antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「鮨 米倉」

昨年11月に初訪問して、年内にもう一度顔出してきました。
池下の
「鮨 米倉」さん。
P1840976
P1840977


この日は僕らが一番乗り。
P1840978



はい、乾杯。
P1840979
P1840980


平目。
ぷりぷり。
P1840981



赤貝。
P1840984



カツオ。
この分厚さがたまらん。
なんかワクワクしちゃう。
つまみで出してくれる赤身の魚は分厚く切ってあるほうが断然好きです。
P1840985
これもカツオかな。
なんでもう一枚違う写真があるのか忘れました。
最近すぐ忘れちゃうから
P1840988



日本酒は「七本槍」「愛宕の松」など。
P1840989



香箱蟹。外子は別皿で。
P1840992
これをちびちび大切に食べていくのがいいんです。
P1840993


焼き物は2つのうちからどっちにしますか?って尋ねられて、
「どっちも!」
まず、ブリの西京焼き。
P1840997


真珠貝の醤油バター焼き、を挟んで~
P1850001



のどぐろ塩焼き。
鮨屋さんの焼き物は小ぶりで食べやすいからいいんです。
P1850004



ここから握り。
サヨリ。
軽く〆てあります。
P1850005



白海老。
P1850007



スミイカ。
P1850010



まぐろ。
P1850011



中とろ。
たまらんな。
とろは前回もとっても美味しかったもんな。
P1850013



鮨屋X 米倉大将と乾杯!
P1850016



車海老。
P1850017

車海老 頭。
P1850019



コハダ。
P1850022



穴子。
うん、旨し。
P1850024



玉。
P1850026


もうちょいお鮨食べたかったけれど、
年末でいろいろとお付き合いもあり、
次の予定をこなすため、少し早めに終了。
また改めて、ゆっくりお邪魔させていただきたいです。
ご馳走様でした!


鮨 米倉
名古屋市千種区池下町2-18
052-715-7007

10月15日に池下駅すぐ近くにオープンされた、
「鮨 米倉」さんにお邪魔しました。

池下在住の友人Nさん、K子さん御夫妻に
新しいお鮨屋さんができたよ、と教えていただきました。ありがとうございます!

なっかなかの面構え。いいお店の佇まい!
なんか嬉しくなっちゃう!
わくわくドキドキ。
P1810550
P1810555


入り口開けて、新しいお店のいい香り。
店内は無駄なものなしのL字のカウンター席9席のみ。
最初は生ビール。
P1810559


特に注文なれけば、おまかせで、と大将。
はい、それでお願いいたします。
桜海老とホウレン草のお浸し。
P1810560


いくら 醤油漬け。
P1810562


日本酒。
「愛宕の松 純米吟醸」、
「巻機(まきはた) 純米吟醸」、
「七本槍 純米」、
「美丈夫 純米大吟醸」という順番で。
P1810564


カワハギ。
肝醤油で。
P1810567
カワハギ旨し。
残った肝醤油も酒の肴にすすりました。
P1810568


赤貝のヒモときゅうり巻。
P1810570


煮たこ。
P1810573


せいこ蟹。
ちょっと小ぶりですが、1人1個なのでちょうどいい大きさ。
綺麗に仕上げてあります。
外子は別皿で。
P1810576
中には内子。
外子、内子、味噌を絡めて。美味しい~!
P1810578


本ししゃも。
P1810579


玉。
好きな味。
P1810581


鱈の白子の炙り。
P1810583
本格的に「オヤジ殺し」のシーズンになってきました。
そろそろ「魚卵系」は自粛しないとダメかな・・って思っちゃったりして
P1810587



つまみはお願いすればどんだけでも出してくれそうだったけれど、
ここらで、お鮨を。

まずは、平目。
美味しい平目です。
シャリはほのかに甘味感じるかな。ほどよい口ほどけ。
P1810590


剣先いか。
うんうん。
P1810593


平貝。
P1810595


赤貝。
P1810597


鯵。
P1810599


赤身。
P1810601


中とろ。
今日イチの一貫。
旨かった!
P1810603



コハダ。
P1810605



車海老。
P1810608

頭は殻取って、炙って内側に味噌入ってます。
無造作に口に入れたけれど、
海老味噌の美味さが広がって、思わず「旨っ!!」って声でちゃった!
P1810609


雲丹。
P1810612


穴子。
おお、悪くない。美味しい。
一時期、穴子飽きてましたけど、最近美味しい穴子をよくいただくので
穴子愛、ちょっと復活!
P1810613


かんぴょう巻。
P1810615

いぶりがっこ。
P1810617



この日、お隣にいらっしゃった愉快で陽気なお客さんNさんと
大将とスタッフのMちゃんと記念撮影。
大将はとっても気さくで愛嬌のあるお方。
BlogPaint

大将は「なだ万」出身で長くお寿司を担当されてたとのこと。
お客さんNさんは、昔からの常連さんで(「なだ万」とかの)、
「米ちゃんはまだまだこんなもんじゃないよ!まだ3割くらいしか出してない」って
力説されてました。
開店されて、ほぼ一ヶ月。
基本的に大将お1人でやられてるので、
バタバタ感は無きにしも非ずですが、
たしかにまだまだ引き出しいっぱいありそうで今後にも期待大です。

それにしても、めっちゃいい立地です。
駅からすぐだし、
お店のまん前には、高級タワーマンションが聳え立ってて
そこからもお客さんがいっぱい来そうです。
そのうち、予約取れなくなっちゃうかも。

池下は、たくさん飲食店もあって、僕もとても好きな街です。
だけれども、お鮨屋さんはちょっと弱いな、と僕は思ってたので、
とても楽しみなお店が出来ました。
またお邪魔させてください。
ご馳走様でした!


PS。「米倉」さん、金額はおまかせで12000円くらいです。
   当然、ドリンクは別です。

鮨 米倉
名古屋市千種区池下町2-18
052-715-7007

このページのトップヘ