antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「京味 もと井」

昨年12月初旬。

およそ2年ぶりにお邪魔してから3か月。
再び、友人Mっち~とオヤジ2人で池下の
「京味 もと井」さんへ。
P1610361
P1610364


はい、Mっち~お待たせしました!
乾杯!
P1610367
P1610365



一品め。
セイコ蟹。
手前は、ちぢみほうれん草のお浸し。
P1610369
P1610372

餡かけなので外子や身を混ぜながら楽しみます。
今シーズンも何回かセイコ蟹いただきましたが、
餡かけは「もと井」さんだけだったかな。
P1610374



八寸。
晩秋の八寸だね。
P1610377


自家製塩辛。
P1610384


いくらの春巻き。
P1610385


穴子の棒寿し、
自家製からすみ。
P1610380


黒豆、銀杏、干し柿クリームチーズ。
P1610386


てっぴの煮凝り、
菜の花のお浸し。
P1610383


どれも美味しく、酒飲みにも嬉しい八寸。
特にこのイクラの春巻きが面白い。
イクラのこういう食べ方もあるんだなあ。
P1610391



「自然郷 特別純米」。
初めて飲むお酒。
P1610389
 

続いて、
「相模灘 純米吟醸 美山錦」。
P1610393



お造り。
P1610394

鯛。
皮目がパリッと別で楽しめます。
P1610401


剣先イカ。
P1610400


メジマグロ。
大胆な切り方。
鯛もそうだけれど、厚めに切ってあってしっかり旨みが味わえます。
P1610399



「栄光富士 純米大吟醸 無濾過生原酒 酒未来」。
P1610403



あんこう鍋。
P1610408
P1610409

大きなあん肝入り!
P1610411

クエもフグもいいけれど、あんこうの身の美味しさったら!
P1610414



愛知県産三州牛 ヒレの炭焼き。
P1610417

牛蒡チップ、
手前のお芋さんの上にはケッパーの酢漬け。
Mっち~曰く「ピンクレディー」。
それはペッパー警部。
オヤジギャグやめてほしい(笑)
P1610416

とても食べやすい、いい肉質。
美味しいです。
P1610425



白甘鯛の天ぷら(素揚げだったかも)、
黒キャベツの素揚げ、
白髪ねぎ、を海苔で巻いて。
P1610431

上には塩昆布と金柑も。
P1610428

海苔と黒キャベツと白甘鯛の皮のトリプルのパリパリ!
こりゃたまらん。
食感最高!
パリパリのあとから甘鯛の身の甘さと柑橘の甘酸っぱさが押し寄せます。
これは美味しいわあ。
Mっち~曰く「初恋の味」。
って甘酸っぱいとこだけじゃん。
P1610438



蟹ご飯!
P1610440
P1610450


生七味をパラパラと。
P1610445

美味しくってお替りくん。
P1610452


甘味。
用意されてるとき遠目にみたら、一瞬イクラかと思ったのは、梅ゼリー。
その下にミカンの葛豆腐と愛宕梨。
P1610454

とっても懐かしい味わい。
ミルクセーキのような。
美味しいデザート。
前回はかき氷使ったデザートで美味しかったんです。
甘味にも絶対に手抜きしないところが人気の秘密だなあ。
P1610457


名古屋一(といってもいいでしょ)優しい店主の本井さんと、友人Mっち~。
ちなみにMっち~は名古屋で有名なあのお店の店主さん!
分かる人にはすぐわかるかな。
BlogPaint

Mっち~のめんどくさいオヤジギャグ攻撃を何度か食らいましたが、
それはそれで嫌いじゃないので(爆!)
とっても美味しくって楽しい宴でした。

「もと井」さんはお人柄も優しいのと同様、僕らの懐にとっても優しいお店。
それも予約困難な理由のひとつ。
僕はなんとか、4月に予約出来ました。
ただ、次回はMっち~とじゃないので、
今度はまた別のお店に僕がMっち~をお誘いしないといけないなあ。

ってことで。
「もと井」さん、ご馳走様でした。
ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
Mっち~、再びご一緒していただきありがとうございました。
また連絡します!


