antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「出雲」

東区東桜の会員制の和食店、
「出雲」さんへ2回目の訪問です。

こちらは、店主さんが認めたお客さんしか予約を取れないお店。
いわゆる昔からの「常連さん」しか予約が取れないんです。
今回は前回とは違って、友人のA先生の予約です。
A先生が「出雲」の常連さんだとは知りませんでした。
ホントにお顔が広い!
P1760258
P1760260


この日は、A先生、初めてお目にかかるWさん、
そして友人で有名「食べログレビュアー」ドクターSSさんとのオヤジ4人です。
P1760262

「出雲」さんはメニューがなくって、
基本的に大将にお任せになります。
希望があれば予約時に伝えておけば大丈夫です。
P1760264
P1760267
P1760268

ぽんぽんぽんと続けておつまみだしていただき。
P1760270


大将がシーズン最後ですけど、と鮎を。
これはあとのお楽しみ。
P1760266


落花生。
P1760272


なんのかき揚げだったかな。
美味しかってもっと食べたいな、と思ったのは覚えてる。
P1760273


日本酒「風の森」をいただき。
P1760275


カツオのタタキ。
パッと見、まったく普通なんだけど、
にんにく醤油が利いててやたら旨い。
P1760279
P1760283


和らぎ水は「出雲」のネーム入りのボトルから。
P1760287


お重が出てきた、と思ったら!
P1760288
おお!なんともキレイに焼かれて並べられた鮎ちゃんたち!
P1760292
ひとり3尾。
小柄な分、食べやすくて美味しいです。
頭から尻尾までペロリアン。
P1760296


そして。
この日のメインはこちら!
鴨!真鴨なの?わかんないけど。
こうやって見せてもらうと、インパクトあります。
命をいただいてるんだなと改めて思う瞬間です。
P1760285

鴨に合わせてというか、A先生がお好きだというので、僕も右に習えで、
あまり、というかほとんど飲まない洋酒系を。
P1760297
P1760302


銅製の鍋。
熱伝導率がいいからね。
P1760301

さっきの鴨がこうなりました。
P1760300
P1760319

ズッキーニとともに。
P1760306

いやはや。
鴨旨い。
しっかりしてるけどけして硬いわけでない、心地よい噛み応え。
肉の旨味。
鴨独特の旨味。
しっかり堪能させていただきました。
P1760309


続いて。
鴨の骨で取った出汁のスープが登場。
P1760321
これが鴨の旨味なのかな。
P1760322

なんて考えながら、よそ見してたら、
大将のお母さんが無造作に(笑)どばっと松茸をあっという間に掘り込んじゃった!
なんとも愛想のない(笑)入れ方。
もっともったいぶって欲しかった!
それにしても大量の松茸。
P1760323

この松茸は中国産で、このあとの〆のためのいわゆる出汁用の松茸なんだって!
すっげえな!
P1760325

出汁用といえども当然食べます食べます。
P1760330

なんか食べても食べても減らない感じ!
P1760334
P1760336


この鴨出汁+松茸出汁の主役はソーメンでした!
P1760337
P1760338
P1760340
なんとも贅沢なソーメン。
ソーメン自体はまったく贅沢なわけじゃないけれど、
この食べ方が贅沢なんだよね。
こんな贅沢ソーメンが美味しくないわけがなく、
最後のお汁までしっかり飲み干しました。
P1760345
P1760344


デザートはスイカ。
最近スイカ好きなんですよ、実は。
もうシーズン終わっちゃいましたが。
P1760347


小上がりのテーブルの上に並べられたお椀。
なんかあるのかって尋ねたら、並べたかっただけみたい。
P1760349


大将を囲んで記念撮影。
BlogPaint

初訪問の前回は勝手が分からずに緊張してたのもあって、
なんか掴みどころがない印象でしたが、
今回は2回目ということもあり余裕もって楽しめました。
この「出雲」さんは行けば行くだけ面白くなってくるお店です。
そして、お店がお客さんを選ぶお店ですが、それもまた面白し。

僕には強力な味方(って言い方ヘンかな)のA先生がいるので、
またきっとお邪魔できるんじゃないかな、って期待してます。

ご一緒していただいた、Wさん、ドクターSSさん、そしてA先生、
ありがとうございました!



