antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「ふんりんかんぎり」

この日は、
「焼肉ホルモン せいご」の代表取締役 聖悟氏と
ザイルKさんとの3人で会食。

聖悟氏のリクエストで、
「和創 ふんりんかんぎり」さんへ。
6月初旬です。
P1410213
P1410216


8000円の季節のおまかせコースをお願いしてあります。
P1410217
P1410223


はい、乾杯!
P1410222



前菜。
P1410225

鶏とキュウリの梅クラゲ和え。
P1410226

蒸したカツオを揚げたパンで挟んで。
P1410227

和風カルパッチョ。
トマトと新たまねぎ。
P1410229

どれもしっかり美味しい。
特に揚げパンが秀逸。
パンはカレー風味です。このカレー風味で余計に食欲そそられます。
P1410234



御椀。
P1410235

桑名のハマグリとオクラの真丈。
P1410237

「ぎり」さんのお出汁は美味しい。
真丈も好きだな。
ハマグリもウマイ。
P1410241



日本酒。
「貴 純米酒」。
P1410242
P1410245



お造り。
手前は、
和歌山 岩橋(いわせ)の醤油、
カツオを一晩漬け込んだ土佐醤油、
鱧の肝を溶いたポン酢。
P1410252
P1410253


天然シマアジ、
雲丹で巻いたイカ、
北海道 つぶ貝。
P1410250

スズキの葛きり。
P1410249

鱧の焼き霜。
これうんめ~
P1410251



「みむろ杉 Dio Abita」。
P1410256




P1410258

賀茂茄子.とイサキの野菜餡かけ。
蓋取ると、黒胡椒の香りがガツン!
P1410261

賀茂茄子、とろとろ熱々。
P1410264

イサキも美味し~
P1410266



渡り蟹と蛇腹キュウリの加減酢ジュレかけ。
白身魚の昆布〆も入ってます。
P1410275

熱々とろとろから一転。
冷たいのが来た!
黄色いのは渡り蟹の内子。
ジュレのさっぱり酸味と渡り蟹の甘さ。
たまらんね。
P1410276



八寸。
P1410279

青森のジュンサイの冷やし茶碗蒸し。
P1410283


京揚げとほうれん草のお浸し。
P1410286


穴子とキュウリの酢の物。
これはもっと食べたいぞ。
P1410281


牛ロースをアスパラに巻いて。
P1410285


白身魚に砕いた柿の種つけてフライに、
枝豆、
スナップエンドウ、
甘く炊いた丸十、
鱧の骨せんべい、
鮭の幽庵焼き。
P1410280


大葉と海苔で魚巻いて、柿の種。
香ばしいザクザク食感がたまらんな。
P1410294


「うごのつき 純米吟醸」。
P1410296



豆腐のもろみ酢漬け。
酒のアテに。
こういうのをサッと出してくれるところが流石、浪速割烹。
P1410299



〆のご飯は選択できます。
僕とザイルKさんは、
鯛茶漬け。
P1410301

これは以前もいただいててマジ美味い鯛茶漬け!
鯛の上に胡麻醤油味噌を乗せて揚げてあります。
俵型のご飯に海苔で巻いて、
昆布とカツオの一番出汁かけていただくんです。
めっちゃ美味いで、これ!
P1410308



聖悟氏はこちら。
山椒じゃこご飯&味噌汁。
P1410309

シンプルながら、これも完成された美味さ。
梅と紫蘇もいいんだよなあ。
P1410306

お漬物も抜かりなし。
P1410310



デザートは豆腐チーズケーキ。
これも「ぎり」さんの定番。
甘さは究極に抑えてあります。
久々に食べたけど美味しいな、これ。
P1410314


「ぎり」大将 片桐さんと。
BlogPaint

「ふじ原」さん、
「ほその」さん、
「ぎり」さん。
本当に「浪速割烹」はレヴェル高いです。
しっかりお腹も味覚も満足させてくれる。
この記事書いてて、写真見直してみて、改めてそう思いました。

また「ぎり」さん行きたくなっちゃったな。
このアラカルトのメニューも、すっごく魅力的!
「ぎり」さん、またお邪魔します。
どうぞよろしくお願いいたします!
P1410277

ってことで。
聖悟氏、
沖縄に福岡に関西にと、超多忙そうだけれどまた遊んでくださいね!
この日はありがとうございました!
ザイルKさん、
毎週のようにご一緒していただいてます。
いつもありがとうございます!



