東区泉のイタリアン「ボッテゴン」系列の5店舗めのお店。
「うめもと」さん。

友人のS先生がプレオープンに来られててFBに投稿されてるのを見て予約しました。
「イルアオヤマ」のすぐ近く。
角にあるコンビニの東側にあります。
看板はありません。表札が出てるだけです。
P1740373
P1740376


店内は6席のカウンター席のみ。
以前「バリック」にいたイケメンの梅本シェフがお一人で営業されてます。
P1740397


生ビール。
「ボッテゴン」のHPの地図が違った場所を示していて
間違ってそっちに行っちゃったので汗かきました!
乾杯!
P1740381


コースのみで、8800円、15000円、20000円、という3種コース。
電話予約のときに、一瞬迷いましたが、
今回は初めてなので無難に8800円をお願いしました。
金額は食材の差とのこと。
高いコースは、いい食材を惜しまなく使いますとのこと。
東京築地から食材取り寄せるらしいです。

一品め。
ゼラチンで覆った蕪のピューレ キャビア添え。
P1740382
一口で。
蕪のピューレが一瞬で溶けて蕪の風味とキャビアの塩気が口に広がります。
P1740385


ポップコーンやら、サツマイモチップス等の詰め合わせ。
塩バターのポップコーン美味しい!
止まらんくなる。
P1740388
なんのアイスか、当ててください、というので
見た目から「山葵か?」と思ったら「バジル」でした。
P1740390
アンチョビクロワッサン。
P1740392


コーンスープ。
P1740393


シェフにお任せでグラスワインを。
P1740403



手前から、
蕪のカラスミ添え、
キスのフリット、
チビ太のおでん(ウソです)、
馬肉のクレープ、
ホタテとサザエのムース状のもの。
P1740399

チップにホタテとサザエのムースが乗ってます。
P1740402

馬肉のクレープ。
マンゴーのジャムとマスタードで和えてあります。
なかなかイケる。
P1740407

サマートリュフ、里芋、自家製サルシッチャの串。
P1740404




胡麻豆腐とカプレーゼ。
低温調理した海老も入ってます。
胡麻豆腐合います。
さわやか。夏っぽい。
P1740408
P1740410



マグロの一番出汁のジュレのなかには素麺と焼き茄子、
上には雲丹。
P1740412
P1740416


日本酒もいただきました。
右の「写楽 純米吟醸 播州愛山」を。
P1740418
P1740419



お造りです。
P1740421

長崎の本マグロのトロと赤身、
三河のイチミ鯛、
屋久島の首折れ鯖、
三河の鯵、
千葉の金目鯛、
サザエ。
P1740422
寝かせてあるわけではないようですが、
ねっとり感があってどれも美味しい!
P1740425



この白は嫁さんだったかな。
P1740426
P1740427



鮎と本シシャモの姿焼き。
炭火でじっくり焼いてあります。
P1740429
ソースは鮎のソース。旨し。
P1740431

鮎の春巻き。
P1740434



仔牛のリードヴォーとモモ肉のソテー、
ジロール茸とポルチーニのクリームソースで。
サマートリュフいっぱいかけてくれます。
P1740435
P1740439


赤。
P1740441



フォアグラと太刀魚の一皿。
ネギのノワゼットソース。
P1740442
太刀魚をフォアグラに絡めていただくのですが、
ちょっと苦手かなあ。
臭みが勝っちゃうような気がするな。
P1740446



この赤は内緒で少しだけ。
P1740453



飛騨牛のトモサンカクとミスジのくわ焼き。
P1740447
P1740448



美濃焼きの土鍋でご飯炊きます。
中には利尻昆布入ってます。
P1740455

〆の炭水化物はなんと、ミニ鰻丼なのですが、
梅本シェフ、なんかをシュシュっと吹きつけました。
P1740460

鰻にかけたのは「アンリ・ジロー」!
シャンパンです。
なんとシャンパンの香りのする鰻丼!
P1740459

しっかり炭火で焼いた鰻。
ちょっと不思議な鰻丼。
P1740462


デザートは2品。
巨峰のシャーベット。
P1740465


桃のデザート。
メレンゲ、ベリー、ルバーブ、ピンクはマカロンをつぶしたもの。
P1740466

いろんな食感が味わえて面白い。
特にルバーブがいいな。
P1740468
P1740469

「ボッテゴン」系列なのでイタリアンが基本かな、と思ってましたが、
いい意味で裏切られました。
なんでもありの創作和食といったほうがしっくりきます。
自ら「料理バカ」というイケメン梅本シェフが
自分のやりたいことを好きなようにやってるお店。
コース内容も気分次第。へたしたら、毎日コースの内容違うそうです。
シェフが楽しんでやってるんだから、面白くないわけがないです。
僕は、とっても気に入りました。
またお邪魔したいです。

ちなみに、帰りにお見送りしていただいたときに、
「「東の大関」になってください!」って言ったら
「いいですよ」と返事いただきました。
でも、実際は何のことだか分かってみえないので(説明してないから当たり前だけど)
今後、じっくり口説こうと思ってます(笑)
なかなか楽しいことになってきたな。



うめもと
名古屋市東区泉三丁目11-27
クレスト泉 1F
052-325-5901