大阪編 その3。

Tボーンステーキ食べたあとは、もう一軒 北新地で。
それにしても、友人のP-ハヤシさんがよ~くお店御存知なので、
僕は連れてってもらうだけで、楽チンで申し訳ないです

「スタンドシャン食」!
P1620417

同じ北新地に「シャンパン食堂」というシャンパンが売りのビストロがあって、
その「シャン食」がシャンパンと餃子をマリアージュさせてるお店です。
P1620386


カウンター席しかないので、「スタンドシャン食」なのですね。
P-ハヤシさんの奥様は翌日TV出演(さすが編集長!)のため、御帰宅。
Pさん、僕、嫁さんの3人。
ちょうど3席空いててうまい具合に座れました。
P1620393


当然、餃子を注文。
P1620389


当然、シャンパンも注文。
P1620390


はい、シャン杯~!
P1620394


餃子が出てくる間にメニューをチェック。
「シャン食ギョウザバーガー」なんてのもあります。
なんか想像できるけど、試してみるかな~とか思いながら。
P1620398

餃子だけじゃなくって、けっこう品数ありますね。
P1620396
P1620397

こちらは、シャンパン。
P1620400


餃子のタレは4種類。
酢醤油、ポン酢、胡麻ダレ、フォンドヴォー(だったと思う)。
P1620401


餃子はとりあえず、12個。
ニンニク入りです。
餃子は、クセのない優しく食べやすいです。
野菜の甘味も感じます。
好きなタイプ。
あまりニンニクは感じなかったな。
P1620405


Pさんは以前にも来店してて、一番のオススメの食べ方を教えてくれました。
それが、この右の「トリュフオイル」と塩!
P1620402

トリュフオイルを餃子に注入して塩かけて食べるんです。
これが、なんかよくわからんけど旨いんです。
そんなにトリュフの香りがするわけでもないんだけれど(笑)。
シャンパンにもこれが一番合うように思います。
今度、家で餃子食べるとき、オリーブオイルと塩でいってみようかな、と。
P1620414


もう12個、追加。
最後のほうは、ほとんどトリュフオイルと塩でいきました。
3軒めじゃなかったら、どんだけでも食べれそう!
P1620413

最後はシードルぐびぐび飲んで終了。
ネタ的にも「餃子バーガー」いきたかったけれど、流石に腹パンで断念。
P1620416

お鮨食べて、Tボーンステーキ食べて、餃子食べて。
北新地の美味しくて愉快な夜。
うちの嫁さんはここで、ホテルに。
Pさんと僕と2人でもう一軒。
北新地を離れて、僕が一度行きたかったお店に連れてってもらいます。

明日に続く!


スタンドシャン食
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-9
谷安プレジールビル 1F
06-6147-2498