創業50年という老舗のお鮨屋さんへ潜入してきました。
御器所から川名に向かう途中にあります。
「寿司半」さん。
知人のTさんに紹介していただいたんですが、
教えてもらわないとまず入らないだろうな~というシブい店構えです。
P1730980


古いけれども清潔感ある店内。
8席ほどのカウンター席のみ。(だと思う)
カウンター席の後ろには出前用の箱型の桶が積んであります。
出前の注文が多いそうで、八事方面からも昔からずっと注文あるそう。
一応 価格表もあります。
「江戸風 立喰」の「江戸風」ってのが面白い。
P1730998


とても優しげで感じのよい大将と女将さんがマイペースで営業されてます。
お客さんは僕らだけ。
おつまみをお任せでお願いしました。
P1730983


ビールで乾杯。
P1730982


おつまみ その1。
姫サザエ?
イカの黄身和え、
平目昆布〆。
P1730984


日本酒。
冷酒は八海山のみ。
P1730987


おつまみ その2。
P1730991

イカ 梅で和えたクラゲ乗せ。
コリコリした食感とイカの柔らかさの対比の妙。
P1730992

雲丹とろ。
P1730993

赤身ヅケ。
P1730995

〆鯖。昆布と一緒に。
これがかなりの旨さ。
とろけてしまうよ。
P1730994



おつまみ その3。
ちょっと つまみ頼みすぎたな
赤貝、シャコ。
P1740001

赤貝のヒモとキュウリの海苔巻き。
P1740003


ここから、握ってもらいます。
まずはトロ。
2貫でてきました。
今のお鮨屋さんは一貫ずつ握ってくれますが、
ひと昔前は必ず2貫ずつでした。
一貫で、とお願いすれば大丈夫とのことですが、
なんか昔を思い出して、これはこれでいいかな。
P1740007



海老。嫁さんと一貫ずつ。
P1740009
炙った頭も。
P1740010


まぐろ赤身。
P1740014


穴子。
口に入れるととろけます。
旨いです。
P1740018


イカ。
つまみにもあったけど、握りも美味しい。
P1740022


雲丹。
キュウリが乗ってるのが昔っぽい。(←悪い意味ではないですよ)
これは嫁さん。
P1740024


そして、鯖。
さっきの穴子とこの鯖は大将のオススメ。
P1740026
背と腹。
うん、〆鯖旨し。
〆方はちょっとしっかりめだけども、少し甘めのシャリに合います。
この鯖は食べる価値あると思います。
間違いなく、昔っからのご贔屓さんがいるだろうな。
P1740027


カウンターの端にテレビがあって、ずっとNHKが流れてます。
「プラタモリ」初めて見たな。
郷に入れば郷に従え。
なんか幸せな空間。
P1740015

時が止まったような心地よい雰囲気を味あわせていただけました。
この道 50年という大ベテランの大将の握るお鮨もおつまみも美味しかったです。
寿司屋の原点を思い出させてくれるような、古き良きお鮨屋さん。
また来たいな、と思わせてくれるお鮨屋さんでした。

また、お邪魔したいです。
ご馳走様でした。


PS。なお、昭和区阿由知通に「寿し半」という同じ名前のお店がありますが、
   別のお店ですので、御注意を。


寿司半
名古屋市昭和区広路通4丁目4
052-852-1453