杯!
「腹パン会」よろしくお願いいたします!
P1730626


長良川のサツキマス。
ねっとり美味しい。
P1730631


ビールのあとはワイン!
P1730636
P1730638


「腹パン会」の面々です。
御存知「馳走和醸すぎ」のリーゼント大将すぎさんとAちゃん。
P1730637

「味感ことほぎ」の大将 伊藤ちゃんと女将ちゃん。
「桜びより」の貴ちゃん、あ~ちゃん。
P1730639


友人のP-ハヤシさん、
僕、
「ふじ原」の大将 藤原さん。
BlogPaint



今度は日本酒!
P1730644
P1730652


さあ、鮎が焼きあがりました!
流石、炭火の威力は強烈です。
P1730646



松茸!
P1730653

ちょいと小ぶりではありますが。
P1730656



花ズッキーニと長良川の手長海老の天ぷら。
岩塩と一味を混ぜた塩と、抹茶塩で。
P1730659

時間差で、鮎の天ぷらも登場。
手前のはなんだったかな?
コゴミでしたか?
P1730674



今度は鮎の開き!
P1730663
P1730669



エゾ鹿の仔のヒレ。
P1730670
そろそろ肉が食べたくなってきたころでした。
P1730676
P1730678


漬物いろいろ。
口直しにいいっすね。
P1730680


仔鹿のロース。
P1730681
P1730687
P1730693



肉用に赤。
P1730699



そろそろ〆が近づいてきました!
天然鰻の登場!
P1730702

ご飯にタレかけてもらって~
P1730706
P1730708
P1730712


雑炊。松茸の雑炊だったかな?
P1730723
P1730725


この日いただいたワインと日本酒たち。
P1730718


両手に花で御満悦の藤原さん。
BlogPaint


酔っ払ってご機嫌なので、
ここらからちょっとネジが緩みっぱなしになってきます
P1730734

ヘンなおじさん登場!
月光仮面か。古いか。
P1730735

「柳家」の店主さんもちょっと呆れ顔なんですけど(笑)
そういうお茶目な藤原さんが好きなんですけどね
P1730737


最後に今回の「腹パン会」参加のみなさんで記念撮影。
BlogPaint

盛り上がりました「腹パン会」。
藤原さんが1人で盛り上げてくれてるみたいな感じですが
来年の「柳家 本店」ジビエの会も決定済み!
夏と冬の年2回の「腹パン会 in 柳家 本店」、
今後もずっと続けられたら嬉しいなあ。

ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!
藤原さん、ありがとうございました!
また次回もよろしくお願いいたします!


柳家 本店
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102


紆余曲折ありましたが、
1月末に
「藤原会」改め
「パルパル会」改め、
今回より「腹パン会」と名称を変えまくりつつ、
名古屋の浪速割烹の雄「ふじ原」の大将 率いる20名で
瑞浪は「柳家 本店」さんへ行ってまいりました。
今回はいつもの(前名称)「パルパル会」のメンバーに加えて、
錦の「ローマ3丁目」のスタッフさん達多数、
本山の「カフェ・レンベーク」の中村さんらも加わって
20名の大所帯になった次第です。
P1600218

お昼13時すぎからのゆったりモードでのジビエ三昧です。
P1600219
入り口入ってすぐの大広間をぶち抜いて2つの囲炉裏つかっての宴会になります。
P1600221


あっちもこっちも写真撮りたいんだけど、無理なので自分のコーナーだけ。
はい、乾杯!
P1600224


向こうっ側には「ふじ原」大将!
BlogPaint


そして、こっち側には、
リーゼント大将、
「すぎ」さんの可愛いバイトちゃん、
「味感ことほぎ」の伊藤ちゃん、女将ちゃん。
友人のP-ハヤシさんという仲良しグループ。
BlogPaint


