地下鉄 池下駅からすぐのところにある
全個室、囲炉裏テーブルの炭火焼きのお店「炭兆」さんです。
P1040540

もう少し北にいくと、本店である「紅(こう)」があります。
「紅」にも以前よく行きました。
「紅」はカウンターメインのお店なので、目の前で焼かれていくご馳走をみながら
店主さんと色々話しながらっていうのが楽しかったです。
この「炭兆」が3年前に出来てからは、家族でおじゃまするので
個室のこちらばかりになってしまいましたが。

扉あけるとすぐ階段。
客席は3階。
P1040543

ゆっくりくつろげる造り。
P1040548

もうすでに、備長炭と岩魚、きりたんぽ、手羽先がセットされてます。
炭をおこすのに時間がかかるため事前の電話連絡は必須です。
(前は、当日30分前でもOKでしたが今は?)
岩魚、きりたんぽ、手羽先はこのままの状態で。
P1040546

右の「炭兆」を予約時に注文済みです。
P1040597

生ビールとサラダ。
P1040553

3人分。
車エビ
黒毛和牛霜ふり肉
名古屋コーチン
サザエ
帆立
焼き野菜
P1040554
P1040569
P1040570
牛タン
P1040555

最初に車エビ。
火の強いうちに。
続いて、サザエ。
P1040557
車エビ、うまい!
もちろん、頭から全部!
P1040560

肉は焦げないように、ふちのほうで焼きます。
P1040571

ここで、タラバ蟹登場。
P1040575

でも、まだまだ肉焼きます。
生でも食べれる帆立も。ちょい焼きで。
P1040576
P1040577

レモン酎ハイ。
P1040578

タラバ蟹の出番。
P1040579

そこそこ網の上が片付いたころ、
炭火の横でじわりじわり焼けてきていた岩魚をいただきます。
まったく臭みなくておいしいの。これがまた。
P1040581
P1040584

焼きりたんぽは、店員さんが特製醬油ぬって仕上げてくれます。
香ばしい香りが、またまた食欲を刺激!
P1040585
P1040589

まだ、煌々としている備長炭をかたづけて。
備長炭ってすごいよね。
P1040591

お鍋の登場。
アオサと鯛の鍋。
きしめんが入ってます。
P1040592
P1040594
塩加減がよくってうまい。
きりたんぽ食べて、やばいなあと思ったけど、
まったく関係なし。
つるつるいっちゃいます!
P1040595

カードでなく現金支払いの場合、アイスがサービス。
antonオヤジはいつもニコニコ現金払い。
P1040604

矢場町にも一軒あります。
何年か前、会社の忘年会で利用したことがあります。
P1040563

久々に利用させていただきましたが、おいしくて楽しかったです。
これから暑くなってくると、ちょっとつらいタイプのお店ですが、
本店の「紅」にも行きたくなっちゃいました。
 


炭兆(すみちょう)
名古屋市千種区池下2-1-16
052-752-4577