店名
和創 ふんりんかんぎり
住所 名古屋市中区千代田1丁目11-26
電話番号 052-261-4123


この日は2軒目で
「ふんりんかん ぎり」さんへ。

一年くらい間が空いちゃいました。
BlogPaint
P1270562
P1270549



一軒目でビール、ワインを飲んできたので、日本酒です。
P1270546

「くどき上手 辛口純吟」。
P1270545



お通し。
東区泉の浪速割烹「ふじ原」さんに通じる贅沢なお通しです。
P1270551


遅い時間からなので、当然アラカルトです。
ずわいがにサラダ。
なるほど、トマトと合わせてあるんだ。
中には蟹のほぐし身も入っています。
P1270554

トマトの酸味が蟹身に合います。
色合いもいいし、これ好きだな。
P1270555

蟹味噌もいただけました。
P1270559



「ぎり」さんオリジナルの純米吟醸。
P1270563



からすみ餅。
これは僕じゃないな、多分。
忘れちゃったけど
P1270573



僕はこっちでしょ(笑)
名古屋コーチンの唐揚げ!
アラカルトOKの和食屋さんはこういうのをお願いできるからいいな。
P1270568
P1270570

ついつい「クセ」で
ご飯もらっちゃって~
P1270575

味噌汁までもらっちゃって~
P1270577

おお、気付けば立派な唐揚げ定食じゃないですか!
(唐揚げは男2人で分けました)
P1270580

オンザライス!
僕の好きな「ことほぎ」さんの唐揚げと同じく、
うんまい唐揚げです。
理想的な唐揚げです。
だからご飯と合うんです。
P1270582



カウンターの上に置いてあった、大きくて立派な苺を。
席に座ったときから、食べたいと思ってたんです。
P1270583

「寒熟いちご」。
後で調べたら、愛知県新城市で作られている相当有名なブランドのようです。
宮内庁御用達で、一粒1000円するとかしないとか。
P1270585

甘くて濃厚な苺の香り。
甘さの奥からくるほんのりした甘酸っぱさが苺食べてる幸せを感じさせてくれます。
P1270589



そうだった・・
以前いただいた、「てっちりコース」が良かったから
また冬にお願いしようと思ってて、そのままになってたんでした。
今度のシーズンにお願いしたいなあ。
P1270591
P1270592



はい、記念撮影。
ちょっと残念なのは、一番右の彼が、「ぎり」さんを卒業しちゃうこと。
とってもいいキャラなので寂しいなあ。
ぎりぎりでお邪魔して会えたのは良かったけどね。
「旗本退屈男」クン、頑張ってね!
またどこかで会いましょう!
(なんで「旗本退屈男」かは「ぎり」さんで尋ねてください)
BlogPaint
BlogPaint

この日は21時半くらいに、いきなりふらっとお邪魔したんですが、
たまたま席が空いてたのでよかったです。

片桐さん、御無沙汰でごめんなさい。
忘れられないようにまた顔出しますね。
よろしくお願いいたします!


店名
和創 ふんりんかんぎり
住所 名古屋市中区千代田1丁目11-26
電話番号 052-261-4123

2月中旬。
「ふんりんかん ぎり」さんへ。
P1000018
P1000019


この日は友人たちとの会食。
前回、「ぎり」さんにお邪魔したときに、アラカルトのメニュー眺めてて、
一度アラカルトでガッツリ食べてみたいな、と。
でも2人ではそんなにあれこれ食べられないので、数人で来たいと思ってました。
P1000020
コース料理と別でこれだけのアラカルトがあるんだからスゴイ。
P1000022
P1000039



