僕が和食・鮨が好きってことはこのブログ見ててくれる方ならお分かりでしょうが、
フレンチ、イタリアンもけっしてダメというわけではなくて、
いいお店がたくさんあるので是非行きたい!って思うのですが、
たまに書くように「ワイン」が分かんないので、
ビビッてなんとなく避けてるところがあるんです。
そんなフレンチ・イタリアンにお邪魔するには、
なにかしら「きっかけ」がいるわけでして。


覚王山から南に下ったところにひっそりとある、
フレンチ「ラドゥール」さん。
伺った「きっかけ」は
ある食事会でこちらの松村シェフと同席させていただいた御縁です。
何にもまして重要な「きっかけ」です。
P1530869
なかなか良い佇まいなのです。
P1530870
この、きっちりしてるところも好感もてます。
P1530873


白を基調にした清潔な店内。
思ったより席数多いです。
嫁さんと2人。うちの嫁さんも伺うのを楽しみにしてきました。
シャンパーニュで乾杯。
P1530877


アミューズ一品め。
「仏産フレッシュフォアグラのブリュレ」。
P1530880


アミューズ二品め。
「北海道産秋刀魚の軽いあぶり」。
左上のトーストには秋刀魚をまるごと一匹使ったリエットが乗ってます。
P1530884
下は茄子のピューレ。
ソースはトマトのジュレ。
秋刀魚がガツンときます。美味しい。
P1530883


白を一本。
P1530911
P1530889


アミューズ三品め。
「スズキのフリット ビーツのクーリ」。
知ってるビーツの色とはちょっと違う赤。
P1530891
その赤色をねっちょりつけて。
ちょっと不思議な味わいだけど美味しいんです。
P1530894


パン。
P1530896



一つめのオードブル。
「カキのババロア」。
「カキ」ってお品書きにあったんで、一瞬「柿」?って思っちゃったバカオヤジ。
普通は「牡蠣」ですよね~。
P1530897
昆布森の牡蠣をコンフィしてマリネと一緒にタルタルで仕上げ。
下に牡蠣のババロア。
こういう牡蠣の食べ方をさせてくれるんですね!
手間かけてるんだから当然なのかもしれないけれど、
普通に牡蠣食べるより何倍も美味しいです。好きです、これ!
P1530900



二つめの温かいオードブル。
「ブイヤベース トラディショナルスタイル」。
南仏の魚介の煮込みです。
赤甘鯛、ホタテのムース、手長海老、剣先いか、ムール貝。
P1530904

甘鯛とろとろ、スープもたまらん旨さ!
いやいや これは美味しい!
P1530909
「ルイユ」というブイヤベースには欠かせないソース。
これをスープに溶かすとよりまろやかさ、旨味が増します。
P1530902




シェフのスペシャリテ。
「活オマール海老のロースト」。
P1530918
おお、なるほど、旨いですわ!
少し甘めのソースが絶妙な焼き加減のプリプリ感抜群のオマールに合います。
P1530919
頭の味噌も美味しいよ~
P1530920



メインに合わせて、赤をグラスで。
P1530922


「奥美濃古地鶏のガランティーヌ イタリア産秋トリュフの香り」。
ムース仕上げにした胸肉をモモ肉でくるんであります。
付け合せは、グリーンアスパラ、仏産香茸、栗。
秋トリュフのソースです。ソース旨し。
ナイフいらない優しい柔らかさがたまらない。
合わせてもらった赤ワインも美味しい。
P1530924


デザート。
僕は「ヨーグルトのブランマンジェ ナガノパープルとバジルのソルベ」。
これ抜群に美味しい!
バジルのソルベも最高!
P1530930


嫁さんは「山形産洋梨のコンポート キャラメル仕立て」。
こちらはちょっと僕らには濃かったな。
僕のを一口食べた嫁さんに交換させられました。
上の「ヨーグルトの~」が美味しすぎた!
P1530933


お茶菓子。
クリームブリュレとみかんのジュレ。
P1530934

紅茶とハーブティー。
P1530936

どのお皿も美味しかったです。
大満足させていただきました!
際立ってサプライズなお皿があるわけではないですが、
この丁寧な一皿一皿のほうが、
ずっと飽きずに定期的に通いたくなるように思います。
もっと早く「ラドゥール」さん伺っておけばよかったなあ~
って思いましたが、
シェフと知り合えた、このタイミングでお邪魔できたからこそ、
なおさら良かったのかなって思ってます。

実は、この日が嫁さんとの結婚記念日だったので、
その日にとても良いお店に伺うことができて幸せでした。
記憶に残る記念日になりました。

松村シェフ、マダム、ありがとうございました。
クールビューティーなマダムの可愛い笑顔が素敵でした。
またお邪魔させてください。
これからもよろしくお願いいたします。



l‘adour (ラドゥール)
名古屋市千種区山添町1-11-1
エクセル覚王山 1F
052-752-5037