9月の中旬。
丸の内の「馳走和醸すぎ」さんの5周年と
東片端の「味感ことほぎ」さんの1周年の
合同記念ツアーに参加させていただき 一泊で福井に行ってまいりました。

福井の銘酒「常山酒造」の蔵見学が目的ではありますが、
いつものごとく、基本的には食い倒れツアーです。

福井に到着して、
まず最初にお昼ご飯。
「ヨーロッパ軒 総本店」。 
福井市内だけで11店舗(近隣の市内にも数店舗あり)を展開する、
「ソースカツ丼」が有名なお店です。
僕らが到着したのがお昼12時くらい。
お店の前には行列が出来てます。
P1770785

どれくらい待つのかな?と思ってましたが、
15分ほどで店内へ。
2階に案内されました。
1階、2階には芸能人の色紙がいっぱい。
P1770849


こちらがメニュー。
ほとんどのお客さんが注文する「ソースカツ丼」。
P1770792
P1770793

ソースカツ丼以外にも洋食メニューは一通り揃ってます。
P1770801
P1770802
P1770803


総勢10名。
「すぎ」さん、「ことほぎ」さんの他、
名駅2丁目の「鮨 いし黒」のイケメン大将、
住吉の「桜びより」の貴ちゃんも参加です。
テーブルと小上がりに分かれて、乾杯。
すぎさんは運転手なのでお水。
P1770808


こちらが、「名物ソースカツ丼」のカツ丼セット。
サラダ、味噌汁、漬物、追いソースも付いてます。
P1770822
手のひら半分くらいの大きさのカツが3枚。
P1770831

細かいパン粉使った薄い衣。
いい感じでソースがしみ込んでます。
油切れがとてもいいです。
P1770835

カツには下にソースがかかってるだけのシンプルさ。
食べてみると、たしかに美味い!
P1770836

この薄い衣の舌ざわりもとても心地いいです。
ウスターソースもほんのり甘味があって美味しい。
クドくないけど、しっかりご飯に合う。
何枚でも食べられそうなカツです。
P1770844

サラダのキャベツを乗っけて、追いソースかけて食べるのもよし。
P1770840



こちらが、ちょっと少なめの「レディースセット」。
P1770821


すぎさんが注文した、
「3種盛スペシャルカツ丼」。
(テーブルと小上がりで二組に分かれてるので、
テーブル組の分は、イケメン大将に写真撮ってもらいました)
P1770814
カツ、エビフライ、メンチカツの3種盛り。
一番上の丸いのがメンチカツか。
こんな丸くて平たいメンチカツは見たことない。
P1770815

ちゃんと、別でソース味カツを注文してるところが流石。
P1770813


イケメン大将は「カツカレー」。
少しもらいましたが、まあまあ美味しいかな。
P1770810

「ヤキメシ」も注文してる すぎさんチーム。
少し食べたけど、全くもって普通すぎました。
これ注文する人いるんかな?
P1770812


こちら、僕らの小上がりチームが注文した「オムライス」。
めっちゃキレイな仕上がりの王道的オムライス。
P1770825
お味のほうは、「普通においしい」
P1770838

まだ喰うか?のスパゲティも注文。
これまた「普通においしい」。
P1770845


「ソースカツ丼」はホントに美味しかったです。
またこの「ソースカツ丼」食べたいですもん。
「ヨーロッパ軒」では素直に「ソースカツ丼」食べれば間違いないですね
BlogPaint

僕らがお店出た13時半くらいでもお客さん並んでました。
BlogPaint



その後。
すぐ近くのホテルにチェックインして、向かったのは、
「常山酒造」!
「ケロッ酒」や「食べ呑も」でも名古屋に来てくれた若きイケメン杜氏の
常山(とこやま)さんの蔵です。
P1770855
P1770864

伺った9月中旬は蔵の中を大改造の真っ最中。
そんな改造中の蔵を丁寧に案内していただきました。
写真は数枚撮らせていただきましたが、
SNSにはまだ載せないで、という杜氏の御希望もありここには載せません。

とにかくかっこいい素晴らしい蔵に大変身するとのこと。
確かにその期待感ハンパないです。
古い酒蔵の良さはそのままにして、
「魅せる蔵」にすると意気込む若き杜氏の
日本酒に対する熱き心と、
「常山」という蔵に対する愛情と情熱がビシバシ伝わってきて感動しました。
P1770856

「醸魂」!
P1770862

試飲もさせていただき。
P1770867

みんなで記念撮影。
BlogPaint

蔵見学に伺ってからほぼ一ヶ月経ちました。
もう完成してるのかなあ。
また是非、完成した「魅せる蔵」を見学させていただきたいです。
これからの「常山」、本当に楽しみ。
旨い酒、醸してください!


ヨーロッパ軒 総本店
福井県福井市順化1-7-4
0776-21-4681