左は蜂の子の佃煮。
この甘さが いつも美味しい。
P1600226


ビールで乾杯のあとは、一発 日本酒をかまします。
P1600228


ヒドリ鴨の首の皮とモモのネギマ。
P1600231
P1600237


オナガ鴨のロース。
P1600239
P1600243
そういえば、「柳家」さんて、絶対に串からはずした状態で提供してくれるのですが、
串のまま、かぶりつきたいと思うのは僕だけか?
P1600246


ここから赤。
「柳家」さんはワイン安く提供してくれるから助かります。
P1600247
P1600262


赤ワイン片手のリーゼント大将。
このミスマッチいいなあ
P1600248


塩大根。
箸休めに最適です。
ポリポリどんかけでもいける。
P1600242


鹿ヒレ。
P1600249
P1600253
旨し。
P1600257



仔イノシシのロース。
P1600260
P1600264


この日、絶好調の藤原さん。
スーパーマンTシャツとジャージで我が家のようにリラックスしまくりです。
この笑顔が恐ろしい(笑)
P1600265


「カフェ・レンベーク」の中村さんとも熱い抱擁。
中村さんのはっちゃけた笑顔、素晴らしい。
さすが藤原さんやね。
P1600296



仔鴨の半身。
P1600268

これが1番好きかな。
この秘伝のタレ、白いご飯にかけてこの仔鴨食べたいな。
P1600273
P1600277


ここから鍋タイム!
2つの囲炉裏の僕らの前には、イノシシ鍋(だったかな?)
P1600283
味噌味であることは間違いないです。
P1600284
この鍋はたまらんです。
P1600291



向こうの囲炉裏には、鴨鍋。
P1600292

こちらもいただけます。
2つの鍋が味わえるのは人数が多いからこそ。
P1600297



自然薯ご飯。
P1600300



上の自然薯ご飯をずるずる やっつけて、
もう一杯白飯お替りクン!
P1600303

味噌にぶち込みます。
P1600304

今度はご飯の茶碗に味噌ぶちかけます。
人よりたくさん食べてこそ「腹パニスト」と言えるのだ。
P1600306


最初っから最後まで、絶好調だった藤原さん。
BlogPaint


最後、記念写真。
リーゼント大将も伊藤ちゃんも初「柳家」さん。
BlogPaint

今回はお昼だったので、
行きのお迎えのバスは(瑞浪駅~柳家まで)ちょっと遠回りしてもらって、
山々や渓谷の景色も見れたし、本当の遠足っぽい気分になれました。
次回は初夏の鮎の季節に予約してくれたみたいです。
「腹パン会」としては、初夏の前にもどこか行くのかな?

「藤原会」改め、
「パルパル会」改め、
「腹パン会」。
今後はどうなっていくのでしょうか?
楽しみにしてます。

藤原さん、ご一緒だった方々、ありがとうございました!
とりあえず、初夏の鮎喰い会、楽しみに待ちましょう!


柳家 本店
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102

1月の下旬。
知り合いの玉ちゃんが企画してくれたジビエスペシャルをいただきに、
総勢9名で瑞浪の「柳家 本店」へ!
P1370604
夕方4時に瑞浪駅で待ち合わせして
「柳家」さんに駅まで迎えにきていただきました。
P1370605
P1370606
左は蜂の子の佃煮。
P1370608


シャンパンで乾杯!
右側にあと4人います。
P1370610


塩大根。
これはお替り自由。
瑞々しくて美味しい。
箸休めに、どんだけでも食べれます。
P1370612



まずは、緋鳥鴨(ヒドリガモ)の首の皮とモモのねぎま。
P1370614
P1370615
P1370618



ここからひたすら赤ワインです。
P1370613



緋鳥鴨のロースとささ身。
P1370619
P1370623



うりぼうのロース。
P1370630
P1370626
うりぼう旨し。
P1370640



仔鴨の半身。
P1370642
P1370645
鴨から滴る脂で時おりファイヤーです。
炭火の威力はスゴイ。
P1370655

この日は店主の長男さんが担当してくれました。
左は友人P-ハヤシさん。
僕は瑞浪2回、錦1回「柳家」さん来てますが
いずれもP-ハヤシさんとご一緒させてもらってます。
BlogPaint