稲沢の超有名老舗和菓子屋の若旦那と、
Tちゃん、
Eちゃん、
嫁さん、との5人です。
はい、乾杯!
BlogPaint



前菜。
P1000028
右から、
錦糸巻き、
そら豆の蜜煮、
ツナサンド、
ふろふき大根、
蜜煮にした柚子の皮にサワークリーム、
芽キャベツの。。忘れた。
P1000030

ツナサンド美味し!
ちょっとカレー風味。
これもっともっと食べたかった!
P1000033

錦糸巻き寿しも美味い!
この前菜、全て秀逸!
大根も溶けたなあ。
P1000034



ここから、日本酒。
まずは前回もいただいた、「ぎり」オリジナル。
P1000044
P1000046



お造り盛り合わせ。
これ2人分。
P1000053


3人分の長~~いお皿。
P1000050

メカジキ、
天然平目、
アオリイカ雲丹巻、
マグロ赤身、炙り大とろ。
P1000047



カニとトマトのサラダ。
料理は一人分づつ分けて出してくれます。
P1000057
蟹身いっぱい。
しっかり美味しい。
P1000064



千代幼豚の米煮。
P1000065

初めて「ぎり」さん来たときに食べた覚えあります。
肉もとろとろ、
米で煮ることでとろとろが倍増。
甘味も倍増。
P1000071



「ぎり」の大将、片桐さんは浪速割烹「浅井東迎」さんで修行されてただけあって、
他のお客さんのコース料理やりつつ、
僕らのアラカルトを手際よく取り分けて5人分仕様にして出してくれます。
相当鍛えられてるな。
感心するわ。
P1000040



牡蠣の醤油グラタン。
P1000073
P1000077



「大信州 超辛口 純米吟醸」。
P1000079



コーチンの竜田揚げ&フグのから揚げ。
P1000087

コーチン。
唐揚げはいつも食べてるけれど、竜田揚げもおいしい。
あんまり違い分かってないけど(笑)
P1000089
フグのから揚げ。
もうちょい食べたかった。
こういうとき大人数だとちょっと悔しい気分になる(笑)
市田柿のクリームチーズも旨いよ。
P1000090


島らっきょ。
これは若旦那が注文。
僕はこれは食べられません
らっきょは納豆と並んで僕の食べられないものツートップ。
P1000093



「貴 特別純米直汲」。
BlogPaint



牡蠣フライ。
薬味も5人分用意してもらうの申し訳ないっす。
P1000096
牡蠣フライも美味し。
これまた1個じゃ寂しいな(笑)
P1000101



牛ロース焼き。
ザブトンという部位。
P1000104
P1000109

山葵醤油、塩、ポン酢で。
P1000110

付け合せの海老芋も侮れん。
P1000112



〆の炭水化物。これは嫁さんのだったかな?
青のり茶漬け。
青のりは浜名湖産。
浜名湖は食材の宝庫だね。
P1000113


僕はこっち。
山椒じゃこごはんと玉子の味噌汁。
P1000116

梅肉としそが乗ってるのがニクイ。
P1000121

玉子の味噌汁。
P1000122
P1000125


大将 片桐さんとキャラの濃いスタッフ カブちゃんと。
なんでカブちゃんかというと、
身体がごっつくて元西武のカブレラみたいだから
BlogPaint

いつものコースもいいけれど、アラカルトもいいねえ。
お願いしたものどれも美味しく大満足でした。
そして、まだまだ食べたいものいっぱいでした。
レヴェル高い割烹だというのを再確認させていただきました。
「ふじ原」さんは言うまでもなく、
「割烹ほその」さん、この「ぎり」さんと、
名古屋の浪速割烹は本当にどこも素晴らしいです。

「ぎり」さん、御馳走様でした。
いろいろわがまま聞いてくれてありがとうございました。
またお邪魔させてくださいね!


PS。名古屋の浪速割烹繋がりで応援したい料理人の方がもう1人います。
   最近、音信不通ですが、あせらず頑張ってください!