店名
京味 もと井
住所 名古屋市千種区向陽1-2-1
電話番号 052-734-4679

池下の「京味 もと井」さん。

予約が数ヶ月先まで取れない人気店です。
最近お邪魔してないな、と思ったら約2年ぶりでした


9月3日の月曜日。
この前日、大盛況だった「ケロッ酒」でこれまた久しぶりに再会した、
友人のMっち~にいきなりお誘いいただきました。
Mっち~、ホントは奥さんと一緒じゃなかったのかな?
P1490837
P1490839


はい、乾杯!
Mっち~、お誘いありがとう!
P1490842



渡り蟹とインカの目覚めのすり流し。
P1490843
P1490846



八寸。
P1490848

鰻の白焼き、
金山時味噌、新銀杏。
P1490850


松茸と南瓜の天ぷら。
P1490851


生落花生、いぶりがっこ、クリームチーズ。
P1490852


サザエ、そーめん南瓜、ケッパーの酢漬け。
P1490853


白イチジク、ぶどう、ホタテのフライを胡麻酢で。
P1490855



日本酒。
「七本槍 純米 渡船」。
P1490857
P1490859



この上にあと2本、大きな松茸があったんですが、シャッターチャンスを逃した!
P1490860
P1490863


鰆と松茸の御椀。
P1490866

松茸と鰆、たくさん入ってます!
逆にこんなに入れなくても、って思っちゃう(笑)
大将の優しい雰囲気そのままの優しいお出汁に
松茸と鰆がちょうどいい具合になじんでます。
P1490873



「無風(むかで) 山田錦50」。
P1490871
P1490869



戻りガツオの藁焼きをポン酢で。
食用ホオズキ。
P1490875

面白いのは、冷凍したトマトをすりおろしたものが乗ってること。
こんな組み合わせがあるのね。
ポン酢の酸味とトマトの優しい酸味で美味い美味い。
P1490877



「津島屋 山田錦全量使用 純米酒生」。
P1490880

左の僕がもってるのは、チタンのお猪口。
スズかと思ったらやたら軽かった。
P1490882



鯖寿し。
P1490884

厚めの鯖がさらに分厚く切り分けてあります。
これがかなり美味い!
京都の和食屋さんでもよく出してくれるけれど、
全く遜色なし!
てか、「もと井」さんのほうが美味しいぞ。
P1490889



ボタン海老。
ボタン海老の卵と雲丹を塩昆布と梅肉のしょうゆで。
P1490890
P1490891

なんといっても塩昆布が使ってあるのが僕的にはドンピシャ。
海老、イカには塩昆布合うもんなあ。
卵のぷちぷちも好き。
P1490896


ボタン海老の頭をサクっと揚げて。
P1490899



僕があんまり鯖寿しを美味しがるので、大将がもう1個くれました!
へへ。
幸せ。。
P1490901



「戦勝政宗」。
P1490903



のどぐろの炭焼き。
辛味大根。
P1490906
P1490907




P1490911

穴子の南禅寺蒸し。
P1490913

中に豆腐が入ってる茶碗蒸しです。
上には菊の花。
P1490914



P1490918

土鍋ご飯は秋刀魚。
秋刀魚ご飯です。
P1490916
P1490919
P1490922
P1490923


このカキ氷器は前からあったっけ?
P1490924

黒蜜とブルーベリーのカキ氷。
甘酒をとろとろにしたものがかかってます。
こういう甘味も手作り感ばっちりでいいなあ。
手を抜いてないのがよくわかります。
こういうところも人気の秘密だな。
P1490927


Mっち~と本井さん。
本井さんは僕が知るかぎり名古屋で一番穏やかで優しい大将ではないかしら。
BlogPaint

遡ってみてみたら、開店されて3年半経ってるんですね~
早いなあ。
開店当時は普通にお邪魔できたように思いますが、
予約が取りにくくなって、自然と足が遠のいてしまったのだと思います。

料理はどれも本当に美味しかったです。
秋の訪れをしっかり感じさせていただきました。
僕より何千倍も味には詳しくてうるさいMっち~が
ずっと予約して来てるんだからやっぱり間違いないですね。
「京料理」だけれど、上手に名古屋の味にも合わせているようにも思います。

Mっち~とも再び杯を重ねることが出来たし、
Mっち~のおかげで「もと井」さんに再びお邪魔できたし、
とってもいい夜でした。

実は、来週、「もと井」さんに伺います。
もちろん、Mっち~と一緒です。
Mっち~、またよろしくお願いいたします。
楽しみにしてます!

「もと井」さん、めんどくさいオヤジ2人ですが、またどうぞよろしく!