秘伝のタレをしっかりしみこませて完成。
P1370664
これはしゃぶりついたなあ。
P1370669


この日、いただいた鴨たち。
これを見ると、ちょっと複雑な気持ちになりますが、
とっても美味しくいただきました。
あれ?青首鴨はどこで食べたっけ?
P1370647

奥にいるのが今回のジビエスペシャルの主催の玉ちゃん。
このブログにも「肉」系で何回も登場してくれてる国籍不明性別不明の彼女です(笑)
P1370678



鴨鍋。
壮観です。
P1370672
これが青首鴨かな?
惜しげもなく鴨肉がいっぱい入ってます。
P1370675
鴨鍋をよそってくれる玉ちゃん。
意外と(ごめん!)尽くしてくれるタイプなのですね
P1370681
染み渡る旨さですよ。
P1370679


〆は自然薯ご飯!
9人分の大量の自然薯!
P1370683

これはたまらん旨さ。
ずるずるどんだけでもいけそうだもん。
P1370686
皆さんお替りクンです。
P1370691

鴨鍋もいつの間にやらほとんど無くなってました。
P1370694


この日いただいたワインたち。
みんな美味しかったです!
ワインわからんちんオヤジだけど、美味しいかそうでないかは分かるのだ。
P1370697
玉ちゃん、企画してくれてありがと~~!
またのお誘い待ってます!
P1370701


帰りの貸切状態のJR。
奥で、まだ缶ビール飲んでるのはT社長。
皆さん、宴の後で各自 余韻に浸ってる感じでしょうか。
BlogPaint
この日、お隣の部屋に偶然にも友人がいてビックリしつつ、
他の部屋にも名古屋の某超有名レストランのシェフも利用されてたりとか、
皆さん、こぞって瑞浪まで来てるんだなあと「柳家」さんの人気ぶりがよくわかりました。

出来ることならば、
毎年みんなとワイワイ遠足気分でジビエ食べに「柳家」さんいけたら最高です。
また是非、よろしくお願いいたします!
皆さん、ありがとうございました!



柳家 本店
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102

滋賀県への遠足の翌日はこちら。
岐阜県瑞浪市の「柳家 本店」
「徳山鮓」「柳家 本店」という野性味あふるるこの2軒に
連日でお邪魔できるというのは幸せ至極でございます。
これもまた友人のP-ハヤシさん御夫妻のお誘い。
足向けて寝れないな
P1330345
8月にオープンされた「柳家 錦」のほうに先にお邪魔しちゃったのですが、
こちら本店は初訪問。
総勢8名です。
瑞浪の駅からたっぷり20分はお出迎えの車で揺られました。
けっこう山奥に入ってくんだなあとビックリ。

外からは暗いからよく分からなかったけども、
お店入ると、広くて何部屋もあって、しかも新しいっぽい。
なんせ初訪問なので分からないんですが、新築?改装?されたのでしょうか。
思ってた雰囲気とちょっと違ったなあ。(僕の勝手なイメージですが)