和創 ふんりんかんぎり
名古屋市中区千代田1丁目11-26
052-261-4123

2016年暮れ。
明日から正月休みという一番落ち着ける夜。
お邪魔したのは、
「和創ふんりんかんぎり」さん。
最初はヘンな名前だよなあ~って思ったもんですが、
今では自然と「ふんりんかんぎり」って口から出ます。
個性的でいいネーミングです。
P1860091
P1860092


この日は仕事納めでお疲れ様ってことで贅沢にも
「てっちりコース」をお願いしてあります。
P1860106

「ぎり」さんで初めての「てっちり」。
コンロが銅板仕様になってるのがかっこいい!
こんなんあるんだな~
P1860094


前菜です。
P1860100
河豚皮の湯引き、
柿白和え、
蜜煮にした柚子の皮を巻いたクリーム、
河豚の手まり寿し、
河豚の煮こごり。
P1860104

うふふ。美味し。
P1860114


生ビールのあとは当然 日本酒。
「ぎり」の大将 片桐さんは日本酒好きなので
なかなか入手しづらいいいお酒が揃ってます。
これは「隠し酒(限定品)」のお品書き。
P1860127


オリジナル酒を作りました、っていうので、まずはそれを。
「空」で有名な愛知県設楽郡の「蓬莱泉」です。
P1860121
P1860111

なかなか美味しい。
僕は「空」より好きだな(笑)
なので2合いただきました。
P1860123



河豚刺し、てっさです。
待ってました!
P1860115
あさつき巻いて一枚ずついただきます。
P1860126



「仙禽」。雄町に引かれて。
P1860129


河豚の身を焼きぶつにしておろしポン酢で。
P1860130
P1860135
くは~!旨い!
めっちゃ旨い。
この河豚独特の弾力あるけど柔らかい食感がたまりませんわ。
P1860138



オヤジ殺しの白子焼き!
醤油焼きです。
鱈の白子は食べたくないけど(笑)河豚の白子は食べたいのだ。
P1860141
なんといってもクリーミーさが違うからね。
それに醤油の香ばしさがたまらん。
醤油焼きにして正解!(塩焼きとの選択)
P1860146



河豚皮の茶碗蒸し。
P1860149
P1860151



「貴」。
P1860153



河豚と言えば、これがなくっちゃ!の唐揚げ!
P1860158
淡白であっぱりしてるんだけれども、
旨味たっぷりで程よい弾力もあって。
鶏の唐揚げも大好きだけど、鶏の身質や処理具合によってハマるときもあるからね。
その点、河豚の唐揚げは(幸いにして)ハマッたことがないです。
ご飯ください!って言いたいのを我慢するオヤジでした。
P1860164



メインの河豚鍋の登場!
おお!
これで2人分!
P1860167
けっこうなボリュームあります!
P1860170
P1860176

最初にアラと骨のほう、原木椎茸、下仁田ネギ、白菜の芯を入れます。
P1860174


河豚皮。
黒い部分と白い部分。
アラや野菜に熱が通るのを待つ間、これをしゃぶしゃぶです。
P1860180
P1860183


で。いい頃合いをみて、河豚いただきます!
P1860187
P1860188
わざわざ言うまでも無く
旨いです。
美味しいです。
幸せです。
明日から正月休みだから、余計に幸せ。
(ってこれ書いてるのは1月末ですけれど
P1860189

下仁田ネギも美味し美味し。
P1860193

こっからはガンガン河豚身入れて~
P1860197
P1860198
がつがつ食べちゃう。
2人ではちょっとキツいくらいでしたが、しっかり河豚身完食。
P1860201

焼きもちもいっちゃうよ。
P1860205


〆は当然、河豚雑炊!
P1860207
いやはやなんともたまりません。
P1860210

ここままチョイといただいて、
P1860213
ポン酢の残りも入れて。
雑炊は河豚が一番美味しいなあ。
腹パンでもサラサラいっちゃう。
まさに「飲み物」。
P1860215



デザート。
黒胡麻のわらび餅と抹茶アイス。
P1860216
黒蜜かけて。
P1860219


大満足の「てっちりコース」。
いいなあ、「ぎり」さんの「てっちり」!
これなら毎年恒例にしてもいいなって思いました!