店名
京味 もと井
住所 名古屋市千種区向陽1-2-1
電話番号 052-734-4679

池下の人気和食店、
「京味 もと井」さんへ。

暖簾が変わりましたね。
P1790544
P1790546


この日は、
仲良しの円頓寺の「日仏食堂 en」の藤井シェフ御夫妻と、
「en」の常連さんでこのブログ見ててくれる、Sさんとの4人です。
P1790547

はい、乾杯!
よろしくお願いいたします!
P1790548



生湯葉と渡り蟹を菊花のジュレで。
P1790551



ビールのあとはいつもどおり日本酒。
「もと井」さんは毎回、知らない銘柄ばかりあるから面白いです。
「秀一 純米吟醸」。滋賀のお酒。
P1790553
「ガンダム」の「シャア」の声優さんとコラボしたお酒らしいですね。
だから、真っ赤なラベルで「the  Scarlet」ってなってるんだな。
P1790554
P1790557



お造り。
平目 平目の肝と、
戻り鰹の藁焼き、
長崎対馬の鯖寿し、
剣先イカ。
ポン酢と醤油で。
P1790558
鯖寿しってよく和食屋さんでも出してくれますが、
いい和食屋さんは間違いなく 鯖寿しが美味しいです。
信頼できる和食屋さんで鯖寿し出てくるとそれだけで嬉しいもん。
P1790565


見た瞬間、思ったこと。
これ「もと井」さんじゃん!
こんなすっとぼけた(失礼!)ラベル初めてや!
「萩の鶴 特別純米酒 メガネ専用 全員メガネの蔵人で造りました」。
P1790568
すごいなあ、「日本酒の日」「メガネの日」もかけてある。
薄にごりで微炭酸。
なかなか美味しい。
P1790570



土瓶蒸し。
P1790573
めっちゃ具沢山の土瓶蒸しです。
キンキ、ハマグリ、帆立貝柱、鱈の白子、などなど。
P1790574
P1790578

いろんな出汁が出まくり。
旨い旨い美味しい!
P1790577



カマス、中には原木椎茸、
下には焼き茄子のペースト。
カマス脂のりのり。
P1790581



「北光正宗 秋しぼり純米大吟醸 しぼりたて生原酒」。
P1790585



里芋の唐揚げと気仙沼の牡蠣のフライを九条ネギのあんかけで。
P1790587
P1790588
牡蠣のフライ。里芋は写真撮ってないな。
P1790590



土鍋ご飯の登場!
炊き込みご飯が多い「もと井」さんですが、新米なので白ごはん。
僕はどちらかというと白飯のほうが好きなので嬉しい!
南知多の無農薬米です。
P1790592

しかも、このご飯の供がたまらんじゃあ、あ~りませんか!
漬物、イクラ醤油漬け、玉子焼き、秋刀魚の有馬煮(山椒煮)!
P1790599
味噌汁もついて、「もと井定食」の出来上がり!
この組み合わせ、完璧。
次回もこれでいいや(笑)
P1790598

当然、ご飯お替りクン。
P1790602


甘味は 抹茶豆腐。
P1790604


みんなで記念写真。
やっぱ、「メガネ専用」だよね
BlogPaint

本井さんのほんわかした雰囲気が心地よいし、
名古屋にちょっと合わせた「京味」(って僕は思ってます)は美味しいし、
楽しいいい時間がすごせました。
けっこう前から「en」の藤井シェフから、
どこか和食行きましょう!ってお誘いいただいてて、
「もと井」さんなら間違いないし、とてもよい選択でした。
 
「もと井」さん、ご馳走様でした。
またお邪魔いたします。

ご一緒していただいた、Sさんありがとうございました!
藤井ちゃん、マダムもありがとうね!
また美味しいお店行きましょう!


京味 もと井
名古屋市千種区向陽1-2-1
052-734-4679


3月初旬、久しぶりに池下の
「京味 もと井」さんへ。
何回か予約の電話かけたのですが、なかなかタイミングが合わず、
間が空いてしまいました。
ほぼ一ヵ月後までは予約埋まってるそうです。
凄いな。もう立派な人気店ですね!
P1620800
P1620802


嫁さんと。
P1620803
P1620809


蓬麩、ゆりね、トリガイ、赤貝、ホタルイカのからし味噌和え。
P1620805


日本酒は本井さんにお任せ。
P1620811
P1620814


原木椎茸、赤ねぎにエゴマ。
琵琶湖の本もろこの唐揚げ。
P1620818
P1620819


牛ヒレ肉、マッシュルームの葛寄せ、
自家製カラスミ。
P1620822
牛ヒレ肉旨し。
カラスミもびっくりするくらいヒレ肉に合う合う。
かすかに下に見える、吉野葛で寄せたブラウンマッシュルーム豆腐も
とろ~りとろりで美味しい!
P1620829


