2月の初旬、
友人のA先生のお誘いで「得仙 春岡」へ。
国際センター近くの「得仙」には2回お邪魔させていただいたのですが、
こちらには初めての訪問。
この鮟鱇鍋の名店2店舗の関係については・・よく知りません。
いろいろあるのだと思います。
P1610161
お店の前まで来て、
ずいぶん新しいな、と思ったら、昨年すぐ近くから移転されたとのこと。
P1610162


この日は7名でのお席。
掘りごたつになってて、とっても楽ちんです。
P1610165

お通しは三種。
P1610167


はい、乾杯!
P1610168


鮟鱇鍋セットです。
基本的には、あちらのお店と同じです。
P1610169


まずは、伊勢海老で贅沢な出汁をとります。
P1610170
P1610173
醤油ベースのスープに伊勢海老投入。
まだ伊勢海老動いてました。
P1610178

牡蠣も第一弾が投入済み。
P1610181


あん肝をスープに溶かして。
P1610180
P1610183



はい、牡蠣と伊勢海老!
P1610187
牡蠣も小さくならず美味しい。
P1610189
さっきまで動いてた伊勢海老はもちろんプリプリ。
P1610197


出汁に使った伊勢海老も食べられます。
向こうはこっそり食べた覚えがあるなあ(笑)
P1610193


日本酒はこちらのみ。
正直、ちょっとキツいかな。
せっかくだから、純米吟醸くらいは置いてほしいな。
(蓬莱泉がダメというわけではないですよ)
P1610190



伊勢海老と牡蠣という贅沢な「前菜」のあとは、メインのこちら。
鮟鱇!
P1610198
このスープの味付けは、こちらのほうがすこ~し甘めのような気がします。
やはり、微妙に味は違います。
P1610200

これが、卵。旨いんです。
やっぱ、オヤジの身体に悪そうなものは旨いんだな(笑)。
P1610205

身は当然旨し。
P1610206

黒っぽいぷにゅぷにゅが脇腹。
コラーゲンたっぷり。
食感がいい!
P1610208


鶏のつくね、豆腐、はんぺん?、シメジ。
P1610202
春菊、ねぎ!
P1610211
P1610217

豆腐旨いな~。
P1610218

つくねは、優しい歯ごたえ。
ってことは、軟骨は入ってないみたい。
これはあちらと違います。
P1610221

ねぎは言わずもがな。旨し。
P1610222



鮟鱇 2回戦。
P1610225
P1610228
P1610232



鍋の〆はもちろんご飯入れて~の。
P1610235
鮟鱇鍋雑炊!
P1610238
P1610246
ほら旨いわな。
P1610248
P1610243
この日、ずっとお世話になったあん肝スープもきれいに飲み干します。
P1610241

デザートはメロン。
P1610250

「得仙 春岡」さん、美味しかったです。
腹パンパンになりました。
お誘いしてくれたA先生、ありがとうございました。
遡れば、A先生には「肉山」のオープン初日にも声かけていただきました。
感謝感謝です。
この日、ご一緒していただいた方々もありがとうございました!



あっちとこっちとどちらがいい、とかいう野暮なことは言いません。
どちらもそれぞれの良さがあります。
ちょっと敷居が高いようで緊張する、あちら。
でもその緊張感も心地良いし、いろんな意味でしっかり目が行き届いています。
こちらは、もう少し気軽に(ある意味 自由に)楽しめる雰囲気で、
金額も少し安いように思います。

僕は自分で予約を取るほどの甲斐性があるわけでもなし、
どちらのお店も、お席持ってみえる方からのお誘いを待つのみです。

実は3月下旬にもあちらでのお席にお誘いいただいています。
とても仲良くしていただいてる、あの方も同席なので、
今から愉しみでしょうがないのです。


得仙 春岡
名古屋市千種区春岡1-12-2
052-753-1551