出雲
名古屋市東区東桜
電話は非公開

この前の週に昭和区の「浜源」さんにお邪魔したときの御縁で、
東区東桜の「出雲」さんへ初訪問です。

こちらは久屋大通駅からすぐ。
僕のかつてのホーム「ケグ・ナゴヤ」のすぐそば。
「ケグ」に通ってたときから気にはなってましたが、
「会員制」のお店ということで見てみぬふりをしてました。
P1680534
「出雲」の表札の下のピンポンを押すのかな?っと思いつつ、
おそるおそる扉に手をかけたら普通に開きました。
P1680535

「浜源」さんにもご一緒した友人のKKMさん、Yちゃん、
「浜源」の大常連のMさん、
東区泉の「割烹しんすけ」のシンスケさん、
そして「浜源」の若大将も同席の6名です。
P1680540
店内は明るくて、テーブルと小上がりがそれぞれ2卓。
カウンター席も4席ほど。
入り口の雰囲気と違って、ちょっと居酒屋さんみたいな感じです(失礼!)


料理はお任せのようでした。
基本的にメニューはなさそうなので、
お任せか、もしくは、
あれが食べたいこれが食べたいと予約時にお願いするみたいです。
P1680542
P1680543

鳥取のお酒「鷹勇 辛口純米酒」。
P1680545

酒器も高価そうなものが揃ってます。
P1680560
P1680547


「なべ鯛」って言ってたような。
石鯛が大きくなった呼び名なのかな?
一週間ほど寝かせてあるようでした。
P1680538

これは美味しいです。
ひたすら美味しい!
悪い癖(?)で
こういうのを食べるときこのブログになんて書こうかなって考えながら
咀嚼してるんですが、旨いなあ~としかわかんないです。
元々、表現力皆無だしね
P1680549
手前はエンガワかな。
P1680552


「鷹勇 純米吟醸なかだれ」。
P1680553

和らぎ水は「出雲」って入った瓶で。
P1680554
P1680555


近江牛A5の熟成3種類の食べ比べ!
ランプ肉です。
それぞれ2ヶ月、3ヶ月、半年以上、熟成させています。
P1680558
この表面のテカリ具合の熟成されてます感がなかなかでしょ!
P1680559

2ヶ月熟成。
柔らかすぎず、噛み応えが気持ちいいです。
旨いわあ。
P1680568

3ヶ月熟成。これも旨し。
P1680575

半年(以上)熟成。
熟成香ハンパなし。
ナッツ香を通り越してチーズ香です。
あえて選ぶと2ヶ月熟成が僕の好みかな。
P1680578

肉には軽く塩が振ってあるだけ。
お好みで、オリーブオイル、山葵、醤油を。
P1680573


奈良の久保本家酒造の「睡龍」というお酒を
冷や、ぬる燗、熱燗で。
これは僕にはちょいキツいかな。
P1680582
P1680583
P1680585


で。
思わずびっくりの肉がまたまた来ました!
さっきの「3ヶ月熟成」のサーロインです。
P1680561
さっきのランプの何倍もテカッてます。
いかにも熟成してます!って主張してる!
見た目からしてヤバすぎなお肉!
こんな感じの肉塊は初めて見るかな。
P1680566
こんなに分厚いし。
食べなくても見てるだけでもいいな(笑)
というか、見るだけでも価値あるな、これは。
良い食材を より美味しくしようという思いは凄いです。
P1680563

絶妙な火入れで登場しました!
P1680587
いやはや凄い「さし」です。
薄めに切ってあれば舌の上で溶けていきそうです。
アラフィフオヤジなんで赤身肉のほうがいいんですが、
これは流石に旨いと思いました。
でも2切れでちょうどいいな。
P1680589


「出雲」の大将です。
P1680591
炊き込みご飯。
P1680592

どぶろくも少々。
P1680595


種を取ってあるスイカで終了。
P1680596


「割烹しんすけ」のシンスケさん、
KKMさん、
「出雲」の大将。
みんなで写真撮りたかったんですが、
他の方々はとっとと外行っちゃいました。残念。
BlogPaint

「会員制」のお店ということで、
僕も勝手がわからなくてちょっと身構えてたんですが、
全然 偉ぶったようなお店ではなくって、
大将とお母様のお2人での営業なので、
知らないお客さんよりも、
気心知れた顔なじみのお客さんだけで静かに営業したい、
という思いで「会員制」というスタイルをとってみえるようです。

「鯛」と「熟成肉」は凄すぎでした。
それ以外はちょっとずつのおつまみって感じでしたので、
今回だけでは、「出雲」さんの全貌は全くもって分かりませんが、
相当なマニアックなお店だと思います。
僕も再訪OKをいただきましたので、
(ただし予約は僕自身では出来ません)
また機会があれば、是非お邪魔してみたいです。


今回は「浜源」さんでの御縁で、
便乗させていただく形で図々しくもご一緒させていただきました。
Mさん、「浜源」さん、「しんすけ」さん、
KKMさん、Yちゃん、ありがとうございました!


出雲
名古屋市東区東桜
電話は非公開

このページのトップヘ