「ぎり」さんは通常のおまかせコースの他にも、
今回の「てっちり」や「寄せ鍋」などのコースも予約すればやってくれるし、
アラカルトのメニューも充実してます。
この充実感が「浪速割烹」やね!
P1860096
P1860097
P1860098

このアラカルトメニュー眺めてたら、
早いとこまた来たいな!って思っちゃって、
早速次回も予約済みです。
今度は友人達との5名で楽しませていただきます。
「ぎり」さん御馳走様でした。
また次回もよろしくお願いいたします!


和創 ふんりんかんぎり
名古屋市中区千代田1丁目11-26
052-261-4123

「ビストロ ル・ボル」アフター。
僕はもう十分食べきったあとだったのですが(笑)、
やっぱり一軒で終わるわけがなく。
歩いて数分の、
「ふんりんかん ぎり」さんへ。
遅めの時間だったのでなんとかカウンター席空いてました。
P1650392
P1650394


おまかせのコースもありますが、
ずいぶんアラカルトメニューも充実してきました。
「ふじ原」さん「ほその」さんと同じく浪速割烹流の献立も長くなってきてます。
P1650396

はい、お疲れ様でした。乾杯!
BlogPaint

僕は日本酒。
最近人気あるように思う「花陽浴 純米吟醸 八反錦」。
これで「はなあび」と読みます。
P1650397


お通し替わりの?八寸。
僕は腹パンではありますが、
「洋」(ル・ボル)から「和」ならば、味変でまだイケますイケます。
いただきマングース!
P1650400


ホタルイカ。酢味噌で。
P1650402


和風コロッケ。
アワビの殻の器です。
蟹クリームコロッケみたいな感じ。
浪速割烹「喜川」の流れをくむお店の定番的な一品。
P1650404


豚ヘレカツ。
P1650407
P1650406
このソースたっぷりつけてキャベツもたっぷり挟んでカツサンドにしたくなった
P1650410


「貴 特別純米60」。
P1650408



そし~て!
献立見てて、ありました!
これこれ!
無理にお願いしなくても良かった!というわけで
「鯛茶漬け」!
僕のマイブームの1つ!
P1650416
鯛の上に胡麻醤油乗せて焼いてあります。
その鯛を俵にしたご飯に海苔でまいて。
一番出汁(昆布と鰹節ね)で!
さすが 浪速割烹!
一工夫してあります。
鯛旨し、山葵と海苔の風味良し、レヴェル高し!
P1650415


はい、記念撮影。
「ぎり」さんにもこの春から新人の助手さんが入りました。
浪速割烹繋がりで大阪から「ぎり」さんに来たという気合入った助手さんです。
頑張ってくださいね。
BlogPaint

僕は「ぎり」さん今回で5回めだけど、
いつもコースだったので、アラカルトは初めて。
(コースのあとに追加したことはありますが)
充実してきた献立見て、あれこれ好きなものをお願いするのも悪くないですね。
次回はそうしようと、思ってます。

ということで。
「ぎり」片桐さん、御馳走様でした。
またお邪魔させてください。
ありがとうございました!


ふんりんかん ぎり
名古屋市中区千代田1丁目11-26
052-261-4123

さあ、2015年分、最後の記事になります。
(京都編が2回分残ってるんですが、それはまた追って・・)

矢場町から歩いて5分くらいかな。
2015年最後の(夜の)外食はこちら。
「ふんりんかんぎり」さん!
紫色の暖簾は冬用です。
P1580069


この日は家族ともども総勢6名。
乾杯写真は嫁さんと。
P1580073

オヤジ的にはとっても複雑な年内最後の外食となったんですが、
それはブログ的には置いといて
P1580071


8000円のおまかせコースでお願いしてあります。
先付け。
P1580074
ブロッコリーとゲソの明太子和え、
鯛ふくさ焼き、
市田柿のサワークリーム、
チシャトウ(茎レタス)山葵もろみ味噌、
インゲンの黒胡麻和え、
ウズラに黄身。
P1580076