知らないお酒ばっか出てくる。
なかなか楽しいぞ。
P1620832


お造り。
師崎の鯛、
メジマグロの藁炙り、
赤いか、
羅臼の雲丹。
醤油とエシャレットのポン酢で。
P1620835
鯛プリプリ。
エシャレットポン酢も美味しい。
お持ち帰りしたくなる。
P1620838


どうしても「タッチ」を思い出しちゃう。
僕はアニメじゃなくて週刊誌でリアルタイムです。
P1620839

奥播磨、.美味しいお酒。
最近よく見ます。
P1620847


のどぐろの炭焼き。
花山葵、青リンゴの甘酢漬け、新じゃがに あけがらし。
P1620848
右下のもろ味噌みたいなやつ、「あけがらし」は美味しいんです。
山形県の醤油屋さんが製造してるご飯のお供的な調味料。
昨年TVでも紹介されて入手困難になってるみたいです。
米麹、醤油、辛子などで作ってあってピリリとした辛さが後を引きます。
今は一時的に閉店してるあの超有名和食屋さんで3年くらい前に何回か
いただいたのを覚えてます。
(やっぱり流石〇〇〇さんだな、と今更ながら思います)
それを、さらっと使ってる「もと井」さんもなかなかやるなあ。
P1620854


鹿児島 蒲生のタケノコ、
青森のしゃきしゃきモズク、
太刀魚、下には新玉ねぎ。
P1620857



穴子、姫皮(タケノコの先端の柔らかい部分)、蕗の炊き込みご飯。
錦糸玉子がたまらんです。
P1620860
P1620864

ご飯、美味しい~当然お替りクン。
P1620868


甘味で終了。
P1620869

「もと井」さんは、京都で修行されてたそうですが、
名古屋人に合うように微調整されてるのかな(?)
どのお皿もツボを押さえた味付けで美味しいです。
開店されて一年ほどで、人気店になったのがわかる気がします。

って書いてて最初に伺ったときの、このブログを見返したら、
4月16日オープンってあるから、
ちょうど来週、開店一周年ですね。
「京味 もと井」さん、一周年おめでとうございます!

またお邪魔させてください。
ご馳走様でした!



京味 もと井
名古屋市千種区向陽1-2-1
052-734-4679

池下駅から北へ歩いて5分。
「京味 もと井」さんに2回めの訪問です。
今回は日曜日に貸切(というつもりではありませんでしたが)で、
6名で伺いました。
P1440793
P1440794


メンバーは、
ご存知丸の内「馳走和醸すぎ」のリーゼント大将すぎさん、
四間道スクエアの「那古野みつ林」の大将、みっち~三つ林さん。
友人のP-ハヤシさん、
奥様の「某グルメ雑誌の編集長」Yさん、
僕、うちの嫁さんの6名。
リーゼント大将、いつもと雰囲気違う!
BlogPaint



前回書き忘れましたが、この手ぬぐい(でいいのかな?)持ち帰りできます。
この日も8000円のコースです。
P1440797


とり貝の胡麻酢かけ、
焼き茄子とサザエの煮こごり。
煮こごりには、アワビの肝も入ってたような。
美味しかったです。
P1440800


日本酒。
まずは「津島屋 美山錦 純米吟醸生」。
P1440809
提供の仕方が変わりました。
竹切って作られたそうです。
P1440802



キンキ、ジュンサイ、九条ネギのお椀。
P1440806



お造り。
煎り酒と醤油で。
好みですが、白っぽいものは煎り酒で。
P1440811
ホウボウの昆布〆、
アオリイカ、
太刀魚、
本マグロ中とろ。
P1440815



鮎のなれ寿司と、姿寿司。
P1440817
これ旨かったなあ。
もっと食べたかった!
P1440826



「新政 Colors 生成(エクリュ)2014」
注目の蔵元です。
P1440823



石焼きの登場。
P1440827
この上でジュ~ジュ~するのは、こちら。
アワビ!
青海苔と味噌で和えます。
P1440828
めっちゃ良い香りが立ちこめて~
旨し旨し。
P1440833