お部屋に通されると、もうすでに鮎が用意されてます。
おお、ワクワクする。
P1330348
P1330349


とりあえず、囲炉裏で焼かれている鮎を見ながら、乾杯です。
P1330353


蜂の子の佃煮。
これ旨いんだよね。
P1330354


小松菜のお浸し。
P1330357


長良川のサツキ鱒。
P1330361


余分な水分が落ちてきて、いい感じで焼きあがってきました。
P1330362


山の幸。キノコの天ぷら。
かきの木茸、
アワビ茸、
松茸、
天然ナメコ、
天然舞茸。
P1330365
小振りだけど松茸旨し。
P1330369


和良鮎(わらあゆ)の塩焼き。
これ、炭火が強いから焼き方ばっちり。
パリッパリに焼けてます。
旨いわ。
P1330373


鮎の開き。ちょっと小振りの鮎。
P1330376
P1330378


ここから日本酒もいただきます。
岐阜のお酒が中心みたいです。
「大吟醸生酒 氷室」
P1330381


子持ち鮎の天ぷらと、味女どじょうの天ぷら。
どじょう、旨し。
P1330386


実はご一緒でした、伏見の某フレンチの名物オーナーTさん。
お酒の名前がTさんにぴったりやないかい(笑)
「豪笑 辛口純米」
P1330388


焼き松茸。
なんか面白い絵図。
P1330389
お花のように開いてきました。
パペットマペットか、リトルショップ オブ ホラーズみたい(笑)
しっかり詰まってて、シャキシャキ感凄くて旨い。
P1330399


箸休めが所々に入ってきます。
なめこ。
P1330394


シシトウ甘辛煮。
P1330401


いんげん胡麻味噌和え。
P1330406



肉は鹿が2種類。
まずは、仔鹿のヒレ。
P1330405
生姜醤油タレにつけて。
レシピは簡単ですよ、〇〇と〇〇だけ!
って教えてくれましたが、何年も継ぎ足して使ってるからコクが違うよね。
P1330409
タレの焦げる香りが本当にたまらん。
ヨダレがでるもんね。
P1330411
これも旨かったなあ。
粒マスタードも付けて。
P1330413



仔鹿のロース。
P1330416
炭火の熱いこと熱いこと。
ビールが熱で燗になっちゃてるんです(笑)
向こう側で仔鹿がじわじわ焼けてきてます。
P1330421
仔鹿のロース。
柚子胡椒。
肉も旨いけど、脂も旨い。
P1330424


仔鹿のしぐれ煮。
P1330425


肉に合わせて赤ワインも。
「柳家」さんはワインがお値打ち。
1000円くらいしか乗っけてないんです。
P1330430
P1330434
P1330428


長良川の天然鰻!
2日続きの口福です。
出来ることならこの2本とも食べたい!
お腹いっぱいで食べれませんっていう人いないかな?って 期待したけど、
食いしん坊の集まりでそれは有りえないよね。
P1330436

ひと口たれご飯。
P1330437

前日の「徳山鮓」さんのはお酒に、「柳家」さんはご飯に合う感じかな。
旨いです。
P1330440

当然ご飯お替りクン。
P1330442



ああ、まだ雑炊もあるのだ!
食いしん坊がそろってるので、大盛りにしてきてくれたそうです。
P1330444
鮎と松茸の雑炊です。
鮎松雑炊!
鮎の出汁だけで味つけ。
贅沢な雑炊ですよね~。
P1330445


P1330447


最後、P-ハヤシさんが雑炊さらえて終了。
よう喰った喰った!
やっぱり食べるのも飲むのもP-ハヤシさんには勝てん
P1330449


帰り際の挨拶。
この自宅に招かれてる感がこれまたいい。
P1330452


帰りの電車の時間に合わせて、送っていただきました。
P1330456

秋の週末2日間。
P-ハヤシさん御夫妻のおかげで本当に楽しい、美味しい2日間でした。
誘っていただくばっかで、申し訳ないんですが
またのお誘いクビを長くして待ってます!
ありがとうございました!!


おまけ。
名古屋に帰ってから、東区泉の「バル・ラバノ」さんへ。
「バル・ラバノ」のYシェフも。
BlogPaint
ご一緒させていただいた、Mさん御夫妻、Yちゃんありがとうございました!



柳家 本店
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102



antonダメダメダイエット日記
前日、お出掛けしたけど、
飛ばしすぎて(飲む方ね)撃沈しちゃったので、
腹パンになってないので微増ですみました。
不幸中の幸いと申しますか・・
11月20日の体重。
P1340537

このページのトップヘ