すぐに日本酒。
P1580077


日本酒は「鍋島」を中心に、いろいろと。
「ぎり」さん日本酒お好きなので、けっこう良い日本酒がいっぱい揃ってます。
P1580088
P1580091


白魚の真丈。
P1580080
真丈ってたいてい間違いなく美味しいけども、
「ぎり」さんのは特に好きです。
P1580081


お造り。
平目、
ヒラマサ、
イカウニ巻、
バチマグロのとろ炙り。
P1580085
P1580087



鰆のかぶら蒸し。
P1580093


いつも使っちゃう「ぎり」の文字が入った錫の盃。
名古屋の浪速割烹の親分「ふじ原」さんからの開店祝いです。
P1580096


セイコ蟹の揚げじゃが。
なんか浪速っぽい雰囲気~と思いつついだだきましたれば!
これが美味しいの!
P1580098
おジャガさんにセイコ蟹のほぐし身と内子がたっぷり入ってて、
上には外子。
ホウレン草のクリームソースで。
これぞ和風カニコロッケ!
めっちゃ旨!
これはまた食べたいな。
P1580102


ちょっとがっつり系が来ました。
でもこの日の我が家のメンバーにはちょうどいいです。
「ぎり」さん、そこまで考えたかな?
海鮮茶碗蒸し、
牡蠣フライ、
鱈白子の醤油焼き、
イチボのローストビーフ。
P1580106


ご飯はブリご飯!
P1580109
P1580114


この ほうらいせんはなんでいただいたのか忘れちゃった。
P1580116


甘味は和風プリン。
食べた瞬間、これ何だ?
P1580120
正解はこれ、でした。
蓮根!
蓮根のプリン。
白玉も蓮根が練りこんであるそう。
手が込んでます。
P1580126
P1580123


ぎりさん一緒に記念撮影。
ぎりさん、お騒がせしました。
お店開けていただき助かりました。
ありがとうございました!
BlogPaint
P1580082

ってことで。
2015年分、終わりました!
明日からはやっと2016年分の更新です。

このところ、記事書くのに追われっぱなしですが頑張ります。


ふんりんかんぎり
名古屋市中区千代田一丁目11-26
052-261-4123

中区千代田、矢場町近くの、
「ふんりんかん ぎり」さんへ3回目の訪問。
暖簾が夏用になってます。
P1490925

そして、この日は総勢7名での会食。
カウンターほぼ貸切。
奥にみえるのは、
東区泉の浪速割烹「ふじ原」の大将 藤原さん。
今回、藤原さんと友人のP-ハヤシさんの呼びかけで集まりました。
「ふじ原」さんは「ぎり」さんにとって浪速割烹の大先輩。
「ぎり」さん、やりづらかったろうなあ(笑)
というわけで、乾杯!
BlogPaint


6000円のおまかせコースです。
それにあとから何品かアラカルトから追加しましょう、ということです。
先付け。
イカとワケギのぬた和え、秋刀魚の幽庵焼き、イチジクのクリーム和え、
鯛のポテトサラダ(バジルの味噌)、鱧のきぬがけ。
P1490928


この日のメンバー、僕除いて(笑)酒呑みが揃ってます。
P1490932
この盃は「ふじ原」さんが開店祝いで「ぎり」さんに送ったもの。
P1490936


茶豆の真丈。
松茸も乗ってます。
「ぎり」さんの真丈好きです。
P1490939


「ぎり」さんも日本酒大好きなので、
いい酒が揃ってます。
P1490940


お造り。
いちみ鯛、
鱧 焼き霜、
イカと雲丹の造り、
本鮪のユッケ風。
醤油、土佐醤油、鱧の肝ポン酢で。
P1490941
どれもおいしい。
P1490942


P1490945


冬瓜のふきよせ。
冬瓜の下には味噌。
P1490946


P1490949


豆乳豆腐 出汁かけて、
鯛とアスパラのチーズカツ、
蟹茶碗蒸し。
P1490951



P1490955


ここで、アラカルトメニューから二品。
P1490956


牛ヒレ(シャトーブリアン!)カツ。
値段書いてないからビビるけど、人数多いから大丈夫だね
P1490961
綺麗に揚がってます。
贅沢なビーフカツ!
旨かったなあ。
P1490960


コーチンの竜田揚げ。
P1490962


〆のご飯ものは、
梅粥 or ジャコ飯。
普段なら絶対ジャコご飯なんだけど、
実は僕は京都から帰ってきて~の「ぎり」さんだったので、
ちょっとだけ胃腸を労わり梅粥。
P1490965