本鱒の蓮(はす)蒸し。
蓮は蓮根(れんこん)のことで、
すりおろして蒸した蓮根が鱒の上に乗ってます。
P1440835
バチコもね。
P1440839


牛ヒレ肉の味噌焼き(だったかな、自信ないです)。
手前にある、土筆みたいなのはアスパラソバージュ。
P1440841
P1440843


「紀土 純米吟醸酒 夏ノ疾風」。
P1440845


本日のご飯は、鱧ご飯!
P1440848
大葉と胡麻の香りが一層美味しさを引き立ててます。
P1440849
当然、お替りクン。
P1440853


とうもろこしのアイス、蕎麦茶。
P1440856


最後に「もと井」さんの大将、女将さんとも乾杯。
BlogPaint


最近、「みつ林」さん行ってないなあ。
今度、週末のお昼に夜メニューでこのメンバーでお邪魔してみたいです!
その際はよろしくお願いいたします!
BlogPaint

というわけで。
居心地のよい空間で、
楽しい会話と美味しい料理を堪能させていただきました!
「もと井」さん、ご馳走様でした。
ありがとうございました!
また伺わせてくださいね!

すぎさん、三つ林さん、ありがとうございました。
P-ハヤシさん、Yさん、ありがとうございました。
またご一緒してください。
よろしくお願いいたします!


京味 もと井
名古屋市千種区向陽1-2-1
052-734-4679

地下鉄 池下駅から北へ歩いて5分。
4月16日に新規オープンされた、
「京味 もと井」さんへ訪問しました。
「魯忍」の大将、忍ちゃんが教えてくれました。
ありがとう!忍ちゃん!
とても良い雰囲気の店構え。
左手の小さな扉はこちらのご主人がお客さんを見送るときに使われます。
小窓になってるのもいいなあ。
P1430360
P1430363

店内はカウンターのみ。
7席~8席。
綺麗な白木のカウンターです。
思わず頬ずりしたくなっちゃった
コースのみで、6000円、8000円、10000円の3種あり、
8000円でお願いしました。
(お昼も3800円~の営業あり)
P1430365


嫁さんと2人。
この日は水玉anton。
P1430367


鯵の焼き〆、黄身酢かけ。
下には水茄子。
鯵旨し。
P1430369


青のり真丈とアワビのお椀。
P1430376


ここから日本酒。
「一歩己(いぶき) 純米うすにごり」。
初めてだなあ、と調べたら福島県の豊国酒造の若き蔵元が平成23年から
醸しだされたお酒でした。
P1430372


お造り、2種。
P1430378

平目とヤリイカ。
美味しい。
P1430379

紀伊長島直送の雲丹。
中にいっぱい詰まってます。
甘くて美味しい!
P1430380


お酒がススムススムよススム君。
お酒が進むってことは美味しくって楽しいってことです。
「寶剣 純米酒 湧水仕込」。
P1430385

「山和  特別純米」。
これも初めて。
P1430387


牛ヒレ肉の蕗味噌焼き。
おお、旨し。
P1430392


カワハギのエシャレットポン酢和え。
上には肝ソース。
P1430394


「戦勝政宗 特別純米」。
これまた初めて。
P1430397


お隣に座られたお客さんのWさんと乾杯。
Wさんは若いのに凄いグルメな方で、このブログもずっと見てくれてるとのこと。
すぐにantonバカオヤジって分かっちゃったらしくって
またどこかでお会いしたいな。
Wさん、楽しかったです。ありがとうございました。
P1430398


甘鯛の酒蒸し 九条ネギあんかけ。
柚子の花が乗ってます。
下には湯葉豆腐。
甘鯛パリパリ旨し旨し。
九条ネギの
風味もいいなあ。
P1430400


〆は土鍋ご飯。
P1430403
浅利、お漬物。
浅利美味しいです。
一杯めはそのままで。
P1430405

お替りしての 2杯め浅利のせて、浅利茶漬け。
P1430409
P1430413


甘味。
抹茶アイス、白玉、黒蜜寒天でしたっけ?
日本酒けっこう飲んで、いい気分で忘れてます。
P1430418

まだ36歳というお若い店主さん。
とても気さくな方で、たくさんお話させていただきました。
美味しくって楽しい時間でした!
「もと井」さん、ありがとうございました。
この2日後に「あそこ」でお会いするとは思いませんでした
またお邪魔いたします!
ご馳走様でした!


京味 もと井
名古屋市千種区向陽1-2-1
052-734-4679

このページのトップヘ