こちらは、P-ハヤシさんのジャコご飯。
・・・やっぱこっちだよなあ
P1490967


甘味は、豆腐チーズケーキ。
これ好きだな。
P1490968


この日のメンバーと「ぎり」の片桐さん。
一番右は9月25日に和食店「ことほぎ」を開店する伊藤ちゃん。
BlogPaint

会食開始から、
ずっと藤原さんの独壇場でダジャレから下ネタ?まで絶好調!
で。
藤原さんの提案で、
次回はこのメンバーに「ぎり」さんも参加して、
伊藤ちゃんの「ことほぎ」に行こう!ってことに相成りました。
「ふじ原会」発足ってことでいいですか、皆さん?
どうですか?藤原さん!(このブログ見てないか?)
P-ハヤシさん、どうですか?

噂によると、あの大将も参戦するらしいので、
伊藤ちゃんこの日の「ぎり」さんより大変だよ~ん。
大丈夫か!?

ということで、
「ぎり」さんありがとうございました。
お騒がせしました。(藤原さんが
今度はこっそりお邪魔いたします。
ご馳走様でした!


ふんりんかん ぎり
名古屋市中区千代田一丁目11-26
052-261-4123


中区千代田の「和創 ふんりんかん ぎり」さんへ2回めの訪問。
もうちと早く来たかったんですが、前回からおよそ5ヶ月経っちゃいました。
P1440976
P1440975

「大人の名古屋」にも大きく紹介されたりしましたから、
ずいぶん認知度も上がったようで、
この日、個室含めてほぼ満席。
P1440978


こちらアラカルトのメニュー。
名古屋でいうと、同じ浪速割烹の「ほその」さんに似ています。
アラカルトでの注文は、おまかせのコースと半々くらいらしいです。
P1440980


僕らは前回同様8000円のおまかせコース。
P1440982


先付け。
P1440985
鰹と貝の和え物、
コーヒーで炊いたかぼちゃ、
サツマイモ、
ドライイチジクと柚子のサワークリーム和え、
スナップエンドウと雲丹のソース。
P1440984


日本酒、一発めは、
「高千代 辛口純米酒 美山錦」。
P1440986

前回同様、「ふじ原」さんが開店祝いにくれた錫の盃で。
P1440995



椀物。
ズッキーニの真丈。
P1440991
摩り下ろしたズッキーニと角切りして炒めたズッキーニを真丈に。
中には、カンパチが入ってました。
浮き輪みたいなズッキーニにインゲン豆。
美味しかったです。
P1440993


お造り。
P1440996
鯛、ひらまさ、イカに雲丹。
お造り旨し、土佐酢も旨し。
P1450001



「鍋島 純米吟醸 山田錦」。
P1450004



冬瓜のふきよせ。
P1450010
上には車海老にアワビ。
冬瓜の下には、田楽味噌が隠れてます。
優しい味プラス田楽味噌が美味しい!
アワビも噛めば噛むほど旨いです。
P1450015


ジュンサイの酢の物、
生トリ貝炙り。
トリ貝は生姜醤油で。これも旨し。
P1450020


「貴 特別純米 八反錦」。
P1450023
ホタルイカの盃。
これいいなあ。
P1450024


カラフルな八寸。
P1450034

鱒。イクラと一緒におろし醤油で。
佐賀牛のアスパラ巻き。
P1450037

ずわい蟹のトマトサラダ。
このサラダどんぶり一杯食べたい。美味しいです。
P1450038

鯛の子の子宝よせ。
これも美味しい!
P1450039

あかしゃ海老。
大きなあかしゃです。
P1450040


「楯野川 純米大吟醸清流 出羽燦燦」。
P1450041


「新政酒造」の2015年特別頒布会のお酒も4種いただきました。
これってけっこうレアなんではないですか?
P1450042
P1450043


〆のご飯ものは選択できました。
僕は、鯛茶漬け。
これはたまりませぬ。
P1450048
胡麻醤油つけて焼いた鯛が海苔で巻いてあります。
崩してたべるんですが、
茶漬けにしなくても食べてみたいな。
P1450049


梅粥。
こちらは嫁さん。
これはシンプルでいいけど、やっぱり鯛茶漬けでしょう(笑)
P1450052


ミルク豆腐、マンゴーソースで。
一寸豆の寒天(みたいなの)。
甘味も上手です。
P1450054

やっぱ、「ぎり」さん相当な実力派だと思います。
真丈も冬瓜も旨かったなあ!
ますますこれからが楽しみですね~
今度はアラカルトでお願いしようと思ってます。
またよろしくお願いいたします!
ご馳走様でした!


和創 ふんりんかん ぎり
名古屋市中区千代田一丁目11-26
052-261-4123

昨年の11月に中区千代田にオープンされた
「和創 ふんりんかん ぎり」さんへ初訪問。
「割烹 ほその」さんと「割烹・天ぷら よこい」さんに教えていただきました。
場所は矢場町と上前津の間の辺り。
こちらの店主さんは大阪の「浅井東迎」さんで修行されてたそうです。
「浅井東迎」は浪速割烹の上野修三さんの「喜川」の流れを汲むお店です。
「ふんりんかん ぎり」という変わった名前の
「ふんりんかん」はその修行時代の数字の数え方「1,2,3」と
店主 片桐さんの「ぎり」から。
P1370517


明るい店内。
L字の8席のカウンターと個室も1室あるようです。
P1370546


6000~10000円のおまかせコースの真ん中の8000円をお願いしてあります。
近所のお客さんがふらりと来店されてもいいように
アラカルトのメニューも用意してあるんですが、
開店して間もないこともあって、通常の予約はおまかせコースになります。
P1370549


嫁さんと2人。
P1370520


枡大根、
ヤングコーンと??貝の雲丹和え、
市田柿のクリームチーズ、
ブロッコリー。
P1370522
P1370525


日本酒はこちら、「豊盃 純米大吟醸」から。
P1370526
P1370527


菊菜の真丈。
P1370530
ばちこ。
ちょうどいい味加減。
P1370532


お造り。
とろ、
天然のブリ、
雲丹はさんだ剣先いか、
レンゲに乗ってるのは天然平目。
P1370534
どれも美味しい。
レベル高し!
P1370537


「緑川 純米吟醸」。
P1370538
盃は選べるんですが、
気になった錫の盃を見ると「ぎり」の文字。
名古屋の浪速割烹の大先輩「ふじ原」さんからの開店祝いとのこと。
流石「ふじ原」さん、かっこいい!
このあと、お酒変わってもずっとこの錫の盃で通しました。
P1370541


蕪の煮込み蒸し。
くり貫いた蕪の中には、海老、鮑などが入ってます。
P1370544


千代幻豚の米煮。
角煮です。
ここで角煮がでてくるのが浪速っぽい。(と勝手に思います)
P1370552


「緑川  緑  冬季限定 雪洞貯蔵酒」。
P1370553


鰆の照り焼き、
??牛のA5ランクの炭焼き、(何牛だったか失念)
茶碗蒸し、
帆立と蓮根の挟み揚げ。
P1370556
牛の炭焼きは、モンゴル岩塩、ポン酢、黒胡椒で。
好みによって焼き加減も変えてくれます。
P1370564


美味しいからお酒が進みます!
「寶剣  純米吟醸  廣島八反錦」。
P1370560


鯛の炊き込みご飯。
P1370567
お味噌汁も美味しい!
山椒が利いてます!
P1370571


デザートは苺、梨、豆腐チーズケーキ。
梨の切りかた、皮の残し方がいいね。
そして豆腐チーズケーキ美味しいです。
甘くなくクドくなく、なんかまた食べたくなる味わい。
P1370574

どれも美味しかったです。
仕事もとても綺麗です。
さすがに浪速割烹の名店で修行してきた方です。
また名古屋に良い和食店が出来ました!
嬉しい嬉しい。
再訪、決定。
ご馳走様でした!



和創ふんりんかん ぎり
名古屋市中区千代田一丁目11-26
052-261-4123

このページのトップヘ